鎌田 浩毅

J-GLOBALへ         更新日: 14/09/05 02:47
 
アバター
研究者氏名
鎌田 浩毅
 
カマタ ヒロキ
URL
http://www.gaia.h.kyoto-u.ac.jp/~kamata/
所属
京都大学
部署
大学院人間・環境学研究科 相関環境学専攻
職名
教授
学位
理学博士

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1979年
東京大学 理学部 地学科地質鉱物
 

委員歴

 
1996年
   
 
日本火山学会  評議員、理事
 
1998年
   
 
日本火山学会  編集長
 
 
   
 
日本地質学会  火山部会長
 

受賞

 
1996年
日本地質学会論文賞
 

論文

 
H. Muraoka; H. Kamata
Journal of Structural Geology   5(5) 483-495   1983年   [査読有り]
H. Kamata; K. Mimura
Bulletin Volcanologique   46(3) 277-282   1983年   [査読有り]
FRACTURE AND GEOTHERMAL FLUID INDUCED COLLAPSE OF VOLCANIC BODY DEFINED BY RADAR REMOTE SENSING.
Hirokazu Hase; Hirofumi Muraoka; Yasushi Yamaguchi; Hiroki Kamata
1-14   1983年   [査読有り]
BASEMENT STRUCTURE OF THE HOHI GEOTHERMAL AREA OBTAINED BY GRAVIMETRIC ANALYSIS IN CENTRAL-NORTH KYUSHU, JAPAN.
Masao Komazawa; Hiroki Kamata
Res in the Hohi Geotherm Area   305-333   1985年   [査読有り]

Misc

 
「大阪が火山灰でおおわれる日一噴火予知と防災の最新火山学- 」
鎌田浩毅
第20 回地球科学講演会、大阪自然史博物館      2003年   [査読有り]
阿蘇火山におけるマグマ供給系 の長期的進化 ―系統的な不適合元素の枯渇と酸化―
古川邦之, 金子克哉, 小屋囗剛愽, 鎌田浩毅
日本地質学会2005 年度秋季 大会、京都大学      2005年   [査読有り]
巨大噴火の歴史と日本人
鎌田浩毅
震災予防協会講演会, 2006年2 月3 日、パシフ ィコ横浜      2006年   [査読有り]
New 40Ar/39Ar and K-Ar ages from Macolod Corridor, SW Luzon, Philippines:implication for its volcanic history.
M. Sudo, E.L. Listanco, N. Ishikawa, T. Tagami, H. Kamata,and Y. Tatsumi,
Proc. Goldschmidt Conference, pp.27-39.      2007年   [査読有り]
『マグマの地球科学―火山の下で何か起きているか』
鎌田浩毅
中公新書、中央公論新社、全262 頁      2008年   [査読有り]

書籍等出版物

 
火山はすごい-日本列島の自然学
鎌田 浩毅
PHP新書 208,240pp   2002年   
火山はすごい―日本列島の自然学―
鎌田浩毅
PHP新書、PHP研究所   2002年   
科学者が見つけた「人を惹きつける」文章方程式
鎌田 浩毅
講談社プラスα新書 227-1C,222pp   2004年   
『地球は火山がつくった-地球科学入門』
鎌田 浩毅
岩波ジュニア新書 467,205pp   2004年   
地球は火山がつくった―地球科学入門
鎌田浩毅
岩波書店、岩波ジュニア新書、全193+iii頁   2004年   

競争的資金等の研究課題

 
火山噴火現象とテクトニクスに関する研究
火山防災研究、科学教育研究