曽我 和弘

J-GLOBALへ         更新日: 02/12/12 00:00
 
アバター
研究者氏名
曽我 和弘
 
ソガ カズヒロ
URL
http://cmd.aae.kagoshima-u.ac.jp/
所属
鹿児島大学
部署
工学部 建築学科 居住環境構成学講座
職名
助教授
学位
修士(工学)(鹿児島大学), 博士(工学)(鹿児島大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1998年
 - 
2000年
日本学術振興会 特別研究員
 

学歴

 
 
 - 
1999年
鹿児島大学 理工学研究科 システム情報工学専攻
 
 
 - 
1994年
鹿児島大学 工学部 建築学科
 

受賞

 
1999年
空気調和・衛生工学会学会賞(学術論文部門)
 

Misc

 
Change of the outdoor temperature and the cooling/heating load in 15 years at the tens of stations in Japan
Proceedings of the Tyndall/CIB International Conference on Proceedings of Climate Change and the Built Environment, UMIST, Manchester, U.K.      2002年
Development of expanded AMeDAS weather data for building energy calculation in Japan
ASHRAE Transactions 2000   Vol.106, Part2 ,PP.455-PP.465    2001年
全天日射量から斜面日射量を推定する各種モデルの比較
日本建築学会計画系論文集   (519) 31-38   1999年
A comparison of methods to estimate hourly total irradiation on tilted surfaces from hourly global irradiation on a horizontal surface
Building Simulation '99. Proc. of Sixth International Conference (BS'99),Kyoto, Japan(2)   PP.635-PP.642    1999年
全天日射量から直達日射量と天空日射量を推定する各種モデルの比較と評価
日本建築学会計画系論文集   (512) 17-24   1998年

書籍等出版物

 
拡張アメダス気象データ
丸善株式会社   2000年   

Works

 
拡張アメダス気象データに基づく設計気象データの開発
2001年
ヒートポンプと蓄熱槽を有する二管式システムによる同一日の冷暖房切替え運転に関する研究
2000年 - 2001年
九州地区の自然エネルギーポテンシャルおよび断熱気密住宅への利用に関するシミュレーションと実測
2000年 - 2001年
温暖地域における住宅の結露発生実態と熱性能に関する研究
2002年

競争的資金等の研究課題

 
AMeDASを利用した建築環境設計用気象データの開発
科学研究費補助金
研究期間: 2000年   
全天日射量から斜面日射量を推定するモデルの評価
局地気象予報を利用した空調熱負荷予測
科学研究費補助金
研究期間: 2002年   
建築における太陽エネルギーの有効利用に関する研究
官民連帯共同研究
研究期間: 2000年   
局地気象予報を利用した空調熱負荷予測