基本情報

所属
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 農業環境変動研究センター 気候変動対応研究領域 上級研究員
学位
農学博士(1998年3月 岐阜大学)

J-GLOBAL ID
200901098826425472

外部リンク

中国南部の広西壮族自治区出身。農学博士(岐阜大学大学院連合農学研究科)。

大学は北京大学生物系。修士課程は中国科学院植物研究所。「砂漠植物の耐乾性に関する植物生理生態学的研究」を修論のテーマに、日本国立環境研究所へ短期訪問の機会に恵まれた。それが日本へ留学のきっかけでもあった。

1994年博士号を取るため日本に留学(岐阜大学)。博士論文のテーマは「地球温暖化に伴う温帯草原における主要イネ科種の変化予測に関する生態生理学的研究」;その後、ポスドク(岐阜大)、助手(筑波大学)などを経て、2006年農林水産省の農業環境技術研究所に就職;専門は生態系生態学(気候変動・環境問題と生態系の物質循環);2016年4月1日組織統合のため現在の所属に変更、現在に至る。2019年7月1日より農研機構本部国際課を併任。

研究対象は、自然生態系(森林、草原、ツンドラ)から人間活動の場である農耕地生態系まで。現在地球温暖化をはじめとする環境変動が農耕地生態系の物質循環機能に及ぼす影響および予測に関する研究を行っている。管理によって農地土壌における温室効果ガス排出削減による気候変動の緩和ポテンシャルの評価など緩和策の政策決定に貢献していきたい。

IPCC「温室効果ガスインベントリに関する方法論報告書」に関して、2011年に「2013年IPCC湿地補足ガイドライン」の代表執筆者(第5章:内陸無機質土壌湿地)に選ばれ、湿地補足ガイドライン(https://www.ipcc-nggip.iges.or.jp/public/wetlands/index.html)の作成に貢献した。補足ガイドラインは2013年10月IPCC総会で承認を経て、2014年2月より公開された。それに続き、2017年に「2019 Refinement to the 2006 IPCC Guidelines for National Greenhouse Gas Inventories (https://www.ipcc-nggip.iges.or.jp/home/2019refinement.html)」の代表執筆者にも選ばれ、2019年改良ガイドラインの作成に貢献した。2019年改良ガイドラインは2019年5月IPCC総会で承認を経て、2019年6月より公開された(https://www.ipcc-nggip.iges.or.jp/public/2019rf/index.html)。

論文

  55

MISC

  6

書籍等出版物

  4
  • McConkey B, Ogle S.M, Chirinda N, Kishimoto-Mo A.W, Baldock J, Trunov A(担当:共著)
    IPCC 2019, 2019 Refinement to the 2006 IPCC Guidelines for National Greenhouse Gas Inventories, Calvo Buendia, E., Tanabe, K., Kranjc, A., Baasansuren, J., Fukuda, M., Ngarize S., Osako, A., Pyrozhenko, Y., Shermanau, P. and Federici, S. (eds). Published: IPCC, Switzerland.  2019年 
  • Ogel S.M, Wakelin S.J, Buendia L, McConkey B, Baldock J, Akiyama H, Kishimoto-Mo A.W, Chirinda N, Bernoux M, Bhattacharya S, Chuersuwan N, Goheer M.A.R, Hergoualc’h K, Ishizuka S, Lasco R.D, Pan X, Pathak H, Regina K, Sato A, Vazquez-Amabile G, Wang C, Zheng X(担当:共著)
    IPCC 2019, 2019 Refinement to the 2006 IPCC Guidelines for National Greenhouse Gas Inventories, Calvo Buendia, E., Tanabe, K., Kranjc, A., Baasansuren, J., Fukuda, M., Ngarize S., Osako, A., Pyrozhenko, Y., Shermanau, P. and Federici, S. (eds). Published: IPCC, Switzerland.  2019年 
  • Wickland K.P, Krusche A. V, Kolka R.K, Kishimoto-Mo A.W, Chimner R.A, Serengil Y(担当:共著)
    IPCC 2014, 2013 Supplement to the 2006 IPCC Guidelines for National Greenhouse Gas Inventories: Wetlands, Hiraishi, T., Krug, T., Tanabe, K., Srivastava, N., Baasansuren, J., Fukuda, M. and Troxler, T.G. (eds). Published: IPCC, Switzerland  2014年6月2日 

講演・口頭発表等

  2

共同研究・競争的資金等の研究課題

  9

メディア報道

  1