岸本(莫) 文紅

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/17 18:08
 
アバター
研究者氏名
岸本(莫) 文紅
所属
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
部署
農業環境変動研究センター 気候変動対応研究領域
職名
上級研究員
学位
農学博士(岐阜大学)
ORCID ID
0000-0002-7025-3332

プロフィール

中国南部の広西壮族自治区出身。農学博士(岐阜大学大学院連合農学研究科)。

大学は北京大学生物系。修士課程は中国科学院植物研究所。「砂漠植物の耐乾性に関する植物生理生態学的研究」を修論のテーマに、日本国立環境研究所へ短期訪問の機会に恵まれた。それが日本へ留学のきっかけでもあった。

1994年博士号を取るため日本に留学(岐阜大学)。博士論文のテーマは「地球温暖化に伴う温帯草原における主要イネ科種の変化予測に関する生態生理学的研究」;その後、ポスドク(岐阜大)、助手(筑波大学)などを経て、2006年農林水産省の農業環境技術研究所に就職;専門は生態系生態学(気候変動・環境問題と生態系の物質循環);2016年4月1日組織統合のため現在の所属に変更;

研究対象は、自然生態系(森林、草原、ツンドラ)から人間活動の場である農耕地生態系まで。現在地球温暖化をはじめとする環境変動が農耕地生態系の物質循環機能に及ぼす影響および予測に関する研究を行っている。管理によって農地土壌における温室効果ガス排出削減による気候変動の緩和ポテンシャルの評価など緩和策の政策決定に貢献していきたい。

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 農業環境変動研究センター 上級研究員
 
2015年4月
 - 
2016年3月
国立研究開発法人農業環境技術研究所 物質循環研究領域 主任研究員
 
2006年12月
 - 
2015年3月
独立行政法人農業環境技術研究所 物質循環研究領域 主任研究員
 
2005年6月
 - 
2006年7月
岐阜大学  流域圏科学研究センター 特別協力研究員
 
2004年4月
 - 
2005年3月
筑波大学 生命環境科学研究科 産学連携研究員
 
2001年4月
 - 
2004年3月
筑波大学 生物科学系 助手
 
1998年4月
 - 
2001年3月
岐阜大学 流域環境研究センター 研究機関研究員
 
1996年4月
 - 
1998年3月
日本学術振興会特別研究員DC2 (特別研究員DC2)
 

学歴

 
1995年4月
 - 
1998年3月
岐阜大学 大学院連合農学研究科 農学博士(生物環境科学専攻)
 
1990年9月
 - 
1993年7月
中国科学院 植物研究所 理学修士(植物学専攻)
 
1986年9月
 - 
1990年7月
北京大学 生物学部 理学学士(植物学専攻)
 

受賞

 
2003年
アサヒビール学術振興財団地球環境科学研究賞
 
2003年
日本生態学会Ecological Research 論文賞(第4著者)
 
2001年
日本生態学会Ecological Research論文賞(第3著者)
 

論文

 
地域の持続的な食と農を支える農産物エコブランド・スキームの開発に向けて
岸本(莫) 文紅・須藤重人・田靡裕祐・柴田晃
ランドスケープ研究   81(3) 264-267   2017年10月
M.A. Liebig, A.J. Franzluebbers, C. Alvarez, T.D. Chiesa, N. Lewczuk, G. Piñeiro, G. Posse, L. Yahdjian, P. Grace, O. Machado Rodrigues Cabral, L. Martin-Neto, R. de Aragão Ribeiro Rodrigues, B. Amiro, D. Angers, X. Hao, M. Oelbermann, M. Tenuta, L.J. Munkholm, K. Regina, P. Cellier, F. Ehrhardt, G. Richard, R. Dechow, F. Agus, N. Widiarta, J. Spink, A. Berti, C. Grignani, M. Mazzoncini, R. Orsini, P.P. Roggero, G. Seddaiu, F. Tei, D. Ventrella, G. Vitali, A. Kishimoto-Mo, Y. Shirato, S. Sudo, J. Shin, L. Schipper, R. Savé, J. Leifeld, L. Spadavecchia, J. Yeluripati, S. Del Grosso, C. Rice, J. Sawchik
Carbon Management   7(3-4) 243-248   2016年5月   [査読有り]
高田祐介・和穎朗太・板橋直・レオン愛・米村正一郎・白戸康人・岸本(莫)文紅・長谷川広美・八木一行(訳)
農環研報   35 119-153   2016年3月   [査読有り]
白戸康人・麓多門・片柳薫子・岸本文紅・三島慎一郎
JATAFF   4(2) 1-6   2016年2月
農地の土壌炭素量を増加させる管理は,地球温暖化の緩和と,地力の維持増進による農地の生産力向上の両方に役立つ。土壌炭素量を増加させるためには,土壌にすき込む有機物の量を増やすか,不耕起栽培など有機物分解を遅くする管理が有効である。この時,メタンやN2Oの他の温室効果ガスが増えるトレードオフの関係があるため,3つのガスを総合的に評価することが重要である。土壌炭素を日本向け改良RothCモデル,メタンをDNDC―Riceモデル,N2OはRothCと統計モデルの組合せで全国計算し,総合評価を行った...
Kishimoto-Mo A.W., Yonemura S., Uchida M., Kondo M., Murayama S. & Koizumi H.
Ecological Research   30 311-325   2015年3月   [査読有り]
Sakurai G., Yonemura S., Kishimoto-Mo A.W., Murayama S., Ohtsuka T., Yokozawa M
DOI: 10.1371/journal.pone.0119    2015年3月   [査読有り]
Bellingrath-Kimura S.D., Kishimoto-Mo A.W., Oura N., Sekikawa S., Yonemura S., Sudo S., Hayakawa A., Minamikawa K., Takata Y. & Hara H.
AMBIO   44(1) 55-66   2015年2月   [査読有り]
Ishidoya S., Murayama S., Kondo H., Saigusa N., Kishimoto-Mo A.W., & Yamamoto S.
Ecological Research   30 225-234   2015年1月   [査読有り]
Fang J., Kato T., Guo Z., Yang Y., Hu H., Shen H., Zhao X., Kishimoto-Mo A,W., Tang Y., & Houghton R.
PNAS   111(26) 9527-9532   2014年5月   [査読有り]
Yonemura S., Yokozawa M., Sakurai G., Kishimoto-Mo A.W., Lee N., Murayama S., Ishijima K., Shirato Y. and Koizumi H.
Journal of Forest Research   18 49-59   2013年1月   [査読有り]
Wagai R., Kishimoto-Mo A.W., Yonemura S., Shirato Y., Hiradate S. and Yagasaki Y.
Global Change Biology   19 1114-1125   2013年1月   [査読有り]
Wang Y., Fang J.Y., Kato T., Guo Z.D., Zhu B., Mo W.H. and Tang Y.H.
Biogeosciences   8 2099-2106   2011年8月   [査読有り]
Seasonal shift in factors controlling net ecosystem production in a high Arctic terrestrial ecosystem.
Uchida M., Kishimoto A., Muraoka H., Nakatsubo T., Kanda H. and Koizumi H.
Journal of Plant Research   123 79-85   2010年   [査読有り]
Seasonal contribution of C3 and C4 species to ecosystem respiration and photosynthesis estimated from isotopic measurements of atmospheric CO2 at a grassland in Japan
Shimoda S., Murayama, S., Mo W. and Oikawa T
Agricultural and Forest Meteorology   149 603-613   2009年   [査読有り]
Biometric based carbon flux measurements and net ecosystem production (NEP) in a temperate deciduous broad-leaved forest beneath a flux tower.
Ohtsuka T., Mo W., Satomura T., Inatomi M. and Koizumi H.
Ecosystems 10: 324-334.   (10) 324-334   2007年   [査読有り]
Net primary productivity and spatial distribution of vegetation in an alpine wetland, Qinghai-Tibetan Plateau.
Hirota M, Kawada K, Hu Q, Kato T, Hirata S, Mo W, Cao G, Mariko S
Lmnology   8 161-170   2007年   [査読有り]
Examination of model-estimated ecosystem respiration by use of flux measurement data from a cool-temperate deciduous broad-leaved forest in central Japan
Ito A., Inatomi M., Mo W., Lee M.-S., Koizumi H., Saigusa N., Murayama S. and Yamamoto S.
Tellus   59B 616-624   2007年   [査読有り]
Hirota M., Tang Y., Hu Q., Hirata S., Kato T., Mo W., Cao G. and Mariko S.
Ecosystems, 9: 673-688.   9(4) 673-688   2006年   [査読有り]
Lee M.-S., Mo W. and Koizumi H.
Ecological Research   21(6) 828-839   2006年   [査読有り]
Evaluation of 3 methods of estimating annual net primary production in a cool-temperate secondary forest stand beneath a flux tower.
Ohtsuka T., Akiyama T., Hashimoto Y., Inatomi M., Sakai A., Jia S., Mo W., Tsuda S. and Koizumi H.
Agricultural and Forest Meteorology   134 27-38   2005年   [査読有り]
Seasonal and annual variation of soil respiration in a cool-temperate deciduous broad-leaved forest in Japan
Mo W., Lee M. -S., Uchida M, Inatomi M., Saigusa N., Mariko S. and Koizumi H.
Agricultural and Forest Meteorology   134 81-94   2005年   [査読有り]
Inter-annual variation in CO2 effluxes from soil and snow surfaces in a cool-temperate deciduous broad-leaved forest
Mo W., Nishimura N., Mariko S., Uchida M., Inatomi M. and Koizumi H.
Phyton   45(4) 99-107   2005年   [査読有り]
Microbial activity and litter decomposition under snow cover in a cool-temperate broad-leaved deciduous forest
Uchida M., Mo W., Nakatsubo T., Tsuchiya Y., Hirokoshi T. and Koizumi H.
Agricultural and Forest Meteorology   134 102-109   2005年   [査読有り]
Fang J.Y., Oikawa T., Kato T., Mo W. and Wang Z.H.
Global Biogeochemical Cycles   doi:10.1029/2004GB002253, 200 doi:10.1029/2004GB002253, 2005   2005年   [査読有り]
陸上生態系における炭素フラックス調査法-現状と今後の課題-:土壌からの炭素放出の定量
莫文紅・関川清広
日本生態学会誌,   55 125-140   2005年   [査読有り]
Distribution of C3 and C4 plants and changes in plant and soil carbon isotope ratios with altitude in the Kirigamine grassland, Japan
Mo W., Nishimura N., Soga Y., Yamada K. and Yoneyama T.
日本草地学会誌   50 243-254   2004年   [査読有り]
Cao G. H., Tang Y., Mo W., Wang Y. S., Li Y. N. and Zhao X. Q.
Soil Biology and Biochemistry   36(2) 237-243   2004年   [査読有り]
冷温帯林落葉広葉樹林における林床のクマイザサ群落の炭素収支の評価
西村格・松井喜祐・上山智子・莫文紅・西條好迪・津田智・山本晋・小泉博
日本生態学会誌   54 143-158   2004年   [査読有り]
冷温帯落葉広葉樹林生態系における土壌呼吸速度び時・空間的変動 1.面的変動の計測と要因解析
賈書剛・秋山侃・莫文紅・稲冨素子・小泉博
日本生態学会誌   53 13-22   2003年   [査読有り]
中国内蒙古草原における耕地化に伴う土壌CO2放出の変化
莫文紅・王艶芬
財団法人アサヒビール学術振興財団「食生活科学・文化及び地球環境科学に関する研究助成」研究紀要   15 143-149   2002年
Effects of rainfall events on soil CO2 flux in a cool temperate deciduous broad-leaved forest
Lee M.-S., Nakane K., Nakatsubo T., Mo W. and Koizumi H.
Ecological Research   17 401-409   2002年   [査読有り]
Growth of three Calamagrostis species from subalpine grasslands in response to an altitudinal gradient
Mo W., Nishimura N., Yamada K. & Soga Y.
日本草地学会誌   43(4) 357-367   1998年   [査読有り]
霧ヶ峰亜高山草原における標高によるイネ科草本の種組成変化
西村格・曽我友紀子・津田智・西條好迪・莫文紅
日本草地学会誌   42(4) 324-334   1997年   [査読有り]
Responses of photosynthesis and water use to drought in two desert annuals, Agriophyllum squarrosum and Bassia dasyphylla.
Mo W., Natori T., Jiang S., Nishimura N. & Omasa K.
Journal of Arid Land Studies   7(2) 185-195   1997年   [査読有り]

Works

 
中国内蒙古草原における草地退化および砂漠化現状のフィールド調査
1990年
内蒙古草原の持続的な利用と保全のための草原管理モデル構築に関する現地調査(第2年度)
1997年
内蒙古草原の持続的な利用と保全のための草原管理モデル構築に関する現在調査(第3年度)
1999年
中国内蒙古草原における耕地化に伴う土壌CO2放出の変化に関する現地調査
2000年
北極ニーオルスン氷河後退域における植物群落の生態系統生産(NEP)に関する現地調査
2001年

競争的資金等の研究課題

 
生分解性マルチファイルを用いた栽培体系における温室効果ガス排出とLCA評価
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究 (C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 岸本(莫) 文紅
土壌ガス交換の動的解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究 (B)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 米村 正一郎
温暖化が農耕地生態系の物質循環機能に及ぼす影響の解明と予測
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究 (C)
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 岸本(莫)文紅
放射性炭素年代測定法を用いた土壌圏炭素シーケストレーションの定量
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究 (B)
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月    代表者: 大塚 俊之