橋本 由紀子

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/02 02:45
 
アバター
研究者氏名
橋本 由紀子
 
ハシモト ユキコ
通称等の別名
HASHIMOTO Yukiko
所属
日本大学
部署
国際関係学部国際教養学科
職名
准教授
学位
修士(文学)(青山学院大学), DEA(専門研究課程修了証 フランス文学)(ルーアン大学)
科研費研究者番号
80555483

経歴

 
2004年4月
 - 
2009年3月
神奈川大学経営学部 非常勤講師
 
2004年4月
 - 
2009年3月
関東学院大学 非常勤講師
 
2005年4月
 - 
2009年3月
敬愛大学経済学部 非常勤講師
 
2007年4月
 - 
2011年3月
青山学院大学 兼任講師
 
2009年4月
 - 
2014年3月
日本大学国際関係学部 助教
 

学歴

 
 
 - 
2007年
青山学院大学 大学院 文学研究科 フランス文学専攻
 

委員歴

 
2014年4月
   
 
国際文化表現学会  理事
 
2011年4月
 - 
2014年4月
国際文化表現学会  幹事
 
2010年5月
 - 
2011年5月
日本フランス語フランス文学会  cahier編集委員(資料調査委員内)
 
2010年4月
 - 
2012年
日本ホイットマン協会  『ホイットマン研究論叢』編集委員
 
2009年7月
   
 
日本比較文学会  『日本比較文学会東京支部研究報告』編集委員
 

受賞

 
2013年5月
国際文化表現学会賞 『フロベールの聖〈領域〉―「三つの物語」を読む』
 

論文

 
モーパッサン『テリエ館』における食と宗教
橋本由紀子
日本大学国際関係学部生活科学研究所報告   (38) 73-80   2016年3月   [査読有り]
2言語同時履修者の学習意識と学習習慣に関する調査
杉本宏昭、橋本由紀子、眞道杉
『複言語教育研究』   3 30-66   2015年2月
複言語同時履修者の学習効果に関する考察
杉本宏昭、熊木秀行、橋本由紀子、眞道杉
『複言語教育研究』   2 22-47   2014年2月
CEFRに基づく包括的語学教育の可能性
椎名正博・保坂敏子・福田知行・眞道 杉・田中拓郎・長嶺宏作・熊木秀行・杉本宏昭・畠山 達
『日本大学FD研究』   1 23-36   2013年3月   [査読有り]
国際関係学部フランス語教育へのCEFR適用の可能性 ―授業の実践と経過―
『複言語教育研究』   (第一) 83-94   2013年2月

Misc

 
ドイツ語・フランス語複言語教育の実践報告
橋本由紀子
複言語教育研究   (4) 19-26   2016年5月
『アベラールとエロイーズ』の往復書簡における愛 ― 情欲と信仰 -
橋本由紀子
『国際文化表現研究』   (12)    2016年3月   [査読有り]

書籍等出版物

 
フロベールの聖〈領域〉―『三つの物語』を読む
彩流社   2013年2月   ISBN:978-4-7791-1877-7
ヴォルテールを学ぶ人のために
植田祐次(編) (担当:共著, 範囲:210-218, 228-244)
世界思想社   2012年12月   ISBN:978-4-7907-1578-8
不道徳な女性の出現 独仏英米の比較文化
今村武、小野寺玲子、内堀奈保子 (担当:共著, 範囲:95-166)
南窓社   2011年3月   ISBN:978-4-8165-0388-7
18世紀から19世紀にかけて、主にヨーロッパ、そしてアメリカで、近代市民社会の成立と共にかつてなく厳しい道徳観念が出現する。それを最も顕著に映し出すのが女性たちだった。その女性の表象について、18世紀ドイツ文学、19世紀フランス文学、イギリスヴィクトリア朝絵画、18世紀末アメリカ文学の研究者により行われた、共同研究(サントリー文化財団2009年度研究助成対象)の成果である。

講演・口頭発表等

 
シンポジウム「結婚という制度」「19世紀フランス文学に見る結婚制度―フロベール『ボヴァリー夫人』(1857)を中心に―」
国際文化表現学会 第14回研究発表会   2018年5月12日   国際文化表現学会
ラクロ『危険な関係』における「聖性」
橋本由紀子
平成28年度国際文化表現学会東京研究会   2016年12月3日   国際文化表現学会
ドイツ語・フランス語複言語教育の実践報告
第8回NU-CEFR研究会「複言語教育のスタンダードと実践の現状を考える」   2016年3月1日   NU-CEFR研究会
『アベラールとエロイーズ』における愛―情欲と信仰―
国際文化表現学会第11回全国大会   2015年5月9日   国際文化表現学会
フロベールと〈聖〉なるもの―『三つの物語』を中心に―
日本フローベール研究会(日本フランス語フランス文学会2013年春季大会)   2013年6月1日   

その他

 
「複言語同時履修者の学習効果に関する考察」
『比較文学辞典』
2015年9月
『アベラールとエロイーズ』に見る「愛のことば」-フランス文学における愛・情欲・信仰―