KIMURA Masashi

J-GLOBAL         Last updated: May 8, 2019 at 02:48
 
Avatar
Name
KIMURA Masashi
E-mail
kimura.masashinihon-u.ac.jp
Affiliation
Nihon University
Section
College of Art, Department of Design
Job title
Professor
Degree
Master of Fine Art (M.F.A)(Washington State University)
Research funding number
00307886

Profile

日本大学芸術学部卒業後渡米、米国ワシントン州立大学大学院修了後、ナショナル・ジオ・グラフィック社で年間契約イラストレーターを経験。1985年米国スミソニアン協会国立自然人類歴史博物館でイラストレーターのジョージ・べナブル氏と昆虫学者テリー・アーウィン博士に師事、昆虫学のサイエンティフィックイラストレーションを習得。帰国後、昆虫学者の石川良輔博士や池田清彦博士との出会いに多大なる影響を受ける。また、水中考古学者茂在寅男教授にはサイエンスコミュニケーションの面白さと可能性を学び、日本の科学者たちとのコミュニケーションデザインに魅かれる。1997年スイス・ベルン自然史博物のアートディレクター、クロード・クーン氏との衝撃の出会いや、2001年英国オックスフォード大学自然史博物館のジョージ・マクガヴァン博士に師事したことが、益々昆虫学やサイエンスコミュニケーションの奥儀に好奇心を抱く。現在、大学においてサイエンスコミュニケーションの可視化からサイエンスデザインの可能性を研究し、多くの産官学連携プロジェクトでサイエンスとデザインのつながりに強い情熱を持っている。

Research Areas

 

Academic & Professional Experience

 
Aug 1985
 - 
Sep 1986
Illustrator for National Geographic Sciety
 
Oct 1987
 - 
Mar 1998
President, Earlybirds Inc.
 
Apr 1990
 - 
Mar 1995
Lecturer, Aoyama Technical Design Academy, Graphic Design
 
Apr 1993
 - 
Mar 1998
兼任非常勤講師, Nihon University College of Art, Department of Fine ArtLecturer
 
Apr 1998
 - 
Mar 2004
Assistant Professor, Nihon University College of Art, Department of Design Associate Professor
 

Education

 
1981
 - 
Jun 1982
Fine Art, Graduate School, Division of Fine Arts, Washington State University Graduate School
 
 
 - 
1979
美術学科, Faculty of Arts, Nihon University
 

Committee Memberships

 
Jan 1985
   
 
The Guild of Natural Science Illustrators  The member
 

Published Papers

 
科学と芸術の融合をめざして
自然と科学の情報誌「ミルシル」サイエンスコミュニケーションへの招待独立行政法人 国立科学博物館   (4) 30,31   2008
インタヴュー記事
サイエンスコミュニケーションにおけるモノづくり デザイン×サイエンス―「サイエンスコミュニケーション実践」
Mrs. Mitsuko Kudo
Japan Association for Science Communication   創刊号(No.1) P.59〜61   Oct 2012   [Refereed]
「アートと科学コミュニケーション」
くらしとバイオプラザ21 ニュースレターVol.10 No.1   10(1)    Jan 2011
ミュージアム巡礼「博物館巡礼・天地を球体で表現した円模の地図」 地球儀博物館(オーストリア・ウィーン)
日経サイエンス02月号      Nov 2008   [Refereed]
ミュージアム巡礼「博物館巡礼・フードサイエンスが伝わるブランドとプライド」食物博物館(スイス・ヴヴェイ)
日経サイエンス 10月号      Sep 2008   [Refereed]

Misc

 
Insects
日本経済新聞 朝刊      Jul 2013   [Invited]
7月15日〜7月30日書評連載
Masashi Kimura
ナショナル・ジオグラフィック・ヴァーチャル・ライブラリー      Aug 2013   [Invited]
ウェブインタヴュー記事
科学博物館におけるミュージアムショップの在り方調査検討委員会報告書
科学博物館におけるミュージアムショップの在り方調査検討委員会
   Mar 2013   [Refereed][Invited]
調査・研究事業
Talking with Masashi Kimura
理化学研究所
QBITS   2-3   Apr 2014   [Invited]
大学の知を結集させ、世界の地域問題に取組め!
Masashi Kimura
教育応援vol. 20未来の教育—未来予想図3      Dec 2013   [Invited]

Books etc

 
N.RESCUE
日本大学学長特別研究プロジェクト編著 (Part:Joint Work, P.12−P.46/P.178-P.183)
リバネス出版   Mar 2015   ISBN:978-4-907375-49-2
日本大学学長特別研究に採択され2年間実施した国際救助隊のプロジェクトの成果とプロセスを報告したもの。
江古田文学78号
星雲社   Dec 2011   ISBN:978-4-434-16240-4
特集 イギリスの魂を見る
Re: Life Game Collaboration for Science Communication Classes-Nichigei+Rikkyo
Masashi Kimura+Mitsuko Kudo (Part:Joint Work, Vol.67 No.12 P35)
Chemistry   2012   
Doraemon is a bug
Masashi Kimura
Nihon University College of Art Library   Dec 2014   
Memories of the Library
Masashi Kimura
日本大学芸術学部図書館   Dec 2014   
日藝ライブラリーNo.1 への寄稿アメリカの大学院への留学時代の図書館の思い出を寄稿

Conference Activities & Talks

 
Chinese Characters are Friendly, attracting attention and personality attractive. [Invited]
Masashi Kimura
2018 International Symposium on Creative Chinese Character Industry & Preparatory Founding of Chinese Character League   4 Nov 2018   Chinese Character Creative Industry International Forum and Chinese Characters League Organizing Committee
Cultural treasures, the added value of Chinese character creativity can not be limited, the development of Chinese character industry is expected to become a new engine to promote economic development, which has not attracted the attention it dese...
Nihon University Interfaculty Symposium [Invited]
木村政司(申請代表者、研究代表者)、青木義男、村田浩一、塚本勝巳、山梨津乃、長瀬浩明、山下哲平、蔀大輝、竹永章生、鳥居恭好、成澤直規、内田康之、牛島廣治、早川智、岩田幸一、片桐綾乃、轟朝幸、居駒知樹、江守央、酒井和也
平成28年度日本大学学部連携研究推進シンポジウム   21 Jan 2017   日本大学
このシンポジウムを通じて再び、研究者、学生、卒業生、企業がN.レスキューの名の下に集り、その後の成果や継続状況等をご報告いただき、「知」の共有をしようと考えました。また、未来社会創造のためのプランや、学部連携研究のキーとなる個々が持っているスキル・ノウハウ・人脈によって繋がるオープンイノベーションの思考を推進し、実現できることを目指してN.レスキューのプレゼンスをより高めていくことを目標にしました。
Katsumi Tsukamoto, Shun Watanabe, Shigeru Fujita
Science Agora 2015   14 Nov 2015   Japan Science and Technology Agency
To implement the science communication forum for announcing the results of Nihon University Research "eel Planet"
「科学描画:精確に描けること以上に大切なこと」 [Invited]
木 村 政 司
九州大学総合研究博物館 平成26年度公開講演会科学描画 科学と芸術のはざま   20 Feb 2015   九州大学総合研究博物館
科学描画に関する体系的視点と問題点の研究成果を発表
サイエンティストはセンスアップも重要です [Invited]
○ 特別講義・大学院セミナー   29 Nov 2013   日本大学松戸歯学部大学院

Works

 
オスとメスはどちらが得か?
Masashi Kimura   Artistic Activity   Dec 2016
Scientific Illustration
Poster Design for The 40th Japan Association of English Romanticism Meeting
Masashi Kimura   Artistic Activity   Oct 2016 - Oct 2016
Poster Design for Academic Meeting
うなぎプラネット共同研究者   The Others   Apr 2016 - Mar 2017
放送学科教授・星野裕先生のディレクションでCMを学ぶ有志学生で、うなぎの保全を啓蒙するCMを連作で制作し、YouTubeで配信している。
Design and attractions planning Shiragiku Federation of 2015 fiscal year the General Assembly ceremony
Artistic Activity   Oct 2015
式次第のデザインとアトラクションン企画として音楽学科院生の田葱さん他2名による弦楽三重奏をコーディネートした。
Art Station Halloween Project 2015
デザイン学科学生有志10名   Artistic Activity   Oct 2015 - Oct 2015
Trompe l'oeil Art Projects that liven up Halloween at Seibu Ikebukuro Line, Nerima Station (cooperation project with Seibu Railway Co., Ltd.)

Research Grants & Projects

 
Interdisciplinary research on creativity development and knowledge convergence across different specialized fields.
Nihon University: 学術研究助成金(総合研究)
Project Year: Apr 2018 - Mar 2019    Investigator(s): Mitsuru Kodama
経済学、経営学、心理学、芸術学、理学、工学という異なる研究分野を横断した「創造性開発」に関する研究。
Nihon University Interfaculty Symposium
Nihon University: 研究推進
Project Year: Jul 2016 - Mar 2017    Investigator(s): Masashi Kimura
学長特別研究終了以降の研究の進展、成果等が「外部の競争的資金の獲得ができる学部連携研究を推進し、『学部連携に基づく日本大学発イノベーションを実現する』」との主旨から、平成30年度に、シンポジウム開催の成果及び研究プロジェクトの進捗状況を踏まえた報告が求められていることで採択されたもの。
The development of science education content to visualize the Timeline in four billion years life.(One year extended period)
Project Year: Apr 2015 - Mar 2019    Investigator(s): Masashi Kimura
To link the evolution and system and the continental drift of organisms, and build the latest research and information on the timeline it is possible to realize the ultra-stereoscopic 'visualization', not science education for the content so far a...
The development of science education content to visualize the Timeline in four billion years life.
Project Year: Apr 2015 - Mar 2018    Investigator(s): Masashi Kimura
To link the evolution and system and the continental drift of organisms, and build the latest research and information on the timeline it is possible to realize the ultra-stereoscopic 'visualization', not science education for the content so far a...
Study of science communication with the aim of fusion of science and art
Nihon University College of Art: Dean specified research
Project Year: Apr 2015 - Mar 2016    Investigator(s): Masashi Kimura
Aiming to coexist with eel and people, it was carried out Eel Planet exhibition in collaboration with Department of Biological Resources Science, eel Laboratory.

Social Contribution

 
The future of art
[TV or radio appearance]  Nihon University Alumni Association Tokyo Fifth Section  (Hotel Bell classic Tokyo Otsuka)  7 Sep 2018
Is there a future for art?
Support for the 8th high school student Kagura Koshien
[Organizing Member]  Hiroshima Prefecture Aki Takada Kagura Monzen Yuji Village  The 8th high school student Kagura Koshien  (Hiroshima ken, Aki Takada city)  28 Jul 2018
Trophy, Design and Production of CertificateAdvice on planning and dispatching judges
Seismic diagnosis · Building consultation poster design
[Others]  Yachiyo City, Chiba Prefecture  1 Jul 2018
板橋ナンバー図柄選定推進会議 副委員長
[Advisor]  Itabashi-ku, Tokyo Japan  (板橋区役所)  1 Apr 2018
ボローニャギャラリーデザインコンテスト審査会審査委員
[Others]  板橋区教育委員会事務局  (板橋区役所本町庁舎)  27 Feb 2018

Others

 
Oct 2018   What are the concepts of AI researchers and creators? What is AI's Future for Art Creation?
Planning and facilitation in the digital quarterly magazine science window
Sep 2017   The 4rd. Asia University Film Festival
中国、韓国、日本他アジアの大学生を対象にした公募型映画祭。今年度は芸術学部主催で実施され実行委員長を務めた。
Oct 2016   The 3rd. Asia University Film Festival
中国、韓国、日本他アジアの大学生を対象にした公募型映画祭。今年度は芸術学部主催で実施され実行委員を務めた。
Nov 2012
22世紀の予言アイデアコンクール アニメーション発表会
Sep 2012
「国際科学フェスティバル2012」参加