大舘 智志

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/13 16:37
 
アバター
研究者氏名
大舘 智志
 
オオダチ サトシ
所属
北海道大学
部署
低温科学研究所 生物環境研究部門
職名
助教
学位
博士(理学)(北海道大学), 農学修士(北海道大学)
その他の所属
北海道大学大学院北海道大学

プロフィール

哺乳類学、動物生態学、人と動物の関係史などが専門です。

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
酪農学園大学 非常勤講師
 
2017年8月
 - 
現在
北海道大学 総合博物館 資料部 研究員
 
2012年4月
 - 
現在
東海大学 生物学部 非常勤講師
 
2007年4月
 - 
現在
北海道大学大学院 環境科学院 助教
 
2011年4月
 - 
2012年3月
京都大学 大学院 理学研究科 非常勤講師
 
2007年9月
 - 
2008年3月
酪農学園大学 環境システム学部 非常勤講師
 
2007年4月
 - 
現在
北海道大学 低温科学研究所 助教
 
1997年4月
 - 
2007年3月
北海道大学 低温科学研究所 助手
 
1996年1月
 - 
1997年3月
日本学術振興会 特別研究員
 
1995年9月
 - 
1997年3月
北海道東海大学札幌校 国際文化学部 非常勤講師
 

委員歴

 
2018年9月
 - 
現在
日本哺乳類学会  常任理事
 
2018年9月
 - 
現在
日本哺乳類学会  和文誌 哺乳類科学編集委員会 委員長
 
2012年9月
 - 
現在
日本哺乳類学会  代議員
 
2006年3月
 - 
現在
日本生態学会  野外安全管理委員会委員
 
2017年9月
 - 
2018年9月
日本哺乳類学会  日本哺乳類学会奨励賞選考委員
 

受賞

 
2017年9月
日本哺乳類学会 2017年度論文賞 Top-down cascade effects of the long-clawed shrew (Sorex unguiculatus) on the soil invertebrate community in a cool temperate forest. Mammal Study 41: 119-130
受賞者: Namba, T. and Ohdachi, S. D.
 
2011年
日本哺乳類学会 2011年度論文賞 Reexamination of Fossil shrews (Sorex spp.) from the Middle Pleistocene of Honshu Island, Japan. Mammal Study 35:157-168
受賞者: Dokuchaev, N. E., N. Kohno & S. D. Ohdachi
 

論文

 
Satoshi D. Ohdachi, Kazunori Yoshizawa, Yasushi Takada, Masaharu Motokawa, Masahiro A. Iwasa, Satoru Arai, Junji Moribe, Yasushi Uematsu, Eiichi Sakai, Takashi Tateishi, Hong-Shik Oh and Gohta Kinoshita
Mammal Study   43(4)    2018年12月   [査読有り]
The Japanese white-toothed shrew (Crocidura dsinezumi) is a species endemic to Japan. For this species, only minimal phylogeographic investigations have been conducted. We obtained DNA sequences of mitochondrial cytochrome b and control region and...
大舘 智志, 河原 淳
哺乳類科学   58(1) 63-65   2018年6月   [査読有り]
2011年12月5日に北海道浜中町において全身が白色のバイカルトガリネズミSorex caetutiens Laxmann,1788(エゾトガリネズミ)が捕獲された.この個体は飼いネコにより牛舎付近で生きたまま捕獲された後,飼育され2012年5月12日に死亡した.全身が白色のバイカルトガリネズミの報告は日本においてこれが初めての記録である.この全身白色の毛色を発現させた遺伝子は未調査であるが,ピンクの地肌とピンクの目から判断するとアルビノの可能性が高いと思われる.
Horai Haruka,Ohdachi Satoshi D. , Motokawa Masaharu, Lin, Kyaw San, Oo Thida, Swe Khin Yu Yu, Than Wynn and Mekada Kazuyuki
Naturalistae   22 39-44   2018年2月
Ohdachi Satoshi D., Kinoshita Gohta, Nasher Abdul Karim, Yonezawa Takahiro, Arai Satoru, Kikuchi Fuka, Kyaw San Lin, Saw Bawm
Journal of Wildlife and Biodiversity   1(2) 79-87   2017年10月   [査読有り]
The house shrew (Suncus murinus-S. montanus species complex) is considered to have been unintentionally introduced by humans from their original range to other regions around the Indian Ocean and neighboring seas, but this has yet not fully been i...
Ohdachi Satoshi D. , Kinoshita Gohta, Oda Sen-ichi, Motokawa Masaharu, Jogahara Takamichi, Arai Satoru, Nguyen Son Truong, Suzuki Hitoshi, Katakura Ken, Bawm Saw, Min Myin Zu, Thwe Thida Lay, Gamage Chandika D., Hashim Rosli, Omar Hasmahzaiti, Maryanto Ibnu, Ghadirian Taher, Ranorosoa Marie Claudine, Moribe Junji, Tsuchiya Kimiyuki
Mammal Study   41(4) 229-238   2016年12月   [査読有り]
Sakuma Yuki, Ranorosoa Marie C., Kinoshita Gohta, Shimoji Hiroyuki, Tsuchiya Kimiyuki, Ohdachi Satoshi D., Arai Satoru, Tanaka Chihiro, Ramino Hajanirina, Suzuki Hitoshi
Mammal Study   41(3) 131-140   2016年9月   [査読有り]
Variability in the coat color of the house mouse, Mus musculus, provides an opportunity tostudy the evolution of phenotypes in this species. Here we associated genetic variations with coat colorin seven mice from Madagascar that had identical M. m...
Namba Tomoyuki, Ohdachi Satoshi D.
Mammal Study   41(3) 119-130   2016年9月   [査読有り]
In a soil ecosystem, bottom-up control is generally considered more influential than topdowncontrol, although some empirical studies have suggested that predators have a trophic cascadeeffect on soil animals at lower trophic levels. In the present...
Sato Jun J., Ohdachi Satoshi D., Echenique-Diaz Lazaro M., Borroto-Páez Rafael, Begué-Quiala Gerardo, Delgado-Labañino Jorge L., Gámez-Díez Jorgelino, Alvarez-Lemus José, Nguyen Son Truong, Yamaguchi Nobuyuki, Kita Masaki
Scientific Reports   6    2016年8月   [査読有り]
The Cuban solenodon (Solenodon cubanus) is one of the most enigmatic mammals and is an extremelyrare species with a distribution limited to a small part of the island of Cuba. Despite its rarity, in 2012seven individuals of S. cubanus were capture...
Arai Satoru, Kang Hae Ji, Gu Se Hun, Ohdachi Satoshi D., Cook Joseph A., Yashina Liudmila N., Tanaka-Taya Keiko, Abramov Sergey A., Morikawa Shigeru, Okabe Nobuhiko, Oishi Kazunori, Yanagihara Richard
Vector-Borne and Zoonotic Diseases   16(7) 468-475   2016年7月   [査読有り]
Although based on very limited M and L segment sequences, Artybash virus (ARTV) was proposed previouslyas a unique hantavirus harbored by the Laxmann's shrew (Sorex caecutiens). To verify this conjecture, lungtissues from 68 Laxmann's shrews, capt...
Koyabu Daisuke, Werneburg Ingmar, Morimoto Naoki, Zollikofer Christoph P. E., Forasiepi Analia M., Endo Hideki, Kimura Junpei, Ohdachi Satoshi D., Truong Son Nguyen, Sánchez-Villagra Marcelo R.
Nature Communications   5(3625)    2014年4月   [査読有り]
The multiple skeletal components of the skull originate asynchronously and their developmentalschedule varies across amniotes. Here we present the embryonic ossificationsequence of 134 species, covering all major groups of mammals and their close ...
Echenique-Diaz, L. M., Ohdachi, S., Kita, M., Begue-Quiala, G., Borroto, R., Delgado-Labañino, J. L., Damez-Diez, J., Hoson, O., and Saito, C.
宮城教育大学環境教育研究紀要   16 89-95   2014年3月
Assessing local people's knowledge of endangered species is important not only for the planning and implementation of environmental education programs, but also to address community-based conservation issues and guarantee an effective engagement o...
Arai, S., Nguyen, S. T., Boldgiv, B., Fukui, D., Araki, K., Dang, C. N., Ohdachi, S.D., Nguyen, N.X., Pham, T.D., Boldbaatar, B., Satoh, H., Yoshikawa, Y., Morikawa, S., Tanaka-Taya, K., Yanagihara, R., Oishi, K.
Emerging Infectious Diseases   19(7) 1159-1161   2013年   [査読有り]
Kitano Satoshi, Ohdachi Satoshi, Koizumi Itsuro, Hasegawa Koh
Ichthyological Research   61(1) 1-8   2013年   [査読有り]
Invasion status and impacts of nonnative brook trout (Salvelinus fontinalis) in a Hokkaido stream were investigated with field surveys and genetic analyses. Nonnative brook trout was detected in nine (41 %) of the 22 sampled reaches in three tribu...
Ohdachi, S. D., K. Yoshizawa, I. Hanski, K. Kawai, N. E. Dokuchaev, B. Sheftel, A. V. Abramov, I. Moroldoev and A. Kawahara
Mammal Study   37(4) 281-297   2012年12月   [査読有り]
Phylogenetic analysis was conducted for various populations of the Sorex minutissimus-S. yukonicus complex based on mitochondrial gene (cytochrome b and/or the control region) sequences. Sorex minutissimus was divided into some monophyletic groups...
大舘 大學
北海道立北方民族博物館研究紀要   21 65-94   2012年   [査読有り]
he sable is an important animal for fur trade in the world since the ancient time in Eurasia. Therefore,it is important to review the names for the sables in various languages in Eurasia to investigate the transmission of words for the sables. In ...
大舘 大學(智志)
Biostory (ビオストーリー)   14 70-81   2010年12月   [査読有り]
During the 8th-12th centuries in Japan, "furuki-no-kawaginu" or sable coat was the rage among high class aristocrats and was a symbol of nobility and wealth. However, the shape is almost unknown because there are no remains or no drawings. However...
Dokuchaev, N. E., N. Kohno & S. D. Ohdachi
Mammal Study   35(3) 157-168   2010年9月   [査読有り]
Taxonomic status of fossil Sorex shrew specimens from the late Middle Pleistocene of Honshu Island was addressed. Multivariate analyses of upper and lower jaws were conducted for the fossil specimens as well as for 8 species of Recent Sorex shrews...
Abdukadir Ablimit, Khan Babar, Masuda Ryuichi, Ohdachi Satoshi
Pakistan Journal of Wildlife   1(2) 57-63   2010年
Asiatic wild cat, Felis silvestris ornata, once regarded as least concern is declining rapidly in its natural habitat in the Xinjiang desert region of China mainly because of excessive hunting for pelt trade followed by shrinkage of its habitat du...
Yamamoto Kana, Ohdachi Satoshi D., Kasahara Yasuhiro
Microbes and Environments   25(3) 197-203   2010年   [査読有り]
Soil bacteria play important roles as litter decomposers in most terrestrial ecosystems and microbial activity is affected by activities of soil invertebrates. In soil ecosystems of forests in Hokkaido, the long-clawed shrew is an important predat...
Namba, T. & S. D. Ohdachi
Mammal Study   34(4) 219-221   2009年12月   [査読有り]

Misc

 
書評【カワネズミ探しの夫と旅の記憶。阿部玲子、阿部永著。エコ・ネットワーク、2018年、159頁,1620円】
大舘 智志
哺乳類科学   58(1) 186-187   2018年6月
大舘智志
Aroma Research   70(18) 164-165   2017年5月
大舘 大學
哺乳類科学   57(1) 169-171   2017年
大舘 智志
熊本野生生物研究会誌   8 37-38   2015年
大舘 智志, 新井 智, 川北 篤, 吉澤 和徳, 倉持 利明, 横畑 泰志
哺乳類科学   53(1) 181-184   2013年6月
大舘智志・北将樹・ラザロ=エチェニケ・ヘラルド=ベゲ・保尊脩
どうぶつと動物園   65(1) 24-29   2013年
大舘 智志, 金子 之史, 岩佐 真宏, 本川 雅治, 三中 信宏
哺乳類科学   51(1) 206-211   2011年6月
大舘 大學
日本生態学会ニュースレター   24 34-35   2011年
日本のヒグマの生息状況。分類と形態
大舘智氏・釣賀一二三
アジアのクマたちーその現状と未来 (日本クマネットワーク編)   109-110   2007年
Taxonomy and morphology, The status of brown bears in Japan
Ohdachi S. D., and Tsuruga H.
Understanding Asian Bears to Secure Their Future. Japan Bear Network   111-112   2006年
大舘 智志, 増田 隆一
環境庁請負調査 生態系多様性地域(遠音別原生自然環境保全地域)調査報告書   203-210   1997年3月
Synopsis. Distribution of shrews (Soricinae: Soricidae: Insectivora) and their mitochondrial gene types were investigated in the Shiretoko Peninsula. Shrews were collcted at low, medium, and high locations of both slope sides of the central mounta...
大舘 智志
Rise(株 ギミック)   5 110-111   1995年
アズマモグラの繁殖活動と食性
鴨田重裕・新井孝喜・大舘智志・梅林秀明・水島一正
動物と自然   15 22-24   1985年

書籍等出版物

 
Orgiazzi Alberto (担当:分担執筆, 範囲:Macrofauna)
Publications Office of the European Union   2016年   ISBN:9789279481697
低温科学便覧
大舘 智志 (担当:分担執筆, 範囲:第15章 寒冷圏の生物地理 全北区の哺乳類相と系統地理について)
丸善   2015年10月   
Ohdachi, S. D., Y. Ishibashi, M. A. Iwasa, D. Fukui & T. Saitoh (担当:共編者)
SHOUKADOH Book Sellers, The Mammalogical Society of Japan   2015年   ISBN:9784879746917
アイヌ史を問いなおす 生態・交流・文化継承 (アジア遊学 139)
勉誠出版   2011年   
スンクスの生物学
学会出版センター   2011年   
The Wild Mammals of Japan
Ohdachi, S. D., Y. Ishibashi, M. A. Iwasa & T. Saitoh (担当:共編者)
Shoukadoh Book Sellers, The Mammalogical Society of Japan   2009年   
日本の哺乳類学 第1巻
東京大学出版会   2008年   
増田 隆一, 阿部 永
北海道大学図書刊行会   2005年   ISBN:4832981013
野生動物分布等実態調査報告書−ヒグマ生態報告書
阿部永・青井俊樹・坪田俊男・間野勉・園山慶・矢部恒晶・大舘智志・占部千恵子・安江健・寺内方克・戸塚裕子 (担当:分担執筆)
北海道生活環境部自然保護課   1987年   

講演・口頭発表等

 
山本 佳奈, 大舘 智志, 笠原 康裕
日本微生物生態学会講演要旨集   2008年   
Kita Masaki, Nakamura Yasuo, Okumura Yuushi, Ohdachi Satoshi D., Oba Yuichi, Yoshikuni Michiyasu, Kido Hiroshi, Uemura Daisuke
International Symposium on the Chemistry of Natural Products   2006年7月23日   
北 将樹, 犬塚 俊康, 中村 康男, 木戸 博, 吉国 通庸, 大舘 智氏, 大場 裕一, 上村 大輔
天然有機化合物討論会講演要旨集   2003年9月1日   
Several kinds of shrews produce anesthetic substances which they inject into the bodies of their prey, such as earthworms and insects. The paralyzed prey are then stored in their nest. Due to the interesting ecology of shrews, we sought to isolate...

競争的資金等の研究課題

 
「界」をまたがる資源競争―バクテリア・虫・鳥・獣の死肉をめぐる攻防
日本学術振興会: 科研費
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 中島 啓裕
カリブ海地域の固有・希少野生生物の生態化学的調査
日本学術振興会: 科研費
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 北 将樹
浜中町に生息する4種のトガリネズミ類の生態・行動調査
北海道浜中町: 平成30年度霧多布湿原学術研究支援制度
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 大舘 智志
ユーラシア中央部・南部でのヒグマ多様性変遷の探求と北海道ヒグマ三系統の起源解明
日本学術振興会: 科研費
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 増田 隆一
住家性ジャコウネズミのインド洋沿岸域における超域的な人為移動のプロセスの解明
日本学術振興会: 科研費
研究期間: 2013年4月 - 2018年3月    代表者: 大舘 智志
動物学者と動物の科学民族誌:人類学者の参与観察と協働可能性
日本学術振興会: 科研費
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 池田 光穂
野生動物-ウイルス共進化の解明と新規ウイルス変異予測
日本学術振興会: 科研費
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月    代表者: 新井 智
Conservation of endangered species through traditional lifestyles in Alejandro de Humboldt National Park
トヨタ財団: 2012年度研究助成プログラム(カテゴリーA、共同研究)
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: Lazaro M. Echenique-Dias
古代DNA分析を導入したシベリア・マンモス動物群から現代動物相の多様性変遷の解明
日本学術振興会: 科研費
研究期間: 2005年4月 - 2009年3月    代表者: 増田 隆一
希少種チビトガリネズミのユーラシアにおける遺伝構造と集団構造
日本学術振興会: 科研費
研究期間: 2005年4月 - 2007年3月    代表者: 大舘 智志
中央アジアおよびザバイカルにおけるヒグマ集団の分子系統地理と進化起源の探索
日本学術振興会: 科研費
研究期間: 2002年4月 - 2005年3月    代表者: 増田 隆一
東アジア・東南アジア産哺乳全種の現況と多様性保全方法・必要な調査の検討
日本学術振興会: 科研費
研究期間: 2003年4月 - 2004年3月    代表者: 大泰司 紀之
北海道産トガリネズミ2種のマイクロサテライト遺伝子多型の地理的分布パターンの解明
日本学術振興会: 科研費
研究期間: 2001年4月 - 2003年3月    代表者: 大舘 智志
分子マーカーを用いた北東アジア産トガリネズミ群集の成立過程の推定
日本学術振興会: 科研費
研究期間: 1999年4月 - 2001年3月    代表者: 大舘 智志
絶滅危惧動物の遺伝的多様性評価法と遺伝子資源の保存に有効な分子生物学的技術の開発
日本学術振興会: 科研費
研究期間: 1998年4月 - 2001年3月    代表者: 増田 隆一
中国高原・シルクロードに分布する希少ヤマネコ類と大型ネコ類の分子系統進化学的研究
日本学術振興会: 科研費
研究期間: 1998年4月 - 2001年3月    代表者: 増田 隆一