遠山 岳史

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/02 02:45
 
アバター
研究者氏名
遠山 岳史
 
トウヤマ タケシ
eメール
touyama.takeshinihon-u.ac.jp
URL
http://www.chem.cst.nihon-u.ac.jp/~toyama/
所属
日本大学
部署
理工学部物質応用化学科
職名
教授
学位
博士(工学)(日本大学)
科研費研究者番号
40318366
ORCID ID
0000-0002-2480-3153

研究分野

 

経歴

 
1999年4月
 - 
2006年3月
日本大学理工学部 助手
 
2006年4月
 - 
2011年3月
日本大学理工学部 専任講師
 
2011年4月
 - 
2016年3月
日本大学理工学部 准教授
 
2016年4月
   
 
日本大学理工学部 教授
 

学歴

 
 
 - 
1994年
日本大学 理工学部 工業化学
 
 
 - 
1999年
日本大学 大学院 理工学研究科 工業化学
 

委員歴

 
2014年10月
   
 
日本無機リン化学会  理事
 
2013年6月
   
 
無機マテリアル学会  評議員
 
2017年5月
 - 
2019年4月
船橋市廃棄物減量等推進審議会  会長
 
2017年3月
 - 
2019年2月
(公社)日本化学会  関東支部 幹事
 
2018年3月
 - 
2019年2月
(公社)日本化学会  教育・普及部門 クイズショー小委員会 副委員長
 

受賞

 
2018年11月
GEOMATE 4th International Conference on Science, Engineering and Environment (SEE), Best Paper Award Purification experiments on the PASIG RIVER, PHILIPPINES using a circulation-type purification system
受賞者: K. Okamoto,T. Komoriya, T. Toyama, H. Hirano
 
2017年12月
Asia Pacific Society for MATERIALS RESEARCH Award of GREEN2017
 
2017年6月
無機マテリアル学会 無機マテリアル学会学術賞 噴霧乾燥法による炭酸カルシウム系組成傾斜型球状粒子の創製
 
2016年11月
GEOMATE 7th Geotechnique, Construction Materials and Environment (GEOMATE2016), Best Paper Award Ocean decontamination: high ability removal method to radioactive cesium from ocean sludge by using micro bubbles and activating microorganisms
受賞者: K. Okamoto,T. Toyama, T. Komoriya
 
2014年7月
独立行政法人 日本学術振興会 ひらめき☆ときめきサイエンス推進賞
 
2013年11月
日本大学理工学部 日本大学理工学部学術賞 噴霧乾燥法による組成傾斜型粒子の創製
 
2012年9月
日本再生歯科医学学会 日本再生歯科医学会論文賞 擬似体液中におけるUV照射チタンおよびジルコニア上へのアパタイト沈着
受賞者: 廣田正嗣,河野健太郎,早川 徹,大久保力廣,中森菜実,遠山岳史
 
2011年6月
12th Conference of the European Ceramics Society: The Poster Competition, First Place, Category(Bioceramics) Morphological control of hydroxyapatite spherical hollow particles by spray-drying
 
2007年10月
日本無機リン化学会 日本無機リン化学会 若手優秀研究発表賞 二酸化炭素の吹き込みによる水酸アパタイトの溶解挙動と形態制御
 
2007年6月
日本無機リン化学会 日本無機リン化学会 奨励賞 非晶質リン酸カルシウムを原料とするカルシウム塩機能材料の創製
 

論文

 
Synthesis and fluorescence studies of Eu3+-doped SrAl12O19 phosphor
K. Mori/ H. Onoda, T. Toyama, N. Osaka, Y. Kojima
Optik   180 183-188   2019年1月   [査読有り]
H. Hirano/ D. Semura, K. Sakamoto, T. Toyama, DHE. Setiamarga
IOP Conf. Series: Earth and Environmental Science   176(012007) 1-9   2018年7月   [査読有り]
Y. Watanuki/ S. Morii, T. Kaneko, T. Toyama, Y. Kojima, N. Nishimiya
J. Alloys and Compounds   731 423-427   2018年1月   [査読有り]
噴霧法による炭酸カルシウム中空微粒子の合成
一坪幸輝,遠山岳史,若林恭子,山崎広樹,増田賢太
太平洋セメント研究報告   172 48-56   2017年7月
Ocean Decontamination: Removal Effeciemcy of Radioactive Cesium from Ocean Sludge by Using Micro Bubbles and Activating Microorganisms
K. Okamoto/ T. Toyama
Int. J. of GEOMATE   10(21) 1924-1928   2016年5月   [査読有り]

Misc

 
噴霧乾燥法によるカルシウム塩系組成傾斜型中空粒子の創製
遠山岳史
J. Soc. Inorg. Mater., Japan   24(388) 125-130   2017年5月   [査読有り][依頼有り]
農業にこそ省力化を! 新規徐放性バイオリリース肥料の材料設計
遠山岳史
化学   64 66-67   2009年1月

書籍等出版物

 
Phosphorus Recovery and Recycling
Takeshi Toyama
Springer   2018年6月   ISBN:978-981-10-8030-2
遠山岳史
朝倉書店   2017年11月   ISBN:978-4-254-14104-7
中空微粒子の合成と応用
藤正 督,福井有香,藤本啓二,片桐清文,松田厚範,遊佐真一,石井治之,谷口竜王,仲村龍介,大谷政孝,小廣和哉,荻 崇,岡田友彦,土屋好司,酒井秀樹,幕田寿典,富岡達也,遠山岳史,飯村健次,長嶺信輔,突廻恵介,村口 良,中村皇紀
シーエムシー出版   2016年11月   ISBN:978-4-7813-1181-4
青山 忠,浮谷基彦,大月 穣,角田雄亮,櫛 泰典,栗原清文,小嶋芳行,櫻川昭雄,清水 繁,須川晃資,鈴木佑輔,谷川 実,遠山岳史,西宮伸幸,萩原俊紀,星 徹,吉川賢治 (担当:共編者, 範囲:第3章 無機化学)
共立出版(株)   2016年3月   ISBN:978-4-320-04450-0
(株)産業技術サービスセンター   2014年11月   ISBN:978-4-915957-94-9

講演・口頭発表等

 
Elution of phosphorus in steelmaking slag by blowing CO2 gas
A. Inagaki/ T. Toyama
The 9th International Conference on Science and Engineering (ICSE2018)   2018年12月9日   Yangon Technological University
異なるPd化合物を用いたPd修飾炭素材料の水素収着
金子剛大/遠山岳史,小嶋芳行,西宮伸幸
第38回水素エネルギー協会大会   2018年11月29日   (一社)水素エネルギー協会
遷移金属修飾BCN化合物の水素収着
鈴木敬浩/金子剛大,遠山岳史,小嶋芳行,西宮伸幸
第38回水素エネルギー協会大会   2018年11月29日   (一社)水素エネルギー協会
高濃度リン酸カルシウム水溶液を用いた水酸アパタイト種晶の結晶成長
遠山岳史
第24回日本アパタイト研究会   2018年11月22日   日本アパタイト研究会
二酸化炭素吹込み法によるフラワー状酸化亜鉛粒子の作製
池田嘉男/遠山岳史
第137回無機マテリアル学会学術講演会   2018年11月15日   無機マテリアル学会

担当経験のある科目

 
 

特許

 
特開2017-114752 : 複合球状中空粒子及びその製造法
特開2017-114695 : 微小酸化鉄中空粒子
特許第6191987号 : 無機質中空粒子及びその製造方法
特許第5664995号 : 焼却汚泥からのリン酸の回収
遠山岳史

社会貢献活動

 
公開市民大学講座「化粧品で活躍する粉の化学」
【講師】  日本大学理工学部  第56回 公開市民大学講座 ~人・科学・文化の連携~  (日本大学理工学部船橋キャンパス,船橋日大前)  2017年9月30日 - 2017年9月30日
ラジオ番組中での研究紹介(KYOTO AIR LOUNGE)
【コメンテーター】  2012年10月25日 - 2013年3月28日
大学の研究が身近な生活素材にどのように役立っているのか,大学をもっと身近に感じてもらうことを目的として,化粧品に添加されているミクロな「粒」がどのような役割をしているのか,DJとの対話方式で解説する.(全6回)