NOSE Izuru

J-GLOBAL         Last updated: Nov 6, 2018 at 14:58
 
Avatar
Name
NOSE Izuru
Affiliation
Nippon Veterinary and Life Science University
Section
Faculty of Veterinary Science, School of Veterinary Medicine, Laboratory of Comparative Developmental Psychology
Job title
Senior Assistant Professor

Research Areas

 
 

Published Papers

 
The More Attractive, the Less Deceptive? Effects of Female Facial Attractiveness on Perceived Deceptiveness.
Murai, J., Nose, I., Takiguchi, Y.
Psychology   9 529-539   Mar 2018   [Refereed]
日本獣医生命科学大学研究報告(Web)   (65) 18-24   Dec 2016   [Refereed]
近年、イヌの室内飼育率が増加するなど飼い主との関係はより密接になってきた。それに伴い、これまでには見られなかった様々な問題が生じている。その一つとして、飼い主との分離中のイヌの問題行動があげられる。本研究では、不慣れな場所における飼い主との分離中にイヌが示す行動的、生理的反応について検討した。年齢が低いイヌ(7歳未満)は分離中の行動が活発であり、それに伴い分離中の心拍数も増加していた。年齢が高いイヌ(7歳以上)は分離中の行動は活発ではないが、分離後において血圧の上昇が認められた。活発な行動...
柿沼美紀, 畠山仁, 土田あさみ, 野瀬出
日本獣医生命科学大学研究報告(Web)   (64) 13-19   Dec 2015   [Refereed]
チンパンジーの発達に関する研究は横断的なものが多く,また縦断的研究の場合は個体数が限定されており,個体差についての検討は少ない。本研究では多摩動物公園で母に育てられたチンパンジー8 個体の運動発達と認知発達及び社会性の発達を比較し,発達の個体差について検討した。8 個体のうち7 個体は同じ個体を父に持つ。また姉弟,叔母甥関係にあたるペアも含まれる。基本的な飼育状況は均一なため,運動発達(ロープのぶら下がりなど)や認知発達(道具使用など),社会性の発達(他の個体との関わりなど)における差は,...
KAKINUMA MIKI, HATAKEYAMA HITOSHI, TSUCHIDA ASAMI, NOSE IZURU
日本獣医生命科学大学研究報告(CD-ROM)   (62) 68-75   Dec 2013
KAKINUMA MIKI, NONAKA KAORI, NOSE IZURU
動物介在教育・療法学雑誌(Web)   4(1-2) 1-8 (WEB ONLY)-8   Jan 2013
木島 恒一, 山下 雅子, 野瀬 出
北陸学院大学・北陸学院大学短期大学部研究紀要   (6) 109-116   2013
野瀬 出, 松本 浩毅, 柿沼 美紀
日本獣医生命科学大学研究報告   (61) 42-50   Dec 2012
早期離乳により成熟後のラットの不安傾向が増加することが知られている。本研究では,早期離乳に関わる様々な要因の中でも栄養的側面に着目し,早期離乳に伴いn-3不飽和脂肪酸が低下するのか,さらにn-3不飽和脂肪酸を補うことで不安傾向が軽減されるのかについて検討した。対象は63頭のWistar-Imamichiラットであり,通常離乳群(CT群),早期離乳群(EW群),サプリメント群(SP群)の3群から成る。CT群のラットは21日齢,EW群とSP群のラットは15日齢で離乳,さらにSP群のラットには離...
KIJIMA Tsunekazu, NOSE Izuru, YAMASHITA Masako
応用心理学研究 = Japanese journal of applied psychology   38(0) 1-7   Nov 2012
野瀬 出, 梶ヶ谷 恵理, 柿沼 美紀
日本獣医生命科学大学研究報告   (60) 53-57   Dec 2011
Katsuyama N, Usui N, Nose I, Taira M
NeuroImage   54(1) 485-494   Jan 2011   [Refereed]

Conference Activities & Talks

 
Gross motor development changes the mother-child relationship in captive chimpanzees.
137. Kakinuma, M., Hatakeyama, H., Nose, I., Kotani, Y., & Nonaka, M.
28 Aug 2018   
Can eye-tracker be used as a screening device for Autistic Spectrum Disorder?
Kakinuma, M., Takarabe, M., Igarashi, K., Takahashi, M., Nose, I., Uechi, A., Konno, M., Uemura, K., Sakuma, T., Hiratani, M., & Jing, J.
Australia Eye-tracking Conference 2018   26 Apr 2018   
前田采香, 小川彩香, 宇埜友美子, 野瀬出, 柿沼美紀
動物介在教育・療法学雑誌(Web)   31 Mar 2018   
佐藤菜穂, 高橋桃子, 笹川彩, 惠良美津子, 野瀬出, 柿沼美紀, 五十嵐一枝, 上村佳世子, 財部盛久, 上地亜矢子, 紺野道子
日本発達心理学会大会プログラム(CD-ROM)   2018   
柿沼美紀, 財部盛久, 上地亜矢子, 野瀬出, 高橋桃子, 紺野道子, 上村佳世子, 五十嵐一枝
日本発達心理学会大会プログラム(CD-ROM)   2018   

Education

 
 
 - 
2001
Graduate School, Division of Letters, Nihon University
 
 
 - 
1995
Faculty of Liberal Arts and Science (Humanities), Nihon University
 

Research Grants & Projects

 
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2011 - 2013    Investigator(s): Miki KAKINUMA
Children with autistic spectrum disorder (ASD) are known to have communicative difficulties due to neurological deficits, but recent studies show cultural differences in their behavior, suggesting environmental influences over their behavior.In th...
Brain mechanism for emotional processing