佐川 正敏

J-GLOBALへ         更新日: 04/12/01 00:00
 
アバター
研究者氏名
佐川 正敏
 
サガワ マサトシ
所属
東北学院大学
部署
文学部 歴史学科 考古学
職名
教授
学位
文学修士(東北大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1984年
 - 
1986年
東北大学文学部 助手
 
1986年
 - 
1990年
奈良国立文化財研究所 研究員
 
1990年
 - 
1998年
奈良国立文化財研究所 主任研究官
 
1998年
 - 
2001年
東北学院大学文学部 助教授
 
2001年
   
 
- 東北学院大学文学部 教授
 

学歴

 
 
 - 
1980年
東北大学 文学研究科 国史学
 
 
 - 
1984年
東北大学 文学研究科 国史学
 
 
 - 
1978年
東北大学 文学部 史学科・考古学
 

委員歴

 
1998年
   
 
日本中国考古学会  幹事
 
2004年
   
 
宮城県考古学会  総務代表幹事
 
1998年
   
 
東北史学会  評議員
 
2003年
   
 
日本旧石器学会  幹事
 

Misc

 
中国遼西地区新石器時代中期興隆窪文化段階の文物集成
東北学院大学大学院文学研究科・アジア文化史研究   4, 19-60    2004年
Archaeological Features and Artifacts of the Xinglongwa Cultural Stage, Middle Neolithic Period in the Liaoxi Area of Northern China
The Study of the History of Asian Culture, Graduate School of Tohoku Gakuin Univ.   4, 19-60    2004年
東北地方の古代瓦研究の新視点
考古学の方法(東北大学文学部考古学研究会)   5(49-55)    2004年
A New Viewpoint of Researches on Ancient Roof Tiles in the Northeast Japan
Archaeological Methods, Society of Archaeological Studies, Tohoku Univ.   5(49-55)    2004年
永寧寺木塔の屋根瓦を復原する
北魏洛陽永寧寺      1998年

書籍等出版物

 
後期旧石器時代の土葺き竪穴住居
先史日本の住居とその周辺(同成社)   1998年   
日本の旧石器文化-東・北アジアから考える-
倭国誕生(日本の時代史1)(吉川弘文館)   2002年   
中国都城の発展史と古代日本への影響
集落と都市(『東アジアと日本の考古学』V), 同成社   2003年   
History of Capital Cities of Ancient China and Its Influence on Ancient Japan
Villages and Cities (Archaeology of the East Asia and Japan, No.5) , Doseisha   2003年   

Works

 
中国泥河湾盆地における旧石器遺跡の調査
1996年
中国広西 百色遺跡群の前期旧石器の研究
1996年
中国山西省峙峪遺跡出土旧石器の研究
2000年
中国内モンゴルの新石器文化の調査
1999年
韓国扶餘地方と慶州地方における古代瓦の調査
1997年

競争的資金等の研究課題

 
中国北方新石器文化の比較研究
その他の研究制度
研究期間: 2000年 - 2006年
中国新石器時代良渚文化の研究
科学研究費補助金
研究期間: 2003年 - 2005年
13~19世紀における列島北方地域史とアムール川流域の相互関連に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 2002年 - 2005年
アジア流域文化論
学術研究支援事業
研究期間: 2003年 - 2008年
東アジア6~7世紀の仏教寺院塔基壇に関する比較研究
研究期間: 2004年 - 2005年