MIYACHI Tadayuki

J-GLOBAL         Last updated: Nov 2, 2019 at 02:43
 
Avatar
Name
MIYACHI Tadayuki
E-mail
miyachi.tadayukinihon-u.ac.jp
Affiliation
Nihon University
Section
College of Economics
Job title
Associate Professor
Research funding number
40339354

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2001
 - 
Mar 2008
Research Assistant,College of Humanities and Sciences, Nihon University
 
Apr 2001
 - 
Mar 2002
千葉商科大学商経学部 非常勤講師
 
Apr 2003
 - 
Mar 2008
慶應義塾大学経済学部 非常勤講師
 
Apr 2007
 - 
Mar 2014
東洋大学社会学部 非常勤講師
 
Apr 2008
 - 
Mar 2012
国士舘大学文学部史学地理学科地理・環境専攻 専任講師
 

Education

 
 
 - 
1995
地理学科, Faculty of Liberal Arts and Science (Natural Sciences), Nihon University
 
 
 - 
1997
geography, Graduate School, Division of Science and Engineering, Nihon University
 
 
 - 
2001
geography, Graduate School, Division of Science and Engineering, Nihon University
 

Published Papers

 
大学生と農村住民との農業体験を通した交流活動の意義と課題-「国士舘大学西谷学校」を事例として-
宮地忠幸
経済地理学年報   65(1) 61-82   Mar 2019   [Refereed]
経済地理学から地理教育への貢献
小田宏信・卜部勝彦・竹内裕一・宮地忠幸
経済地理学年報   62(3) 67-76   Sep 2016
日本の農村における地域づくりの新たな潮流
宮地忠幸
国士舘大学人文学   (6) 171-178   Mar 2016
山村農業の変容とその存立要因
宮地忠幸
国士舘人文学   (4) 69-86   Mar 2014   [Refereed]
日本における内発的発展論と農村分野の課題-その系譜と農村地理学分野の実証研究を踏まえて-
中川秀一・宮地忠幸・高柳長直
農村計画学会誌   32(3) 380-383   Dec 2013   [Refereed]

Misc

 
高冷野菜産地の現局面と振興課題―群馬県嬬恋村のキャベツ産地を中心に―
宮地忠幸
農業と経済   84(10) 70-79   Nov 2018   [Invited]
市民とともに歩む都市農業の新展開-東京都の場合-
地図中心   (532) 18-21   Jan 2017   [Invited]
東京都練馬区における農業体験農園の社会的役割-地域の価値を創造する都市農業の胎動-
宮地忠幸
地理   60(7) 24-33   Jun 2015   [Invited]
過疎自治体の地理的分布の変化と「脱過疎化」
高橋理奈子・宮地忠幸
地図中心   (506) 4-7   Nov 2014   [Invited]
十勝地域にみる6次産業化の展開とその意義
宮地忠幸
地理   59(3) 59-69   Feb 2014   [Invited]

Books etc

 
農村を利用する.マイケル・ウッズ著,高柳長直・中川秀一監訳『ルーラル:農村とは何か』
宮地忠幸
農林統計出版   Sep 2018   
産地の新たな担い手:農業法人.経済地理学会編『キーワードで読む経済地理学』
原書房   Jun 2018   
英国スコットランドにおける地域振興事業の性格-ハイランドを中心に-.(中川秀一との共著)小田切徳美・橋口卓也編『内発的農村発展論-理論と実践-』
宮地忠幸・中川秀一 (Part:Joint Work, pp.269-291)
農林統計出版   Mar 2018   
農業立地とその変動,農業地域構造と地域間分業.上野和彦・椿 真智子・中村康子編『地理学概論 第2版』
朝倉書店   Oct 2015   
東京都練馬区の農業体験農園におけるルーラリティの商品化.(菊地俊夫・山本充 との共著)田林 明 編『地域振興としての農村空間の商品化』
農林統計出版   Feb 2015   

Research Grants & Projects

 
現代山村の存立構造とレジリエンス-山村の持続可能性の追究-
Project Year: Apr 2018 - Mar 2022
内発的農村発展戦略に関する日英比較
Project Year: Apr 2012 - Mar 2017
サービス立地論構築に関する基礎的研究-「いのちの重さ」の地域間格差問題との関連で-
Project Year: Apr 2012 - Mar 2015    Investigator(s): 加藤幸治
現代山村における非限界集落の存立基盤に関する研究
Project Year: Apr 2010 - Mar 2013    Investigator(s): 西野寿章

Others

 
Nov 2006
中山間地域振興の論点とその方向性-国際比較からみた政策課題の検討-.芦北町・熊本大学編『中山間地域政策研究フォーラム報告書』29-33頁.
2005
Construction and the highly developed use for a disital archive of the agriculture and forestry industry and the mountainous village area information
2003
パキスタン北部における農村開発の特徴と地域経済の変化-ゴジャール地区を事例として-.平成15・16年度日本大学学術助成金「国際総合」研究成果報告書『「ワヒ民族」の伝統的な社会・経済構造の変容と持続可能メカニズムの研究』64-73頁.
2002
中山間地域における地域資源活用システム構築の可能性に関する研究『平成14年度日本大学文理学部自然科学研究所共同研究報告書』71頁.