KANAYAMA Tsutomu

J-GLOBAL         Last updated: Jun 8, 2019 at 02:52
 
Avatar
Name
KANAYAMA Tsutomu
Affiliation
Ritsumeikan University
Section
College of Global Liberal Arts, Department of Global Liberal Arts
Job title
Professor
Degree
BA(Yamaguchi University), MA(Western Michigan University), Doctor of Philosophy (Ph.D.)(Ohio University)
Other affiliation
Ritsumeikan UniversityRitsumeikan University

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2008
 - 
Mar 2009
Interim Director, The Institute of Social Justice, Sophia University
 

Education

 
 
 - 
Mar 1983
Western History Major, Department of Humanities, Faculty of Humanities, Yamaguchi University
 
 
 - 
Dec 1993
General Communication, College of Communication, Western Michigan University
 
 
 - 
Mar 1998
Ph.D. Program in Masss Communication in School of Telecommunications, College of Communication, Ohio University
 

Awards & Honors

 
Oct 2004
Western Michigan Univsity Alumni Academy Award, Western Michigan University
 
Aug 2004
Fulbright Scholarship Award, Council for International Exchange of Scholars
 
Feb 1997
Ohio University Chapter of Phi Beta Delta, Phi Beta Delta
 

Published Papers

 
Broadcasting Policy and Regulation in Transition before the Dawn of a New Paradigm: Comparing Digital Television in Transition between Japan and the U.S.
KANAYAMA, Tsutomu
Ritsumeikan Social Sciences Review   53(2) 1-15   Sep 2017
Broadcasting Policy Research of Japan: A Historical Overview from 1950s to 2000s
Tsutomu Kanayama
RITSUMEIKAN Social Sciences Review   4(52) 37-51   Mar 2017
Changing Competitive Media Environment in the U.S. and Related Mega Media Mergers: Impacts of the 1980s Deregulation Policy, Telecommunications Act of 1996, and DTV Transition
Tsutomu Kanayama
RITSUMEIKAN Social Sciences Review   3(52) 1-18   Dec 2016
ラジオ・メディアの来し方行く末:「能動的」な読者の理解と活用に任せる (書評:『増補改訂 戦争・ラジオ・記憶』)
週刊 読書人:2015年11月20日   (3116) 6   Nov 2015
海外メディア事情:AT&TとディレクTVが進めるもの
金山 勉
月刊民放   40-41   Sep 2015

Misc

 
「フェイク・ニュース」考察から現代における中央メディア・放送の在り方を問う
金山勉
『調査情報』   (545) 8-13   2018
新聞経営の課題 知りたかった「メディア時評」
金山 勉
毎日新聞「オピニオン」(2015年11月14日)   9   Nov 2015
ラグビー報道総合力発揮を「メディア時評」
金山 勉
毎日新聞「オピニオン」(2015年10月17日)   8   Oct 2015
読者関心に応える国際報道に期待「メディア時評」
金山 勉
毎日新聞「オピニオン」(2015年9月19日)   9   Sep 2015
戦後70年 新聞の決意示した「メディア時評」
金山 勉
毎日新聞「オピニオン」(2015年8月22日)   9   Aug 2015

Books etc

 
Encyclopedia of Media & Communication Studies
Takesato Watanabe, Hitoshi Nohara
Sekai Shiso Sha   May 2019   ISBN:978-4-7907-1732-4
Encyclopedia of Modern Sport:Sports and the Internet
中村敏雄、高橋健夫、寒川恒夫、友添秀則(編集主幹)
大修館書店   Jan 2015   ISBN:978-4-469-06235-9
現代ジャーナリズム事典「ウォーターゲート事件」「ニュースアンカー」「ニュースキャスター」
三省堂   Jun 2014   ISBN:978-4-385-15108-3
はじめてのメディア研究:「基礎知識」から「テーマの見つけ方」まで 第2章「メディア史を概観する」column2「メディア政策と地デジ化」column4「人間を解放する営みとしての「パブリック・アクセス」
浪田陽子、柳澤伸司、筒井淳也、瓜生良則、福間良明、日高勝之、奥村信幸、坂田謙司、川口晋一、小泉秀昭、増田幸子、仲間裕子、粟谷佳司、赤井正二、長澤克重
世界思想社   Apr 2012   ISBN:9784790715634
『知る権利と伝える権利のためのテレビ:日本版FCCとパブリックアクセスの時代』
魚住真司
花伝社   Nov 2011   ISBN:978-4-7634-0617-0

Conference Activities & Talks

 
Broadcasting Policy and Regulation in transition before dawn of a New Paradigm: Comparing Digital Television in Transition between Japan and the U.S.
The 14th ITS Asia-Pacific Conference, International Telecommunications Society (ITS) Kyoto 2017   25 Jun 2017   
変貌をとげる日韓のメディア状況:環境変化の中で浮かびあがる課題を国際メディア比較研究の観点から概観する
Korea-Japan Joint Seminar: Similarities and Differences in Media Use of Korean and Japanese Adolescents   21 Oct 2016   
韓国におけるジャーナリズム環境の変化と代替メディアの登場
日本マス・コミュニケーション学会2014年度秋季研究発表会   8 Nov 2014   
日本型ジャーナリズム認証制度の可能性 ――米国ACEJMC調査の知見から
日本マス・コミュニケーション学会2013年度秋季研究発表会   21 Oct 2013   
災害報道のレジリエンス-南海トラフ巨大地震に備える放送メディア-
日本マス・コミュニケーション学会2013年度春季研究発表会   8 Jun 2013   

Teaching Experience