橋本 尚詞

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/27 19:20
 
アバター
研究者氏名
橋本 尚詞
 
ハシモト ヒサシ
所属
東京慈恵会医科大学
部署
医学部 医学科 解剖学講座
職名
教授
学位
博士(医学)(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2009年6月
 - 
現在
東京慈恵会医科大学 解剖学講座 教授
 
2008年4月
 - 
2009年5月
東京慈恵会医科大学 解剖学講座 准教授
 
1999年1月
 - 
2008年3月
東京慈恵会医科大学 解剖学講座第2 助教授
 
1990年
 - 
1998年
東京慈恵会医科大学 解剖学講座第2 講師
 
1988年
 - 
1990年
京都大学医学部 第3解剖学教室 講師
 
1986年
 - 
1988年
京都大学医学部 第3解剖学教室 助手
 

学歴

 
 
 - 
1985年
京都大学 医学研究科 生理系
 
 
 - 
1981年
東京医科歯科大学 歯学部 歯学科
 

論文

 
Hashimoto H, Kawabe T, Fukuda T, Kusakabe M
Neuro-degenerative diseases   17(4-5) 181-198   2017年   [査読有り]
Mesenchymal stem cells (MSCs) of BALB/cA have more protected effect against the inflammation of dextran sulfate sodium (DSS) induced colitis than those of C57BL
Hoshino Atsushi, Hashimoto Hisashi, Arihiro Seiji, Ozaki Hiroshi, Saruta Masayuki, Kusakabe Moriaki
JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY   31 142-143   2016年11月   [査読有り]
Saijo H, Tatsumi N, Arihiro S, Kato T, Okabe M, Tajiri H, Hashimoto H
Laboratory investigation; a journal of technical methods and pathology   95(7) 728-748   2015年7月   [査読有り]
Tenascin-C Mediates the Suppressive Effects on Inflammation by the Mesenchymal Stem Cell in Dextran Sulfate Sodium Induced Colitis
Hoshino Atsushi, Hashimoto Hisashi, Arihiro Seiji, Ozaki Hiroshi, Hori Masatoshi, Tajiri Hisao, Kusakabe Moriaki
GASTROENTEROLOGY   148(4) S547   2015年4月   [査読有り]
Tanaka K, Hashimoto H, Ohki T
International surgery   100(2) 240-243   2015年2月   [査読有り]
Ishikawa M, Tachibana T, Hashimoto H, Toyomura J, Ito T, Tsuboi K, Shibuya K, Hirose T, Minami S, Yoshino G
Human cell   27(3) 111-120   2014年7月   [査読有り]
Photodynamic Diagnosis of Colitis-associated Dysplasia in a Mouse Model After Oral Administration of 5-Aminolevulinic Acid
Komoike Nobuhiko, Kato Tomohiro, Saijo Hiroki, Arihiro Seiji, Hashimoto Hisashi, Okabe Masataka, Ito Masaki, Koido Shigeo, Homma Sadamu, Tajiri Hisao
IN VIVO   27(6) 747-753   2013年11月   [査読有り]
Ishikawa M, Tachibana T, Yoshino G, Hashimoto H, Tanaka T
Human cell   23(4) 164-172   2010年11月   [査読有り]
Ishikawa M, Kimura K, Tachibana T, Hashimoto H, Shimojo M, Ueshiba H, Tsuboi K, Shibuya K, Yoshino G
Human cell   23(2) 58-64   2010年5月   [査読有り]
Kusakabe Moriaki, Tachibana Toshiaki, Tanzawa Miki, Kawabe Tomonori, Zavaleta-Ahane Jorge E., Fukuda Takahiro, Hashimoto Hisashi
NEUROSCIENCE RESEARCH   68 E431   2010年   [査読有り]
Kusakabe Moriaki, Tachibana Toshiaki, Tanzawa Miki, Wakana Yukari, Kawabe Tomonori, Zavaleta-Ahane Jorge, Fukuda Takahiro, Hashimoto Hisashi
NEUROSCIENCE RESEARCH   65 S128   2009年   [査読有り]
Tabei I, Nishiyama S, Yamashita S, Hashimoto H, Tachibana T, Uchida K, Ishikawa H
Human cell   21(4) 105-112   2008年11月   [査読有り]
Tanaka K, Hashimoto H, Tachibana T, Ishikawa H, Ohki T
Pediatric surgery international   24(7) 837-842   2008年7月   [査読有り]
脳血管系の三次元的観察技法.
橋本尚詞,石川 博,日下部守昭.
顕微鏡.   43 229-233   2008年
A novel animal model for spinocerebellar degeneration
Kusakabe Moriaki, Koshihara Kazuki, Sasaki Yutaka, Noda Yasutaks, Ryuzaki Fumiya, Kawabe Tomonori, Zavaleta-Ahane Jorge, Tsubone Hirokazu, Hokao Ryoji, Fukuda Takahiro, Hashimoto Hisashi
NEUROSCIENCE RESEARCH   61 S210   2008年   [査読有り]
Ninomiya K, Ohi S, Tabei I, Jin S, Tachibana T, Yamashita S, Yanaga K, Hashimoto H
Human cell   20(3) 85-90   2007年8月   [査読有り]
Ohi S, Takahashi N, Hashimoto H, Tachibana T, Hirabayashi T, Sugiyama K, Yanaga K, Ishikawa H
Human cell   20(2) 52-61   2007年5月   [査読有り]
Ohi S, Takahashi N, Ninomiya K, Nakajima M, Hashimoto H, Tachibana T, Yanaga K, Ishikawa H
Human cell   20(1) 15-22   2007年2月   [査読有り]
抗がん剤耐性特異的遺伝子の探索 シスプラチン耐性特異的遺伝子の発現はシスプラチンによって上昇する
日下部守昭, 青塚聡,佐々木直一,井上循,松葉恭一,橋本尚詞ほか.
乳癌基礎研究   16 51-57   2007年
Ohi S, Kyoda S, Tabei I, Ninomiya K, Sugiyama K, Hashimoto H, Tachibana T, Ishikawa H
Human cell   19(4) 126-132   2006年11月   [査読有り]
Proliferation and tube formation of periodontal endothelial cells.
Sato E, Hashimoto H, Kamoi H, Tachibana T, Ishikawa H, Kamoi K
Human cell   18(2) 83-91   2005年6月   [査読有り]
Establishment and characterization of a human malignant choroids plexus papilloma cell line (HIBCPP).
Ishiwata I, Ishiwata C, Ishiwata E, Sato Y, Kiguchi K, Tachibana T, Hashimoto H, Ishikawa H
Human cell   18(1) 67-72   2005年3月   [査読有り]
Establishment and characterization of EB virus-free normal B-lymphocyte and interleukin-6-producing poorly differentiated adenocarcinoma cell lines derived from gastric tumor tissue.
Ohi S, Hashimoto H, Tachibana T, Tabei I, Nakajima M, Sato K, Yanaga K, Ishikawa H
Human cell   18(1) 35-44   2005年3月   [査読有り]
Establishment and characterization of a human ovarian small cell carcinoma, hypercalcemic type, cell line (OS-1) secreting PTH, PthrP and ACTH--special reference to the susceptibility of anti-cancer drugs.
Ohi S, Niimi S, Okada N, Yamada K, Tachibana T, Hashimoto H, Nakajima M, Yasuda M, Tanaka T, Sato K, Ishikawa H
Human cell   17(4) 203-209   2004年12月   [査読有り]
Establishment and characterization of a nerve cell line (NC-HIMT) from HIMT cells derived from a human ovarian immature teratoma with special reference to the induction of neuron differentiation by retinoic acid.
Yokose T, Hashimoto H, Tachibana T, Ohi S, Kuroda Y, Sato K, Yasuda M
Human cell   17(1) 59-66   2004年3月   [査読有り]
New method for forming large embryoid bodies using the wall of the culture dish along with an analysis of their structural characteristics.
Yamamoto M, Hashimoto H, Tachibana T, Ohi S, Akahori M, Yokose T, Ishiwata I, Ishikawa H
Human cell   17(1) 49-57   2004年3月   [査読有り]
Establishment and characterization of a human gestational choriocarcinoma cell line (HOCC).
Ishiwata I, Ishiwata C, Tsuiki A, Kiguchi K, Hashimoto H, Ishikawa H
Human cell   17(1) 33-41   2004年3月   [査読有り]
Tanaka K, Hiraiwa N, Hashimoto H, Yamazaki Y, Kusakabe M
International journal of cancer   108(1) 31-40   2004年1月   [査読有り]
乳癌組織における遺伝子発現プロフィール解析:大量処理 In situ hybridizationによる試み.
日下部守昭,井上循,青塚聡,田部井功,橋本尚詞,久保宏隆ほか.
乳癌基礎研究   13 67-71   2004年
The differentiation of early embryonic stem cells into adipocytes-like cells.
Yamamoto M, Tachibana T, Hashimoto H, Ishiwata I, Ishikawa H
Human cell   16(3) 117-122   2003年9月   [査読有り]
New approach for the establishment of an hepatocyte cell line derived from rat early embryonic stem cells.
Tabei I, Hashimoto H, Ishiwata I, Tokieda Y, Tachibana T, Akahori M, Kyouda S, Kubo H, Yanaga K, Yamazaki Y, Takahashi S, Sato K, Ishikawa H
Human cell   16(1) 39-46   2003年3月   [査読有り]
Establishment and characterization of two squamous cell carcinoma cell lines (HYVC and HMVC) derived from vulva.
Kiguchi K, Ishiwata I, Ishiwata C, Iwata M, Ishizuka B, Yoshikawa H, Tachibana T, Hashimoto H, Ishikawa H
Human cell   15(4) 207-214   2002年12月   [査読有り]
Establishment and characterization of a lymphoepithelial-like carcinoma cell line (HUUCLEC) derived from the human uterine cervix.
Kiguchi K, Ishiwata I, Tokieda Y, Iguchi M, Ishiwata C, Iwata M, Ishizuka B, Yoshikawa H, Tachibana T, Hashimoto H, Ishikawa H
Human cell   15(2) 97-102   2002年6月   [査読有り]
蛍光標識した腫瘍細胞を用いた腫瘍細胞と宿主間質組織との相互作用の新しい観察法.
田中圭一郎,橋本尚詞,石川博,山崎洋次,日下部守昭.
乳癌基礎研究   11 37-39   2002年
マウス胚の発育に及ぼす胎児成長因子の影響.
時枝由布子,石渡 勇,石渡千恵子,岡根夏美,井口めぐみ,木口一成,(橋本尚詞)ほか.
日受精着床会誌   17 205-207   2000年
In Vitroにおけるマウス胚の器官形成に及ぼす胎児成長因子の影響.
石渡 勇,時枝由布子,石渡千恵子,岡根夏美,井口めぐみ,木口一成,(橋本尚詞)ほか.
日受精着床会誌   17 208-210   2000年
In Vitro静置培養におけるマウス胎仔の発育様式.
石渡 勇,時枝由布子,石渡千恵子,岡根夏美,井口めぐみ,木口一成,(橋本尚詞)ほか.
日受精着床会誌   17 202-204   2000年
江連雅孝,稲田全規,橋本尚詞,石川 博,河村 博,鴨井久一.
日歯周病会誌   41 371-379   1999年
マウス胚の発育に及ぼすヒト子宮頚部扁平上皮癌細胞株およびEGFの影響.
時枝由布子,石渡 勇,石渡千恵子,岡根夏美,木口一成,橋本尚詞ほか.
日受精着床会誌   16 136-138   1999年
手塚健二,稲田全規,橋本尚詞,小川智久,江連雅孝,佐藤悦子ほか.
日歯周病会誌   41 201-209   1999年
着床前マウス胚が産生するサイトカイン.
石渡 勇,時枝由布子,井口めぐみ,石渡千恵子,岡根夏美,橋本尚詞ほか.
日受精着床会誌   16 103-105   1999年
Dev Dynamics   212 157-166   1998年   [査読有り]
Anat Rec   250 488-492   1998年   [査読有り]
Microvasc Res   55 179-183   1998年   [査読有り]
Three-dimensional distribution of extracellular matrix in the mouse small intestinal villi. -Laminin and Tenascin-
Connect Tiss Res   36 63-71   1997年   [査読有り]
胎仔・胎盤発育に及ぼす成長ホルモンの作用−Spontaneous dwarf ratを用いた検討−.
武田智子,橋本尚詞.
日産婦誌   46 581-587   1994年
【責任著者】
Jpn Heart J   31 881-888   1990年   [査読有り]
プロラクチンの精子に対する生物学的作用について.
森 千里,橋本尚詞,星野一正,福田愛作,野田洋一,森 崇英.
日受精着床会誌   6 75-78   1989年
Fluorescence microscopy of nuclear DNA in oocytes and zygotes during in vitro fertilization and development of early embryo in mice.
Biol Reproduct   39 737-742   1988年   [査読有り]
Acta histochem cytochem   21 143-148   1988年   [査読有り]
Acta histochem cytochem   21 125-136   1988年   [査読有り]
精管精管吻合術における閉鎖孔バイパス術:死体解剖での検討.
松田公志,野々村光生,岡本圭生,吉田 修,橋本尚詞,星野一正ほか.
泌尿紀要   34 648-651   1988年
下垂体培養液及びマウスプロラクチンのマウス精子に対する影響.
森 千里,橋本尚詞,星野一正,福田愛作,野田洋一,森 崇英.
日受精着床会誌   5 74-77   1988年
下垂体移植による高プロラクチン血症の精子形成及び精子の受精能力に対する影響.
森 千里,橋本尚詞,星野一正,福田愛作,野田洋一,森 崇英.
日受精着床会誌   4 171-173   1987年
マウスプロラクチンのマウス配偶子および胚発生におよぼす影響.
福田愛作,野田洋一,森 崇英,森 千里,橋本尚詞,星野一正.
哺卵研誌   4 105-107   1987年
Ito T, Ohi S, Tachibana T, Takahara M, Hirabayashi T, Ishikawa H(Nihon Dental Univ), Kusakabe M(Tokyo Univ), Hashimoto H.
The anatomical record. Part A, Discoveries in molecular, cellular, and evolutionary biology   291(1) 65-73
Hashimoto H, Kusakabe M(Tokyo Univ.), Ishikawa H(Nihon Dental Univ).
Microscopy research and technique   71(1) 51-9

Misc

 
西條広起, 岡部正隆, 橋本尚詞
日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集   123rd 177   2018年
BALB/cA由来の間葉系幹細胞(MSCs)は、C57BL由来MSCsよりもDSS誘発性腸炎モデルにおいて抗炎症効果を有する
星野 優, 橋本 尚詞, 有廣 誠二, 猿田 雅之, 日下部 守昭
日本消化器病学会雑誌   114(臨増大会) A727-A727   2017年9月
田中圭一朗, 橋本尚詞, 秋葉直志, 大木隆生
日本外科学会定期学術集会(Web)   117th ROMBUNNO.PS‐037‐8 (WEB ONLY)   2017年
【次のステップへ弾みをつける! おさらい解剖生理】
橋本 尚詞
クリニカルスタディ   36(3) 133-147   2015年3月
星野優, 橋本尚詞, 有廣誠二, 日下部守昭
再生医療   14 201   2015年2月
稲垣純奈, 橋本尚詞, 岡部正隆, 辰巳徳史
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   37th 1P-0578 (WEB ONLY)   2014年
田中圭一朗, 橋本尚詞, 大木隆生
日本小児外科学会雑誌   49(3) 847   2013年5月
田中圭一朗, 橋本尚詞, 大木隆生
日本外科学会雑誌   114 1040   2013年3月
橋本尚詞, 立花利公, 日下部守昭
東京慈恵会医科大学雑誌   127(6) 239-240   2012年11月
【「なぜ?」から学ぶ人体の仕組みと働き】
橋本 尚詞
看護学生   59(3) 8-19   2011年6月
【「なぜ?」から学ぶ人体の仕組みと働き】
橋本 尚詞
看護学生   59(2) 8-19   2011年5月
抗テネイシン-C抗体による癌組織と周囲間質境界領域を識別するバイオイメージング
日下部 守昭, 橋本 尚詞
乳癌基礎研究   20 55-60   2011年4月
西條広起, 橋本尚詞, 岡部正隆, 有廣誠二, 加藤智弘, 田尻久雄
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   34th 4P-0424 (WEB ONLY)   2011年
小出裕一郎, 浦野泰照, 花岡健二郎, 寺井琢也, 日下部守昭, 大川清, 橋本尚詞, 長野哲雄
日本分析化学会年会講演要旨集   59th 348   2010年9月
後根神経に重度な神経変性を持つ新規運動失調マウス(Novel ataxia mouse with heavy neuropathological changes in the dorsal root ganglion neurons)
日下部 守昭, 立花 利公, 丹澤 美貴, 河邊 友範, Zavaleta-Ahane Jorge E., 福田 隆浩, 橋本 尚詞
神経化学   49(2-3) 762-762   2010年8月
近赤外蛍光標識抗テネイシンC抗体を用いた腫瘍の生体イメージング(Movel in vivo imaging of malignant tumor using an infrared fluorescent-labeled anti-tenascin-C antibody)
日下部 守昭, 大川 清, 井上 循, 橋本 尚詞
日本癌学会総会記事   69回 520-520   2010年8月
小出裕一郎, 小出裕一郎, 浦野泰照, 花岡健二郎, 寺井琢也, 日下部守昭, 大川清, 橋本尚詞, 長野哲雄
バイオメディカル分析科学シンポジウム講演要旨集   23rd 156-157   2010年7月
石川真由美, 橋本尚詞, 立花利公, 上芝元, 坪井久美子, 田中敏章, 芳野原
日本内分泌学会雑誌   86(1) 101   2010年3月
卵巣腫瘍に対する抗テネイシン抗体及び抗がん剤併用療法の相乗効果の検討(A possible ovarian cancer synergistic combination therapy using an anti-tenascin-C antibody and an anti-cancer drug)
日下部 守昭, 井上 循, 石川 博, 橋本 尚詞
日本癌学会総会記事   68回 297-298   2009年8月
田部井功, 中原貴, 石渡勇, 石田祐一, 橋本尚詞, 立花利公, 大山晃弘, 矢永勝彦, 石川博
日本再生歯科医学会誌   6(1) 63   2008年12月
那須優則, 中原貴, 井出吉昭, 立花利公, 橋本尚詞, 岩永健裕, 土屋秀治, 石川博
日本再生歯科医学会誌   6(1) 66   2008年12月
ヒト羊膜由来組織幹細胞の肝組織への分化とその移植、そして機能評価
田部井 功, 中原 貴, 石渡 勇, 石田 祐一, 橋本 尚詞, 立花 利公, 大山 晃弘, 矢永 勝彦, 石川 博
日本再生歯科医学会誌   6(1) 63-63   2008年12月
ミニブタ胎児の歯胚由来血管内皮細胞の生物学的特徴
那須 優則, 中原 貴, 井出 吉昭, 立花 利公, 橋本 尚詞, 岩永 健裕, 土屋 秀治, 石川 博
日本再生歯科医学会誌   6(1) 66-66   2008年12月
橋本尚詞, 石川博, 日下部守昭
顕微鏡   43(3) 229-233   2008年9月
田部井功, 中原貴, 大山晃弘, 橋本尚詞, 立花利公, 石渡勇, 石田祐一, 矢永勝彦, 大木隆生, 石川博
日本外科学会雑誌   109 264   2008年4月
那須優則, 中原貴, 岩永健裕, 井出吉昭, 橋本尚詞, 立花利公, 石川博
再生医療   7 206   2008年2月
ヒト羊膜幹(未分化)細胞の肝細胞への分化と肝不全ラットへの移植によるその機能評価
田部井 功, 中原 貴, 大山 晃弘, 橋本 尚詞, 立花 利公, 石渡 勇, 石田 祐一, 矢永 勝彦, 石川 博
日本ヒト細胞学会学術集会プログラム・抄録   25回 43-43   2007年8月
【これでわかる!食べるしくみと働き】 【これでわかる!食べるしくみと働き】
橋本 尚詞
看護学生   55(3) 5-15   2007年6月
石川真由美, 橋本尚詞, 立花利公, 大井聡, 上芝元, 坪井久美子, 田中敏章, 芳野原
日本内分泌学会雑誌   83(1) 124   2007年4月
抗がん剤耐性特異的遺伝子の探索 シスプラチン耐性特異的遺伝子の発現はシスプラチンによって上昇する
日下部 守昭, 青塚 聡, 佐々木 直一, 井上 循, 松葉 恭一, 橋本 尚詞, 礒西 成治, 安田 允, 石川 博
乳癌基礎研究   16 51-57   2007年4月
同一な遺伝背景を有するシスプラチン(Cp)感受性と耐性卵巣癌細胞およびそれらの移植腫瘍における遺伝子発現をHiCEP法によって網羅的に解析した。さらに、培養系および移植腫瘍系によって、これらの遺伝子のCpに対する反応についても検討した。培養細胞からは、51個の耐性特異的遺伝子を抽出し、Cpに反応して発現が上昇したものは31個、下降したのは13個であった。腫瘍組織からは、78個の耐性特異遺伝子を抽出し、Cpによって上昇は11個で、47個は下降した。また、細胞と組織に共通して発現した遺伝子は6...
田中圭一朗, 橋本尚詞, 立花利公, 桑島成央, 芦塚修一, 吉澤穣治, 石川博, 大木隆生
日本外科学会雑誌   108 695   2007年3月
橋本尚詞, 日下部守昭, 石川博
東京慈恵会医科大学雑誌   121(6) 264   2006年11月
水野貴誠, 大井聡, 立花利公, 橋本尚詞, 伊藤政之, 野本たかと, 梅澤幸司, 中川真人, 小林俊介, 石川博, 妻鹿純一
障害者歯科   27(3) 412   2006年9月
ラットEarly ES(REES)細胞から唾液腺様組織への分化 間葉系組織のはたらき
水野 貴誠, 大井 聡, 立花 利公, 橋本 尚詞, 伊藤 政之, 野本 たかと, 梅澤 幸司, 中川 真人, 小林 俊介, 石川 博, 妻鹿 純一
障害者歯科   27(3) 412-412   2006年9月
日下部守昭, 橋本尚詞, 磯西成治, 井上循, 松葉恭一, 安田允, 石川博
日本癌学会学術総会記事   65th 484   2006年8月
田部井功, 大井聡, 京田茂也, 石田祐一, 立花利公, 橋本尚詞, 石渡勇, 久保宏隆, 矢永勝彦, 石川博
外科と代謝・栄養   40(3) 130   2006年6月
田中圭一朗, 橋本尚詞, 立花利公, 桑島成央, 芦塚修一, 吉澤穣治, 石川博, 矢永勝彦
日本小児外科学会雑誌   42(3) 413   2006年5月
Q&Aでわかる専門基礎科目100
橋本 尚詞, 大久保 岩男, 賀佐 伸省, 前田 利長, 上山 久雄, 下村 龍一, 水谷 泰嘉, 塩竃 和也, 鴨志田 伸吾, 鈴木 舞, 大西 山大, 稲田 健一, 堤 寛, 太田 隆文, 砂金 信義, 青山 隆夫, 海保 房夫, 嶋田 修治, 辻 明良, 松田 早苗
クリニカルスタディ   27(6) 5-105   2006年5月
石川真由美, 坪井久美子, 大井聡, 立花利公, 上芝元, 橋本尚詞, 芳野原
日本内分泌学会雑誌   82(1) 101   2006年4月
鈴木永純, 安田允, 西井寛, いそ西成治, 橋本尚詞, 立花利公, 大井聡, 石川博, 田中忠夫
日本癌学会学術総会記事   64th 290   2005年8月
田部井功, 橋本尚詞, 石渡勇, 大井聡, 京田茂也, 石田祐一, 立花利公, 久保宏隆, 佐藤嘉兵, 矢永勝彦, 石川博
外科と代謝・栄養   39(1) 57   2005年6月
田部井功, 石渡勇, 大井聡, 伊藤隆介, 京田茂也, 孫敬沫, 立花利公, 橋本尚詞, 佐藤嘉兵
日本外科学会雑誌   106 171   2005年4月
岸陽子, 栗原邦弘, 橋本尚詞
日本手の外科学会雑誌   22(1) S151   2005年3月
胚性幹細胞(ES細胞)と器官形成 ラットearly ES(ES)細胞由来の肝細胞株の樹立とその移植,ハイブリッド型バイオ人工肝臓の作成とその機能評価
橋本 尚詞, 立花 利公, 大井 聡, 田部井 功, 矢永 勝彦, 石川 博
解剖学雑誌   80(Suppl.) 70-70   2005年3月
田部井功, 石渡勇, 黒田勇二, 大井聡, 立花利公, 中島晶子, 二宮幸三, 矢永勝彦, 橋本尚詞
再生医療   4 228   2005年2月
佐藤悦子, 本山聖子, 立花利公, 橋本尚詞, 石川博, 鴨井久一
日本歯周病学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   47th 88   2004年9月
本山聖子, 橋本尚詞, 立花利公, 佐藤悦子, 石川博, 鴨井久一
日本歯周病学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   47th 157   2004年9月
溶存酸素測定法によるシスプラチン感受性および耐性卵巣腫瘍の遺伝子発現に与える環境因子の影響に関する研究
日下部 守昭, 橋本 尚詞, 青塚 聡, 井上 多佳子, 井上 循, 松葉 恭一, 田部井 功, 木村 英三, 安田 允, 石川 博
日本癌学会総会記事   63回 251-251   2004年9月
培養のよるヒト羊膜芽細胞の硬組織細胞への分化誘導 再生医療をめざして
佐藤 悦子, 本山 聖子, 立花 利公, 橋本 尚詞, 石川 博, 鴨井 久一
日本歯周病学会会誌   46(秋季特別) 88-88   2004年9月
ヒト歯根膜細胞から骨芽細胞への初期胎盤を用いた分化・誘導
本山 聖子, 橋本 尚詞, 立花 利公, 佐藤 悦子, 石川 博, 鴨井 久一
日本歯周病学会会誌   46(秋季特別) 157-157   2004年9月

書籍等出版物

 
橋本 尚詞, 鯉淵 典之 (担当:共著)
メヂカルフレンド社   2017年12月   ISBN:4839233179
Schünke Michael, Schulte Erik, Schumacher Udo, 青山 裕彦, 伊藤 正裕, 大塚 愛二, 大谷 修, 大谷 裕子, 坂井 建雄, 菅沼 龍夫, 仙波 恵美子, 橋本 尚詞, 依藤 宏
医学書院   2015年   ISBN:9784260014113
坂井 建雄, 橋本 尚詞 (担当:共著)
成美堂出版   2010年3月   ISBN:9784415306193
橋本 尚詞
メヂカルフレンド社   2013年11月   ISBN:4839222363
橋本尚詞(東京慈恵医科大学解剖学講座教授)
メヂカルフレンド社   2012年11月   ISBN:4839222223
Techniques in confocal microscopy (ed. by P. Michael Conn)
橋本 尚詞 (担当:分担執筆, 範囲:Preparation of whole mount and thick sections for confocal microscopy.)
Elsevier Inc   2010年   
Methods in Enzymology vol. 307 "Confocal Microscopy"
Hashimoto H, Ishikawa H, Kusakabe M.
1999年   
Wheeler R. Haines, A. Mohiuddin (担当:共訳)
ユリシス・出版部   1994年4月   ISBN:489696201X
成美堂出版   2011年6月   ISBN:4415310141
石川 博, 増田 允, 橋本 尚詞 (担当:共著)
メヂカルフレンド社   2008年11月   ISBN:4839214816
Mader Sylvia S., 坂井 建雄, 岡田 隆夫, 橋本 尚詞, 小林 靖, 渡邊 卓, 貞森 直樹, 中谷 敬
医学書院   2005年   ISBN:9784260001564
橋本 尚詞, 坂井 建雄, 馬場 悠男
読売新聞社   1996年   
細胞外基質(共著)
新しい顕微鏡《第2巻》共焦点レーザー顕微鏡の医学・生物学への応用、学際企画   1995年   
精子、卵子ができるまで受精とその後の発生
臨床医のための医学発生学、診断と治療社   1994年   
新しい顕微鏡をどう使うか -間質分子の立体観察-
組織細胞化学1993、学際企画   1993年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
小腸絨毛の形成に関する研究
研究期間: 1992年   
共焦点レーザー顕微鏡による血管網の三次元的解析
研究期間: 1995年   
大腸の組織構築に関する研究
研究期間: 1998年