大久保 尚子

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/21 00:00
 
アバター
研究者氏名
大久保 尚子
 
オオクボ ナオコ
eメール
nokubomgu.ac.jp
所属
宮城学院女子大学
部署
生活科学部 生活文化デザイン学科
職名
教授
学位
博士(人文科学)(お茶の水女子大学)
科研費研究者番号
90275610

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
宮城学院女子大学 生活科学部生活文化デザイン学科 教授
 
2014年4月
 - 
現在
宮城学院女子大学 学芸学部生活文化デザイン学科 教授
 
1995年4月
 - 
1998年3月
 宮城学院女子大学学芸学部 講師 
 
1998年4月
 - 
2014年3月
 宮城学院女子大学学芸学部 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1995年3月
お茶の水女子大学大学院 人間文化研究科 比較文化学専攻
 
 
 - 
1986年3月
お茶の水女子大学 家政学部 被服
 

委員歴

 
2003年5月
 - 
現在
服飾美学会  委員
 
2017年4月
 - 
現在
国際服飾学会  理事
 

論文

 
朴沢学園裁縫教育資料の輪郭-教育史、生活文化史資料としての位置付け
大久保 尚子
仙台市教育委員会 編『朴沢学園裁縫教育資料調査報告書』   266-277   2018年3月
芸能人の手拭い誂え制作と豊田コレクション : 歌舞伎、落語、各種芸能の配り物手拭いにみる誂え染めの文化
大久保 尚子
人文社会科学論叢   (26) 91-116   2017年3月   [査読有り]
豊田コレクションにみる戦時体制と手拭い制作 ─物資統制の意匠と制作への影響─
大久保 尚子
宮城学院女子大学人文社会科学論叢   (25) 63-92   2016年3月   [査読有り]
藝術学関連学会連合 第十回公開シンポジウム発表報告 服飾にみる日常と芸術の接点 : 意匠の創案と享受
大久保 尚子
服飾美学   (61) 58-68   2015年9月
江戸時代における絵本類の染織意匠への影響に関する一考察-絵入俳書の花鳥画風意匠参考書としての位置づけを中心に-
大久保 尚子
美学   (245) 37-48   2014年12月   [査読有り]

Misc

 
近世後期の文様好み-麻の葉鹿子の諸相-
服飾美学   (23) 81   1994年
近世歌舞伎にみる服飾表現-八百屋お七の浅黄麻の葉鹿子-
服飾美学   (22) 21   1993年

書籍等出版物

 
図説日本服飾史事典
大久保 尚子 (担当:共著, 範囲:第六章小袖の開花3~5、衣生活のさまざまな側面、装いの美意識と流行1,2,4,5、染織技術の発達2)
東京堂出版   2017年9月   
着物と装身具に見る江戸のいい女・いい男ー徴古裳・中村コレクションを中心に-
大久保 尚子 (担当:分担執筆, 範囲:「着物」、「更紗・古裂帳」の部分の解説、着物関係用語集)
たばこと塩の博物館   2017年4月   
文化における〈風景〉
大久保 尚子 (担当:共著, 範囲:「装い」の中の「風景」、「風景」の中の「装い」―江戸名所景物としての「都鳥」意匠の位置―)
翰林書房   2016年7月   
江戸の服飾意匠 ―文芸、美術、芸能との交流と近代への波及
大久保 尚子
中央公論美術出版   2015年1月   
Tenugui 江戸手拭
大久保 尚子 (担当:共著, 範囲:豊田コレクション手拭作品解説)
ピエ・ブックス   2007年7月   

講演・口頭発表等

 
日本の服飾文化史-江戸、明治、大正、昭和 [招待有り]
大久保 尚子
仙台市歴史民俗資料館企画展「日々の装いと履物」関連講座   2017年6月17日   
衣装ときれの小宇宙 袋物商中村清の選択眼 [招待有り]
大久保 尚子
たばこと塩の博物館特別展「着物と装身具に見る江戸のいい女・いい男」関連講演   2017年5月14日   
江戸時代の意匠と流行-遊びから生まれる意匠・別注品がモードを作る [招待有り]
大久保 尚子
京都染織文化協会平成28年度第二回染織文化セミナー   2017年3月21日   
「装い」の中の「風景」、「風景」の中の「装い」―江戸名所隅田川景物としての「都鳥」意匠の表現―
大久保 尚子
服飾美学会平成28年度大会   2016年6月4日   
装い-江戸の装いと芸能 [招待有り]
大久保 尚子
紀尾井 江戸邦楽の風景(十三)装い   2015年9月15日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
近代東京の注染図案制作にみる江戸の意匠創案の文化と近代的図案観の交差
科研費基盤研究(C)
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 大久保 尚子
文学,演劇,美術とのかかわりを中心とした江戸時代後期服飾の研究
型染を中心とした近代染織意匠史の研究

社会貢献活動

 
手拭い関係資料を中心とした豊田コレクションの資料整理、展覧会開催支援
【運営参加・支援, 調査担当, その他】  2002年 - 現在
朴沢学園裁縫教育資料調査
【調査担当】  仙台市教育委員会  2014年9月 - 2018年3月
手ぬぐい・風呂敷 戦時中語る
【取材協力】  朝日新聞社  朝日新聞  2017年9月21日
特別展「着物と装身具に見る江戸のいい女・いい男」にかかわる中村コレクション衣裳、染織品の調査、解説の担当および展示計画の助言
【調査担当, その他】  たばこと塩の博物館  特別展 着物と装身具に見る江戸のいい女・いい男  2017年4月22日 - 2017年7月2日
「布と向き合う・布とつきあう 幕末期女性の衣生活から現代を考える」
【講師】  宮城県  みやぎ県民大学大学開放講座  2013年7月20日