FUJIMOTO Tsuguto

J-GLOBAL         Last updated: Apr 16, 2019 at 14:24
 
Avatar
Name
FUJIMOTO Tsuguto
URL
http://idsc.nih.go.jp/
Affiliation
National Institute of Infectious Diseases
Section
Infectious Disease Surveillance Center
Job title
Chief
Degree
Ph.D.
Research funding number
60446771
ORCID ID
https://orcid.org/0000-0002-4861-4349

Profile

I am the chief of Division 4 of the Infectious Disease Surveillance Center, National Institute of Infectious Diseases (NIID), Japan. Our laboratory serves as the diagnostic laboratory for pathogens that do not belong to other Divisions of the NIID. Accordingly, we are often responsible for pathogens such as Adenoviruses that cause diseases in many organ systems, including the respiratory, digestive, sensory, and urinary systems. Our division has studied Adenoviruses for decades. We are also conducting research in collaboration with other Departments of the NIID, and are actively engaged in the investigation and research of Enteroviruses. Another important mission of our Division is to develop novel diagnostic methods.

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Oct 2018
 - 
Today
Guest Professor, Health Sciences University of Hokkaido
 
Apr 2007
 - 
Today
Chief of Division 4, Infectious Agent Surveillance Center, National Institute of Infectious Diseases
 
Jun 2005
 - 
Today
Visiting Researcher, Department of Developmental Medicine, Graduate School of Medicine, the University of Tokyo
 
Apr 1996
 - 
Mar 2007
Principal Investigator, Division of Infectious Diseases, Hyogo Prefectural Institute of Public Health
 
Apr 1992
 - 
Mar 1996
Researcher, Division of Microbiology, Hyogo Prefectural
 
Apr 1990
 - 
Mar 1992
A narcotics agent, Pharmaceutical Division, Hyogo Prefectural Government
 
Apr 1987
 - 
Mar 1990
Hospital Pharmacists, Pharmaceutical department, Hyogo Prefectural Awaji Medical Center
 

Education

 
Oct 2014
 - 
Sep 2018
Information Science and Technology, Graduate School, Hokkaido University
 
Apr 1985
 - 
Mar 1987
Faculty of Pharmaceutical Science, Hoshi University
 
Apr 1981
 - 
Mar 1985
Health Pharmacy, Pharmaceutical Department, Hoshi University
 

Awards & Honors

 
Apr 2012
special award for industrial‐academic‐government cooperation, The Resona Foundation For Small and Medium Enterprise Promotion
 
May 2003
Saburo Kojima Memorial Technique Prize
 

Published Papers

 
Evaluation of a Silver-amplified Immunochromatography Kit for Adenoviral Conjunctivitis
FUJIMOTO Tsuguto, HANAOKA Nozomu, KONAGAYA Masami, NAKAGAWA Hisashi, HATANO Hiroshi, KAWAMYRA-TSUKAHARA Tomoko, UCHIO Eiichi, KANEKO Hisatoshi
Journal of Medical Virology      Jan 2019   [Refereed]
Human adenoviral type 54 keratoconjunctivitis accompanied by stellate keratitis and keratic precipitates: two cases
Human adenoviral type 54 keratoconjunctivitis accompanied by stellate keratitis and keratic precipitates: two cases
BMC Ophthalmology   19(7) 1-5   Jan 2019   [Refereed]
Serial MRI findings of acute flaccid myelitis during an outbreak of enterovirus D68 infection in Japan
AkihisaOkumura, Harushi Mori, PinFee Chong, Ryutaro Kira, Hiroyuki Torisud, Sawa Yasumoto, Hiroyuki Shimizu, Tsuguto Fujimoto, KeikoTanaka-Taya
Brain and Development      Dec 2018   [Refereed]
Usefulness of adenovirus immunochromatography rapid test with urine in male urethritis
HANAOKA nozomu, ITO Shin, KONAGAYA Masami, FUJIMOTO Tsuguto
Japanese Journal of Sexually Transmitted Infections   29(1) 1-2   Oct 2018   [Refereed][Invited]
Thongprachum A, Fujimoto T, Takanashi S, Saito H, Okitsu S, Shimizu H, Khamrin P, Maneekarn N, Hayakawa S, Ushijima H
Infection, genetics and evolution : journal of molecular epidemiology and evolutionary genetics in infectious diseases   63 17-23   Sep 2018   [Refereed]
上野 智弘, 川村 朋子, 佐伯 有祐, 七田 祐子, 右田 博敬, 藤本 嗣人, 内尾 英一
臨床眼科   72(4) 481-486   Apr 2018
<文献概要>目的:アデノウイルス(AdV)結膜炎の診断にはイムノクロマト(IC)法キットが広く使用されているが,結膜擦過を必要とする。今回,結膜擦過を行わずに採取可能な結膜滲出液を含む涙液(以下,涙液)を用いるAdV IC法キットを従来法と比較検討した。対象および方法:2016年7〜11月に福岡大学病院眼科およびみぎた眼科を受診したAdV結膜炎が疑われる93眼に2種類の迅速診断キットで検査を行った。対照キットとして結膜ぬぐい液を用いた従来のIC法キットを用いた。評価キットは,ろ紙を結膜に付...
【知っておきたい神経感染症】 エンテロウイルスによる手足口病と脳炎,髄膜炎
藤本 嗣人
BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩   70(2) 121-131   Feb 2018
エンテロウイルスA71型(EV-A71),コクサッキーウイルスA群16型(CV-A16)および近年はCV-A6が手足口病の主要な起因病原体である。これらはすべてピコルナウイルス科,エンテロウイルス属,Enterovirus A種に属し,時に無菌性髄膜炎および脳炎および麻痺を引き起こす。東アジア,東南アジアは1997〜2013年に大きなEV-A71のアウトブレイクを経験し,その間に致死例を含む重篤な脳炎症例を経験した。本論文では手足口病に関連した,中枢神経系感染症,疫学,臨床症状および治療,...
Chong PF, Kira R, Mori H, Okumura A, Torisu H, Yasumoto S, Shimizu H, Fujimoto T, Hanaoka N, Kusunoki S, Takahashi T, Oishi K, Tanaka-Taya K, Acute Flaccid Myelitis Collaborative Study Investigators .
Clinical infectious diseases : an official publication of the Infectious Diseases Society of America   66(5) 653-664   Feb 2018   [Refereed]
Journal of Medical Virology
Journal of medical virology   90(5) 873-880   Jan 2018   [Refereed]
BACKGROUND:
Human adenoviruses (HAdVs) cause severe inflammatory respiratory infections, but previous epidemiological studies lacked analysis of the characteristics of the inflammation.

METHODS:
Consecutive patients <13 years old with acute febri...
Takahashi S, Metcalf CJE, Arima Y, Fujimoto T, Shimizu H, Rogier van Doorn H, Le Van T, Chan YF, Farrar JJ, Oishi K, Grenfell BT
Journal of the Royal Society, Interface   15(146)    Sep 2018   [Refereed]
Tatsumi C, Iizuka S, Mita T, Wada M, Hanaoka N, Fujimoto T
Japanese journal of infectious diseases   71(4) 259-263   Jul 2018   [Refereed]
Tsukahara-Kawamura T, Fujimoto T, Gonzalez G, Hanaoka N, Konagaya M, Arashiro T, Saeki Y, Uchio E
Japanese journal of infectious diseases   71(4) 322-324   Jul 2018   [Refereed]
Hashimoto S, Gonzalez G, Harada S, Oosako H, Hanaoka N, Hinokuma R, Fujimoto T
Journal of medical virology   90(5) 881-889   May 2018   [Refereed]
Fujimoto T
Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo   70(2) 121-131   Feb 2018   [Refereed]
Hand-Foot-and-Mouth Diseases, Asceptic Meningitis, and Encephalitis caused by Enterovirus
FUJIMOTO Tsuguto
70(2) 121-131   Feb 2018   [Invited]
Enterovirus A71 (EV-A71), coxsackievirus A16 (CV-A16), and CV-A6 are the major causative agents of Hand-foot-and-mouth disease (HFMD). These viruses belong to the species Enterovirus A of the genus Enterovirus of the family Picornaviridae. These v...
Uemura T, Migita H, Ueno T, Tsukahara-Kawamura T, Saeki Y, Fujimoto T, Uchio E
Clinical ophthalmology (Auckland, N.Z.)   12 511-517   2018   [Refereed]
Sumi A, Toyoda S, Kanou K, Fujimoto T, Mise K, Kohei Y, Koyama A, Kobayashi N
Epidemiology and infection   145(14) 2896-2911   Oct 2017   [Refereed]
Kimura K, Fukushima T, Katada N, Shimizu H, Nakamura T, Fujimoto T, Hanaoka N, Tanaka-Taya K, Makino K
Neurology. Clinical practice   7(5) 390-393   Oct 2017   [Refereed]
Clinical Features of Acute Flaccid Myelitis Temporally Associated with an Enterovirus D68 Outbreak: Results of a Nationwide Survey of Acute Flaccid Paralysis in Japan, August-December 2015.
Chong PF, Kira R, Mori H, Okumura A, Torisu H, Yasumoto S, Shimizu H, Fujimoto T, Hanaoka N, Kusunoki S, Takahashi T, Oishi K, Tanaka-Taya K; AFM collaborative study investigators.
Clin Infect Dis.      Oct 2017   [Refereed]
Suzuki S, Kawamura T, Saeki Y, Okubo M, Konagaya M, Hanaoka N, Arashiro T, Fujimoto T, Uchio E.
Jpn J Infect Dis   70(5) 597-598   Sep 2017   [Refereed]
Identification of vaccine-derived rotavirus strains in children with acute gastroenteritis in Japan, 2012-2015.
Kaneko M, Takanashi S, Thongprachum A, Hanaoka N, Fujimoto T, Nagasawa K, Kimura H, Okitsu S, Mizuguchi M, Ushijima H.
PLoS One.   13(12(9)) e0184067   Sep 2017   [Refereed]
Characterization of genome sequences and clinical features of coxsackievirus A6 strains collected in Hyogo, Japan in 1999-2013.
Ogi M, Yano Y, Chikahira M, Takai D, Oshibe T, Arashiro T, Hanaoka N, Fujimoto T, Hayashi Y.
Journal of Medical Virology   89(8) 1395-1403   Aug 2017   [Refereed]
【迅速診断キットの現状-その長所・改良すべき点-】 アデノウイルスの迅速診断の現状(2017年)
藤本 嗣人
臨床とウイルス   45(3) 105-109   Jul 2017
First isolation of a new type of human adenovirus (genotype 79), species Human mastadenovirus B (B2) from sewage water in Japan.
Yoshitomi H, Sera N, Gonzalez G, Hanaoka N, Fujimoto T.
Journal of Medical Virology   89(7) 1192-1200   Jul 2017   [Refereed]
Simultaneous development of Kawasaki disease following acute human adenovirus infection in monozygotic twins: A case report.
Fukuda S, Ito S, Fujiwara M, Abe J, Hanaoka N, Fujimoto T, Katsumori H.
Pediatr Rheumatol   15(1) 39   2017   [Refereed]
郵送検査残渣を用いた尿道炎起因微生物の探索
花岡 希, 萬田 和志, 草刈 栄治, 伊藤 晋, 藤本 嗣人
日本性感染症学会誌   27(1) 69-73   Jul 2016
淋菌やクラミジアの検査に供した郵送検査残渣を用いて、human adenovirus(HAdV)を含む非クラミジア・非淋菌微生物の同定を行い、市中における潜在的な性感染症(STI)関連病原体の存在を調査した。対象は、2015年1月〜5月のSTI郵送検査(淋菌やクラミジア検査)の依頼時に「気になる症状がある」と答えた人の尿・うがい液検体のうち、淋菌やクラミジアが陰性であった221検体とし、同定対象微生物はMycoplasma genitalium(MG)、Mycoplasma hominis...
【エンテロウイルスD68と関連疾患】 エンテロウイルス(D68を含む)の検査方法
藤本 嗣人, 花岡 希, 多屋 馨子, 清水 博之
臨床とウイルス   44(3) 84-89   Jul 2016
【アデノウイルス角結膜炎の最新知見】 新型アデノウイルスの流行状況
藤本 嗣人
日本の眼科   87(6) 748-750   Jun 2016
日本において、流行性角結膜炎を引き起こすアデノウイルスは、新型である53、54、56型に移行している。8型、19a型および37型により流行性角結膜炎が引き起こされていた状況から大きく変化している。2015年には54型による流行性角膜炎の全国流行がみられた。新型アデノウイルスの眼科領域における流行状況を全国レベルで概説し、課題とその克服のための提言をおこなった。(著者抄録)
Hai le T, Thach HN, Tuan TA, Nam DH, Dien TM, Sato Y, Kumasaka T, Suzuki T, Hanaoka N, Fujimoto T, Katano H, Hasegawa H, Kawachi S, Nakajima N
Emerging infectious diseases   22(4)    Apr 2016   [Refereed]
郵送検査残渣を用いた尿道炎起因微生物の探索
花岡 希, 萬田 和志, 草刈 栄治, 藤本 嗣人
日本性感染症学会誌   26(2) 65-65   Oct 2015
尿道炎におけるアデノウイルスについて
花岡 希, 伊藤 晋, 高梨 真樹, 安田 満, 出口 隆, 山岸 拓也, 藤本 嗣人
日本性感染症学会誌   25(2) 64-64   Oct 2014
兵庫県の感染症発生動向調査において検出されたエンテロウイルス(2008〜2012年)
榎本 美貴, 高井 伝仕, 押部 智宏, 藤本 嗣人, 近平 雅嗣, 吉田 昌史
兵庫県立健康生活科学研究所健康科学研究センター研究報告   (4) 13-18   Jun 2013
2008〜2012年の兵庫県感染症発生動向調査におけるエンテロウイルス属の検出状況を報告した。エンテロウイルスは患者3028名のうち474検体から検出され、0〜3歳の乳幼児が65.5%を占めた。型別ではコクサッキーウイルスA群(CA)6、CA4、CA16、エンテロウイルス(EV)71の順に多く、主要な検出ウイルスは毎年入れ替わり、2008年のCA16、2010年のEV71、2011年のCA6は手足口病患者から、2009年のCA10はヘルパンギーナ患者から、2012年のCA9はウイルス性発疹...
Yamane S, Lee AW, Hanaoka N, Gonzalez G, Kaneko H, Ishida S, Kitaichi N, Ohno S, Koyanagi KO, Aoki K, Fujimoto T, Yawata N, Watanabe H
Journal of virology   87(2) 1285-1286   Jan 2013   [Refereed]
【ウイルス病原診断の最近の進歩】 流行の早期探知システムと病原体診断との連携の試み
菅原 民枝, 藤本 嗣人, 花岡 希, 小長谷 昌未, 大日 康史, 須田 道雄
臨床とウイルス   40(4) 169-175   Sep 2012
Enomoto M, Okafuji T, Okafuji T, Chikahira M, Konagaya M, Hanaoka N, Adhikary AK, Takai D, Sugawara T, Hayashi Y, Oishi K, Fujimoto T
Japanese journal of infectious diseases   65(5) 457-459   Sep 2012   [Refereed]
Okitsu S, Khamrin P, Hanaoka N, Thongprachum A, Takanashi S, Fujimoto T, Mizuguchi M, Shimizu H, Hayakawa S, Maneekarn N, Ushijima H
Archives of virology   161(1) 159-163   Jan 2016   [Refereed]
Ushijima H, Thongprachum A, Tran DN, Fujimoto T, Hanaoka N, Okitsu S, Takanashi S, Mizuguchi M, Hayakawa S
Clinical laboratory   61(1-2) 195-199   2015   [Refereed]
Harada K, Fujimoto T, Asato Y, Uchio E
Clinical ophthalmology (Auckland, N.Z.)   9 1085-1092   2015   [Refereed]
Adhikary AK, Hanaoka N, Fujimoto T
BioMed research international   2014 363790   2014   [Refereed]
Fujimoto T, Yamane S, Ogawa T, Hanaoka N, Ogura A, Hotta C, Niwa T, Chiba Y, Gonzalez G, Aoki K, Koyanagi KO, Watanabe H
Japanese journal of infectious diseases   67(4) 282-287   2014   [Refereed]
Matsushima Y, Nakajima E, Ishikawa M, Kano A, Komane A, Fujimoto T, Hanaoka N, Okabe N, Shimizu H
Japanese journal of infectious diseases   67(6) 495-502   2014   [Refereed]
Matsushima Y, Shimizu H, Kano A, Nakajima E, Ishimaru Y, Dey SK, Watanabe Y, Adachi F, Mitani K, Fujimoto T, Phan TG, Ushijima H
Genome announcements   1(1)    Jan 2013   [Refereed]
Sugiura H, Fujimoto T, Sugawara T, Hanaoka N, Konagaya M, Kikuchi K, Hanada E, Okabe N, Ohkusa Y
BioMed research international   2013 746053   2013   [Refereed]
Kobayashi M, Makino T, Hanaoka N, Shimizu H, Enomoto M, Okabe N, Kanou K, Konagaya M, Oishi K, Fujimoto T
Japanese journal of infectious diseases   66(3) 260-261   2013   [Refereed]
Yasui Y, Makino T, Hanaoka N, Owa K, Horikoshi A, Tanaka A, Suehiro Y, Shimizu H, Kanou K, Kobayashi M, Konagaya M, Fujimoto T
Japanese journal of infectious diseases   66(6) 564-566   2013   [Refereed]
Adhikary AK, Ushijima H, Fujimoto T
Journal of medical microbiology   61(11) 1491-1503   Nov 2012   [Refereed]
Taniguchi K, Yoshihara S, Tamaki H, Fujimoto T, Ikegame K, Kaida K, Nakata J, Inoue T, Kato R, Fujioka T, Okada M, Soma T, Ogawa H
Annals of hematology   91 1305-1312   Aug 2012   [Refereed]
花岡 希, 小長谷 昌未, 谷口 清州, 岡部 信彦, 藤本 嗣人
感染症学雑誌   86(4) 425-426   Jul 2012
流行性角結膜炎(EKC)の原因ウイルスとしては主にアデノウイルス(Ad)D種の8型、19型、37型が検出され、これらの迅速診断としてイムノクロマト法によるキットが使用されているが、近年はAd53型、54型、56型によるEKCも報告されている。このためこれら新型Adを既存のイムノクロマトキットで検出できるかについて検討した。イムノクロマトキットはクイックナビ・アデノ(デンカ生研)を用い、各型のストックウイルス液のTCID50/mlをRead and Muench法で算出し、Adコピー数算出法...
菅原 民枝, 藤本 嗣人, 大日 康史, 杉下 由行, 小長谷 昌未, 杉浦 弘明, 谷口 清州, 岡部 信彦
感染症学雑誌   86(4) 405-410   Jul 2012
【目的】保育園での集団手足口病流行とその後の集団発熱を対象として,症候群サーベイランスと病原体診断の連携を予備的調査として試みた.【方法】都内A保育園における手足口病の発生状況は,最初の発病者のあった日の1週間前から,4週間分を,保育園でのサーベイランスを用いて情報収集した.病原体診断は,発病者1名から発疹の出現日から3日間の直腸ぬぐい液を検体とした.また軽快後の発熱,呼吸器症状出現日に鼻腔ぬぐい液を検体としてPCRシークエンスでウイルスを同定した.【結果】2011年8月1日に20名の発病...
Sugawara T, Fujimoto T, Ohkusa Y, Sugishita Y, Konagaya M, Sugiura H, Taniguchi K, Okabe N
Kansenshogaku zasshi. The Journal of the Japanese Association for Infectious Diseases   86(4) 405-410   Jul 2012   [Refereed]
[Evaluation of immunochromatographic detection kit for novel human adenovirus type 53, 54 and 56].
Hanaoka N, Konagaya M, Taniguchi K, Okabe N, Fujimoto T
Kansenshogaku zasshi. The Journal of the Japanese Association for Infectious Diseases   86 425-426   Jul 2012   [Refereed]
Matsushima Y, Shimizu H, Kano A, Nakajima E, Ishimaru Y, Dey SK, Watanabe Y, Adachi F, Suzuki K, Mitani K, Fujimoto T, Phan TG, Ushijima H
Emerging infectious diseases   18 846-848   May 2012   [Refereed]
Fujimoto T, Iizuka S, Enomoto M, Abe K, Yamashita K, Hanaoka N, Okabe N, Yoshida H, Yasui Y, Kobayashi M, Fujii Y, Tanaka H, Yamamoto M, Shimizu H
Emerging infectious diseases   18 337-339   Feb 2012   [Refereed]
Nakamura M, Hirano E, Kowada K, Ishiguro F, Yamagishi Z, Adhikary AK, Hanaoka N, Okabe N, Taniguchi K, Fujimoto T
Journal of medical virology   84(1) 81-86   Jan 2012   [Refereed]
Fujimoto T, Matsushima Y, Shimizu H, Ishimaru Y, Kano A, Nakajima E, Adhikary AK, Hanaoka N, Okabe N
Japanese journal of infectious diseases   65(3) 260-263   2012   [Refereed]
Adhikary AK, Fujimoto T, Okabe N
Virology      Nov 2011   [Refereed]
榎本 美貴, 高井 伝仕, 藤本 嗣人
Bulletin of Hyogo Prefectural Institute of Public Health and Consumer Sciences, Public Health Science Research Center   (2) 15-19   Jun 2011
兵庫県の手足口病患者から検出したエンテロウイルス71型(EV71)の分子疫学解析を実施した。2008年1月から2010年12月に、咽頭結膜熱や手足口病、ヘルパンギーナ(インフルエンザは除く)等のウイルス感染を疑う患者1097例から採取した咽頭ぬぐい液、鼻汁、髄液、糞便及び尿等の1319検体を検査材料とした。2010年の手足口病患者数は、兵庫県では過去3年で最も多かった。手足口病の患者数は4歳以下が7割以上を占めた。1097例中30例(2.7%)からEV71を検出したが、2010年のみであっ...
Kaneko H, Aoki K, Ishida S, Ohno S, Kitaichi N, Ishiko H, Fujimoto T, Ikeda Y, Nakamura M, Gonzalez G, Koyanagi KO, Watanabe H, Suzutani T
The Journal of general virology   92(6) 1251-1259   Jun 2011   [Refereed]
藤本 嗣人, 花岡 希, 谷口 清州, 岡部 信彦
小児科   52(4) 471-475   Apr 2011
冨岡 鉄平, 島田 智恵, 藤本 嗣人, 松井 珠乃, 佐藤 弘, 八幡 裕一郎, 橘 とも子, 岡部 信彦
感染症学雑誌   85(2) 180-183   Mar 2011
2009年5〜7月に日本紅斑熱多発地帯のA校299名と近隣市の非多発地帯に位置するB校469名を対象に日本紅斑熱の知識、情報入手手段と受診行動の調査を施行し検討した。有効回答率はA校82%、B校60%で医療・福祉関係者を除くとA校187名、B校244名で、両校とも女性の回答が多く、年齢記入のある保護者の両校の年齢平均値は44.9歳と45.1歳で有意差は認めなかった。疾患知識については「病名を知っている」「症状を知っている」で有意差を認めた。知識の有無と受診行動との関連についてB校では「感染...
[Knowledge and attitude in medical behavior in Japanese spotted fever in endemic and non-endemic areas].
Tomioka T, Shimada T, Fujimoto T, Matsui T, Satoh H, Yahata Y, Tachibana T, Okabe N
Kansenshogaku zasshi. The Journal of the Japanese Association for Infectious Diseases   85 180-183   Mar 2011   [Refereed]
Kaneko H, Aoki K, Ohno S, Ishiko H, Fujimoto T, Kikuchi M, Harada S, Gonzalez G, Koyanagi KO, Watanabe H, Suzutani T
Journal of clinical microbiology   49 484-490   Feb 2011   [Refereed]
Fourteen years' surveillance of coxsackievirus group A in Kyoto 1996‒2009 using mouse, RD-18S, and Vero cells.
Konno M, Yoshioka M, Sugie M, Maguchi T, Nakamura T, Kizawa M, Umegaki Y, Yasutake H, Ishikawa Y, Hanaoka N, Okabe N, Taniguchi K, Shimizu H, Fujimoto T
Japanese journal of infectious diseases   64 167-168   2011   [Refereed]
Outbreak of epidemic keratoconjunctivitis caused by adenovirus type 54 in a nursery school in Kobe City, Japan in 2008.
Akiyoshi K, Suga T, Fukui K, Taniguchi K, Okabe N, Fujimoto T
Japanese journal of infectious diseases   64 353-355   2011   [Refereed]
Molecular characterization of human adenovirus type 8 (HAdV-8), including a novel genome type detected in Japan.
Adhikary AK, Banik U, Okabe N, Fujimoto T
Japanese journal of infectious diseases   64 493-498   2011   [Refereed]
Cultivation for 21 days should be considered to isolate respiratory adenoviruses from samples containing small numbers of adenoviral genomes.
Enomoto M, Fujimoto T, Konagaya M, Hanaoka N, Chikahira M, Taniguchi K, Okabe N
Japanese journal of infectious diseases   63 338-341   Sep 2010   [Refereed]
榎本 美貴, 高井 伝仕, 藤本 嗣人, 近平 雅嗣
兵庫県立健康生活科学研究所健康科学研究センター研究報告   1(1) 5-8   Jun 2010
Matsui T, Fujimoto T, Satoh H, Yasui Y, Okabe N
Kansenshogaku zasshi. The Journal of the Japanese Association for Infectious Diseases   84(1) 48-51   Jan 2010   [Refereed]
大阪府堺市(講演会A)と兵庫県洲本市(講演会B)で実施された市民向けの医学講座の会場において,つつが虫病と日本紅斑熱について,病名・感染経路・症状についての認知状況および疑わしい症状がでたときの受診行動について自記式のアンケートを実施した.なお,両疾患の感染症発生動向調査における届け出症例数はともに兵庫県の方が大阪府より多い.回収率は,講演会Aは57.9%(113/195),講演会Bは87.2%(61/70)であったが,職種を医療,公衆衛生や,無回答等としたものを除いて講演会A89人,講演...
FUJIMOTO Tsuguto, ENOMOTO Miki, KONAGAYA Masami, TANIGUCHI Kiyosu
感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases   83(4) 398-400   Jul 2009
常用している滅菌スワブ(綿部はポリエステル製;PS)とフロックドスワブ(FS)のアデノウイルス(Ad)採取効率を比較した。FSとPSの吸収液量の測定は、FSとPSを10秒、30秒および60秒間、精製水に浸漬してその前後のスワブの重さ(グラム数)を測定した。精製水の吸収量は、FSで浸漬時間にかかわらず0.15〜0.18gであった。これに対してPSでは10、30および60秒でそれぞれ0.11、0.18および0.19gであった。Ad接種細胞を拭った各スワブからのAd DNA回収量は同一検体で常に...
SHIMIZU Hideaki, ISHIMARU Yoko, FUJIMOTO Tsuguto
感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases   83(1) 64-65   Jan 2009
白金-金コロイド標識抗体を用いたイムノクロマトグラフ法の検査キットであるイムノエースアデノについて、検出感度の基礎的検討を行った。川崎市で分離・同定したAd1型〜8型、11型、19型および37型の11血清型について、10段階および2段階希釈したアデノウイルス希釈液を用いて最小検出感度を測定した。比較対照として、金コロイド標識抗体を使用しているアデノウイルス検査キットであるキャピリアアデノおよびチェックAdを用いた。イムノエースアデノは、キャピリアアデノおよびチェックAdに比べて2〜5倍検出...
MUNEMURA Tetsuya, FUJIMOTO Tsuguto, CHIKAHIRA Masatsugu, KIMURA Hirokazu, NISHIO Osamu, YOSHIDA Hiromu, OKABE Nobuhiko, TSUJI Tsutomu
感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases   82(1) 55-57   Jan 2008
1994年8月〜2005年11月にエンテロウイルス感染症を強く疑った21名(男12名、女9名、年齢1ヵ月〜10歳)の咽頭ぬぐい液を臨床検体として、市販の3種類のRNA抽出キット、QIAamp Viral RNA Mini Kit(キットA)、E.Z.N.A.Viral RNA Isolation Kit(キットB)、High Pure Viral RNA Kit(キットC)を用いて、標準法に準じたRT-PCRおよびSemi-nested PCRによるエンテロウイルス検出を行い、比較検討した...
FUJIMOTO Tsuguto, CHIKAHIRA Masatsugu, YOSHIDA Shinsaku, MUNEMURA Tetsuya, OKAFUJI Teruo, OKAFUJI Takao, YOSHIDA Hiromu, NISHIO Osamu
臨床とウイルス   33(3) 141-145   Aug 2005
FUJIMOTO Tsuguto
臨床とウイルス   33(3) 121-125   Aug 2005
ノロウイルス検査におけるRNA抽出コントロールとしてのエコーウイルス9型Hill株の適用について
藤本 嗣人, 近平 雅嗣, 秋山 美穂, 西尾 治
兵庫県立健康環境科学研究センター年報   (2) 107-110   Feb 2004
ポリオ根絶計画は最終段階に進み,ポリオワクチン株の実験室での保管・管理の厳密化が進み,使用しにくくなることが予想される.また,ワクチン株であっても感染した場合に,ポリオ様の麻痺を発症する可能性がきわめて稀ながら存在する.そこでポリオウイルスの代替として,一般的にヒトに病原性がないと考えられているエコーウイルス9型(E9)Hill株を用いることが可能か否かについて検討した.ノロウイルス検査のRNA抽出コントロールにおいてE9 HillがRNA抽出のポジティブコントロールとして使用可能であった...
兵庫県阪神地域における妊婦及び0-9歳児のコクサッキーB群ウイルスに対する中和抗体保有状況について
藤本 嗣人, 近平 雅嗣, 芥川 宏, 西尾 治
兵庫県立健康環境科学研究センター年報   (2) 103-106   Feb 2004
妊婦を含めた兵庫県在住者の抗体保有状況を,コクサッキーB群(CB)の6つの血清型すべてに対して調べた.妊婦の陽性率はCB1:44%,CB2:66%,CB3:56%,CB4:82%,CB5:55%およびCB6:6%であった.0〜9歳児は妊婦より抗体保有率が低く,特に0〜1歳児で低率であった.CBはときに乳幼児に重症感染症を引き起こす.CBの院内感染防止対策は抗体を持たない乳幼児にとって非常に重要と考えられた
中枢神経症状を伴う手足口病の臨床的検討
吉田 茂, 藍 祥子, 今井 恵介, 三舛 信一郎, 箙 ひとみ, 藤本 嗣人
日本小児科学会雑誌   107(3) 473-479   Mar 2003
中枢神経合併症を伴う手足口病28例(男女各14例,1ヵ月〜8歳)を対象に,臨床的検討を行った.合併症は無菌性髄膜炎のみの15例(軽症例),無呼吸発作・小脳失調・Myoclonic jerks・弛緩性麻痺・脳幹脳炎のいずれかを伴った13例(重症例)に分けられた.重症例は3歳未満で多くみられ,有熱期間が長く,中枢神経症状発現が早くからみられた.全治が26例,後遺症1例,死亡1例という結果で,血清抗体価,RT-PCR,ウイルス分離から71%の症例でエンテロウイルス71の感染が明らかになった
風疹ワクチン及び風疹抗体価検査に関する中学生の知識調査
藤本 嗣人, 近平 雅嗣, 山本 昭夫, 増田 邦義, 西尾 治
兵庫県立健康環境科学研究センター年報   (1) 120-123   Feb 2003
風疹ワクチン個別接種が行われている兵庫県内A市のH中学に在籍する1年生118名を対象として風疹に関するアンケート調査を実施した.風疹にかかったことがあると答えたのは17%で,既往歴の根拠は「医師の診断」が53%,「発疹」20%,「家族等の意見」27%であった.風疹ワクチンの接種を受けたことがあるのは7%,風疹抗体検査を受けていたのは1.1%であった.風疹ワクチンを接種してくれる医療機関があることを知っている者は18%と少なく,予防接種に関する知識は極めて不十分と考えられた
兵庫県立衛生研究所(現兵庫県立健康環境科学研究センター)における過去16年間のHIV抗体検査の推移(1986-2001年)
近平 雅嗣, 藤本 嗣人, 増田 邦義, 楠田 均, 木村 英二, 小林 稔, 川村 隆
兵庫県立健康環境科学研究センター年報   (1) 110-119   Feb 2003
1986年6月から2001年末迄に38493検体のHIV抗体スクリーニングを行い,28件の陽性例を検出した.検体数は,国内初の女性AIDS患者が発生した1987年に8324件の最多を記録したあと漸減し,近年は毎年1500〜2000件で推移している.最近では検出時既にAIDSを発症しているケースが増加傾向にある
スイミングスクールを介したと推定されるアデノウイルス4型による咽頭結膜熱の流行
岡藤 輝夫, 岡藤 隆夫, 岡藤 みはる, 藤本 嗣人, 近平 雅嗣, 西尾 治
臨床とウイルス   30(4) 270-274   Oct 2002
2001年1〜4月の3ヵ月間に著者らの病院で咽頭結膜熱が疑われた患者のうち,免疫クロマト法でアデノウイルス抗原が検出されたのは37例であり,その内の24例について血清型の同定を行った.その結果,21例が4型であり37例のうち特定のプールを利用していたのは19例で,他は家族か友人,又は他のプール利用からの発病であった.患者が利用していた特定のプール水からウイルス分離はできなかったが,プール水の遊離残留塩素濃度が0.1mg/Lと低いことが発症が多発した要因と考えられ,その後,遊離残留塩素濃度が...
兵庫県における過去8年間(1993〜2000年)のエンテロウイルス検出・同定状況
藤本 嗣人, 近平 雅嗣, 増田 義邦, 楠田 均, 岡藤 輝夫, 芥川 宏, 吉田 真策, 河合 徹, 吉田 茂, 長谷川 斐子, 吉田 弘, 西尾 治
兵庫県立衛生研究所年報   (36) 75-81   Mar 2002
エンテロウイルス属のウイルスは370名から検出され,その型は26種類であった.患者の40%は中枢神経症状を診断名としていた.患者数が多かったのはエコーウイルス(E)30型で,1997〜8年に成人を含む81名から検出され,うち77名は髄膜炎患者であった.2000年には兵庫県南西部の一地域で手足口病に中枢神経系疾患を併発したケースが29名発生し,うち12名についてウイルス検索を実施したところ,死亡1名を含む10名からエンテロウイルス(EV)71型を検出した.過去の流行周期から推定して,2003...
FUJIMOTO Tsugeto, CHIKAHARA Masatsugu, NISHIO Osamu
J.Jpn.Assoc.Infect.Dis.   72(11) 1202-1207   Nov 1998
KASE Tetsuo, MAEDA Akiko, OKUNO Yoshinobu, FUJIMOTO Tuguto, NISHIMURA Akira, KATOH Tomochika
臨床とウイルス   26(4) 250-254   Oct 1998

Misc

 
アデノウイルス性尿道炎患者変遷と市中アデノウイルス流行状況との関連性
花岡 希, 伊藤 晋, 安田 満, 高梨 真樹, 出口 隆, 山岸 拓也, 藤本 嗣人
日本性感染症学会誌   26(2) 87-87   Oct 2015
【腎と透析ベッドサイド検査事典】 (第10章)感染マーカー、感染症検査 アデノウイルス
藤本 嗣人, 花岡 希
腎と透析   84(増刊) 287-289   May 2018
麻疹に併発した肺炎で死亡した19例の肺組織の分子病理学的解析
中島 典子, 佐藤 由子, 熊坂 利夫, 藤本 嗣人, 花岡 希, 片野 晴隆, 鈴木 忠樹, 長谷川 秀樹
日本病理学会会誌   104(1) 452-452   Mar 2015
髄液と便から異なったウイルスが検出された無菌性髄膜炎の1例
志田 洋子, 鈴木 葉子, 安田 菜穂子, 鈴木 恵子, 杉原 茂孝, 花岡 希, 藤本 嗣人
小児感染免疫   27(1) 63-64   Apr 2015
アデノウイルスの型と疾患・流行
藤本 嗣人
臨床とウイルス   46(2) S98-S98   Apr 2018
【小児疾患診療のための病態生理1 改訂第5版】 感染症 アデノウイルス感染症
藤本 嗣人
小児内科   46(増刊) 1022-1026   Nov 2014
Human mastadenovirusにおける尿道炎発症に関わるサイトの探索
飯田 雅, 花岡 希, 藤本 嗣人, 伊藤 晋, 出口 隆, 安田 満, 小柳 香奈子, 渡邉 日出海
日本性感染症学会誌   28(2) 202-202   Nov 2017
エンテロウイルスD68のアウトブレイクに関連した急性弛緩性脊髄炎
吉良 龍太郎, チョン・ピンフィー, 森 懇, 奥村 彰久, 鳥巣 浩幸, 安元 佐和, 清水 博之, 藤本 嗣人, 花岡 希, 楠 進, 高橋 利幸, 大石 和徳, 多屋 馨子
日本小児科学会雑誌   122(2) 298-298   Feb 2018
兵庫県で脳炎を引き起こしたエンテロウイルス71(EV71)の分子疫学 2000年と2010年の致死症例を含む重症例を引き起こしたEV71の遺伝子型
藤本 嗣人, 花岡 希, 藤巻 明日香, 荻 美貴, 清水 博之
臨床とウイルス   42(2) S80-S80   May 2014
尿道炎に関連するアデノウイルスの検出方法の検討 迅速診断キットの有用性について
花岡 希, 伊藤 晋, 小長谷 昌未, 藤本 嗣人
日本性感染症学会誌   28(2) 203-203   Nov 2017
Echovirus 9による無菌性髄膜炎多発時の検出および髄膜炎起因病原体の考察
藤巻 明日香, 花岡 希, 藤本 嗣人
臨床とウイルス   42(2) S82-S82   May 2014
尿道分泌物よりアデノウイルスD種64型が検出できた尿道炎
尾上 泰彦, 花岡 希, 小長谷 昌未, 藤本 嗣人
日本性感染症学会誌   28(2) 203-203   Nov 2017
簡易で安価な制限酵素切断パターン解析による新型アデノウイルスに対応するタイピング法
藤本 嗣人, 花岡 希, 藤巻 明日香, 山本 希
臨床とウイルス   42(2) S93-S93   May 2014
急性弛緩性脊髄炎 急性弛緩性脊髄炎の臨床像
吉良 龍太郎, チョン・ピンフィー, 多屋 馨子, 清水 博之, 藤本 嗣人, 花岡 希, 大石 和徳, 森 懇, 奥村 彰久, 鳥巣 浩幸, 安元 佐和, 楠 進, 高橋 利幸
NEUROINFECTION   22(2) 210-210   Sep 2017
インターネットを利用した感染症啓発における要点と課題
花岡 希, 藤本 嗣人, 島田 智恵, 佐藤 弘, 椎野 禎一朗, 加納 和彦, 岡部 信彦, 岸本 寿男
日本細菌学雑誌   69(1) 204-204   Feb 2014
NESID病原体サーベイランスデータを用いたコクサッキーA6ウイルスの病像変化に関する研究
加納 和彦, 牧野 友彦, 藤本 嗣人
日本化学療法学会雑誌   62(Suppl.A) 325-325   May 2014
呼吸器アデノウイルスの臨床疫学 Speciesによる差異
中村 晴奈, 藤澤 隆夫, 菅 秀, 谷口 清州, 長尾 みづほ, 伊藤 正寛, 花岡 希, 藤本 嗣人, 落合 仁, 庵原 俊昭
三重県小児科医会会報   (103) 19-22   Aug 2017
発熱、典型的な咽頭所見を呈した小児に対し、アデノウイルス特異的イムノクロマトグラフキットを用いてスクリーニング検査を行い、迅速検査陽性となった187名(0〜13歳)を対象とした。ウイルス分離ができたのは177名(94.7%)で、175例の型・種を同定した。175例のうち、13例(8%)は複数の型・種を検出したが、そのうち3例は同一種(いずれもC種)であった。型・種が同定できた175例では型としてはB種3型が最も多く30.9%、次いで4型(27.4%)、2型(17.7%)、1型(12.0%)...
【感染症症候群(第2版)-症候群から感染性単一疾患までを含めて-[上]】 ウイルス感染症 DNAウイルス感染症 アデノウイルス感染症
藤本 嗣人
日本臨床   別冊(感染症症候群(上)) 373-376   Jul 2013
広島大学病院における54型を含む流行性角結膜炎アデノウイルス型別の臨床的特徴
戸田 良太郎, 岡田 有紗, 尾上 弘光, 奥道 秀明, 井之川 宗右, 近間 泰一郎, 木内 良明, 大毛 宏喜, 藤井 慶樹, 藤本 嗣人
日本眼科学会雑誌   121(臨増) 197-197   Mar 2017
8年間にわたる眼科定点調査で検出されたヒトアデノウイルス流行型の推移と新たに発見された流行性角結膜炎起因病原体
橋本 慎太郎, 花岡 希, 藤本 嗣人
臨床とウイルス   45(2) S52-S52   Apr 2017
保育所の発疹集団発生におけるコクサッキーA群9型の検出・同定
菅原 民枝, 藤本 嗣人, 大日 康史, 安井 良則, 大石 和徳
感染症学雑誌   87(臨増) 268-268   May 2013
流行性角結膜炎の経過と予後の予測に有用と考えられたアデノウイルスの型別判定
川村 朋子, 藤本 嗣人, 小長谷 昌未, 花岡 希, 佐伯 有祐, 内尾 英一
日本眼科学会雑誌   121(臨増) 199-199   Mar 2017
新しいウイルスの発見とその臨床像 パレコ、アイチ、インフルC、新型アデノなど ウイルス発見の基礎 ウイルスサンプルの取り扱いと新型アデノウイルスの検出同定
藤本 嗣人
臨床とウイルス   41(2) S12-S12   May 2013
新生児期にコクサッキーウイルスB3による急性心筋炎を発症した1例
山形 知慧, 進藤 考洋, 白神 一博, 朝海 廣子, 平田 陽一郎, 犬塚 亮, 坂口 洋平, 金子 明依, 高梨 さやか, 水口 雅, 花岡 希, 藤本 嗣人, 岡 明
日本小児科学会雑誌   121(2) 356-356   Feb 2017
アデノウイルス感染にともなう胃腸炎の発症頻度
藤本 嗣人, 榎本 美貴, 花岡 希, 谷口 清州
臨床とウイルス   41(2) S58-S58   May 2013
本邦で初めて分離されたヒトアデノウイルス57型(HAdV57)
辰己 智香, 飯塚 節子, 和田 美江子, 三田 哲朗, 花岡 希, 藤本 嗣人
日本獣医師会雑誌   69(10) 636-637   Oct 2016
【小児疾患の診断治療基準(第4版)】 (第2部)疾患 感染症 アデノウイルス感染症
小林 正明, 藤本 嗣人
小児内科   44(増刊) 328-329   Nov 2012
【腸管感染症の最新知見】 ウイルス性腸管感染症 アデノウイルス胃腸炎
藤本 嗣人, 井手 忍, 柴原 乃奈, 加納 和彦, 花岡 希, 松島 勇紀, 清水 英明
臨床と微生物   40(2) 161-164   Mar 2013
ヒトアデノウイルス(アデノウイルス)のうちF種(40、41型)は腸管粘膜で増殖して感染性胃腸炎の重要な起因ウイルスとなる。F種より頻度は低いがA種(31型)も胃腸炎を引き起こす。また、近年はD種アデノウイルス(新型候補株65、67型など)も胃腸炎の起因ウイルスとなりうることが示され、胃腸炎を引き起こすG種アデノウイルス(52型)がICTVで認められるなど新しい型がホットな話題となっている。(著者抄録)
【新興・再興感染症up to date〜Emerging and re-emerging infectious disease〜】 ウイルス感染症 手足口病
藤本 嗣人
化学療法の領域   29(増刊) 1078-1083   Apr 2013
手足口病(HFMD)はピコルナウイルス属のエンテロウイルス科に属するウイルスによる乳幼児・小児に流行する軽症の急性発疹性疾患である。起因病原体は、コクサッキーウイルスA(CA)16型、エンテロウイルス71型(EV71)等のことが多い。このうちEV71は脳炎など中枢神経系感染症を引き起こすことがある。近年、中国等において抗EV71ワクチンが開発され、今後の使用が予想される。特異的な治療薬が市販されていないためEV71流行時には手洗い等の予防対策が重要である。(著者抄録)
流行初期段階のコクサッキーA群9型の検出・同定 保育所の発疹集団発生の事例
菅原 民枝, 藤本 嗣人, 花岡 希, 大日 康史
臨床とウイルス   41(2) S81-S81   May 2013
花岡 希, 小長谷 昌未, 藤本 嗣人
感染症学雑誌   90(4) 507-511   Jul 2016
【目的】全国77ヶ所の地方衛生研究所(地研)におけるアデノウイルスの病原体サーベイランス実施状況をレファレンス活動の一環として明らかにすること.【方法】2014年2月〜2014年5月に地研77ヶ所に調査用紙をE-mailに添付して,担当者に送付した.調査項目は,(1)アデノウイルス分離実施の有無および使用細胞種,(2)中和反応実施の有無,(3)アデノウイルスPCRの実施の有無と方法,(4)眼科定点検体の病原体サーベイランス実施の有無等とした.【結果】アンケートの回収率は77/77(100%...
【微生物に関連した分子生物学的検査の基礎から応用まで】 応用編 病原体と遺伝子検査 呼吸器・消化器ウイルス
藤本 嗣人
臨床と微生物   39(増刊) 570-574   Oct 2012
呼吸器および消化器感染症などの病原体検査における分子生物学的検査は日常的に行われ、実験室診断における中心的な検査法となっている。呼吸器感染症、消化器感染症およびその両方を引き起こすウイルスについて、PCRを中心とした遺伝子増幅検査法が主要な検査法である。その基礎から応用までを包括的に概説した。(著者抄録)
新型アデノウイルス53、54および56型の日本における検出状況および臨床診断(2000〜2015年)の疫学解析
花岡 希, 木下 一美, 砂川 富正, 大石 和徳, 藤本 嗣人
感染症学雑誌   90(臨増) 257-257   Mar 2016
【ウイルス病原診断の最近の進歩】 日常的実験手法となったPolymerase chain reaction(PCR)と電気泳動の進展 超高速PCR(Hyper-PCR)およびMicrocapillary Electrophoresis(MultiNA)
藤本 嗣人, 花岡 希, 小長谷 昌未
臨床とウイルス   40(4) 184-191   Sep 2012
アデノウイルス咽頭扁桃炎の迅速検査による後方視的検討
高橋 健一郎, 花岡 希, 田村 まり子, 志田 洋子, 安田 菜穂子, 渡邉 日出海, 鈴木 葉子, 藤本 嗣人, 杉原 茂孝
感染症学雑誌   90(臨増) 370-370   Mar 2016
【RSウイルス感染症対策up to date】 RSウイルスの検査診断
藤本 嗣人, 竹田 誠, 中村 雅子, 榎本 美貴, 岡部 信彦
小児科   52(11) 1463-1469   Oct 2011
目で見る小児科 コクサッキーA6ウイルス感染が明らかになった手足口病
小林 正明, 藤本 嗣人, 岡部 信彦
小児科   52(11) 1443-1444   Oct 2011
アデノウイルス感染症の病原体迅速診断 小児科で多発するアデノウイルス性疾患の適切な検査のために
藤本 嗣人, 花岡 希
小児科   52(13) 1923-1929   Dec 2011
【呼吸器感染症の病原診断】 アデノウイルス
藤本 嗣人, 花岡 希, 小長谷 昌未, 岡部 信彦
臨床とウイルス   40(3) 115-122   Jul 2012
藤田 秀昭, ファン・ジェーン, 小沢 昌彦, 吉冨 秀亮, 世良 暢之, 鬼木 信乃夫, 花岡 希, 岡部 信彦, 藤本 嗣人, 内尾 英一
臨床眼科   66(5) 659-662   May 2012
目的:アデノウイルス56型(AdV56)で発症した流行性角結膜炎の1症例の報告。症例:38歳男性が左眼充血で紹介され受診した。両眼ともに多量の眼脂と流涙があり,瞼結膜と球結膜に充血があった。結膜ぬぐい液からのウイルス分離検査は5種類すべての培養細胞に対して陰性で,PCRによるアデノウイルスのヘキソン領域の遺伝子検査で956bp付近に特異的な増幅産物があった。ダイレクトシークェンスによる塩基配列(875bp)のBLASTによる相同性検索からAdV56と塩基配列が100%一致し,AdV56型と...
SupraMapにより作成したエンテロウイルス71時空系統樹の解析
宗村 徹也, 藤本 嗣人, 吉田 弘, 清水 博之, 岡部 信彦
感染症学雑誌   86(2) 233-233   Mar 2012
リアルタイムPCRで陰性でキャピラリー電気泳動で陽性となる微量エンテロウイルス
花岡 希, 小長谷 昌未, 藤本 嗣人
感染症学雑誌   86(臨増) 222-222   Mar 2012
症候性サーベイランスと早期の検査による流行抑制の可能性 保育園での手足口病及びRSウイルス感染症の流行での事例
菅原 民枝, 藤本 嗣人, 大日 康史, 杉下 由行, 谷口 清州, 岡部 信彦
感染症学雑誌   86(臨増) 277-277   Mar 2012
感染症啓発活動におけるインターネット啓発サイトの活用 リケッチア感染症啓発サイトを対象としたGoogle analyticsを用いた解析
花岡 希, 藤本 嗣人, 島田 智恵, 佐藤 弘, 椎野 禎一郎, 岸本 寿男, 岡部 信彦
感染症学雑誌   86(臨増) 507-507   Mar 2012
市中ウイルス感染症と実験室診断 PCR法による呼吸器感染症診断
藤本 嗣人
臨床とウイルス   39(2) S24-S24   May 2011
マイクロチップ電気泳動と超高速1step-RT-HyperPCRシステムを組み合わせた髄膜炎患者髄液からのエンテロウイルス高感度検出
藤本 嗣人, 花岡 希, 岡部 信彦, 牛島 廣治, 谷口 清州, 小長谷 昌未
臨床とウイルス   39(2) S66-S66   May 2011
【耳鼻咽喉科感染症の完全マスター】 病原体をマスターする ウイルス感染症 アデノウイルスを中心に 耳鼻咽喉科領域よりアデノウイルスを診る
山口 展正, 藤本 嗣人, 岡部 信彦
耳鼻咽喉科・頭頸部外科   83(5) 195-200   Apr 2011
今季のインフルエンザ罹患が疑われた小児のPCRによるウイルス検索結果
佐々木 香織, 谷中 好子, 井上 真太郎, 三舛 信一郎, 藤本 嗣人
日本小児科学会雑誌   114(12) 1947-1947   Dec 2010
感染症の遺伝子診断の進歩と今後の方向性 ウイルス疾患(アデノウイルスなど)の迅速診断
藤本 嗣人
感染症学雑誌   84(4) 522-522   Jul 2010
インフルエンザA H1N1パンデミック時の他項目ウイルス検索
藤本 嗣人, 谷口 清州, 岡部 信彦
臨床とウイルス   38(2) S72-S72   May 2010
インフルエンザウイルスおよびアデノウイルスの上咽頭所見とその臨床的意義
山口 展正, 岡部 信彦, 藤本 嗣人, 多屋 馨子, 浜本 いつき
日本耳鼻咽喉科学会会報   113(4) 388-388   Apr 2010
感染症の遺伝子診断の進歩と今後の方向性 ウイルス疾患(アデノウイルスなど)の迅速診断
藤本 嗣人
感染症学雑誌   84(臨増) 155-156   Mar 2010
新型インフルエンザ インフルエンザAH1pdmの新規超高速PCR(Hyper-PCR)による短時間検出同定
藤本 嗣人, 小長谷 昌未, 清水 英明, 石丸 陽子, 谷口 清州, 岡部 信彦
感染症学雑誌   84(臨増) 237-238   Mar 2010
流行性角結膜炎を引き起こす新しいヒトアデノウイルスの遺伝子学的解析
金子 久俊, 飯田 知弘, 藤本 嗣人, 北市 伸義, 青木 功喜, 大野 重昭
日本眼科学会雑誌   114(臨増) 236-236   Mar 2010
改良した高速PCRシステム(HyperPCR)とそのアデノウイルス診断への適用
藤本 嗣人, 小長谷 昌未, 谷口 清州, 榎本 美貴, 岡部 信彦
感染症学雑誌   84(1) 136-137   Jan 2010
【最近注目される微生物 その臨床的意義と検査法(ウイルス)】 診断法の進歩 高速PCRシステムによるアデノウイルス診断
藤本 嗣人
臨床と微生物   36(3) 257-262   May 2009
榎本 美貴, 谷口 清州, 藤本 嗣人
臨床とウイルス   37(2) S72-S72   Apr 2009
【くわしく知りたい冬のウイルス感染症】 咽頭結膜熱(プール熱)・アデノウイルス感染症
藤本 嗣人
チャイルド ヘルス   11(11) 784-787   Nov 2008
アデノウイルス感染症の診断 免疫クロマトキットを中心に
藤本 嗣人
Sysmex Journal   30 31-37   Dec 2007
小児の急性下気道炎入院患者におけるヒトメタニューモウイルスの関与について
芥川 宏, 飯尾 潤, 松本 貴子, 毎原 敏郎, 野中 路子, 児玉 荘一, 平尾 敬男, 藤本 嗣人
日本小児科学会雑誌   111(1) 104-104   Jan 2007
アデノウイルスとエンテロウイルスの重複感染の定性・定量的検討
藤本 嗣人, 近平 雅嗣, 岡藤 輝夫, 岡藤 隆夫, 篠原 美千代, 伊藤 正寛, 西尾 治, 牛島 廣治
感染症学雑誌   80(3) 281-281   May 2006
アデノウイルス分離におけるA549細胞の有用性 HEp-2,RDとの比較
藤本 嗣人, 近平 雅嗣, 西尾 治, 伊藤 正寛, 岡藤 輝夫, 岡藤 隆夫, 牛島 廣治
臨床とウイルス   34(2) S50-S50   May 2006
上野 久美, 砂川 冨正, 大山 卓昭, 谷口 清州, 岡部 信彦, 山本 昭夫, 藤本 嗣人, 徳嶺 進洋
臨床とウイルス   32(2) S90-S90   May 2004
医療現場における感染症の迅速診断 医療現場におけるアデノウイルス感染症の迅速診断
藤本 嗣人
臨床とウイルス   32(2) S12-S12   May 2004
ノーウオーク様ウイルス(NLV)によるウイルス性食中毒の疫学
近平 雅嗣, 池野 まり子, 押部 智博, 藤本 嗣人, 増田 邦義
兵庫県立健康環境科学研究センター年報   (2) 53-53   Feb 2004
近年日本で分離されたコクサッキーウイルスA6の分子系統学的手法を用いた解析
宗村 徹也, 七種 美和子, 川上 千春, 藤本 嗣人, 近平 雅嗣, 吉田 弘
横浜市衛生研究所年報   (42) 119-120   Dec 2003
平成14年に経験した無菌性髄膜炎の臨床的検討
丹羽 明, 平田 祐子, 毎原 敏郎, 芥川 宏, 平尾 敬男, 藤本 嗣人
日本小児科学会雑誌   107(12) 1694-1694   Dec 2003
アデノウイルス感染症 免疫クロマト法による迅速診断検査の有用性について
岡藤 隆夫, 岡藤 輝夫, 藤本 嗣人, 近平 雅嗣
外来小児科   6(3) 293-295   Nov 2003
宗村 徹也, 七種 美和子, 川上 千春, 野口 有三, 藤本 嗣人, 近平 雅嗣, 吉田 弘
臨床とウイルス   31(2) S76-S76   May 2003
コクサッキーB群ウイルスに対する小児及び妊婦の抗体保有調査
藤本 嗣人, 近平 雅嗣, 西尾 治
臨床とウイルス   31(2) S72-S72   May 2003
YOSHIDA Shigeru, AI Yoshiko, IMAI Keisuke, MIMASU Shimichiro, EBIRA Hitomi, FUJIMOTO Tsuguto
日本小児科学会雑誌   107(3) 473-479   Mar 2003
OKAFUJI Teruo, OKAFUJI Takao, OKAFUJI Miharu, FUJIMOTO Tsuguto, CHIKAHIRA Masatsugu, NISHIO Osamu
臨床とウイルス   30(4) 270-274   Oct 2002
宗村 徹也, 七種 美和子, 川上 千春, 野口 有三, 藤本 嗣人, 近平 雅嗣, 吉田 弘
臨床とウイルス   30(2) S85-S85   May 2002
藤本 嗣人, 近平 雅嗣, 岡藤 輝夫, 西尾 治, 吉田 弘
臨床とウイルス   30(2) S86-S86   May 2002
脳幹脳炎による死亡例を含む中枢神経病変を合併した手足口病症例の検討
箙 ひとみ, 今井 恵介, 吉田 茂, 三舛 信一郎, 藤本 嗣人, 西尾 治
小児感染免疫   14(1) 56-56   Apr 2002

Books etc

 
Diagnosis of Virus
FUJIMOTO Tsuguto (Part:Contributor, Adenovirus)
Shunkosya   Sep 2018   ISBN:978-4-915698-13-2C3047
Standard methods of analysis in food safety regulation
FUJIMOTO Tsuguto (Part:Contributor, human adenovirus)
Japan Food Hygine Association   Mar 2018   
Diagnosis and treatment based on pathophysiology of pediatric diseases
FUJIMOTO Tsuguto (Part:Contributor, Adenovirus Infections)
Tokyo Igakusya   Nov 2014   
Respiratory and Gastrointestinal Viral Infections for Clinicians.
FUJIMOTO Tsuguto (Part:Contributor, Adenovirus)
Shindan to chiryo sya   Aug 2014   

Conference Activities & Talks

 
Evaluation of a rapid diagnostic kit, Adenoplus®, for novel human adenovirus Type 53, 54 and 56
Tomoko KAWAMURA, Nozomu HANAOKA, Tsuguto FUJIMOTO, Masami KONAGAYA
Japan Cornea Conference 2019   7 Feb 2019   
Further study of detection of enteric viruses in raw sewage in Japan
Akusara Thongprachum, Akiko Nomura, Sayaka Takanashi, Tsuguto Fujimoto, Shoko Okitsu, Satoshi Hayakawa, Hiroshi Ushijima
The 66th Annual Meeting of the Japanese Society for Virology   29 Oct 2018   
Prediction of a number of patients with hand, foot, and mouth disease by deep learning
Kazuhiro Yoshida, Tsuguto Fujimoto, Masamichi Muramatsu, Hiroyuki Shimizu
The 66th Annual Meeting of the Japanese Society for Virology   29 Oct 2018   
Simultaneous diagnosis of group A Streptococcus and Adenovirus of pharyngitis patients were useful for judicious antibiotics use
FUJIMOTO Tsuguto, Nozomu Hanaoka, Mariko Tamura, Yoko Suzuki, Shigetaka Sugihara, Hidemi Watanabe
The 66th Annual Meeting of the Japanese Society for Virology   29 Oct 2018   

Research Grants & Projects

 
Detection and Quantification of Virus in Pharyngeal, Fecal, and Skin Specimens of Hand, Foot, and Mouth Disease Patients in Shizuoka Prefecture
Daido Life Welfare Foundation: Regional Health and Welfare Research Grant
Project Year: Sep 2018 - Aug 2019    Investigator(s): FUJIMOTO Tsuguto
Clinical Experimental Studies Involving the Causes of Acute Flaccid Paralysis, Acute Encephalitis, Encephalitis, Including Infections Agents (Enterovirus etc.)
Ministry of Health, Labor and Welfare: Health Labour Sciences Research Grant.
Project Year: Apr 2018 - Mar 2019    Investigator(s): TAYA Keiko (FUJIMOTO Tsuguto)
Research for testing, diagnosis, treatment, and prevention of emerging and re-emerging enterovirus infections
Japan Agency for Medical Research and Development: AMED
Project Year: Apr 2016 - Mar 2019    Investigator(s): SHIMIZU Hiroyuki (FUJIMOTO Tsuguto)
Research on Strengthening Functional Laboratory Networks for Pathogen Surveillance in Japan
Ministry of Health, Labor and Welfare: Health Labour Sciences Research Grant.
Project Year: Apr 2016 - Mar 2019    Investigator(s): Miyazaki Yoshitsugu (FUJIMOTO Tsuguto)
Validation of the efficacy and safety of inactivated polio vaccine and the development of new enteric virus vaccines
Japan Agency for Medical Research and Development: AMED
Project Year: Apr 2013 - Mar 2016    Investigator(s): SHIMIZU Hiroyuki (Tsuguto Fujimoto)
adenovirus

Others

 
Nov 2018   Young Researcher's Award (Dr. Hanaoka)
Dr. Hanaoka (a member of my division) received the Japanese Society for sexually transmitted infections's Young Researcher'sAward award on 24 November 2018.
May 2017   Young Investigator Award of the Japan Society for Clinical Virology
At the 58th Annual Meeting of the Japanese Society for Clinical Virology, a young investigator prize was awarded for joint research on adenoviruses in our laboratory and Kumamoto Prefectural Institutes of Health and Environmental Sciences (May 27, 2018).