TANIGAKI Katsumi

J-GLOBAL         Last updated: Sep 2, 2019 at 11:14
 
Avatar
Name
TANIGAKI Katsumi
E-mail
tanigakitohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/ecc0bb03b75d7e823268e18c06e65e21.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Advanced Institute for Materials Research Materials Physics
Job title
Professor
Degree
Dr. Engineering, Materials Science(Yokohama National University)
Other affiliation
Tohoku University

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1980
 - 
Mar 1989
NEC Central Research Labotatories
 
Apr 1989
 - 
Mar 1998
Funamental Research Laboratories, NEC Corpoation
 
Apr 1998
 - 
Feb 2004
Professor, Garduate School of Science, Osaka City University
 
Mar 2004
   
 
Professor, Department of Physics, Graduate of Science, Tohoku University
 
Sep 2010
 - 
Today
教授 材料物理リーダ, 東北大学WPI-AIMR
 

Education

 
 
 - 
Mar 1989
Graduate School, Division of Engineering, Yokohama National University
 
 
 - 
Mar 1980
Graduate School, Division of Engineering, Yokohama National University
 
 
 - 
Mar 1953
Faculty of Engineering, Yokohama National University
 

Awards & Honors

 
Oct 2000
ナノクラスタ物質の合成と物性, Osaka Prize, 大阪科学技術財団
 
Mar 1993
フラーレンの研究開発, NEC Research Special Prize, 日本電気(株)
Winner: NEC基礎研究所物性グループ
 

Published Papers

 
Shang Hui, Shimotani Hidekazu, Kanagasekaran Thangavel, Tanigaki Katsumi
ACS APPLIED MATERIALS & INTERFACES   11(22) 20200-20204   Jun 2019   [Refereed]
Huynh Kim-Khuong, Ogasawara Takuma, Kitahara Keita, Tanabe Yoichi, Matsushita Stephane Yu, Tahara Time, Kida Takanori, Hagiwara Masayuki, Arcon Denis, Tanigaki Katsumi
PHYSICAL REVIEW B   99(19)    May 2019   [Refereed]
Matsuda Yuki, Iwahara Naoya, Tanigaki Katsumi, Chibotaru Liviu F.
PHYSICAL REVIEW B   98(16) 165410   Oct 2018   [Refereed]
Ito Yoshikazu, Tanabe Yoichi, Sugawara Katsuaki, Koshino Mikito, Takahashi Takashi, Tanigaki Katsumi, Aoki Hideo, Chen Mingwei
PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS   20(9) 6024-6033   Mar 2018   [Refereed]

Misc

 
谷垣勝己
日本物理学会   56 600-604   Dec 2001
ダイヤモンドを良く知るために:フラーレン (1):New diamond
谷垣勝己
ダイヤモンドフォーラム   58 38-41   Dec 2000
ダイヤモンドを良く知るために:フラーレン (2)New Diamond
谷垣勝己
ダイヤモンドフォーラム   17 35-39   Dec 2001
谷垣勝己
日本応用物理学会誌   7(12) 1426-1430   Dec 2004
シリコン同位体で色分けされたナノクラスターによる新ナノデバイスの創製の可能性――― 超伝導から量子コンピュータまで
谷垣勝己
Spring-8      Dec 2004

Books etc

 
フラ-レン:C60とその仲間達
谷垣勝己 (Part:Joint Work)
産業図書   Dec 1993   
Organic Conductive Molecules and Polymers
Katsumi Tanigaki (Part:Joint Work)
John Wiley & Sons   Nov 1996   
フラレンとその化合物、物理学論文選集
谷垣勝己 (Part:Joint Work)
日本物理学会   Dec 1997   
室温超伝導は出現するのか
谷垣勝己 (Part:Joint Work)
アドスリー(株)   Oct 2003   
「クラスレート化合物の構造と物性」、カーボンナノチューブ
谷垣勝己 (Part:Joint Work)
培風館   Aug 2004   

Conference Activities & Talks

 
電場駆動有機半導体レーザの特性
谷垣 勝己,カナガセカラン サンガベル,小貫 駿,三浦 大輝,下谷 秀和
第79回応用物理学会秋季学術講演会   20 Sep 2018   
電気輸送特性からみたA3C60のモット境界における電子状態
谷垣 勝己, 松田 祐貴, 平郡 諭
第55回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム   12 Sep 2018   
電流駆動有機半導体レーザの構造と物性
谷垣勝己, 下谷秀和, Thangavel Kanagasekara, 小貫駿, 三浦大輝
日本物理学会2018年秋季大会   11 Sep 2018   
電気輸送および磁気特性からみたモット絶縁体領域のA3C60超電導体の電子状態
谷垣勝己, 平郡諭, 松田祐貴
日本物理学会2018年秋季大会   10 Sep 2018   
Giant magnetoresistance in magnetic multipolar BaMn2Pn2 (Pn = As, Sb, Bi)
K.-Khuong Huynh, T. Ogasawara, T. Tahara, T. Kida, M. Hagiwara, K. Tanigaki
日本物理学会2018年秋季大会   9 Sep 2018   

Research Grants & Projects

 
Nano Materials with Geometrical Symmmetry and Quantum Properties
Basic Science Research Program
Project Year: Oct 2007 - Today
Synsthesis and Physical Properties of Nano Cluster Materials
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 1980 - Today
New Materials Science with Regulated Nano Spaces
Basic Science Research Program
Project Year: Oct 2008 - Today
Symmetry and Materials Science
International Joint Research Projects
Project Year: Apr 2010 - Today
新規超伝導体の研究
The Other Research Programs
Project Year: Apr 2000 - Today

Patents

 
特公平05-041023 : 固体撮像装置の製造方法

Social Contribution

 
ナノ構造物質:ユビキタス元素戦略へ向けて
[Others]  10 Dec 2005 - 11 Dec 2005
文部科学省の調査・企画研究の補助を受けて、ナノ構造物質の会議を東北大学マルチメディア棟で開催した。
論文捏造問題 NHK(TV) NHKBook
[TV or radio appearance, Contribution]  Aug 2005

Others

 
Apr 2012   幾何対称性から発現するエキゾティックな電子状態(スロベニア-日本2国間国際共同研究)
東北大学ーJozef Stefan Institute国際共同研究を推進する。クラスレート化合物におけるNMR実験をJozef Stefan研究所において実施する。また、他の研究グループとの競争状況を考慮して、3d鉄ニクタイド物質のDirac-cone状態の局所電子状態のNMRを用いた研究を、本年度に前倒して実施する。さらに、両機関の研究議論をより活性化させることを目的として、Jozef Stefan Instituteにおいて「物質の幾何対称性と物性」に関する講義と研究議論を実施する。
Apr 2008   イデアルスター研究アドバイス
太陽電池を開拓するための、ナノ材料の開発および議論
Mar 2008   EKO COSMO 研究開発
ECO COSMOが行っているシラスバルーンに関して、東北大学工業会の依頼でアドバイスを行う。
Apr 2007   石川島播磨-横浜市立大学医学部研究アドバイス
石川播磨と横浜市立大学が行っているドラックデリバリ研究に関してアドバイスを行う。
Apr 2007   イデアルスター研究アドバイス
イデアルスターの行っている内包フラーレン研究に関してアドバイスを行う。