吉田 俊也

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/22 07:29
 
アバター
研究者氏名
吉田 俊也
 
ヨシダ トシヤ
URL
http://forest.fsc.hokudai.ac.jp/~member/yoshida/
所属
北海道大学
部署
北方生物圏フィールド科学センター
職名
教授
学位
博士(農学)(新潟大学)
科研費研究者番号
60312401

研究分野

 
 

経歴

 
2012年
 - 
現在
北海道大学北方生物圏フィールド科学センター 教授
 
2009年
 - 
2012年
北海道大学北方生物圏フィールド科学センター 准教授
 
2011年
   
 
北海道大学 准教授
 
1999年
 - 
2002年
 北海道大学助手(農学部附属演習林) 助手
 
2002年
 - 
2009年
- 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター 助教
 

学歴

 
1995年
 - 
1998年
新潟大学大学院 自然科学研究科 
 
1993年
 - 
1995年
新潟大学大学院 農学研究科 
 
1985年
 - 
1989年
新潟大学 農学部 林学科
 

受賞

 
2008年
日本森林学会奨励賞
 

論文

 
Asada Ippei, Yamazaki Haruka, Yoshida Toshiya
FOREST ECOLOGY AND MANAGEMENT   393 81-88   2017年6月   [査読有り]
Yoshida Toshiya, Naito Sayoko, Nagumo Misato, Hyodo Natsumi, Inoue Taiki, Umegane Hiromitsu, Yamazaki Haruka, Miya Hisashi, Nakamura Futoshi
SUSTAINABILITY   9(11)    2017年11月   [査読有り]
吉田 俊也
Journal of Forest Research   22(6) 336-342   2017年   [査読有り]
Inoue Takahiro, Fukuzawa Karibu, Watanabe Tsunehiro, Yoshida Toshiya, Shibata Hideaki
ECOLOGICAL RESEARCH   32(2) 227-241   2017年3月   [査読有り]
Niwa Shigeru, Toyota Ayu, Kishimoto Toshio, Sasakawa Kji, Abe Shin, Chishima Takeshi, Higa Motoki, Hiura Tsutom, Homma Kosuke, Hoshino Daisuke, Ida Hideyuki, Kamata Naoto, Kaneko Yohei, Kawanishi Motohiro, Kobayashi Kazutaka, Kubota Kaname, Kuraji Koichiro, Masaki Takashi, Niiyama Kaoru, Noguchi Mahoko, Nomiya Haruto, Saito Satoshi, Sakimoto Michinori, Sakio Hitoshi, Sato Shigeho, Shibata Mitsue, Takashima Atsushi, Tanaka Hiroshi, Tashiro Naoaki, Tokuchi Naoko, Torikai Hisahiro, Yoshida Toshiya
ECOLOGICAL RESEARCH   31(5) 607-608   2016年9月   [査読有り]
吉田俊也
北方林業   67(1) 29‐32   2016年4月
田村太壱, 加藤顕, 小花和宏之, 吉田俊也
日本緑化工学会誌   41(1) 163-168   2015年8月
Motohka Takeshi, Yoshida Toshiya, Shibata Hideaki, Tadono Takeo, Shimada Masanobu
IEEE TRANSACTIONS ON GEOSCIENCE AND REMOTE SENSING   53(4) 1683-1691   2015年4月   [査読有り]
戸田求, 福澤加里部, 中村誠宏, 田中幹展, 吉田俊也, 柴田英昭, WANG Xin, 石田祐宣, 宮田理恵
低温科学   73 21-29   2015年3月
來住牧, 宮久史, 吉田俊也, 植村滋
低温科学   73 125-132   2015年3月
Takagi Kentaro, Yone Yasumichi, Takahashi Hiroyuki, Sakai Rei, Hojyo Hajime, Kamiura Tatsuya, Nomura Mutsumi, Liang Naishen, Fukazawa Tatsuya, Miya Hisashi, Yoshida Toshiya, Sasa Kaichiro, Fujinuma Yasumi, Murayama Takeshi, Oguma Hiroyuki
ECOLOGICAL INFORMATICS   26 54-60   2015年3月   [査読有り]
Takeshi Motohka,Toshiya Yoshida,Hideaki Shibata,Takeo Tadono,Masanobu Shimada
IEEE Trans. Geoscience and Remote Sensing   53(4) 1683-1691   2015年   [査読有り]
Kentaro Takagi,Yasumichi Yone,Hiroyuki Takahashi,Rei Sakai,Hajime Hojyo,Tatsuya Kamiura,Mutsumi Nomura,Naishen Liang,Tatsuya Fukazawa,Hisashi Miya,Toshiya Yoshida,Kaichiro Sasa,Yasumi Fujinuma,Takeshi Murayama,Hiroyuki Oguma
Ecological Informatics   26(3) 54-60   2015年   [査読有り]
Silvicultural alternatives to conventional even-aged forest management - what limits global adoption?"
吉田 俊也
Forest Ecosystems   2 8   2015年   [査読有り]
加藤顕, 安藤祐樹, 吉田俊也, 梶原康司, 本多嘉明, 小林達明
日本緑化工学会誌   40(1) 136-141   2014年8月
吉田俊也
ランドスケープ研究   78(2) 87-88   2014年7月
加藤顕, 阿部葉月, 安藤祐樹, 吉田俊也
ランドスケープ研究   78(1) 54-55   2014年4月
Yasuda Akira, Yoshida Toshiya, Miya Hisashi, Harvey Brian D.
JOURNAL OF FOREST RESEARCH   18(5) 398-406   2013年10月   [査読有り]
Suzuki Satoshi N., Ishihara Masae I., Nakamura Masahiro, Abe Shin, Hiura Tsutom, Homma Kosuke, Higa Motoki, Hoshino Daisuke, Hoshizaki Kazuhiko, Ida Hideyuki, Ishida Ken, Kawanishi Motohiro, Kobayashi Kazutaka, Kuraji Koichiro, Kuramoto Shigeo, Masaki Takashi, Niiyama Kaoru, Noguchi Mahoko, Nomiya Haruto, Saito Satoshi, Sakai Takeshi, Sakimoto Michinori, Sakio Hitoshi, Sato Tamotsu, Shibano Hirofumi, Shibata Mitsue, Suzuki Maki, Takashima Atsushi, Tanaka Hiroshi, Takagi Masahiro, Tashiro Naoaki, Tokuchi Naoko, Yoshida Toshiya, Yoshida Yumiko
ECOLOGICAL RESEARCH   27(6) 989-990   2012年11月   [査読有り]
YOSHIDA Toshiya, NOGUCHI Mahoko, UEMURA Shigeru, YANABA Satoshi, MIYA Hisashi, HIURA Tsutom
Journal of forest research   16(3) 215-222   2011年6月   [査読有り]
長谷川幹夫, 中島春樹, 吉田俊也
植物地理・分類研究   59(1) 31-34   2011年12月
ISHIHARA Masae I., SUZUKI Satoshi N., NAKAMURA Masahiro, ENOKI Tsutomu, FUJIWARA Akio, HIURA Tsutom, HOMMA Kosuke, HOSHINO Daisuke, HOSHIZAKI Kazuhiko, IDA Hideyuki, ISHIDA Ken, ITOH Akira, KANEKO Takayuki, KUBOTA Kaname, KURAJI Koichiro, KURAMOTO Shigeo, MAKITA Akifumi, MASAKI Takashi, NAMIKAWA Kanji, NIIYAMA Kaoru, NOGUCHI Mahoko, NOMIYA Haruto, OHKUBO Tatsuhiro, SAITO Satoshi, SAKAI Takeshi, SAKIMOTO Michinori, SAKIO Hitoshi, SHIBANO Hirofumi, SUGITA Hisashi, SUZUKI Mitsuo, TAKASHIMA Atsushi, TANAKA Nobuyuki, TASHIRO Naoaki, TOKUCHI Naoko, Yakushima Forest Environment Conservation Center, YOSHIDA Toshiya, YOSHIDA Yumiko
Ecological research   26(6) 1007-1008   2011年11月
KANGUR Ahto, YOSHIDA Toshiya, KUBOTA Yasuhiro, METSLAID Marek
Journal of forest research   16(3) 153-154   2011年6月   [査読有り]
VODDE Floortje, JOGISTE Kalev, KUBOTA Yasuhiro, KUULUVAINEN Timo, KOSTER Kajar, LUKJANOVA Aljona, METSLAID Marek, YOSHIDA Toshiya
Journal of forest research   16(3) 155-167   2011年6月   [査読有り]
井上太樹, 南雲未智, 伊村智, 吉田俊也
せん苔類研究   10(6) 173-174   2011年11月
清水池 義治, 神沼 公三郎, 佐藤 信, 吉田 俊也, 奈須 憲一郎, 三島 徳三
地域と住民 : 道北地域研究所年報   0(29) 73-88   2011年3月
柴田 英昭, 高木 健太郎, 吉田 俊也
水利科学   54(6) 30-42   2011年2月
Toda Motomu, Kolari Pasi, Nakai Taro, Kodama Yuji, Shibata Hideaki, Yoshida Toshiya, Uemura Shigeru, Sumida Akihiro, Kato Kyoko, Ono Kiyomi, Hara Toshihiko
Journal of Geophysical Research - Biogeosciences   116 G02006-45   2011年4月   [査読有り]
石原正恵, 石田健, 井田秀行, 伊東明, 榎木勉, 大久保達弘, 金子隆之, 金子信博, 倉本惠生, 酒井武, 齊藤哲, 崎尾均, 嵜元道徳, 芝野博文, 杉田久志, 鈴木三男, 高木正博, 高嶋敦史, 武生雅明, 田代直明, 田中信行, 徳地直子, 並川寛司, 新山馨, 西村尚之, 野口麻穂子, 野宮治人, 日浦勉, 藤原章雄, 星野大介, 本間航介, 蒔田明史, 正木隆, 吉岡崇仁, 吉田俊也
日本生態学会誌   60(1) 111-123   2010年3月
Mizunaga Hiromi, Nagaike Takuo, Yoshida Toshiya, Valkonen Sauli
Journal of Forest Research   15(1) 1-2   2010年2月   [査読有り]
AOYAMA Keiichi, YOSHIDA Toshiya, HARADA Akane, NOGUCHI Mahoko, MIYA Hisashi, SHIBATA Hideaki
Journal of Forest Research   16(1) 35-45   2011年2月   [査読有り]
Yoshida Toshiya, Noguchi Mahoko
Landscape and Ecological Engineering   6(1) 37-42   2010年1月   [査読有り]
石原 正恵, 石田 健, 井田 秀行, 伊東 明, 榎木 勉, 大久保 達弘, 金子 隆之, 金子 信博, 倉本 惠生, 酒井 武, 齋藤 哲, 崎尾 均, 嵜元 道徳, 芝野 博文, 杉田 久志, 鈴木 三男, 高木 正博, 高嶋 敦史, 武生 雅明, 田代 直明, 田中 信行, 徳地 直子, 並川 寛司, 新山 馨, 西村 尚之, 野口 麻穂子, 野宮 治人, 日浦 勉, 藤原 章雄, 星野 大介, 本間 航介, 蒔田 明史, 正木 隆, 吉岡 崇仁, 吉田 俊也
日本生態学会誌   60(1) 111-123   2010年3月
モニタリングサイト1000は環境省生物多様性センターの事業であり、そのうち森林・草原調査では、樹木、地表徘徊性甲虫、鳥類を指標生物群として定め、2004年よりモニタリング調査を行っている。本稿では、コアサイト・準コアサイトで取られた樹木に関するデータ(毎木調査データ)が研究・教育・保全政策などに広く活用されるよう、その概要を紹介し、データの活用方法について提案する。
YOSHIDA Toshiya, NOGUCHI Mahoko
Ecological Research   24(4) 909-919   2009年7月   [査読有り]
MIYA Hisashi, YOSHIDA Toshiya, NOGUCHI Mahoko, NAKAMURA Futoshi
Journal of forest research   14(5) 302-310   2009年10月   [査読有り]
We analyzed temporal patterns in diameter growth of saplings following selection harvesting in an uneven-aged mixed stand dominated by Abies sachalinensis, Acer mono, Quercus crispula, and Betula ermanii in Hokkaido, northern Japan. We examined in...
柴田 英昭, 戸田 浩人, 福島 慶太郎, 谷尾 陽一, 高橋 輝昌, 吉田 俊也
日本森林学会誌 = Journal of the Japanese Forest Society   91(6) 408-420   2009年12月
日本の森林生態系における物質循環と森林施業の関わりについて, 既往研究をレビューした。これまで, 森林伐採が物質循環や水質形成に及ぼす影響については, 伐採後に樹木の養分吸収が低下することによって, 河川へ硝酸態窒素が溶脱することが示されてきた。一方, 北海道北部における伐採後の林床植生による窒素養分吸収や, 関東北部での火山灰土壌における硝酸吸着, 流域水文過程に伴う河川水質変化など, 日本における特色あるプロセスについて報告されている。また, 急傾斜地における森林施業の結果として斜面崩...
AOYAMA Keiichi, YOSHIDA Toshiya, KAMITANI Tomohiko
Journal of Forest Research   14(1) 58-62   2009年2月   [査読有り]
NOGUCHI Mahoko, YOSHIDA Toshiya
Journal of Forest Research   14(5) 311-320   2009年10月   [査読有り]
長谷川 幹夫, 相浦 英春, 高橋 由佳, 吉田 俊也
日本森林学会誌   90(6) 372-377   2008年12月
ミヤマカワラハンノキの治山植物としての可能性を探るため,成長と樹形を使用頻度の高いミヤマハンノキ・ヤマハンノキと比較しつつ検討した。豪雪地の山腹工施工地において,3種の植栽木の樹高・樹冠直径を9〜18年間,ミヤマカワラハンノキとミヤマハンノキの萌芽幹の樹幹長と根元直径を18年間にわたって調査した。ミヤマカワラハンノキは他種に比較して樹高成長より樹冠の拡張を優先する傾向が強く,植栽から3年後で樹高130cmに対し,樹冠直径は110cmに達した。ヤマハンノキが9年後までに雪圧害を受け衰退したの...
NOGUCHI Mahoko, YOSHIDA Toshiya
Canadian Journal of Forest Research   37(9) 1554-1562   2007年9月   [査読有り]
原田 茜, 吉田 俊也, Resco de Dios Victor, 野口 麻穂子, 河原 輝彦
日本森林学会誌   90(6) 397-403   2008年12月
北海道北部の森林では,ササ地を森林化させるために掻き起こし施業が広く行われてきた。施業から6〜8年が経過した樹冠下の掻き起こし地を対象に,9種の高木性樹種を対象として樹高成長量と生存率を調べ,それらに影響する要因(植生間の競争・促進効果)を明らかにした。成長量と生存率が高かったのはキハダとナナカマド,ともに低かったのはアカエゾマツであった。多くの樹種の成長は,周囲の広葉樹または稚樹以外の下層植生の量から促進効果を受けていた。ただし,シラカンバについては,施業後3〜5年目の時点では促進効果が...
長谷川 幹夫, 平 英彰, 吉田 俊也
日本森林学会誌   89(1) 14-20   2007年2月
積雪寒冷地のスギ不成績造林地の修復を目的に当地の極相種であるブナを植栽した林分において,下刈り期間を変えた試験区(10年間継続した部分を下刈り区,3年間で中止した部分を放置区とする)を設定し,処理の違いが植栽木と侵入した広葉樹の消長に与える影響を検討した。ブナは放置区では侵入木等によって庇陰されていたが,その死亡率は下刈り区より低かった。植栽後8年を経たブナの胸高直径,樹冠直径は下刈り区で大きく,樹高は放置区で大きかった。ブナの雪圧による被害率は下刈り区で高かった。侵入木についてみると下刈...
YOSHIDA Toshiya, NOGUCHI Mahoko, AKIBAYASHI Yukio, NODA Masato, KADOMATSU Masahiko, SASA Kaichiro
Canadian Journal of Forest Research   36(6) 1363-1375   2006年6月   [査読有り]
秋林幸男, 高木健太郎, 野村睦, 北条元, 菅田定雄, 柴田英昭, 福沢加里部, 吉田俊也, 小池孝良, 笹賀一郎, 藤沼康実, 前林衛
北方林業   57(8) 176-179   2005年8月
吉田慎一, 吉田俊也, 富岡輝男, 早柏慎太郎, 秦寛
日本草地学会誌   51 16-17   2005年3月
YOSHIDA Toshiya, IGA Yoko, OZAWA Megumi, NOGUCHI Mahoko, SHIBATA Hideaki
Canadian Journal of Forest Research   35(1) 175-188   2005年
YOSHIDA Toshiya, HASEGAWA Mikio, TAIRA Hideaki, NOGUCHI Mahoko
Journal of Forest Research   10(5) 351-358   2005年
Resco de Dios, V., Yoshida, T. and Iga Y.
Forest Ecology and Management   215 138-148   2005年   [査読有り]
秦寛, 富岡輝男, 尾島徳介, 吉田俊也, 植村滋, 竹田哲二
Grassl Sci   49 208-209   2003年3月
秦 寛, 富岡 輝男, 尾島 徳介, 吉田 俊也, 植村 滋, 竹田 哲二
日本草地学会誌   49(0) 208-209   2003年3月
The age of tropical rain-forest canopy species, Borneo ironwood (Eusideroxylon zwageri), determined by 14C dating.
Journal of Tropical Ecology   19 1-7   2003年
鷹西 俊和, 吉田 俊也, 竹田 哲二
北方林業   54(5) 97-99   2002年5月
Stem growth and interspecific competition in a broadleaved secondary forest, central Japan.
Eurasian Journal of Forest Research   4 51-84   2002年
Yanagisawa Yukiko, Yoshida Toshiya, Kamitani Tomohiko
Journal of forest research   4(1) 53-56   1999年2月
A new method for predicting understory light levels around an artificial canopy gap prior to the selective cutting is presented. In two even-aged coppice stands, hemispherical photographs were taken at a height of 1.3 m, and crowns of each canopy ...
Yoshida, T. and Kamitani, T.
Forest Ecology and Management   113 57-65   1999年   [査読有り]
Yoshida Toshiya, Kamitani Tomohiko
Journal of forest research   3(3) 181-184   1998年8月
We compare three or four years effects of crown release on stem growth rates among four deciduous broad-leaved tree species, Fagus crenata, Quercus crispula, Magnolia obovata and Acer mono, in an eën-aged coppice forest, central Japan. The crown...
Yoshida, T., Yanagisawa, Y. and Kamitani, T.
Forest Ecology and Management   109 85-89   1998年   [査読有り]
Yoshida, T. and Kamitani, T.
Forest Ecology and Management   95 35-43   1997年   [査読有り]
紙谷 智彦, 吉田 俊也
日本林學會誌   73(2) 154-157   1991年3月

Misc

 
秋津朋子, 奈佐原顕郎, TERIGELE, 中路達郎, 吉田俊也, 坂井励, 間宮渉, 小林元, 岡野哲郎, 三枝信子, 井手玲子, 本多嘉明, 梶原康司, 堀雅裕, 小林秀樹
日本リモートセンシング学会学術講演会論文集(CD-ROM)   64th ROMBUNNO.S2   2018年5月
鈴木ななみ, 吉田俊也
日本森林学会大会学術講演集   129th 136   2018年3月
吉田俊也
日本森林学会大会学術講演集   129th 264   2018年3月
山崎遥, 吉田俊也
日本森林学会大会学術講演集   129th 136   2018年3月
宮田晴香, 橋田光, 小林真, 吉田俊也, 高橋直樹, 船田良, 半智史
日本木材学会大会研究発表要旨集(完全版)(CD-ROM)   68th ROMBUNNO.A15‐P‐33   2018年3月
坂井励, 間宮渉, 吉田俊也
北方森林保全技術   (35) 6‐9   2018年2月
井上華央, 柴田英昭, 吉田俊也, 中路達郎, 小花和宏之, 小花和宏之, 加藤顕
日本森林学会大会学術講演集   128th 115   2017年3月
小塚力, 吉田俊也, 佐藤冬樹
日本森林学会大会学術講演集   128th 81   2017年3月
中路達郎, 秋津朋子, 吉田俊也, 日浦勉, 中村誠宏, 柴田英昭, 奈佐原顕郎
日本森林学会大会学術講演集   128th 242   2017年3月
吉田俊也
日本森林学会大会学術講演集   128th 238   2017年3月
小塚力, 吉田俊也, 内海俊介, 坂井励, 平野祐也, 間宮渉, 守田英明, 山ノ内誠
北方森林保全技術   (34) 1‐5   2017年2月
坂井励, 吉田俊也, 小塚力, 高木健太郎, 岸田治, 片山昇, 高橋廣行, 浪花愛子, 伊藤欣也, 実吉智香子, 五十嵐満, 和田克法, 大岩敏昭, 永井義隆, 古和田四郎, 小池義信, 椿本勝博, 大岩健一, 佐藤博和, 宮崎徹, 大岩真一, 岡翼
北方森林保全技術   (32) 1-11   2015年3月
長池卓男, 吉田俊也
山梨県森林総合研究所事業報告   2012 52-53   2014年2月
早柏慎太郎, 吉田俊也
北方森林保全技術   (30) 1-5   2012年11月
加藤 顕, 石井 弘明, 梅木 清, 大澤 晃, 吉田 俊也, 小林 達明
日本森林学会大会発表データベース   124(0)    2013年
レーザーリモートセンシング技術の発展により、これまで不可能であった樹木構造把握が可能となってきた。本研究では地上レーザーを用いて詳細に樹木構造データを取得し、3次元点群データから樹木の幹枝を分類し、各構造を測定した。樹木構造の把握は、コンピュータグラフィックの技術を用いて、レーザー点群に対し内挿する表面を作成した。地上レーザー計測を北海道から滋賀まで様々な樹種を対象に行い、得られたデータを解析し、現地調査したデータと比較した。現地調査は伐倒やロープ登攀によって取得した。研究結果は、胸高直径...
吉田 俊也
日本森林学会大会発表データベース   124(0)    2013年
木材生産と環境保全の両立を図る森林の施業方法として、択伐などの非皆伐施業が重要である。北海道では開拓以降広く天然林の択伐が行われてきたが、持続可能性に関するその評価が固まったとは言い難い。そこで、本研究では、北海道北部の天然生針広混交林に設置された大面積施業試験地(北海道大学中川研究林 照査法試験地、面積68ヘクタール:優占樹種は、トドマツ、イタヤカエデ、シナノキ、ミズナラ、ダケカンバ)を対象に、1970年台以降、30年間の林分の変化を明らかにすることを目的とした。調査地内では、胸高直径1...
早柏慎太郎, 吉田俊也
北方森林保全技術   0(28) 15-18   2010年11月
青山 隼人, 早柏 慎太郎, 平松 悠揮, 平野 祐也, 福澤 加里部, 吉田 俊也, 柴田 英昭, 笹 賀一郎, 佐藤 冬樹
日本森林学会大会発表データベース   124(0)    2013年
昨年の報告に引き続き、森林施業が渓流水質に与える影響を評価するため、北海道北部にて操作実験を行った。欧米における既往の研究とは異なり、皆伐処理に伴う渓流水への硝酸イオンの流出は認められなかった。これに対し、掻き起し区では処理を行なってから3年後に硝酸イオンの流出が認められた。表土戻し区では処理直後に硝酸イオン濃度が約4倍上昇した。表層における土壌水の硝酸イオンは、処理後1年間は高濃度であったが、3年後には森林区と同程度に戻っており、草本の成長に伴う表層の硝酸イオンの吸収が原因と考えられる。...
青柳 陽子, 吉田 俊也, 竹田 哲二
北方森林保全技術   0(26) 16-20   2008年11月
We reviewed the research articles to understand the current findings and to suggest the future directions on relationship between biogeochemical cycling and forest practices in Japan. The studies on the effect of forest harvest on the biogeochemic...
井上 貴央, 柴田 英昭, 福澤 加里部, 吉田 俊也, 渡辺 恒大
日本森林学会大会発表データベース   124(0)    2013年
森林生態系の窒素循環は生物生産や環境保全機能を理解する上で重要である。これまで、樹種や林相の違いにより植生―土壌間の窒素循環が異なることは比較的明らかになっているものの、植生構造と土壌窒素動態との空間的な関係性については未解明な点が多い。そこで、本研究では天然の針広混交林において下層植生を含む植生の空間分布がリターフォールを介して土壌窒素動態の空間分布とどのように関係しているかを調べた。 北海道北部の天然性冷温帯針広混交林を調査地とし、植生分布、リターフォール、粗腐植層、表層土壌の量や化...
中嶋 潤子, 吉田 俊也, 市川 一
北方森林保全技術   0(25) 24-30   2007年11月
吉田 俊也, 小宮 圭示, 笹 賀一郎
北方森林保全技術   0(25) 56-61   2007年11月
長谷川 幹夫, 中島 春樹, 吉田 俊也
植物地理・分類研究   59(1) 31-34   2011年12月
長池卓男, 吉田俊也, 吉田俊也
山梨県森林総合研究所事業報告   2010 58-59   2011年8月
清水池義治, 神沼公三郎, 佐藤信, 吉田俊也, 奈須憲一郎, 三島徳三
地域と住民   (29) 73-88   2011年3月
吉田 俊也, 小宮 圭示
北方森林保全技術   0(23) 15-18   2005年10月
吉田 俊也
日本森林学会大会発表データベース   122(0) 421-421   2011年
井上 太樹, 南雲 未智, 吉田 俊也
日本森林学会大会発表データベース   122(0) 492-492   2011年
上浦 達哉, 秋林 幸男, 吉田 俊也
北方森林保全技術   0(22) 22-24   2004年10月
内藤 小容子, 吉田 俊也, 中村 太士
日本森林学会大会発表データベース   122(0) 560-560   2011年
中嶋 潤子, 吉田 俊也, 竹田 哲二
北方森林保全技術   0(21) 22-25   2003年12月
青山 隼人, 早柏 慎太郎, 平松 悠揮, 平野 祐也, 山ノ内 誠, 上浦 達哉, 福澤 加里部, 吉田 俊也, 柴田 英昭, 笹 賀一郎, 佐藤 冬樹
日本森林学会大会発表データベース   123(0) Pa013-Pa013   2011年
井上 太樹, 南雲 未智, 吉田 俊也
日本森林学会大会発表データベース   123(0) Pa068-Pa068   2011年
吉田 俊也
北方森林保全技術   19(0) 40-41   2001年11月
加藤 聡美, 竹内 史郎, 吉田 俊也
日本森林学会大会発表データベース   123(0) Pa140-Pa140   2011年
中嶋 潤子, 吉田 俊也, 上浦 達哉, 竹田 哲二, 阿部 一宏, 高橋 廣行, 鷹西 俊和, 柴田 英昭, 小澤 恵
北方森林保全技術   19(0) 9-12   2001年11月
南雲 未智, 井上 太樹, 吉田 俊也, 柴田 英昭
日本森林学会大会発表データベース   123(0) Pa180-Pa180   2011年
吉田 俊也
日本森林学会大会発表データベース   123(0) Pa197-Pa197   2011年
吉田 俊也
北方森林保全技術   18(0) 41-42   2000年10月
宮 久史, 吉田 俊也, 野口 麻穂子, 安田 哲, 中村 太士
日本森林学会大会発表データベース   121(0) 413-413   2010年
鷹西 俊和, 吉田 俊也, 上浦 達哉
北方森林保全技術   0(18) 14-18   2000年10月
佐藤 冬樹, 早柏 慎太郎, 上浦 達哉, 吉田 俊也, 野村 睦, 福澤 加里部, 柴田 英昭, 笹 賀一郎
日本森林学会大会発表データベース   121(0) 467-467   2010年
吉田 俊也, 宮 久史, 米 康充, 小熊 宏之
日本森林学会大会発表データベース   121(0) 567-567   2010年
柴田 英昭, 戸田 浩人, 福島 慶太郎, 谷尾 陽一, 高橋 輝昌, 吉田 俊也
日本森林学会誌   91(6) 408-420   2009年12月
日本の森林生態系における物質循環と森林施業の関わりについて、既往研究をレビューした。これまで、森林伐採が物質循環や水質形成に及ぼす影響については、伐採後に樹木の養分吸収が低下することによって、河川へ硝酸態窒素が溶脱することが示されてきた。一方、北海道北部における伐採後の林床植生による窒素養分吸収や、関東北部での火山灰土壌における硝酸吸着、流域水文過程に伴う河川水質変化など、日本における特色あるプロセスについて報告されている。また、急傾斜地における森林施業の結果として斜面崩壊が生じることで、...
久保田 康裕, 榎木 勉, 吉田 俊也
日本森林学会大会発表データベース   120(0) 482-482   2009年
吉田 俊也, 小林 真, Nemilostiv Yury, Bruanin Semyon, 佐藤 冬樹, 笹 賀一郎, 小池 孝良
日本森林学会大会発表データベース   120(0) 483-483   2009年
宮 久史, 吉田 俊也, 野口 麻穂子, 安田 哲, 中村 太士
日本森林学会大会発表データベース   120(0) 508-508   2009年
長谷川 幹夫, 相浦 英春, 高橋 由佳, 吉田 俊也
日本森林学会誌   90(6) 372-377   2008年12月
ミヤマカワラハンノキの治山植物としての可能性を探るため、成長と樹形を使用頻度の高いミヤマハンノキ・ヤマハンノキと比較しつつ検討した。豪雪地の山腹工施工地において、3種の植栽木の樹高・樹冠直径を9〜18年間、ミヤマカワラハンノキとミヤマハンノキの萌芽幹の樹幹長と根元直径を18年間にわたって調査した。ミヤマカワラハンノキは他種に比較して樹高成長より樹冠の拡張を優先する傾向が強く、植栽から3年後で樹高130cmに対し、樹冠直径は110cmに達した。ヤマハンノキが9年後までに雪圧害を受け衰退したの...
柴田 英昭, 福澤 加里部, 吉田 俊也
日本森林学会大会発表データベース   119(0) 155-155   2008年
原田 茜, 吉田 俊也
日本森林学会大会発表データベース   119(0) 549-549   2008年
小林真, BRUANIN S. V., NAUMENKO A. V., NEMILOSTIV Y. P., 吉田俊也, 佐藤冬樹, 笹賀一郎, 小池孝良
日本森林学会北海道支部論文集   (55) 23-25   2007年2月
小林 真, Bruanin S. V., Naumenko A. V., Nemilostiv Y. P., 吉田 俊也, 佐藤 冬樹, 笹 賀一郎, 小池 孝良
日本森林学会北海道支部論文集   55(0) 23-25   2007年
宮 久史, 野口 麻穂子, 吉田 俊也, 中村 太士
日本森林学会大会発表データベース   118(0) 569-569   2007年
原田 茜, 吉田 俊也
日本森林学会大会発表データベース   118(0) 608-608   2007年
吉田 俊也, 長谷川 幹夫, 野口 麻穂子, 平 英彰
日本森林学会大会発表データベース   118(0) 666-666   2007年
小林真, JI DongHun, 笹賀一郎, 佐藤冬樹, 吉田俊也, 小池孝良
日本森林学会北海道支部論文集   (54) 73-75   2006年2月
小林 真, 池 東〓, 笹 賀一郎, 佐藤 冬樹, 吉田 俊也, 小池 孝良
日本森林学会北海道支部論文集   54(0) 73-75   2006年
原田 茜, Victor Resco de Dios, 野口 麻穂子, 吉田 俊也
日本森林学会大会発表データベース   117(0) 374-374   2006年
吉田 俊也, 長谷川 幹夫, 野口 麻穂子, 平 英彰
日本森林学会大会発表データベース   117(0) 607-607   2006年
赤坂 悟知, 長谷川 幹夫, 吉田 俊也, 平 英彰
日本森林学会大会発表データベース   117(0) 613-613   2006年
小林 真, Zyranova O.A., Yaborov V.T., Nemilostiv Y.P., Masyagina O.V., 鷹西 俊和, 上浦 達哉, 吉田 俊也, 佐藤 冬樹, 笹 賀一郎, 小池 孝良
日本森林学会大会発表データベース   117(0) 627-627   2006年
野口 麻穂子, 吉田 俊也
日本森林学会大会発表データベース   117(0) 650-650   2006年
吉田慎一, 竹田哲二, 中城敏明, 吉田俊也, 秦寛
北海道草地研究会報   (39) 26   2005年3月
加藤京子, 隅田明洋, 吉田俊也, 秋林幸男, 原登志彦
日本森林学会北海道支部論文集   (53) 58-60   2005年2月
加藤 京子, 隅田 明洋, 吉田 俊也, 秋林 幸男, 原 登志彦
日本森林学会北海道支部論文集   53(0) 58-60   2005年
宮 久史, 吉田 俊也, 中村 太士, 小鹿 勝利
日本森林学会大会発表データベース   116(0) 149-149   2005年
吉田 俊也, 野口 麻穂子
日本森林学会大会発表データベース   116(0) 563-563   2005年
野口麻穂子, 香山雅純, 吉田俊也, 小池孝良
日本林学会北海道支部論文集   (51) 36-38   2003年2月
野口 麻穂子, 香山 雅純, 吉田 俊也, 小池 孝良
日本林学会北海道支部論文集   51(0) 36-38   2003年
内山和子, 石崎英治, 尾張敏章, 吉田俊也, 秋林幸男, 高橋広行, 守田英明, 高畠守, 小宮圭示
日本林学会北海道支部論文集   (49) 145-147   2001年2月
野口麻穂子, 吉田俊也
日本林学会北海道支部論文集   (49) 51-53   2001年2月
野口 麻穂子, 吉田 俊也
日本林学会北海道支部論文集   49(0) 51-53   2001年
内山 和子, 石崎 英治, 尾張 敏章, 吉田 俊也, 秋林 幸男, 高橋 廣行, 守田 英明, 高畠 守, 小宮 圭示
日本林学会北海道支部論文集   49(0) 145-147   2001年

書籍等出版物

 
吉田 俊也
[北海道大学北方生物圏フィールド科学センター]   2008年   
Restoration of Boreal and Temperate Forests.
CRC Press   2005年   
森林の科学-森林生態系科学入門-
朝倉書店   2005年   
北海道北部の地域社会-分析と提言
筑波書房   2008年   
北の森づくりQ&A
北方林業会   2009年   

講演・口頭発表等

 
吉田俊也
日本森林学会大会学術講演集   2017年3月26日   
中路達郎, 秋津朋子, 吉田俊也, 日浦勉, 中村誠宏, 柴田英昭, 奈佐原顕郎
日本森林学会大会学術講演集   2017年3月26日   
小塚力, 吉田俊也, 佐藤冬樹
日本森林学会大会学術講演集   2017年3月26日   
井上華央, 柴田英昭, 吉田俊也, 中路達郎, 小花和宏之, 小花和宏之, 加藤顕
日本森林学会大会学術講演集   2017年3月26日   
山崎遥, 吉田俊也
日本生態学会大会講演要旨(Web)   2017年   
Increased mortality of Abies sachalinensis following a wind-disturbance in a natural mixed forest.
吉田 俊也
15th International Conference on Ecology and Silviculture of Fir   2016年9月24日   
吉田俊也
日本森林学会大会学術講演集   2016年3月27日   
戸田求, 王新, 中村誠宏, 福澤加里部, 吉田俊也
日本生態学会大会講演要旨(Web)   2016年   
吉田俊也
日本生態学会大会講演要旨(Web)   2016年   
野口麻穂子, 吉田俊也
日本森林学会大会学術講演集   2015年3月26日   
吉田俊也, 野口麻穂子
日本森林学会大会学術講演集   2015年3月26日   
田村太壱, 加藤顕, 小花和宏之, 吉田俊也
日本森林学会大会学術講演集   2015年3月26日   
井上貴央, 角皆潤, 中川書子, 山下洋平, 吉田俊也, 福澤加里部, 柴田英昭
日本森林学会大会学術講演集   2015年3月26日   
山崎遥, 吉田俊也
日本森林学会大会学術講演集   2015年3月26日   
阿部葉月, 吉田俊也
日本森林学会大会学術講演集   2015年3月26日   
吉田俊也
日本生態学会大会講演要旨(Web)   2015年   
阿部葉月, 吉田俊也, 奥田篤志
日本生態学会大会講演要旨(Web)   2015年   
兵頭夏海, 吉田俊也
日本生態学会大会講演要旨(Web)   2015年   
山崎遥, 吉田俊也
日本生態学会大会講演要旨(Web)   2015年   
秋津朋子, 奈佐原顕郎, 小林秀樹, 楊偉, 本多嘉明, 梶原康司, 谷川聡, 三枝信子, 林真智, HABURA Pingchun, 高橋善幸, 廣瀬保雄, 井手玲子, 渡會貴之, 柴田英昭, 日浦勉, 吉田俊也, 高木健太郎, 中路達郎, 福澤加里部, 加藤知道, 高木方隆, 小野祐作, 栗原幸雄, 宮崎理紗
日本農業気象学会全国大会講演要旨   2015年   
Thirty years of changes in stand structure of a northern Japanese mixed forest under a selection system.
吉田 俊也
9th IUFRO 1.05 Workshop of "uneven-aged silviculture", Future Concepts in Uneven-aged Silviculture for a Changing World   2014年6月19日   
The effect of scarification with leaving surface soil on regeneration of Betula Maximowicziana.
9th IUFRO 1.05 Workshop of "uneven-aged silviculture", Future Concepts in Uneven-aged Silviculture for a Changing World   2014年6月18日   
安藤祐樹, 加藤顕, 吉田俊也, 梶原康司
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2014年3月26日   
山崎遥, 吉田俊也
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2014年3月26日   
阿部葉月, 加藤顕, 吉田俊也, 園田陽一, 林典子
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2014年3月26日   
吉田俊也
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2014年3月26日   
兵頭夏海, 吉田俊也
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2014年3月26日   
福澤加里部, 吉田俊也, 柴田英昭
日本生態学会大会講演要旨(Web)   2014年   
朝田一平, 吉田俊也
日本生態学会大会講演要旨(Web)   2014年   
坂井励, 吉田俊也, 小塚力, 高木健太郎, 岸田治, 片山昇, 高橋廣行, 浪花愛子, 伊藤欣也, 実吉智香子, 五十嵐満, 和田克法, 大岩敏昭, 永井義隆, 古和田四郎, 小池義信, 椿本勝博, 大岩健一, 佐藤博和, 宮崎徹, 大岩真一, 岡翼
北海道大学総合技術研究会報告集 平成26年度(CD-ROM)   2014年   
吉田俊也, 坂井励, 高橋廣行, 高木健太郎
日本生態学会大会講演要旨(Web)   2014年   
佐藤剛, 吉田俊也
日本生態学会大会講演要旨(Web)   2014年   
Effects of selection cutting on forest stand attributes in northern Japan: A silvicultural challenge with considering ecosystem sustainability.
吉田 俊也
Joint Symposium on Environmental Science 2013 -Bridging Finland and Japan   2013年11月27日   
吉田俊也
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2013年3月25日   
加藤顕, 石井弘明, 梅木清, 大澤晃, 吉田俊也, 小林達明
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2013年3月25日   
青山隼人, 早柏慎太郎, 平松悠揮, 平野祐也, 福澤加里部, 吉田俊也, 柴田英昭, 笹賀一郎, 佐藤冬樹
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2013年3月25日   
井上貴央, 柴田英昭, 福澤加里部, 吉田俊也, 渡辺恒大
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2013年3月25日   
佐藤剛, 井上太樹, 吉田俊也
日本生態学会大会講演要旨集   2013年3月5日   
朝田一平, 吉田俊也
日本生態学会大会講演要旨集   2013年3月5日   
井上太樹, 吉田俊也
日本生態学会大会講演要旨集   2013年3月5日   
井上太樹, 南雲未智, 吉田俊也
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2012年3月26日   
青山隼人, 早柏慎太郎, 平松悠揮, 平野祐也, 山ノ内誠, 上浦達哉, 福澤加里部, 吉田俊也, 柴田英昭, 笹賀一郎, 佐藤冬樹
日本森林学会大会学術講演集(CD−ROM)   2012年3月26日   
吉田俊也
日本森林学会大会学術講演集(CD−ROM)   2012年3月26日   
南雲未智, 井上太樹, 吉田俊也, 柴田英昭
日本森林学会大会学術講演集(CD−ROM)   2012年3月26日   
加藤聡美, 竹内史郎, 吉田俊也
日本森林学会大会学術講演集(CD−ROM)   2012年3月26日   
佐藤冬樹, 早柏慎太郎, 上浦達也, 平野裕也, 鈴木耕平, 吉田俊也, 野村睦, 柴田英昭, 笹賀一郎
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2011年3月25日   
井上太樹, 南雲未智, 吉田俊也
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2011年3月25日   
吉田俊也
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2011年3月25日   
内藤小容子, 吉田俊也, 中村太士
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2011年3月25日   
井上太樹, 南雲未智, 吉田俊也
日本生態学会大会講演要旨集   2011年3月8日   
加藤聡美, 竹内史郎, 吉田俊也
日本生態学会大会講演要旨集   2011年3月8日   
竹内史郎, 加藤聡美, 吉田俊也, 安江恒
日本生態学会大会講演要旨集   2011年3月8日   
南雲未智, 井上太樹, 吉田俊也, 柴田英昭
日本生態学会大会講演要旨集   2011年3月8日   
佐藤冬樹, 早柏慎太郎, 上浦達也, 吉田俊也, 野村睦, 福澤加里部, 柴田英昭, 笹賀一郎
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2010年4月2日   
吉田俊也, 宮久史, 米康充, 小熊宏之
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2010年4月2日   
宮久史, 吉田俊也, 野口麻穂子, 安田哲, 中村太士
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2010年4月2日   
植村滋, 吉田俊也, 石田亘生, 早柏慎太郎
日本生態学会大会講演要旨集   2010年3月15日   
安田哲, 吉田俊也, 宮久史
日本生態学会大会講演要旨集   2010年3月15日   
宮久史, 吉田俊也, 野口麻穂子, 安田哲, 中村太士
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2009年3月25日   
吉田俊也, 小林真, 佐藤冬樹, 笹賀一郎, YURY Nemilostiv, SEMYON Bruanin, 小池孝良
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2009年3月25日   
久保田康裕, 榎木勉, 吉田俊也
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2009年3月25日   
宮久史, 吉田俊也, 野口麻穂子, 米康充, 小熊宏之, 坂井励, 高橋廣行, 小宮圭示, 小野貴司, 中村太士
日本生態学会大会講演要旨集   2009年3月17日   
安田哲, 吉田俊也
日本生態学会大会講演要旨集   2009年3月17日   
柴田英昭, 福澤加里部, 吉田俊也
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2008年3月26日   
原田茜, 吉田俊也
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2008年3月26日   
宮久史, 野口麻穂子, 吉田俊也, 中村太士
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2007年4月1日   
原田茜, 吉田俊也
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2007年4月1日   
吉田俊也, 長谷川幹夫, 野口麻穂子, 平英彰
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2007年4月1日   
吉田俊也, 植村滋
日本生態学会大会講演要旨集   2007年3月19日   
青山圭一, 吉田俊也
日本生態学会大会講演要旨集   2007年3月19日   
原田茜, RESCO DE DIOS Victor, 野口麻穂子, 吉田俊也
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2006年4月3日   
小林真, ZYRYANOVA O.A., YABOROV V.T., NEMILOSTIV Y.P., 梶本卓也, 松浦陽次郎, MASYAGINA O.V., 鷹西俊和, 上浦達也, 吉田俊也, 佐藤冬樹, 笹賀一郎, 小池孝良
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2006年4月3日   
赤坂悟知, 長谷川幹夫, 吉田俊也, 平英彰
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2006年4月3日   
野口麻穂子, 吉田俊也
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2006年4月3日   
吉田俊也, 長谷川幹夫, 野口麻穂子, 平英彰
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2006年4月3日   
野口麻穂子, 吉田俊也
日本生態学会大会講演要旨集   2006年3月24日   
佐々木尚子, 小川安紀子, 吉岡崇仁, 日野修次, 高原光, 柴田英昭, 吉田俊也
日本生態学会大会講演要旨集   2006年3月24日   
吉田俊也, 早柏慎太郎, 植村滋
日本生態学会大会講演要旨集   2006年3月24日   
米康充, 福士亮太, 門松昌彦, 吉田俊也, 守田英明, 山ノ内誠, 上浦達哉, 竹田哲二, 小熊宏之
日本リモートセンシング学会学術講演会論文集   2005年11月18日   
吉田俊也, 野口麻穂子
日本森林学会大会講演要旨集(CD-ROM)   2005年3月20日   
宮久史, 吉田俊也, 中村太士, 小鹿勝利
日本森林学会大会講演要旨集(CD-ROM)   2005年3月20日   
野口麻穂子, 吉田俊也
日本林学会大会学術講演集   2004年3月20日   
吉田俊也, 野口麻穂子
日本林学会大会学術講演集   2004年3月20日   
長谷川幹夫, 吉田俊也, 平英彰
日本林学会大会学術講演集   2003年3月20日   
野口麻穂子, 吉田俊也
日本林学会大会学術講演集   2003年3月20日   
吉田俊也, 伊賀曜子
日本林学会大会学術講演集   2003年3月20日   
長井美緒, 吉田俊也
日本林学会大会学術講演集   2003年3月20日   
香山雅純, 野口麻穂子, 吉田俊也, 小池孝良
日本林学会大会学術講演集   2003年3月20日   
中静透, 吉田俊也, 田中浩, 中川弥智子, 紙谷智彦, 吉村充則, 山下恵
日本生態学会大会講演要旨集   2002年3月25日   
野口麻穂子, 吉田俊也
日本林学会大会学術講演集   2002年3月20日   
伊賀曜子, 吉田俊也, 柴田英昭, 小沢恵, 植村滋, 中嶋潤子, 高橋広行, 竹田哲二, 阿部一宏
日本林学会大会学術講演集   2002年3月20日   
吉田俊也
日本林学会大会学術講演集   2002年3月20日   
福沢加里部, 柴田英昭, 佐藤冬樹, 笹賀一郎, 高木健太郎, 吉田俊也, 秋林幸男
日本林学会大会学術講演集   2002年3月20日   
野口麻穂子, 吉田俊也
日本林学会大会学術講演集   2001年3月20日   
吉田俊也, 秋林幸男, 高橋広行, 守田英明, 高畠守, 小宮圭示
日本林学会大会学術講演集   2001年3月20日   
黒川紘子, 中静透, 吉田俊也, 中村俊夫, LAI J
日本生態学会大会講演要旨集   2000年3月21日   
柳沢由紀子, 吉田俊也, 紙谷智彦
日本生態学会大会講演要旨集   1998年3月   
吉田俊也, 紙谷智彦
日本生態学会大会講演要旨集   1997年3月   
吉田俊也, 紙谷智彦
日本生態学会大会講演要旨集   1996年3月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
北方林における攪乱後の主要樹種の成長と死亡:長期ストレスとしての個体間競争の影響
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 大野 泰之
天然林施業を組み入れた地域の森林管理オプションの提示 研究課題
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 吉田 俊也
木材の利用と生態系の保全とのバランスを考慮した天然林の管理について、北海道北部をモデル地域として考察した。択伐施業試験地における長期データから得られた主要樹種の個体群動態パラメータ、および樹種による伐採に対する反応の違い、天然更新補助作業等の効果を反映させた森林動態シミュレーションを実施した。森林の蓄積や、生物多様性の維持に寄与する構造を長期にわたって維持する森林施業の要件を、経済的な持続可能性も考慮して提示した。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 長池 卓男
社会的背景を考慮した新たな人工林施業を考えるために、複数の樹種を植栽した混交植栽人工林において、(1)炭素固定機能を地上部の蓄積量・成長量および成長経過から明らかにし、(2)立木の個体間距離や立木密度から、混交植栽人工林における林分構造・林内光環境・土壌養分が相互作用的に及ぼす炭素固定機能(生産性)への影響を定量化し、単一植栽人工林と比較する。このことによって、混交植栽人工林において生産性を損なわないための間伐指針を明らかにする。山梨県有林内のすべての混交植栽人工林のリストアップを行った。...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 久保田 康裕
北方域の気候変動や森林施業による人為インパクトは、将来的な北方林の資源動態に大きな影響を及ぼしつつある。本研究では、北方域の針葉樹林帯における山火事撹乱の強度・頻度の変化が、木材資源動態に及ぼす影響を、実データに基づいた空間点過程モデルと個体ベースの森林動態シミュレータで分析しようとしている。本研究は、従来の地域限定型の資源保全研究とは一線を画し、環北方域の森林動態に共通した生態プロセスを解明する。今年度は研究初年であるため、フィンランドの共同研究者を相手国のマッチングファンドで招聘し、研...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2011年    代表者: 吉田 俊也