有川 康二

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/21 13:44
 
アバター
研究者氏名
有川 康二
 
アリカワ コウジ
ハンドル
redeyedtreefrog
eメール
karikawaandrew.ac.jp
URL
http://www.andrew.ac.jp
所属
桃山学院大学
部署
桃山学院大学 国際教養学部
職名
教授
学位
博士(日本語学)(ウィスコンシン大学マディソン校(米国)), 修士(国際学)(筑波大学), 修士(日本語学)(ウィスコンシン大学マディソン校(米国))

プロフィール

偽装ウイルスチェックシステムとして突然変異によってヒト脳内に出現した自然言語システムが、線形代数学でいうガウス的変数消去のメカニズム、ガロアの群論的変換、グラフ理論の源となっているという仮説の証拠を探っています。

研究分野

 
 

経歴

 
2008年4月
 - 
現在
桃山学院大学 国際教養学部 教授
 
2001年4月
 - 
2007年3月
 桃山学院大学文学部 准教授
 
1997年4月
 - 
2000年3月
桃山学院大学 文学部 専任講師
 

学歴

 
 
 - 
1992年
米国ウィスコンシン州立大学(マディソン校) 東アジア言語文学 日本語学
 
 
 - 
1987年
筑波大学 地域研究研究科 日本文化
 
 
 - 
1984年
大阪外国語大学 外国語学部 インド・パキスタン語学科・ヒンディー語専攻
 

論文

 
Does Gaussian elimination teach about uninterpretable feature elimination in CHL?
St. Andrew's University Bulletin of the Research Institute   42(3) 83-128   2017年3月
有川康二
Journal of Cognitive Science   17(4) 499-546   2017年1月   [査読有り]
Graph-theoretic and physical account of binary versus ternary branching structure
有川 康二
St. Andrew's University Bulletin of the Research Institute   41(2) 79-108   2015年12月
Koji Arikawa
BIOLINGUISTICS   7 276-300   2013年11月   [査読有り]
有川 康二
桃山学院大学人間科学   (44) 21-95   2013年3月
Arikawa Koji
桃山学院大学人間科学   0(40) 65-200   2011年3月
The computational procedure of human natural language (CHL; only humans have it) produces sound information that instructs the sensory-motor (physical) system (every animal has it) on how to use it, and meaning information that instructs the thoug...
有川 康二
桃山学院大学人間科学   0(36) 245-429   2009年3月
This paper argues for the following. a. The natural language system is a disguised virus-check system. It self-organized in the brain of the human ancestor as the result of a self-organizing mutation that took place about two million years ago. b....
有川 康二
桃山学院大学人間科学   0(35) 141-217   2008年7月
The SOV (subject-object-verb) word order, the most common word order among human languages (SOV: 45%, SVO: 35%, VSO: 18%, etc.), has two distinct derivations (structure-building processes). The first type of derivation yields the standard SOV stru...
有川 康二
国際文化論集   0(37) 67-111   2007年12月
I tried theoretically to translate Hierarchical Agreement Analysis (HAA) into a minimalist program (MP) of human natural language. I found that HAA and MP are theoretically compatible. HAA was originally proposed within the discipline of Japanese ...
有川 康二
桃山学院大学人間科学   0(33) 49-81   2007年6月
This paper basically argues for Pesetsky's (2004) hypothesis that Case is an uT (uninterpretable Tense feature) of DP (determiner phrase), call it uT analysis. The uT analysis treats the traditional distinction of structural Case such as [NOM] (no...
有川康二
桃山学院大学人間科学   (33) 83-118   2007年
Miyagawa Shigeru and Koji Arikawa
Linguistic Inquiry (The MIT Press)   38(4) 645-670   2007年   [査読有り]
有川 康二
桃山学院大学総合研究所紀要   30(1) 203-218   2004年7月
有川康二
桃山学院大学人間科学   (27) 75-150   2004年
ARIKAWA Koji
桃山学院大学総合研究所紀要   27(2) 21-74   2001年12月
The computational system of the human natural language (CHL) is a realization of the emergent and self-organizing properties of the human brain. CHL is the typical case of a complex system: (i) it shows the butterfly effect, i.e., the final state ...
国際文化論集   (21) 141-188   2000年
有川康二
桃山学院大学人間科学   (18)    1999年
有川 康二
桃山学院大学人間科学   15(0) 55-105   1998年7月
The feature checking theory concentrates on categorial and syntactic features (cf. Chomsky 1995). It is assumed that the remaining existence of a [-Interpretable] feature at LF causes the derivation to crash. Move is forced to eliminate [-Interpre...
有川 康二
桃山学院大学人間科学   13(0) 45-84   1997年9月
The central issue of this study is the semantics and the syntax of temporal interpretations of the clausal complement of a verb. Based mainly on English examples, theories of tense hitherto have distinguished three types of the complement-clause-t...

Misc

 
A reference guide of diagnostics in generative syntax - data from English, Hindi, and Japanese
有川康二
文部科学省科学研究補助費成果報告書(基盤研究C 2000-2002.課題「対称性のくずれと情報生成:英語、ヒンディー語、日本語における語順と統語構造」課題番号13610669.国会図書館所蔵   861   2004年

書籍等出版物

 
有川康二
三恵社   2009年9月   ISBN:4883614867
日本語学と生物言語学の対話
和泉出版   2005年   
有川 康二
三恵社   2010年3月   ISBN:4883617297

講演・口頭発表等

 
有川 康二
International Congress of Linguists (ICL) 19; Advances in biolinguistics; University of Geneva, Switzerland   2013年7月27日   
ARIKAWA Koji
Architectures and Mechanisms for Language Processing (AMLaP); Riva del Garda, Fierecongressi, Italy   2012年9月   
Locality in syntax and floated numeral quantifiers
Linguisitc colloquium, University of California at Los Angeles (with Shigeru Miyagawa)   2003年   
Koji Arikawa
2010 DGfS (Linguistic Society of Germany) AG9: Linearization, Humboldt University, Berlin   2010年   
日本語教育学会1996年度秋季大会   1996年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 有川 康二
本研究の主目的は、脳科学基礎論としての自然言語研究の可能性を探ることであった。現時点において可能な経験科学的手法を用いた自然言語分析の基本は、統語的なテストに対するヒト脳の文法容認性反応を詳細に調べることである。前回の科研費補助から継続している統語テストの吟味と整理を続行した。このプロジェクトは、『A Reference Guide of Diagnostics in Generative Syntax -Data from English, Hindi, and Japanese-』とし...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1998年 - 1999年    代表者: 有川 康二
The Handbook of Syntactic Tests(統語テスト小辞典。仮称)を作成している。ヒトの言語は、ヒト脳の働きである以上、言語にはヒト脳独自の構造や機能に関する制限が顕れているはずである。現段階で、我々が採用できる方法の中の一つとして、内省的な「文法性判断」(実際は、我々が意識的に「判断」しているのではなく、無意識の脳内「計算」の結果であるので、文法性「反応」と呼ぶべきものであるが)のパターンの走査を「実験」と見做氏、ヒト言語の普遍的な原理を探っていくやり方がある。その...