HANYU Kazunori

J-GLOBAL         Last updated: Jan 10, 2020 at 02:50
 
Avatar
Name
HANYU Kazunori
Affiliation
Nihon University
Section
College of Humanities and Sciences, Department of Psychology
Job title
Professor
Degree
Ph. D.
Research funding number
00307787

Research Areas

 
 

Education

 
Apr 1987
 - 
Mar 1989
psychology, Graduate School, Division of Letters, Nihon University
 
Jan 1991
 - 
Dec 1995
Environment-Behavior Research, City and Regional Planning, The Ohio State University
 
 
 - 
1987
心理学, Faculty of Liberal Arts and Science (Humanities), Nihon University
 

Awards & Honors

 
1993
アメリカ心理学会第34部会 1993年度学生論文賞
 

Published Papers

 
大森宏・羽生和紀・山下雅子
日本感性工学会論文誌   16(1) 171-179   2017   [Refereed]
Subjective Social Capital Scale for University Life (SSCS-U) : Validity and Reliability
芳賀道匡・高野慶輔・羽生和紀・坂本真士
教育心理学研究   65(1) 77-90   Mar 2017   [Refereed]
大学生活におけるソーシャル・キャピタルと主観的ウェルビーイングの関連
芳賀 道匡・高野 慶輔・羽生 和紀・西河 正行・坂本 真士
心理学研究   87(3) 273-283   Aug 2016   [Refereed]
パブリックアートが大学キャンパス環境評価に与える影響:ある理工系大学における事例研究
本山友衣・羽生和紀
日本大学心理学研究   30 26-35   2015   [Refereed]
パブリックアートが都市景観の印象に与える影響
本山友衣・羽生和紀
人間・環境学会誌(MERA Journal)   17(2) 1-10   Feb 2015   [Refereed]

Misc

 
学習済みCNNを利用した川越景観写真群と本郷景観写真群のMDS合成
大森宏・羽生和紀・山下雅子
日本建築学会2019年度大会(北陸)学術講演梗概集   533-534   2019
川越SaLoTマップ:スナップショット・属性・位置・テキストによる印象の集合知と街歩きマップ
大森宏・羽生和紀・山下雅子
日本建築学会2015年度大会(関東)学術講演梗概集   1045   Sep 2015
SALoTマップ法による集合知的景観イメージの第三者による再構成 : 他人の感じた印象はどの程度共感されるか
大森宏・羽生和紀・山下雅子
日本行動計量学会大会発表論文抄録集   42 296-299   Sep 2014

Books etc

 
環境心理学―人間と環境の調和のために―第2版
羽生和紀
サイエンス社   Apr 2019   ISBN:978-4-7819-1443-5
環境心理学:シリーズ心理学と仕事17
羽生和紀 (Part:Editor)
北大路書房   Sep 2017   ISBN:978-4762829895
テキスト 司法・犯罪心理学(「地理的プロファイリング担当」)
羽生和紀
北大路書房   Jul 2017   ISBN:978-4762829758
犯罪心理学事典(「環境犯罪学的理論」「環境デザインによる犯罪予防」「割れ窓理論」担当)
羽生和紀
丸善出版   Sep 2016   ISBN:978-4-621-08955-2
Safety and security in transit environments: An interdisciplinary approach (Chapter 15: Perception of disorder and crime, and responses to them in Japanese 'Mega' railway stations.)
V. Ceccata & A. Newton (Eds.) Shibata, S., Hanyu, K., Hata, T.D. & Yamaoka, Y. (Part:Joint Work, 270-288)
Palgrave Macmillan: Hampshire, UK   2015   

Conference Activities & Talks

 
学習済みCNNを利用した川越景観写真群と本郷景観写真群のMDS合成
大森宏・羽生和紀・山下雅子
2019年度日本建築学会(北陸)   5 Sep 2019   日本建築学会
犯罪予測 ―地理的プロファイリングで将来の犯行地を予測する―(シンポジウム2)
渡邊和美・島田貴仁・小林正和・平間一樹・羽生和紀・貞広幸雄
日本犯罪心理学会第57回大会   1 Sep 2019   日本犯罪心理学会
健康と環境の心理学
平田乃美(企画者)・湯川慎太郎(話題提供者)・島崎崇史(話題提供者)・高木大資(話題提供者)・羽生和紀(指定討論者)
日本環境心理学会第12回大会   9 Mar 2019   日本環境心理学会
2次元離散FFTに基づくパワースペクトルを用いた景観写真の分類
羽生和紀・大森先生・山下雅子・島田諭
日本環境心理学会第12回大会   9 Mar 2019   日本環境心理学会
景観写真のフーリエ変換によるパワースペクトル表示を2次的な画像データとして解析し,土地利用による分類を試みた。具体的には,緑地,水辺,住宅地それぞれ5枚ずつの,グレースケール化した景観写真に対する離散的な高速フーリエ変換(FFT)による2次元のパワースペクトル表示を縦横3x3の9分割し,分割されたセルごとに,明度の平均値とSDを算出した。それらを各景観写真の変数(平均が9変数,SDが9変数)として階層的クラスター分析(Ward法)を行った。その結果,すべての景観写真はそれぞれの土地利用とし...
Prediction of the visual similarity between photos using several pre-trained CNNs
Omori, H., K. Hanyu., Yamashita, M., & Shimada, S.
Joint 10th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 19th International Symposium on Advanced Intelligent Systems in conjunction with Intelligent Systems Workshop 2018 (SCIS&ISIS2018 with ISWS2018)   6 Oct 2018   SCIS & ISIS