堀尾 恵一

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/22 03:11
 
アバター
研究者氏名
堀尾 恵一
 
ホリオ ケイイチ
URL
http://www.brain.kyutech.ac.jp/~horio/index.html
所属
九州工業大学
部署
大学院生命体工学研究科 人間知能システム工学専攻
職名
准教授
学位
博士(情報工学)(九州工業大学)

経歴

 
2007年
 - 
2014年
 九州工業大学大学院生命体工学研究科脳情報専攻 准教授
 
2014年
   
 
 九州工業大学大学院生命体工学研究科人間知能システム工学専攻 准教授
 
2001年
 - 
2003年
 日本学術振興会 日本学術振興会特別研究員
 

学歴

 
 
 - 
2001年
九州工業大学 情報工学研究科 情報科学
 

Misc

 
Hardware Implementation of Fuzzy Logic Power System Stabilizer
Takeshi Yamakawa,Eiji Uchino,Keiichi Horio
Proc. of the World Automation Congress (WAC’96)   725-730   1996年
New Design Method of Fuzzy Logic Controller Using Self-Organizing Relationship
Takeshi Yamakawa,Keiichi Horio
Proc. of the 5th Int. Conf. on Soft Computing and Information/Intelligent Systems (IIZUKA’98)   155-158   1998年
A Novel Image Enhancement Method Based on Intuitive Evaluation
Keiichi Horio,Takuma Haraguchi,Takeshi Yamakawa
Proc. of 2nd Int. Conf. on Information Fusion (FUSION’99)   657-662   1999年
An Intuitive Contrast Enhancement of an Image Data Employing the Self-Organizing Relationship (SOR)
Keiichi Horio,Takuma Haraguchi,Takeshi Yamakawa
Proc. of Int. Joint Conf. on Neural Networks (IJCNN’99)   CD-ROM   1999年
Self-Organizing Relationship (SOR) Network
Takeshi Yamakawa,Keiichi Horio
IEICE Trans. on Fundamentals   E82-A(8) 1674-1678   1999年

講演・口頭発表等

 
学習必要性尺度を用いた適応自己組織化関係ネットワーク
第1回自己組織化マップ研究会予稿集   1999年   
自己組織化マップを用いた出現頻度依存型・非線形量子化手法の提案
第15回ファジィシステムシンポジウム講演論文集   1999年   
入力ベクトルの要素間の関係を考慮した自己組織化マップとその側貌分類への応用
バイオメディカル・ファジィ・システム学会第12回年次大会講演論文集   1999年   
入出力関係の変化に適応する自己組織化関係ネットワーク
第16回ファジィシステムシンポジウム   2000年   
適応部分空間SOMとファジィテンプレートマッチングを用いた話者識別
第16回ファジィシステムシンポジウム講演論文集   2000年   

Works

 
カーネル法と部分空間法を利用した時空間パターン分類器の開発とその応用
2004年 - 2007年
非線形マニフォールドを学習する自己組織化マップの開発および実問題への適用
2007年 - 2009年
時空間パターンの非線形マニフォールドによる表現とジェスチャー認識への適用
2011年 - 2013年
定性的,多元的に表現された関係データの階層的解析手法の確立とグループ評価への適用
2013年 - 2016年

競争的資金等の研究課題

 
-