上田 渉

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/29 03:19
 
アバター
研究者氏名
上田 渉
URL
http://apchem2.kanagawa-u.ac.jp/~uedalab/index.html
所属
神奈川大学
部署
工学部物質生命化学科
職名
教授

研究分野

 
 

論文

 
A zeolitic vanadotungstate family with structural diversity and ultrahigh porosity for catalysis
Z. Zhang, Q. Zhu, M. Sadakane, T. Murayama, N. Hiyoshi, A. Yamamoto, S. Hata, H. Yoshida, S. Ishikawa, M. Hara, W. Ueda,
Nature commun   9 3789-3789   2018年   [査読有り]
Facile Formation of Lactic Acid from a Triose Sugar in Water over Niobium Oxide with a Deformed Orthorhombic Phase
K. Nakajima, J. Hirata, M. Kim, N. K. Gupta, T. Murayama, A. Yoshida, N. Hiyoshi, A. Fukuoka, W. Ueda
ACS Catal.   8 283-290   2018年   [査読有り]
The Effects of Dopants on the Cu-ZrO2 Catalysed Hydrogenation of Levulinic Acid
J. Hirayama, I. Orlowski, S. Iqbal, M. Douthwaite, S. Ishikawa, P. Miedziak, J. Bartley, J. Edwards, Q. He, R. Jenkins, T. Murayama, C. Reece, W. Ueda, D. Willock, G. Hutchings
J. Phys. Chem C.      2018年   [査読有り]
Unit Synthesis Approach for Creating High Dimensionally-Structured Complex Metal Oxides As Catalysts for Selective Oxidations
S. Ishikawa, Z. Zhang, W. Ueda
ACS Catal.   8 2935-2943   2018年   [査読有り]
Versatile etherification of alcohols with allyl alcohol by a titanium oxide-supported molybdenum oxide catalyst: gradual generation from titanium oxide and molybdenum oxide
Y. Kon, T. Fujitani, T. nakashima, T. Murayama, W. Ueda
Catal. Sci. Technol.   8 4618-4625   2018年   [査読有り]

書籍等出版物

 
Comprehensive Inorganic Chemistry II, 2nd Edition、Vol 7
神谷裕一、定金正洋、上田渉 (担当:共著)
Wily   2013年9月   
Heteropoly compounds、ヘテロポリ化合物の基本物性、構造化学を論じた後、触媒化学への応用の現状を総合的にまとめ、さらに新しい応用として有機物との複合化による細孔材料(POMOF)合成の最近の進歩をまとめた。
化学マスター講座 触媒化学
江口浩一編、上田渉 (担当:共著)
丸善出版   2011年6月   
酸化反応の触媒化学、化学工業で重要な酸化反応の基礎を概説し、それを進める触媒作用の機構を分類的にまとめ、新しい触媒を開発するための方向性が得られる内容を記述した。
Porous Materials
M. Sadakane, W. Ueda (担当:共著)
Wily   2010年10月   
Ordered Porous Crystalline Transition Metal Oxide、我々の先駆的な三次元規則的マクロ細孔性複合酸化物の合成方法をまとめ、その物質の特徴、触媒としての応用を詳述した。細孔材料の先端研究と技術をまとめている。
触媒便覧
講談社   2008年12月   
酸化物の基本的性質と触媒機能、元素別触媒分類、接触酸化用金属酸化物触媒の機能を関数的整理し、その一般則を示すとともに、複合化によってもたらされる機能が選択酸化に関わる作用機構を記述し、触媒物質形成の仕組みをまとめている。
環境調和型新材料シリーズ「触媒材料」
日刊工業新聞社   2007年10月   
選択酸化用複合酸化物触媒、オレフィンからアルカン酸化までの幅広い有機物酸化の固体触媒についてそれぞれの特徴を物質構造論で整理し、その機能を概説した。

講演・口頭発表等

 
Zeolitic vanadotungstates with high porosity and catalytic activity
Z. Zhenxin, 村山徹, 定金正洋, 上田渉
第122回触媒討論会   2018年9月27日   触媒学会
ε-Keggin 型モリブデートを三次元に連結した 新規規則的多孔体の合成と構造解析
井関直、定金正洋、津野 地直、佐野庸治、Z. Zhenxin、上田渉、宮岡裕樹、新里恵多
第122回触媒討論会   2018年9月27日   触媒学会
結晶性Mo3VOx複合酸化物を用いたメタクロレイン選択酸化反応
石川理史、和田真樹、平田純、二宮航、上田渉
第122回触媒討論会   2018年9月26日   触媒学会
酸化モリブデン担持触媒によるアミンのアリル化反応
今喜裕、藤谷忠博、中島拓哉、村山徹、上田渉
第122回触媒討論会   2018年9月26日   触媒学会
触媒インフォマティクスの現状、課題、展望
触媒開発における人工知能、計算科学の活用   2018年8月27日   技術情報協会

所属学協会

 
 

Works

 
高難度メタン反応への挑戦と触媒化学の革新
その他   2017年