一宮 慎吾

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/13 13:54
 
アバター
研究者氏名
一宮 慎吾
 
イチミヤ シンゴ
eメール
ichimiyasapmed.ac.jp
URL
http://web.sapmed.ac.jp/immunology/index.html
所属
札幌医科大学
部署
フロンティア医学研究所 免疫制御医学部門
職名
教授
学位
医学博士(札幌医科大学)
科研費研究者番号
30305221

研究分野

 
 

経歴

 
2013年5月
 - 
現在
札幌医科大学 医学部 フロンティア医学研究所 免疫制御医学部門 教授
 
2010年10月
 - 
2013年4月
札幌医科大学 保健医療学部 基礎医学講座 教授
 
2002年11月
 - 
2010年9月
札幌医科大学 医学部 病理学第一講座 講師
 
2000年10月
 - 
2002年10月
札幌医科大学 医学部 病理学第一講座 助手
 
1998年4月
 - 
2000年9月
札幌医科大学 医学部 病理診断学講座 助手
 

学歴

 
1990年4月
 - 
1994年3月
札幌医科大学 大学院 医学研究科 博士課程病理系 修了
 
1984年4月
 - 
1990年3月
札幌医科大学 医学部 卒業
 

委員歴

 
2014年
 - 
現在
日本免疫学会  評議員
 
2002年
 - 
現在
日本病理学会  学術評議員
 

受賞

 
2017年
日本学術振興会 科研費審査委員表彰
 
2011年
日本病理学会 学術研究賞
 
2011年
日本病理学会カンファレンス 優秀ポスター賞
 
2005年
日本臨床分子形態学会 論文賞
 
2004年
脳腫瘍病理研究会 最優秀論文賞
 

論文

 
Yamamoto M, Takano KI, Kamekura R, Aochi S, Suzuki C, Ichimiya S, Nakase H, Himi T, Takahashi H
Modern rheumatology   29(5) 856-860   2019年9月   [査読有り]
Ikegami I, Takaki H, Kamiya S, Kamekura R, Ichimiya S
Biochemical and biophysical research communications   514(4) 1167-1171   2019年7月   [査読有り]
Ito F, Kamekura R, Yamamoto M, Takano K, Takaki H, Yabe H, Ikegami I, Shigehara K, Himi T, Takahashi H, Ichimiya S
Immunology letters   207 56-63   2019年3月   [査読有り]
Konno S, Matsuno Y, Ichimiya S, Nishimura M, Kawakami Y
Internal medicine (Tokyo, Japan)   58(4) 609-613   2019年2月   [査読有り]
Kamekura Ryuta, Yamamoto Motohisa, Yabe Hayato, Takaki Hiromi, Takano Kenichi, Takahashi Hiroki, Takahashi Hiroki, Himi Tetsuo, Ichimiya Shingo
JOURNAL OF ALLERGY AND CLINICAL IMMUNOLOGY   143(2) AB231   2019年2月   [査読有り]

Misc

 
T細胞サブセットの病理学
一宮 慎吾
日本病理学会会誌   107(1) 279-279   2018年4月
免疫学の進歩と神経免疫学への応用 濾胞ヘルパーT細胞の機能異常と免疫関連疾患
一宮 慎吾, 亀倉 隆太
神経免疫学   22(1) 66-66   2017年10月
亀倉 隆太, 氷見 徹夫, 一宮 慎吾
臨床免疫・アレルギー科   63(3) 214-217   2015年3月
長屋朋典, 亀倉隆太, 山下恵司, 實川純人, 関伸彦, 川田耕司, 一宮慎吾, 氷見徹夫
口腔・咽頭科   27(3) 344   2014年8月
熊谷綾子, 山下恵司, 長屋朋典, 山下利春, 一宮慎吾
日本病理学会会誌   103(1) 267   2014年3月

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
細胞傷害性Tfh細胞の機能特性と免疫病態の研究
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2018年 - 2022年    代表者: 一宮慎吾
線維化機序に着目したIgG4関連疾患の病態解明
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2018年 - 2020年    代表者: 高野賢一
濾胞ヘルパーT細胞の新たなサブセットによる自己免疫病態の形成
ブリストル・マイヤーズ スクイブ: 研究助成(免疫領域)
研究期間: 2017年       代表者: 一宮慎吾
小児扁桃肥大への濾胞ヘルパーT細胞の関与と分化誘導解析によるSAS治療への応用
日本学術振興会: 若手研究(B)
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 坪松ちえ子
濾胞ヘルパーT細胞の新規遷移マーカーによる免疫病理診断法の開発
日本学術振興会: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 一宮慎吾