伊藤 琢也

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/03 03:04
 
アバター
研究者氏名
伊藤 琢也
 
イトウ タクヤ
eメール
itou.takuyanihon-u.ac.jp
所属
日本大学
部署
生物資源科学部獣医学科
職名
教授
学位
博士(農学)(鹿児島大学)
科研費研究者番号
20307820

研究分野

 
 
  • 動物生命科学 / 獣医学 / 獣医免疫学

経歴

 
1998年4月
 - 
2002年3月
日本大学生物資源科学部助手
 
2002年4月
 - 
2010年3月
日本大学生物資源科学部専任講師
 
2004年3月
 - 
2005年4月
スウェーデン、ヨーテボリ大学医学部、炎症・リウマチ研究部門に海外長期派遣研究員として留学
 
2010年4月
 - 
2017年3月
日本大学生物資源科学部准教授
 
2017年4月
   
 
日本大学生物資源科学部教授
 

学歴

 
 
 - 
1995年
日本大学 農獣医学部 獣医
 
 
 - 
1998年
鹿児島大学 大学院 連合農学研究科 水産資源科学
 

委員歴

 
2011年9月
   
 
人と動物の共通感染症研究会  幹事
 
2017年4月
   
 
全国農業共済協会   家畜診療 中央編集委員
 
2011年4月
 - 
2012年3月
社団法人中央畜産会  農場生産衛生管理技術等向上対策事業に係る認証体制普及部会委員(継続)
 
2011年4月
 - 
2012年3月
社団法人中央畜産会  農場生産衛生向上体制整備促進事業における地域モデル協議会(関東地域養豚モデル)委員(継続)
 
2011年4月
 - 
2012年3月
社団法人中央畜産会  農場飼養衛生管理認証体制整備事業に係る認証体制適正化部会委員(継続)
 

受賞

 
2007年6月
財団法人森永奉仕会 森永賞
 
2002年
森永奉仕会学術奨励賞
 

論文

 
Changes in activation states of murine polymorphonuclear leukocytes (PMN) during inflammation: a comparison of bone marrow and peritoneal exudate PMN.
Itou T, Collins LV, Thoren FB, Dahlgren C, Karlsson A.
Clin. Vaccine. Immunol.   13(5) 575-583   2006年5月   [査読有り]
Bone marrow biopsy from the flipper of a dolphin.
Itou T, Koie H, Segawa T, Kato K, Yanagisawa M, Ueda K, Kuwano R, Suzuki M. Moritomo T, Sakai T.
Vet. J.   185(2) 216-217   2010年12月   [査読有り]
Genetic diversity of bat rabies viruses in Brazil.
Kobayashi Y, Sato G, Kato M, Itou T, Cunha EM, Silva MV, Mota CS, Ito FH,Sakai T.
Arch. Virol.   152(11) 1995-2004   2007年10月   [査読有り]
YuyaHidaka, Chang-Kweng Lim, Mutsuyo Takayama-Ito, Chun-HoPark, Kazunori Kimitsuki, Nozomi Shiwa, Ken-ichi Inoue, Takuya Itou
Virus Res.   252 68-75   2018年7月   [査読有り]
Yuki Kobayashi, Oliver G. Pybus, Takuya Itou, Yoshiyuki Suzuki
Meta Gene   15 75-79   2018年2月

Misc

 
Kobayashi Y, Shimazu T, Murata K, Itou T, Suzuki Y.
Virus Res.   S0168-1702(18) 30160-30166   2018年4月
ブラジルにおける食果コウモリが媒介する狂犬病ウイルスの分子疫学
日下部美帆,小林由紀,酒井健夫,伊藤琢也
Twigs (The Journal of Nihon University Veterinary Science   61 16-21   2015年9月
Hideki Endo, Osamu Hashimoto, Hajime Taru, Keisuke Sugimura, Shin-ichi Fujiwara,Takuya Itou, Hiroshi Koie, Masato Kitagawa Takeo Sakai
Mammal Study   38 217-224   2013年10月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Itou T, Markotter W, Nel LH. (担当:共著, 範囲:pp62-70, Chapter 32, Reverse transcriptase loop-mediated isothermal amplification system for the detection of rabies virus)
World Health Organization 2019   2019年3月   ISBN:978-92-4-151530-6
動物衛生学
伊藤琢也(分担)
文永堂出版   2018年4月   ISBN:978-4-8300-3269-1
コアカリ 動物衛生学
文永堂出版   2015年2月   
Itou T, Markotter W, Nel LH. (担当:共著, 範囲:pp85-94, Chapter 8, Reverse Transcription-Loop-Mediated Isothermal Amplification System for the Detection of Rabies Virus)
Academic Press/Elsevier Inc.   2014年8月   ISBN:978-0-12-800014-4
獣医衛生学 第二版
文永堂出版   2012年10月   

講演・口頭発表等

 
バンドウイルカから分離された腸内定着性に優れた乳酸菌の探索
青柳 皓大,瀬川 太雄,鈴木 美和, 岩田 秀一,澤 修作,加来 雅人,駒場 昌 幸,小林 由紀,伊藤 琢也
第24回日本野生動物医学会大会   2018年9月1日   
GENOMIC PREDICTION FOR A PRECOCIOUS PHENOTYPE IN THE TIGER PUFFERFISH (TAKIFUGU RUBRIPES)
Hosoya S.a, Yoshikawa S., Sato M., Ooki S., Kobayashi Y., Itou T., Kikuchi K.
International Symposium of Genetics in Aquaculture   2018年7月15日   
国内飼育下バンドウイルカの腸内細菌叢の解析
鈴木 亮彦, 瀬川 太雄, 澤 修作, 西谷 知佳, 植田 啓一, 伊藤 琢也, 朝比奈 潔, 鈴木 美和
日本微生物生態学会 第32回大会   2018年7月12日   
トラフグ 白子早熟形質のゲノム予測
細谷将 ・佐藤茉菜、吉川壮太、鈴木由紀、伊藤琢也、菊池潔
平成30年度日本水産学会春季大会   2018年3月   
ヘテロボツリウム症耐性をもつトラフグは育種可能である
林子杰、細谷将、大木駿、佐藤茉奈、水野直樹、鈴木由紀、伊藤琢也、菊池潔
平成30年度日本水産学会春季大会   2018年3月   

競争的資金等の研究課題

 
イルカにおける不死化細胞株の樹立
日本学術振興会: 基盤研究C
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 伊藤琢也
吸血コウモリ由来狂犬病ウイルスの感染拡大阻止を目的とした進化疫学研究
日本学術振興会: 基盤研究C
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 酒井健夫
次世代シーケンサーが切り拓く新たなアグリゲノム資源の探求
日本大学生物資源科学部: 大型研究
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 伊藤琢也
イルカにおける臓器特異的バイオマーカーの同定と超早期疾病診断法への応用
日本学術振興会: 基盤研究C
研究期間: 2014年 - 2017年    代表者: 伊藤琢也
急性相蛋白質の動態・機能解析に基づいたイルカの早期疾病診断技術の開発
日本大学生物資源科学部: 平成26年度生物資源科学部学術助成研究費(総合研究)
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 伊藤琢也

社会貢献活動

 
中央畜産技術研修会(畜産物安全行政)
【講師】  農林水産省生産局  平成30年度中央畜産技術研修会  (独立行政法人家畜改良センター中央畜産研修施設)  2018年6月19日 - 2018年6月22日

その他

 
2000年
疥癬タヌキにおける抗ヒゼンダニ抗体の検出に関する研究(共著)