OHKUBO Takuya

J-GLOBAL         Last updated: Apr 2, 2019 at 02:43
 
Avatar
Name
OHKUBO Takuya
E-mail
ohkubo.takuyanihon-u.ac.jp
Affiliation
Nihon University
Section
College of Law, Department of Law
Job title
Professor
Research funding number
90333103

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2000
 - 
Mar 2003
Research Assistant (Full-Time), College of Law, Nihon University
 
Apr 2003
 - 
Mar 2006
Lecturer (Full-Time), College of Law, Nihon University
 
Apr 2006
 - 
Mar 2007
Associate Professor, College of Law, Nihon University
 
Apr 2007
 - 
Mar 2013
Associate Professor, College of Law, Nihon University
 
Apr 2013
   
 
Professor, College of Law, Nihon University
 

Education

 
 
 - 
1995
Division of Law, Faculty of Laws, Daito Bunka University
 
 
 - 
2000
Commercial Law; Company Law, Graduate School, Division of Law, Nihon University
 

Published Papers

 
監査等委員会設置会社の導入と社外取締役の活用
Takuya Ohkubo
鳥山恭一=中村信男=高田晴仁編『現代商事法の諸問題-岸田雅雄先生古稀記念論文集-』   129-147   Jul 2016   [Invited]
The Role of Non-Executive Directors in English Listed Companies
Takuya Ohkubo
Hogaku Shimpo   122(9・10) 83-107   Mar 2016   [Refereed][Invited]
全部取得条項付種類株式の利用によるスクイズアウトに係る株主総会決議が取り消された事例(アムスク株主総会決議取消請求事件)(東京地判方裁判所平成26年4月17日判決・LEX/DB文献番号25503895
新・判例解説編集委員会編『新・判例解説Watch 第16巻(2015年4月)』法学セミナー増刊(日本評論社)   8 123-126   Apr 2015
Independency and Supervisory Functions of Non-Executive Directors in English Listed Companies
Takuya Ohkubo
Nihon Hogaku   80(3) 493-523   Jan 2015   [Refereed][Invited]
全員出席総会において株主総会決議不存在確認請求が認められた事例(東京地判平成23年1月26日・判タ1361号218頁、資料版商事324号70頁)〔松嶋隆弘=金光寛之監修「民商事の重要判例 第7回」〕
税経通信   67(14) 197-202   Nov 2012

Misc

 
会社法改正をめぐる論点(第3回) 取締役の報酬に関する規制の見直し
大久保拓也
税理   62(3) 88-97   Mar 2019   [Refereed][Invited]
演習教室 商法
大久保拓也
受験新報   69(3) 61-65   Feb 2019   [Invited]
「正当な理由」のない代表取締役社長の解任と損害賠償請求
大久保拓也
税務事例   51(1) 91-97   Jan 2019   [Refereed][Invited]
演習教室 商法
大久保拓也
受験新報   69(1) 56-60   Dec 2018   [Invited]
消滅時効制度の改正と取締役の責任-平成29年民法(債権関係)改正の影響-
大久保拓也
ディスクロージャー&IR   (7) 55-60   Nov 2018   [Invited]

Books etc

 
資金決済法の理論と実務
丸橋透=松嶋隆弘編著 (Part:Joint Work, 「第1編 理論編」「第2章 前払式支払手段の概要」「Ⅸ 監督に関する規制」、「第3章 資金移動の概要」「Ⅱ 資金移動業者」)
株式会社勁草書房   Feb 2019   
159~175頁(「第1編 理論編」「第2章 前払式支払手段の概要」「Ⅸ 監督に関する規制」)、202~216頁(「第1編 理論編」「第3章 資金移動の概要」「Ⅱ 資金移動業者」)を執筆担当。
法務と税務のプロのための改正相続法徹底ガイド
松嶋隆弘編著 (Part:Joint Work, 「第8篇 相続法改正の影響」「第15章 相続法改正と事業承継」)
株式会社ぎょうせい   Sep 2018   
「第8篇 相続法改正の影響」「第15章 相続法改正と事業承継」(172~187頁)を執筆担当
相続法改正のポイントと実務への影響
山川一陽=松嶋隆弘編著 (Part:Joint Work, 「第3章 新法が影響を及ぼす相続法上の重要論点」「4.相続法改正と事業承継」)
日本加除出版株式会社   May 2018   
「第3章 新法が影響を及ぼす相続法上の重要論点」「4.相続法改正と事業承継」(272~286頁)を執筆担当
会社非訟事件の実務
上田純子=松嶋隆弘編 (Part:Joint Work, 「第2編 株式、社債に関する会社非訟事件」「第1章 「取引所の相場がない株式」の価格の算定」「1.株式の譲渡制限と譲渡承認の手続」)
三協法規出版株式会社   Apr 2017   
「第2編 株式、社債に関する会社非訟事件」「第1章 「取引所の相場がない株式」の価格の算定」「1.株式の譲渡制限と譲渡承認の手続」(12~21頁)を執筆担当
論文演習会社法 下巻
上田純子=松嶋隆弘編 (Part:Joint Work, 「第6章 機関3:役員の義務、責任 Ⅶ 報酬」、「第7章 監査 Ⅰ 監査役、監査役会」)
勁草書房   Feb 2017   
「第6章 機関3:役員の義務、責任 Ⅶ 報酬」、「第7章 監査 Ⅰ 監査役、監査役会」を執筆担当

Conference Activities & Talks

 
家族の機能の衰退と超高齢社会
大久保拓也、岡田順太、廣瀬真理子、山中伸美、金光寛之、吉田夏彦、漆畑貴久
The Japanese Association of Law and Political Science   18 Jun 2016   
シンポジウム  14:00~17:30テーマ:家族の機能の衰退と超高齢社会企画趣旨説明:日本大学 大久保拓也・白鴎大学 岡田順太第1報告 社会保障の視点から(東海大学 廣瀬真理子)第2報告 母性看護学の視点から(日本大学医学部附属板橋病院産科病棟看護師長補佐 山中伸美)第3報告 財産管理の視点から(高崎経済大学 金光寛之)第4報告 中小企業の事業承継の視点から(大阪国際大学 吉田夏彦)第5報告 社会形成・犯罪防止の視点から(大阪経済法科大学 漆畑貴久)総括コメント (コメンテーター 日本大...
Takuya Ohkubo
Japan Society of Comparative Law   6 Jun 2015   
比較法学会第78回総会 英米法部会(第2報告 10時00分~10時55分)
New Regulation of Directors' Remuneration on Quoted Companies in England
大久保拓也
The Japanese Association of Law and Political Science   30 Nov 2004   

Research Grants & Projects

 
大災害における被害者救済システム構築~原子力災害に関する法制を素材として~
独立行政法人日本学術振興会: 
Project Year: 2017 - 2019    Investigator(s): 松嶋隆弘
研究分担者:金澤大祐、高岸直樹、河合利修、鬼頭俊泰、三明翔、松田真治、喜多義人、大久保拓也、高畑英一郎
現代契約条項の法学・言語学的考察~英文契約書との対比を通して~
独立行政法人日本学術振興会: 
Project Year: 2014 - 2016    Investigator(s): 松嶋隆弘
研究分担者:工藤聡一、大久保拓也、熊木秀行、平裕介、金澤大祐、萬澤陽子
株式会社監査の公監査的再構成
独立行政法人日本学術振興会: 
Project Year: 2014 - 2016    Investigator(s): 池村正道
研究分担者:松嶋隆弘、工藤聡一、大久保拓也、鬼頭俊泰、平裕介、金澤大祐
不良債権処理スキームの会社法学的考察~デット・エクイティ・スワップを中心に~
独立行政法人日本学術振興会: 
Project Year: 2010 - 2012    Investigator(s): 松嶋隆弘
研究分担者:工藤聡一、大久保拓也、鬼頭俊泰