TANUMA Junichi

J-GLOBAL         Last updated: Mar 7, 2019 at 17:13
 
Avatar
Name
TANUMA Junichi
E-mail
tanumadent.niigata-u.ac.jp
URL
http://www.dent.niigata-u.ac.jp/patho/index.html
Affiliation
Niigata University
Section
Graduate School of Medical and Dental Sciences Oral Life Science Tissue Regeneration and Reconstruction
Job title
Professor
Other affiliation
Niigata University
Research funding number
20305139

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Feb 2018
 - 
Today
Head, University Medical and Dental Hospital Pathololgical Division, Niigata University
 
Feb 2018
 - 
Today
Professor, Graduate School of Medical and Dental Sciences Oral Life Science Tissue Regeneration and Reconstruction, Niigata University
 

Education

 
Apr 1988
 - 
Mar 1994
Faculty of Dentistry, Kagoshima University
 
Apr 1994
 - 
Mar 1998
Graduate School, Division of Dental Research, Kagoshima University
 

Published Papers

 
Sumita Y, Yamazaki M, Maruyama S, Abé T, Cheng J, Takagi R, Tanuma JI
Oncology reports   40(5) 2487-2496   Nov 2018   [Refereed]
A case of glandular odontogenic cyst arising in the maxillary premolar region.
Tanaka S, Kaneko Y, Inagaki Y, Nagayama M, Tanuma J, Sumitomo S
Jpn. J. Oral Maxillofac. Surg   64(10) 577-581   Oct 2018   [Refereed]
Matsubara M, Adachia M, Tanuma J, Muramatsua Y, Sumitomo S.
Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology   28(2) 147-151   Apr 2016   [Refereed]
Adachi M, Kiho K, Sekine G, Yoshida T, Katsumata A, Tanuma J, Sumitomo S
Journal of Endodontics   41(12) 2079-2082   Dec 2015   [Refereed]
Ohta K, Sumitomo S, Nagyama M, Tanuma J, Shikimori M.
Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology   27(2) 216-220   Dec 2015   [Refereed]
Tanaka M, Watanabe M, Yokomi I, Matsumoto N, Sudo K, Satoh H, Igarashi T, Seki A, Amano H, Ohura K, Kakei R, Shibata S, Nagayama M, Tanuma J.
Exp Animal   64(2) 121-128   Feb 2015   [Refereed]
Yamada M, Nagayama M, Katsumata A, Kawano S, Gen K, Ehara M, Nakao J, Tanuma J, Yoshida T.
J Hard Tissue Biology   23(4) 449-453   Aug 2014   [Refereed]
Suwa H, Hirano M, Kawarada K, Nagayam M, Ehara M, Muraki T, Shisa H, Sugiyama A, Sugimoto M, Hiai H, Kitano M, Tanuma J.
Oncology Reports   31(1) 3-12   Jan 2014   [Refereed]
Hirano M, Muraki M, Nagayama M, Ehara M, Kawarada K, Suwa H, Kitano M, Tanuma J.
Pathology International   63(12) 619-621   Dec 2013   [Refereed]
Matsui R, Tanuma J, Kwashima K, Miyahara M, Semba I, Sugihara K.
Oral Medicine & Oral Pathology   15 117-122   Feb 2011   [Refereed]
Tanuma J, Izumo T, Hirano M, Oyazato Y, Hori F, Umemura E, Shisa H, Hiai H, Kitano M.
Oncology Reports   23 739-744   May 2010   [Refereed]
Miyahara M, Tanuma J, Sugihara K, Semba I
Cancer   110(6) 1287-1294   Sep 2007   [Refereed]
DRH strains: genetic resistance to chemical hepatocarcinogenesis.
Hiai H, Liu H , Omi N, Tanuma J, Higashi K.
Trends in Cancer Research   2 127-134   Apr 2007   [Refereed]
Indo H, Suenaga S, Nozoe E, Nakamura N, Tanuma J, Semba I, Majima HJ.
Dentomaxillofacial Radiology   35 380-382   Dec 2006   [Refereed]
Takeda T, Sugihara K, Hirayama Y, Hirano M, Tanuma J, Semba I.
J Oral Pathol Med   35 369-375   Oct 2006   [Refereed]
Ogawa K, Tanuma J, Hirano M, Hirayama Y, Semba I, Shisa H, Kitano M
Oral oncology   42(7) 710-717   Aug 2006   [Refereed]
Hirano M, Tanuma J, Hirayama Y, Ohyama M, Semba I, Shisa H, Hiai H, Kitano M.
Cancer Letter   231 185-191   May 2006   [Refereed]
Tanuma J, Hirano M, Hirayama Y, Semba I, Ogawa K, Shisa H, Hiai H, Kitano M
Medical principles and practice : international journal of the Kuwait University, Health Science Centre   14(5) 297-305   Sep 2005   [Refereed]
FGFR4 Gly388Arg polymorphism and prognosis of breast and colorectal cancer.
Spinola M, Leoni VP, Tanuma J, Pettinicchio A, Frattini M, Signoroni S, Agresti R, Giovanazzi R, Pilotti S, Bertario L, Ravagnani F, Dragani TA.
Oncology Reports   14(2) 415-419   Aug 2005   [Refereed]
Murayama T, Takegoshi M, Tanuma J, Eizuru Y.
Intervirology   48(2-3) 201-206   Aug 2005   [Refereed]
Tanuma J, Hirano M, Hirayama, Y, Semba I, Ogawa K, Shisa H, Hiai H, Kitano M.
Medical Principles and Practice   143 297-305   May 2005   [Refereed]
Ohyama M, Hirayama Y, Tanuma J, Hirano M, Semba I, Shisa H, Hiai H, Sugihara K, Kitano M.
Pathology International   54 35-40   Apr 2004   [Refereed]
SCCA2-like Serpins Mediate Genetic Predisposition to Skin Tumors.
Gariboldi M, Peissel B, Fabbri A, Saran A, Zaffarouni D, Falvella FS, Spinola M, Tanuma J, Cataltepe S, Hayashizaki Y, Okazaki Y, Dragani TA.
Cancer Res   63 1871-1875   May 2003   [Refereed]
Tanuma J, Hiai H, Shisa H, Hirano M, Semba I, Nagaoka N, Kitano M.
Int. J. Cancer   102 638-642   Mar 2002   [Refereed]
Five quantitative trait loci affecting 4-nitroquinoline 1-oxide-induced tongue cancer in the rat.
Tanuma J, Fujii K, Hirano M, Matsuuchi M, Shisa H, Hiai H, Kitano M.
Jpn. J. Cancer Res   92 610-616   Jun 2001   [Refereed]
Kanbara K, Sato S, Tanuma J, Tamura H, Gotoh K, Yoshimori M, Kanamoto T, Kitano M, Fuji N, Nakajima H.
AIDS Research and Human Retrovirus   17 615-622   Apr 2001   [Refereed]
Hirano M, Tanuma J, Shimoda T, Sugihara K, Tsuneyoshi M, Kitano M.
Pathology International   51 905-908   Mar 2000   [Refereed]
Polygenetic susceptibility and resistance to 4-nitroquinoline 1-oxide-induced tongue carcinomas in the rat.
Tanuma J, Kitano M, Shisa H, Hiai H.
J. Exp. Anim. Sci   41 68-77   Feb 2000   [Refereed]
Lu L-M, Shisa H, Tanuma J, Hiai H
British J. Cancer   80 855-861   Apr 1999   [Refereed]
Randome nuclear p53 overexpression pattern in tamoxifen-mediated endometrial carcinoma.
Kuwashima Y, Kobayashi Y, Kurozumi M, Tanuma J, Suematsu K, Higashi Y, Kishi K.
Int. J. Gynecological Pathology   17 135-139   Apr 1998   [Refereed]
Tanuma J, Shisa H, Hiai H, Yamada Y, Kamoto T, Hirayama Y, Matsuuchi H, Kitano M
Cancer Research   58(8) 1660-1664   Mar 1998   [Refereed]
The incidence of tongue carcinomas (TCs) induced by oral administration of 4-nitroquinoline 1-oxide in rats is strain dependent. The inbred Dark-Agouti (DA) strain showed a much higher susceptibility to large mass-forming infiltrative TCs than did...
Shisa H, Lu L-M, Katoh H, Kawarai A, Tanuma J, Matsushima Y, Hiai H.
Mammalian Genome   8 324-327   Oct 1997   [Refereed][Invited]
Inverse correlation between bcl-2 expression and cell growth fraction in human Endometrial adenocarcinoma tissue.
Kuwashima Y, Kobayashi Y, Kurozumi M, Tanuma J, Shiromizu K, Kishi K.
Anticancer Res   17 3773-3776   Aug 1997   [Refereed]
Genetic controls of the susceptibility and resistance to 4NQO-induced tongue carcinomas in the rats.
5. Kitano M, Hirayama Y, Tanuma J, Matsuuchi H, Miura Y, Li T-J, Semba I, Kokubu T, Hatano H, Tada M, Kobayashi Y, Shisa H.
Jpn. J. Cancer Res   87 1097-1101   Jun 1997   [Refereed]
Occurrence of apoptotic DNA fragmentation in quiescent and proliferating cells in human endometrial adenocarcinoma tissues and the influence of apoptosis-suppressing effects of bcl-2 products.
Kuwashima Y, Kobayashi Y, Kawarai A, Kurozumi M, Tanuma J, Shiromizu K, Kishi K.
Anticancer Res   17 3737-3741   May 1997   [Refereed]
Expression of bcl-2 and Apoptotic DNA Fragmentation in Human Endometrial Adenocarcinoma cells.
3. Kuwashima Y, Kobayashi Y, Kawarai A, Kurozumi M, Uehara T, Tanuma J, Shiromizu K, Matsuzawa M, Kishi K.
Anticancer Res   16 3221-3224   May 1996   [Refereed]
Evaluation of Apoptosis in human endometrial adenocarcinoma: Comparison of Neck and Labelling Le(y) Antigen Immunostaining Method.
4. Kuwashima Y, Kobayashi Y, Kawarai A, Kurozumi M, Tanuma J, Shiromizu K, Matsuzawa K, Kishi K.
Anticancer Res   16 3225-3228   May 1996   [Refereed]
Tamoxifen Method Human Endometrial Carcinogenesis May not Involve Estrogenic Pathways: a preliminary Note.
2. Kuwashima Y, Kurozumi M, Kobayashi Y, Tanuma J, Suematsu K, Shiromizu K, Matsuzawa M, Kishi K.
Anticancer Res   16 2993-2996   Apr 1996   [Refereed]
Immunohistochemical Detection of ras p21 Oncoprotein in Undiffernciated and Well-differenciated Epithelial carcinomas of the human ovary.
1. Kuwashima Y, Shisa H, Uehara T, Kurozumi M, Kobayashi Y, Tanuma J, Shiromizu K, Kishi K.
Anticancer Res   15 2847-2850   Apr 1995   [Refereed]

Misc

 
口腔扁平上皮癌におけるSOX9細胞質発現は予後不良と関連する
田沼 順一, 高木 律男, 隅田 賢正
新潟歯学会雑誌   48(1) 55-56   Jun 2018
口腔扁平上皮癌における死細胞誘導性細胞増殖機構の解明
山崎 学, 丸山 智, 阿部 達也, 田沼 順一
日本病理学会会誌   107(1) 346-346   Apr 2018
口腔粘膜悪性境界病変におけるp53免疫組織化学的検索の取り組み
丸山 智, 山崎 学, 阿部 達也, 田沼 順一
日本病理学会会誌   107(1) 459-459   Apr 2018
口腔細胞診における細胞採取器具と細胞回収量の関連
諏訪 若子, 江原 道子, 諏訪 裕彦, 中尾 寿奈, 松原 誠, 川原田 幸司, 永山 元彦, 住友 伸一郎, 田沼 順一
日本臨床細胞学会雑誌   56(Suppl.2) 762-762   Oct 2017
軟骨石灰化不全(CCI)ラットの発症メカニズム 頭蓋底軟骨結合と下顎頭軟骨
永山 元彦, 天野 均, 江原 道子, 中尾 寿奈, 田沼 順一, 渡辺 実, 田中 政巳
Journal of Oral Biosciences Supplement   2017 409-409   Sep 2017
液状化検体細胞診を用いたラット舌前がん病変を規定する遺伝子の検索
金子 裕康, 江原 道子, 中尾 寿奈, 永山 元彦, 住友 伸一郎, 松原 誠, 田沼 順一
日本臨床細胞学会雑誌   56(Suppl.1) 269-269   Apr 2017
細胞診へのバーチャルスライドの利用(第1報)
永山 元彦, 中尾 寿奈, 江原 道子, 金子 裕康, 松原 誠, 諏訪 裕彦, 川原田 幸司, 住友 伸一郎, 田沼 順一
日本臨床細胞学会雑誌   56(Suppl.1) 323-323   Apr 2017
舌に生じた非乾酪性肉芽腫性病変の1例
中尾 寿奈, 橋本 岳英, 永山 元彦, 江原 道子, 田沼 順一, 玄 景華
日本口腔科学会雑誌   66(1) 35-36   Mar 2017
舌の非乾酪性肉芽腫性病変を伴ったサルコイドーシスを疑う1例
中尾 寿奈, 永山 元彦, 江原 道子, 田沼 順一
日本病理学会会誌   106(1) 424-425   Mar 2017
液状化検体細胞診を用いた生活習慣と細胞像
江原 道子, 中尾 寿奈, 金子 裕康, 川原田 幸司, 永山 元彦, 住友 伸一郎, 田沼 順一
日本臨床細胞学会雑誌   55(Suppl.2) 572-572   Oct 2016
口腔癌における細胞診の現状と問題点
田沼 順一
日本口腔科学会雑誌   65(3) 291-292   Sep 2016
腺性歯原性嚢胞の1例
金子 裕康, 伊藤 友里, 中尾 寿奈, 江原 道子, 永山 元彦, 田沼 順一, 住友 伸一郎, 田中 四郎
日本口腔科学会雑誌   65(3) 297-297   Sep 2016
低出力超音波刺激(LIPUS)は骨芽細胞のLPS誘導性炎症反応を抑制する
中尾 寿奈, 楠山 譲二, 田沼 順一, 松口 徹也
超音波医学   43(5) 680-680   Sep 2016
下顎両側智歯部に認めた歯原性腫瘍
川村 百代, 住友 伸一郎, 江原 雄一, 鷲見 成紀, 稲垣 友里, 太田 貴久, 田沼 順一
日本口腔科学会雑誌   65(2) 205-205   Jul 2016
上顎歯肉に発生したperipheral ameloblastomaの1例
中尾 寿奈, 江原 道子, 永山 元彦, 田沼 順一
日本病理学会会誌   105(1) 506-507   Apr 2016
根尖性歯周炎に見られる炎症細胞のエピジェネティクス解析
松下 孝直, 田沼 順一, 日下部 修介, 小竹 宏朋, 竹内 宏, 堀田 正人
岐阜歯科学会雑誌   42(2-3) 80-92   Feb 2016
難治性である慢性の根尖性歯周炎に対して、歯科用顕微鏡やCT画像診断を駆使した歯内療法が施行されているが、歯科臨床では依然として完全に治癒しない根尖性歯周炎に遭遇することが多い。この原因にはオーラルバイオフィルムの細菌構成の違いや根尖病巣の急速な拡大とともに症状を示すという宿主の因子も考えられる。周知の如く、慢性の根尖性歯周炎では、口腔常在菌の根管内から根尖孔外への感染に伴う根尖部歯周組織の細胞が産生する種々の炎症性サイトカインや成長因子が放出され、炎症細胞の浸潤が多く認められる。しかし、根...
舌癌モデル動物を用いた発癌のメカニズムの解明
田沼 順一
松本歯学   41(2) 168-168   Dec 2015
舌粘膜上皮擦過細胞診における細胞質の色相的特徴
江原 道子, 金子 裕康, 中尾 寿奈, 永山 元彦, 川原田 幸司, 住友 伸一郎, 田沼 順一
日本臨床細胞学会雑誌   54(Suppl.2) 581-581   Oct 2015
口腔癌の新たな治療戦略のための分子病理 口腔がんの治療戦略に対する基礎研究の必要性
田沼 順一, 金子 裕康, 中尾 寿奈, 江原 道子, 永山 元彦
Journal of Oral Biosciences Supplement   2015 146-146   Sep 2015
軟骨石灰化不全ラットの形態学的ならびに分子生物学的解析 頭蓋底軟骨結合と下顎頭軟骨
葛島 康平, 竹内 綾, 永山 元彦, 田中 政巳, 渡辺 実, 天野 均, 田沼 順一, 北井 則行
Journal of Oral Biosciences Supplement   2015 335-335   Sep 2015
田中 政巳, 渡辺 実, 横見 出, 松本 直樹, 須藤 カツ子, 佐藤 均, 関 あずさ, 五十嵐 恒雄, 天野 均, 大浦 清, 龍 家圭, 柴田 俊一, 永山 元彦, 田沼 順一
Experimental Animals   64(2) 121-128   Apr 2015
四肢や尾、体長の短縮などの骨格異常を伴う小人症を呈するラットが、聖マリアンナ医科大学大学院実験動物飼育管理研究施設で維持していたJcl由来のSprague-Dawleyラットのコロニーに出現した。発生頻度から、この小人症は遺伝子突然変異によるものと思われたので、このラットを繁殖させるとともに特性について調べてヒト疾患モデルとして応用できる可能性について検討した。小人症を発現する子孫を生じさせた1匹のオスと1匹のメスを選び出し、このペアを交配させることで繁殖を開始した。この矮小性を有するコロ...
口腔の上皮異形成症を考える 病理組織診と細胞診におけるEpithelial dysplasia(上皮性異形成)の診断基準
田沼 順一
日本臨床細胞学会雑誌   54(Suppl.1) 115-115   Apr 2015
奇異な細胞像を示した上顎歯肉扁平上皮癌の1例
永山 元彦, 金子 裕康, 伊藤 友里, 長縄 鋼亮, 江原 道子, 中尾 寿奈, 川原田 幸司, 住友 伸一郎, 式守 道夫, 田沼 順一
日本臨床細胞学会雑誌   54(Suppl.1) 213-213   Apr 2015
口腔前癌病変診断マーカーとしての糖鎖の可能性(Potential for using lectin sugar chains as diagnostic markers in oral precancerous lesions)
江原 道子, 永山 元彦, 中尾 寿奈, 塩田 正明, 青木 フローラ聖子[木下], 田沼 順一
日本病理学会会誌   104(1) 313-313   Mar 2015
軟骨石灰化不全(CCI)ラットにおける膝関節軟骨細胞のアポトーシス
葛島 康平, 竹内 綾, 永山 元彦, 中尾 寿奈, 江原 道子, 田沼 順一, 北井 則行
日本病理学会会誌   104(1) 390-390   Mar 2015
上顎に生じた傍骨性骨軟骨異型増生の一例(A case of bizarre parosteal osteochondromatous proliferation(BPOP, Nora's lesion) of the maxilla)
永山 元彦, 落合 隆永, 中野 敬介, 中尾 寿奈, 江原 道子, 長谷川 博雅, 田沼 順一
日本病理学会会誌   104(1) 471-471   Mar 2015
上唇正中部に生じたGlomangiomyomaの1例
住友 伸一郎, 松原 誠, 式守 道夫, 永山 元彦, 江原 道子, 田沼 順一
日本口腔診断学会雑誌   28(1) 97-97   Feb 2015
上唇正中部に生じたGlomangiomyomaの1例
住友 伸一郎, 松原 誠, 式守 道夫, 永山 元彦, 江原 道子, 田沼 順一
日本口腔内科学会雑誌   20(2) 106-106   Dec 2014
口腔粘膜上皮を診る 従来法とLBC法の比較と生活習慣による細胞の変化
近藤 只充, 阿部 美由香, 大久保 怜, 井上 慎陽, 猪俣 諒也, 江幡 凌, 大野 祐輔, 岡田 安未, 角谷 旭彦, 小池 美帆, 白石 好輝, 平岡 洸, 松原 功典, 峯野 修悟, 森永 楓, 米澤 統太, 河瀬 満帆, 松浦 貴大, 村上 翼, 江原 道子, 中尾 寿奈, 永山 元彦, 田沼 順一
岐阜歯科学会雑誌   41(2) 157-158   Nov 2014
口腔粘膜上皮擦過細胞診における従来法とLBC法との比較
江原 道子, 中尾 寿奈, 永山 元彦, 住友 伸一郎, 川原田 幸司, 田沼 順一
日本臨床細胞学会雑誌   53(Suppl.2) 632-632   Oct 2014
軟骨石灰化不全ラット(CCIラット)における頭蓋底軟骨結合と顎関節頭軟骨の変化
竹内 綾, 佐々木 美枝, 藤原 敦, 永山 元彦, 田沼 順一, 北井 則行
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   73回 200-200   Oct 2014
口腔前癌病変診断マーカーとしての糖鎖の可能性(Implications for diagnostic markers using sugar chains expression in oral precancerous lesions)
江原 道子, 中尾 寿奈, 永山 元彦, 田沼 順一
Journal of Oral Biosciences Supplement   2014 198-198   Sep 2014
上唇正中部に生じたGlomus tumorの1例
永山 元彦, 江原 道子, 住友 伸一郎, 川原田 幸司, 田沼 順一
日本臨床細胞学会雑誌   53(Suppl.1) 218-218   Apr 2014
太田 貴久, 鷲見 成紀, 松原 誠, 本橋 征之, 永山 元彦, 住友 伸一郎, 村松 泰徳, 田沼 順一, 式守 道夫
日本口腔腫瘍学会誌   26(1) 25-30   Mar 2014
Glomangiomyomaは爪甲下に好発するGlomus腫瘍の亜型の一つであるが、口腔領域では極めて稀で、上唇正中部に多くみられ無症状の経過を示す。治療は外科的切除が推奨されており、再発は少なく予後も良好である。患者は61歳の男性。約2ヵ月前から上唇正中部の腫脹を自覚していたが、緩徐な増大傾向を示したため精査を目的に当科を受診した。正常粘膜下に直径5mmの境界明瞭で弾性硬の小腫瘤を認め、翌週には直径10mmまで急速に拡大した。MRIおよび超音波画像検査にて上唇の粘膜下の領域に境界明瞭な1...
hnRNP Kは舌の発癌に関する早期検出のための新規の予測マーカである(hnRNP K is a new prospective marker of early detection for tongue carcinogenesis)
田沼 順一, 村木 智則, 永山 元彦, 江原 道子, 志佐 湍, 日合 弘, 北野 元生
日本病理学会会誌   103(1) 259-259   Mar 2014
軟骨石灰化不全ラット(CCIラット)における頭蓋底軟骨結合の変化
竹内 綾, 永山 元彦, 江原 道子, 田沼 順一
日本病理学会会誌   103(1) 274-274   Mar 2014
小唾液腺に発生した紡錘形細胞成分を伴うmucoepidermoid carcinomaの1例
酒々井 夏子, 久松 憲治, 齊郷 智恵美, 小林 一博, 永山 元彦, 田沼 順一, 宮崎 龍彦
日本病理学会会誌   103(1) 297-297   Mar 2014
頬粘膜に生じた粘表皮癌の1例
永山 元彦, 太田 貴久, 江原 道子, 式守 道夫, 田沼 順一
日本口腔診断学会雑誌   27(1) 113-114   Feb 2014
広範な下顎骨吸収とオトガイ下部のリンパ管腫を伴う1例
永山 元彦, 松原 誠, 江原 道子, 村松 泰徳, 式守 道夫, 田沼 順一
日本口腔診断学会雑誌   27(1) 120-121   Feb 2014
扁平上皮癌における上皮間葉転換現象とこれに関与する分子 1症例の舌癌における検討(Epithelial-mesenchymal transition in oral squamous cell carcinoma of the gingiva: An immunohistochemical and ultrastructual case study)
庵原 明倫, 永山 元彦, 松原 誠, 川原田 幸司, 諏訪 裕彦, 江原 道子, 式守 道夫, 田沼 順一
岐阜歯科学会雑誌   40(3) 258-263   Feb 2014
重層扁平上皮は高度に分化した組織であるが、これを発生由来とする扁平上皮癌ではその分化程度により、本来の組織形態とは異なる形質を発現することが知られている。本研究はこれらの形質発現の変化の中で上皮間葉転換の一つとして知られる扁平上皮から紡錘形の間葉系への分化の可能性とその癌細胞の浸潤性への関連を探るため、超微細構造を含む形態的な変化や細胞間接着因子のカドヘリンとカテニン、細胞外基質のヒアルロン酸と大きく関わり、また腫瘍の浸潤や細胞活性にも関わると言われているCD44ファミリーについて免疫組織...
顎嚢胞が疑われた上顎洞粘液嚢胞の1例
松原 誠, 式守 道夫, 村木 智則, 川原田 幸司, 諏訪 裕彦, 庵原 明倫, 長縄 鋼亮, 江原 道子, 永山 元彦, 田沼 順一, 住友 伸一郎
岐阜歯科学会雑誌   40(3) 264-267   Feb 2014
緒言:上顎洞粘液嚢胞は、比較的無症状で緩慢に発育することから、画像検査で偶然に発見されることが多い。時に上顎洞とは別に嚢胞病変が存在することがあり、顎嚢胞も考慮しなければならない。また術後性上顎嚢胞と鑑別する必要もある。今回、臨床所見から顎嚢胞を疑われたが、組織像および既往歴から上顎洞粘液嚢胞と診断した1例を経験したので報告する。症例:57歳の女性。2013年6月に上顎左側臼歯部の欠損を主訴に近歯科医院を受診した。画像検査から上顎左側顎骨内にエックス線透過所見を認め、当院を紹介された。20...
頬粘膜に生じた粘表皮癌の1例
永山 元彦, 太田 貴久, 江原 道子, 式守 道夫, 田沼 順一
日本口腔内科学会雑誌   19(2) 112-113   Dec 2013
広範な下顎骨吸収とオトガイ下部のリンパ管腫を伴う1例
永山 元彦, 松原 誠, 江原 道子, 村松 泰徳, 式守 道夫, 田沼 順一
日本口腔内科学会雑誌   19(2) 119-120   Dec 2013
口腔領域の細胞診における診断精度向上の試み
江原 道子, 村木 智則, 住友 伸一郎, 永山 元彦, 田沼 順一
日本臨床細胞学会雑誌   52(Suppl.2) 665-665   Oct 2013
顎嚢胞が疑われた上顎洞内粘液嚢胞の1例
松原 誠, 式守 道夫, 村木 智則, 江原 道子, 永山 元彦, 田沼 順一, 住友 伸一郎
日本臨床細胞学会雑誌   52(Suppl.2) 673-673   Oct 2013
口腔前癌病変診断マーカーとしての糖鎖の可能性(Implications for the diagnostic markers for oral precancerous lesions using sugar chains expression)
江原 道子, 永山 元彦, 村木 智則, 田沼 順一
日本癌学会総会記事   72回 351-351   Oct 2013
ヒト口腔前癌病変におけるhnRNPK発現解析(Analyzed the Expression of hnRNP K in the human oral carcinogenesis)
村木 智則, 平野 真人, 式守 道夫, 江原 道子, 永山 元彦, 志佐 湍, 日合 弘, 北野 元生, 田沼 順一
日本癌学会総会記事   72回 451-451   Oct 2013
インディアンヘッジホッグシグナル阻害による歯周組織への影響
安部 雅世, 渡邉 昌弘, 安田 忠司, 永山 元彦, 田沼 順一, 渋谷 俊昭
日本歯周病学会会誌   55(秋季特別) 114-114   Sep 2013
軟骨石灰化不全ラット(CCIラット)における頭蓋底軟骨結合の形態学的解析
竹内 綾, 永山 元彦, 葛島 康平, 渡部 博之, 江原 道子, 天野 均, 田中 政巳, 渡辺 実, 田沼 順一, 北井 則行
Journal of Oral Biosciences Supplement   2013 110-110   Sep 2013
下顎前歯部歯肉に生じた疣贅状黄色腫の1例
川原田 幸司, 諏訪 若子, 諏訪 裕彦, 平野 真人, 江原 道子, 永山 元彦, 村木 智則, 谷口 敬祐, 江原 雄一, 式守 道夫, 田沼 順一
岐阜歯科学会雑誌   40(2) 155-158   Sep 2013
疣贅状黄色腫(Verruciform Xanthoma, VX)はShaferによって初めて報告された中高年成人の歯肉歯槽粘膜に好発する比較的まれな良性の病変である。今回、我々は下顎歯肉前歯部に生じた疣贅状黄色腫の1例を経験し、その概要に考察を加えて報告する。患者は58歳の男性。右側下顎前歯部歯肉に5×5mm程度の腫瘤に気付き、精査のため朝日大学附属病院を紹介来院した。口腔内所見では、右側下顎側切歯部に乳頭状の腫瘤と同部歯肉の発赤・腫脹を認めたが、圧痛や硬結は認めなかった。良性腫瘍の臨床診...
下顎骨に生じた粘液線維腫の1例
諏訪 裕彦, 川原田 幸司, 厚地 功誠, 田中 四郎, 式守 道夫, 永山 元彦, 田沼 順一
岐阜歯科学会雑誌   40(2) 159-163   Sep 2013
粘液線維腫は比較的に稀な顎骨に発生する歯原性良性腫瘍の1つで、WHOの組織学的分類(2005)では、間葉性あるいは歯原性外胚葉性間葉組織由来で、歯原性上皮をみるもの、あるいはみないものに分類される。同じカテゴリーに分類されているものに歯原性線維腫があり、その組織成分から両者の鑑別がしばしば困難となる場合が多い。今回、我々は一般的に顎骨への強い侵襲性を示す歯原性粘液腫とは明らかに異なり、病理組織標本では比較的線維成分の多い粘液線維腫と考えられる1例を経験した。その臨床態度との関係が重視される...
マイクロCTを用いた硬組織の脱灰評価
篠田 彬, 松瀬 敏輝, 石原 寛子, 大塚 隼人, 小坂 衛央, 飯沼 優, 藤村 成史, 森原 頌之, 高瀬 結子, 田中 健介, 田仲 由希恵, 茶谷 健太, 藤原 怜, 都 優子, 山上 知余, 吉位 亮助, 永山 元彦, 江原 道子, 平野 真人, 田沼 順一
岐阜歯科学会雑誌   40(2) 193-193   Sep 2013
FGF2と骨代用材としてリン酸カルシウムを基材とした生体内における相乗効果
門中 貴義, 江原 道子, 中島 宗則, 田沼 順一, 永原 國央
日本口腔インプラント学会誌   26(特別号) 273-273   Aug 2013
口蓋粘膜に発症した悪性黒色腫の1例
長縄 鋼亮, 住友 伸一郎, 太田 貴久, 蔡 豪倫, 山田 和人, 永山 元彦, 田沼 順一, 赤井 崇浩, 稲垣 俊弘, 式守 道夫
岐阜歯科学会雑誌   40(1) 84-88   May 2013
43歳の女性。右側口蓋粘膜の12×10mmの黒色斑を主訴に来院した。黒色斑の境界はやや滲んだ様相で、CT検査において口蓋の骨や上顎洞は健常であった。悪性黒色腫と臨床診断し、腫瘍辺縁より最低10mmの安全域を設定して骨膜を含めて切除した。切除標本の病理組織所見で、切除辺縁は陰性であったが、腫瘍細胞の固有層への浸潤は2mmをわずかに超えており皮膚の悪性黒色腫のpT3aN 0 M0、Stage II Aに相当すると病期分類した。術後早期にDAV-Feron免疫・化学療法を開始し、1年間に3クール...
リンパ節転移に伴う末梢血IFN-γ産生能増強について
長縄 鋼亮, 高山 英次, 本橋 征之, 藤本 雅子, 神谷 真子, 川木 晴美, 永山 元彦, 笠井 唯克, 田沼 順一, 村松 泰徳, 式守 道夫, 近藤 信夫
岐阜歯科学会雑誌   40(1) 106-106   May 2013
ラット舌癌における癌調節遺伝子であるPthlhの解析(Pthlh, a cancer modifier gene in rat tongue carcinogenesis)
諏訪 裕彦, 永山 元彦, 江原 道子, 日合 弘, 志佐 湍, 北野 元生, 田沼 順一
日本病理学会会誌   102(1) 327-327   Apr 2013
口腔の扁平上皮癌を診る
久保 明加, 岩田 英丸, 瀬戸 荘太, 田中 れいら, 炭竃 雄佑, 藤井 裕子, 脇田 麻理, 池田 泰, 呉城 太基, 小坂 衛央, 波多野 魁人, 森原 頌之, 都 優子, 永山 元彦, 江原 道子, 平野 真人, 田沼 順一
岐阜歯科学会雑誌   39(2) 77-78   Sep 2012
角化嚢胞性歯原性腫瘍の2例
江原 道子, 村木 智則, 太田 貴久, 田中 四郎, 住友 伸一郎, 平野 真人, 永山 元彦, 田沼 順一
日本臨床細胞学会雑誌   51(Suppl.2) 788-788   Sep 2012
CCI(軟骨内石灰化不全)ラットにおける顎顔面異常
天野 均, 龍 家圭, 井上 利志子, 渡辺 実, 永山 元彦, 柴田 俊一, 田沼 順一, 山田 圭司, 宮崎 隆, 田中 政巳
日本歯科医師会雑誌   65(5) 620-620   Aug 2012
hnRNPKのmRNAおよびタンパク質発現とヒト口腔前癌病変との関連性について(Over expression of hnRNPK mRNA and protein is associated with pre-malignancy in the human oral carcinogenesis)
平野 真人, 村木 智則, 江原 道子, 永山 元彦, 志佐 湍, 日合 弘, 北野 元生, 田沼 順一
日本癌学会総会記事   71回 508-508   Aug 2012
口蓋粘膜に発生した悪性黒色腫の1例
中谷 仁彦, 住友 伸一郎, 長縄 鋼亮, 太田 貴久, 安村 真一, 永山 元彦, 田沼 順一, 式守 道夫
日本口腔科学会雑誌   61(3) 295-295   Jul 2012
診断に苦慮した下顎歯肉部黒色病変の1例
鈴木 健司, 笠井 唯克, 松原 誠, 江原 雄一, 村木 智則, 永山 元彦, 田沼 順一, 式守 道夫
日本口腔科学会雑誌   61(3) 302-302   Jul 2012
歯原性線維腫を疑わせた歯原性粘液腫の1例
田中 四郎, 住友 伸一郎, 江原 雄一, 太田 貴久, 村木 智則, 永山 元彦, 田沼 順一, 式守 道夫
岐阜歯科学会雑誌   39(1) 16-20   May 2012
歯原性線維腫、粘液腫はともに間葉性あるいは歯原性外胚葉性間葉組織で歯原性上皮をみるもの、あるいはみないもので歯原性上皮性間葉組織に由来する比較的まれな腫瘍であるが、その発育形式や予後は著しく異なり、治療方針決定のためにも鑑別診断が重要と考えられる。今回、我々は歯原性線維腫様変化を呈する歯原性粘液腫の1例を経験したので、その概要に考察を加えて報告する。患者は12歳の男子。下顎左側のエックス線透過像の精査を求めて、2004年6月に紹介来院した。初診時、顔貌に特記すべき異常はなく、下顎左側第二乳...
hnRNPKは舌発癌における前悪性に関連する(hnRNPK is associated with pre-malignancy in the tongue carcinogenesis)
村木 智則, 式守 道夫, 江原 道子, 永山 元彦, 志佐 湍, 日合 弘, 北野 元生, 田沼 順一
日本病理学会会誌   101(1) 243-243   Mar 2012
江原 道子, 村木 智則, 太田 貴久, 住友 伸一郎, 永山 元彦, 田沼 順一
日本臨床細胞学会雑誌   51(Suppl.1) 295-295   Mar 2012
歯科基礎医学教育の分野間における現状とその問題点 臨床病理学演習を組み込んだ病理学講義と実習の試み
田沼 順一, 江原 道子, 坂野 美栄, 永山 元彦
Journal of Oral Biosciences   53(Suppl.) 71-71   Sep 2011
hnRNPKと4NQO誘発ラット舌癌の前癌病変との関連(hnRNPK is associated with pre-malignancy during 4NQO-induced rat tongue carcinogenesis)
坂野 美栄, 永山 元彦, 江原 道子, 志佐 湍, 北野 元生, 日合 弘, 田沼 順一
日本癌学会総会記事   70回 451-451   Sep 2011
マイクロフォーカスCTを用いた歯内歯の新たな知見
山田 麻衣子, 永山 元彦, 勝又 明敏, 玄 景華, 田沼 順一, 吉田 隆一
岐阜歯科学会雑誌   38(1) 35-37   Jun 2011
FGFR4とTP53の組み合わせは口腔扁平上皮癌の予後因子である(The combination of the FGFR4 and TP53 is prognostic factors for oral squamous cell carcinoma)
田沼 順一, 永山 元彦, 山田 麻衣子, 吉田 隆一, 志佐 湍, 出雲 俊之, 日合 弘, 北野 元生
日本病理学会会誌   100(1) 330-330   Mar 2011
Down症候群患者に生じた歯内歯
山田 麻衣子, 永山 元彦, 田沼 順一, 吉田 隆一
日本病理学会会誌   100(1) 466-466   Mar 2011
ラットにおける4NQO-誘発舌癌発生感受性遺伝子の遺伝学的・後成的変異(Genetic and epigenetic alterations of the susceptibility genes for 4NQO-induced tongue carcinogenesis in the rats)
田沼 順一
岐阜歯科学会雑誌   37(3) 202-202   Feb 2011
FGFR4多型、TP53変異、その組み合わせは口腔扁平上皮癌の予後因子である(FGFR4 polymorphism, TP53 mutation, and their combinations are prognostic factors for oral sauamous cell carcinoma)
田沼 順一, 坂野 美栄, 伊藤 範明, 永山 元彦
Journal of Oral Biosciences   52(Suppl) 95-95   Sep 2010
炭酸含有アパタイトを用いた骨欠損修復への応用
永山 元彦, 長島 新吾, 伊藤 範明, 坂野 美栄, 土井 豊, 田沼 順一
Journal of Oral Biosciences   52(Suppl) 155-155   Sep 2010
イソプロテレノール投与による唾液腺の細胞増殖とエノラーゼ3遺伝子発現増強の経日変化
八代 耕児, 高山 英次, 神谷 真子, 亀山 泰永, 永山 元彦, 田沼 順一, 近藤 信夫
Journal of Oral Biosciences   52(Suppl) 166-166   Sep 2010
唾石を伴った上唇の貯留型粘液瘤の1例
太田 貴久, 細見 理絵, 長繩 鋼亮, 本橋 征之, 笠井 唯克, 永山 元彦, 住友 伸一郎, 田沼 順一, 村松 泰徳, 式守 道夫
日本口腔外科学会雑誌   56(Suppl.) 237-237   Sep 2010
再発を繰り返した石灰化嚢胞性歯原性腫瘍の1例
宮原 麻由美, 向井 洋, 川島 清美, 田沼 順一, 仙波 伊知郎, 上村 祐二, 永田 聡, 杉原 一正
日本口腔外科学会雑誌   55(Suppl.) 193-193   Sep 2009
口腔扁平上皮癌における腫瘍性リンパ管新生はリンパ節転移と臨床病理学的因子に関連する
宮原 麻由美, 田沼 順一, 杉原 一正, 仙波 伊知郎
日本口腔科学会雑誌   57(4) 456-456   Sep 2008
下顎骨に発生した顎骨中心性血管腫の1例
川島 清美, 宮原 麻由美, 國芳 秀晴, 有村 真一郎, 向井 洋, 杉原 一正, 田沼 順一
日本口腔科学会雑誌   57(1) 172-173   Jan 2008
上顎歯肉に発生した悪性黒色腫の3例
別府 真広, 向井 洋, 上川 善昭, 永山 知宏, 杉原 一正, 田沼 順一, 平山 喜一, 仙波 伊知郎
日本口腔腫瘍学会誌   19(4) 265-266   Dec 2007
イトラコナゾール内用液が奏功した慢性肥厚性口腔カンジダ症の2例
上川 善昭, 田沼 順一, 平山 喜一, 向井 洋, 杉原 一正
歯科薬物療法   26(3) 110-111   Dec 2007
宮原 麻由美, 田沼 順一, 川島 清美, 野添 悦郎, 仙波 伊知郎, 杉原 一正
日本口腔外科学会雑誌   53(8) 499-503   Aug 2007
20歳女。右側耳介下部皮下に示指頭大で可動性のある骨様硬の孤在性腫瘤を触知した。X線およびCTでは右側耳介下部皮下に境界明瞭なX線不透過像を認め、右側耳介下部良性腫瘍と診断し、全身麻酔下に腫瘍摘出術を施行した。腫瘍は容易に摘出され、術後1年6ヵ月現在、創部治癒の経過は良好である。摘出標本は20×13mm大で、石灰化組織を含んでおり、割面は黄白色調であった。軟X線写真では、二つの結節が癒合したようなダンベル状であり、内部に明瞭な不透過像の混在がみられた。病理組織学的には好塩基性を示す石灰化し...
舌に発生したbasaloid squamous cell carcinomaの1例
松井 竜太郎, 田沼 順一, 川島 清美, 宮原 麻由美, 仙波 伊知郎, 杉原 一正
日本口腔外科学会雑誌   53(Suppl.) 129-129   Aug 2007
Pthrp遺伝子はラット舌癌関連遺伝子の1つと考える(Pthrp gene may be one of the cancer modifier genes in the rat tongue cancer)
田沼 順一, 平山 喜一, 平野 真人, 日合 弘, 志佐 湍, 北野 元生
日本癌学会総会記事   66回 122-122   Aug 2007
化学発がん剤誘発ラット舌癌におけるp15INK4Bとp16INK4Aの選択的発がん抵抗性系統アレル欠失
田沼 順一, 平野 真人, 小川 広太郎, 平山 喜一, 志佐 湍, 日合 弘, 北野 元生, 仙波 伊知郎
日本病理学会会誌   96(1) 186-186   Feb 2007
顔面、頸部皮下に発生した毛母腫の2例
石畑 清秀, 平原 成浩, 宮脇 昭彦, 西原 一秀, 朝田 重史, 五味 暁憲, 田沼 順一, 野添 悦郎, 中村 典史
日本口腔外科学会雑誌   53(1) 70-70   Jan 2007
頬部に発生した粘液性脂肪腫の1例
新田 哲也, 別府 真広, 河野 一典, 田沼 順一, 松井 竜太郎, 永山 知宏, 楠本 孝宣, 上川 善昭, 杉原 一正
日本口腔科学会雑誌   56(1) 188-188   Jan 2007
血液透析患者の上顎骨に発生した異所性石灰化の1例
宮脇 昭彦, 中村 康典, 西原 一秀, 平原 成浩, 野添 悦郎, 田沼 順一, 仙波 伊知郎, 中村 典史
日本口腔科学会雑誌   56(1) 190-190   Jan 2007
宮原 麻由美, 田沼 順一, 松井 竜太郎, 國芳 秀晴, 仙波 伊知郎, 杉原 一正
日本口腔外科学会雑誌   52(9) 498-501   Sep 2006
27歳女。1997年に近医歯科を受診した際、左下顎乳犬歯晩期残存、X線検査にて左下顎犬歯に埋伏歯の残存を指摘されたが放置していた。2004年10月の口腔内所見で開口障害はなく、左下顎乳犬歯晩期残存を認め、下顎右犬歯〜左犬歯部唇側歯肉から移行部の皮膜粘膜はほぼ正常で骨様硬の膨隆を認めた。2005年1月に全身麻酔下腫瘍摘出術および左下顎犬歯抜歯術を行った。腫瘍は被膜で覆われ、周囲からの剥離は容易で左下顎3番を含み一塊として摘出した。本症例は腺様歯原性腫瘍の組織像中にcalcifying epi...
著明な骨形成を伴った多発性石灰化上皮腫の1例
宮原 麻由美, 川島 清美, 國芳 秀晴, 平山 喜一, 田沼 順一, 仙波 伊知郎, 杉原 一正
日本口腔外科学会雑誌   52(Suppl.) 132-132   Sep 2006
頬部に発生した神経内分泌型小細胞癌の1例
西原 一秀, 野添 悦郎, 宮脇 昭彦, 平山 喜一, 田沼 順一, 仙波 伊知郎, 濱平 須美子, 佐藤 強志, 馬嶋 秀行, 中村 典史
日本口腔外科学会雑誌   52(Suppl.) 151-151   Sep 2006
マイクロアレイと抗体アレイ解析を用いたラット4NQO誘発舌がんモデルの解析
田沼 順一, 平野 真人, 小川 広太郎, 平山 喜一, 志佐 湍, 日合 弘, 北野 元生
日本癌学会総会記事   65回 234-234   Sep 2006
高齢者の口蓋に発生した筋上皮腫の1例
永山 知宏, 新田 哲也, 田沼 順一, 上川 善昭, 春日 裕子, 別府 真広, 坂元 亮一, 平山 東隆, 杉原 一正
日本口腔外科学会雑誌   51(12) 659-660   Dec 2005
下顎前歯部に発生した腺様歯原性腫瘍の1例
宮原 麻由美, 松井 竜太郎, 國芳 秀晴, 田沼 順一, 仙波 伊知郎, 杉原 一正
日本口腔外科学会雑誌   51(Suppl.) 150-150   Sep 2005
ラット舌がん感受性遺伝子の検索とその解析
田沼 順一, 平野 真人, 小川 広太郎, 平山 喜一, 志佐 湍, 日合 弘, 北野 元生, 仙波 伊知郎
日本病理学会会誌   94(1) 206-206   Mar 2005
化学発癌の感受性を左右する遺伝要因について ラット舌癌モデルでの解析(3) 4NQO-誘発ラット舌癌におけるp15INK4Bおよびp16INK4Aの変化について
北野 元生, 田沼 順一
化学療法研究所紀要   35 11-23   Feb 2005
4-nitroquinoline 1-oxide(4NQO)誘発舌癌に感受性の強いDark-Agouti系ラットと抵抗性を示すWistar/Furth系ラットを2世代交配させて作成したF2ラットの検索から,5つのQTLを見出した.第5染色体のsuggestiveなレベルに達しているQTLの近辺に癌抑制遺伝子であるP15INK4BおよびP16INK4Aが座位を占めることがわかっている.今回,この2つの遺伝子に注目し,これらの遺伝子の発癌にかかわる重要性について検討した.遺伝子P15INK4B...
舌がん関連遺伝子と考えるPthrp遺伝子の解析
田沼 順一, 小川 広太郎, 平山 喜一, 平野 真人, 日合 弘, 志佐 湍, 北野 元生
日本癌学会総会記事   63回 106-106   Sep 2004
化学発癌の感受性を左右する遺伝要因について ラット舌癌モデルでの解析(2) F1ラットの4NQO誘発舌癌におけるTscc loci領域のLOH解析とHa-ras遺伝子変異について
北野 元生, 田沼 順一
化学療法研究所紀要   34 3-14   Feb 2004
Quantitative trait loci(QTL)解析を行って,推計学的に有意水準に達した5つのQTLs[Tongue squamous cell carcinoma 1〜5(Tscc1〜5)]および推計学的にsuggestive levelの3つのQTLsを見出した.Tscc2,Tscc3およびTscc4の3つのQILsは癌抑制型遺伝子として機能している可能性が指摘された.推計学的にsuggestive levelの3つのQTLsについては,それぞれの最大の候補遺伝子として癌抑制遺...
山口 孝二郎, 今村 晴幸, 松井 竜太郎, 吉田 雅司, 上川 善昭, 宮原 麻由美, 向井 洋, 杉原 一正, 田沼 順一, 仙波 伊知郎
小児口腔外科   13(2) 36-42   Dec 2003
5歳男児.口腔内より出血が認められた.顔貌は左右非対称で,左頬部にクルミ大の骨様硬の膨隆が認められた.エックス線所見等から根尖性歯周炎,上顎歯槽骨炎を疑った.局所麻酔下に歯肉部を試験切除を施行した.試験切除組織の病理組織学的診断は上顎骨血管腫であった.出血の頻度と出血重の増加がみられるようになり,上顎骨にかけての膨隆も増大傾向を示した.全身麻酔下に血管造影施行し,腫瘍は顎動脈,顔面動脈の分枝各2本により栄養され,顎動脈の支配領域が大きいことを確認した.又,出血量の減少,顔面の成長,皮膚の壊...
舌骨に連続する索状物を認めた類皮嚢胞の1例
上村 由香理, 野添 悦郎, 西原 一秀, 宮脇 昭彦, 太田 剛史, 五味 暁憲, 守山 泰司, 平原 成浩, 三村 保, 田沼 順一, 北野 元生
日本口腔科学会雑誌   52(4) 209-209   Jul 2003
下顎骨臼後部に発生したセメント質骨形成性線維腫の1例
重久 智孝, 川島 清美, 瀬口 康弘, 上川 善昭, 向井 洋, 杉原 一正, 田沼 順一, 北野 元生
日本口腔科学会雑誌   52(4) 218-218   Jul 2003

Conference Activities & Talks

 
The study of immunostaining useful for oral cancer and precancer lesion [Invited]
Jun-ichi Tanuma
9th Mandalay Dental conference   14 Jul 2018   
Glycan profiling of oral precancerous lesions using a lectin microarray [Invited]
Ehara M, Nagayama M, Shiota M, Nakao J, Kaneko H, Aoki-Kinoshita K, Tanuma J.
6th Charles Warren Workshop 2016   24 Aug 2016   
Fundamental studies of cytology by using animal model. [Invited]
TANUMA Junichi
The 19thInternational Congress of cytology   30 May 2016   
Cytological chracteristics of the oral mucosa: Liquid-based cytology VS conventional cytology. [Invited]
Ehara M, Kaneko H, Nakao J, Nagayama M, Kawarada K, Sumitomo S, Tanuma J.
The 19thInternational Congress of cytology   30 May 2016   
An experimental model and potential biomarkers of oral carcinogenesis. [Invited]
TANUMA Junichi
The 7th Asian Society of Oral and Maxillofacial Pathology (ASOMP), National Taiwan University.   17 Oct 2015   
hnRNP K is a new prospective marker of early detection for tongue carcinogenesis. [Invited]
TANUMA Junichi
26 May 2015   
Craniofacial anomalies in cartilage calcification insufficient (CCI) rat. [Invited]
Amano H, Kakei R, Watanabe M, Nagayama M, Shibata S, Tanuma J, Tanaka M, Ohura K.
13th Congress of the International Society of Bone Morphometry   27 Apr 2015   
Potential for using lectin sugar chains as diagnostic markers in oral precancerous lesions. [Invited]
Ehara M, Nakao J, Nagayama M, Shiota M, Aoki-Kinoshita K, Tanuma J
Society for Glycobiology & Japanese Society of Carbohydrate Research 2014 Joint Annual Meeting   17 Nov 2014   
Avance y Aplicaciones de la Investigación Básica Sobre el Cáncer Oral. [Invited]
TANUMA Junichi
2nd International Symposium of Oral Health and Disease, UAEM, Mexcio   8 Feb 2014   
Pthrp may be one of the most important cancer modifier genes in rat tongue carcinogenesis. [Invited]
Kitano M, Tanuma J.
Mongolian-Japanese 6th joint symposium   18 Aug 2008   
Selective loss of resistant alleles at p15 INK4B and p16 INK4A genes in chemically-induced rat tongue cancers. [Invited]
Kitano M, Tanuma J.
Mongolian-Japanese 5th joint symposium   5 Aug 2007   
Genetic and epigenetic alterations of p15 and p16 genes in 4-nitroquinoline 1-oxide-induced rat tongue cancer. [Invited]
TANUMA Junichi
The XIVth International Workshop on Genetic Systems in the Rat.   8 Oct 2002   
Genetic alterations in 4NQO-induced rat tongue cancers [Invited]
TANUMA Junichi
International Meetings in Sardenia: New trends in Molecular Carcinogenesis   25 Sep 2001   
Quantitative trait loci affecting 4NQO-induced tongue carcinoma in the rat. [Invited]
TANUMA Junichi
Institute Nazionale Tumori Milan   20 Jun 2000   
Five Susceptibility QTL to 4-nitroquinolin 1-oxide-induced tongue cancers in the rats [Invited]
TANUMA Junichi
The 14th International Mouse Genome Conference   13 Jun 2000   
Multiple genetic alterations in 4-nitroquinolin 1-oxide-induced tongue cancers. [Invited]
TANUMA Junichi
The XIIIth International Workshop on Genetic Systems in the Rat   10 Jun 2000   
Quantitative trait loci mapping of two loci controlling 4NQO-induced rat tongue carcinoma. [Invited]
TANUMA Junichi
The 2nd EU workshop on impact of rat genome mapping on biomedical research.   1 Oct 1998