帰山 雅秀

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/11 23:16
 
アバター
研究者氏名
帰山 雅秀
 
カエリヤマ マサヒデ
eメール
salmonfish.hokudai.ac.jp
所属
北海道大学
部署
北極域研究センター
職名
名誉教授
学位
水産学博士(北海道大学)
その他の所属
北極域研究センター

研究分野

 
 

学歴

 
1969年4月
 - 
1973年3月
北海道大学 水産学部 水産増殖学科
 

委員歴

 
2016年6月
 - 
現在
北海道庁  北海道希少野生動植物種保護対策検討有識者会議
 
2015年4月
 - 
現在
環境省  希少野生動植物種保存推進員
 
2015年4月
 - 
現在
北海道庁  北海道外来種対策検討有識者会議構成員
 
2012年4月
 - 
2017年9月
日本学術会議  連携会員
 

論文

 
Global warming effect for migration route of Japanese chum salmon
帰山 雅秀
NPAFC Technical Report   (11) 91-95   2018年11月   [査読有り]
環境変動下におけるサケの持続可能な資源管理:国際サーモン年に向けたプロローグ
帰山 雅秀
海洋と生物   40(4) 315-318   2018年8月   [招待有り]
Impact of the global warming on migration route of Japanese chum salmon
帰山 雅秀
Proceedings of the 33rd International Symposium on Okhotsk Sea and polar oceans 2018   2018 270-272   2018年2月   [査読有り]
日本学術会議主催公開シンポジウム「成熟社会における持続可能な水産業のあり方とその中長期戦略」について
帰山 雅秀
日本水産学会誌   83(3) 425-427   2017年   [査読有り]
Feeding habits and trophic levels of Pacific salmon (Oncorhynchus spp.) in the North Pacific Ocean
帰山 雅秀
North Pacific Anadromous Fish Commission Bulletin   6 469-481   2016年12月   [査読有り]
Temporal and spatial variation in growth condition of Pacific salmon
帰山 雅秀
North Pacific Anadromous Fish Commission Bulletin   (6) 181-187   2016年12月   [査読有り]
Ecosystem-based sustainability science of Pacific salmon and paradigm shift of fisheries education
帰山 雅秀
Workshop Report on Morioka Salmon Workshop: Bridging fisheries research and education for sustainable salmon fishery   109-112   2016年2月   [査読有り]
Early ocean life history of juvenile chum salmon Oncorhynchus keta populations in the Iwate coastal ecosystem after the Great Tohoku Earthquake and Tsunami
帰山 雅秀
Marine ecosystems after Great East Japan Earthquake in 2011   111-112   2016年   [査読有り]
サケの生活史と気候変動
帰山 雅秀
Biophilia   15 67-76   2015年10月   [招待有り]
気候変動とシロザケ個体群動態-生態系をベースとした持続可能な資源管理に向けて
帰山 雅秀
水産振興   (563) 1-51   2014年11月   [査読有り]
帰山 雅秀
Fisheries Oceanography   23(4) 322-341   2014年9月   [査読有り]
サケと温暖化:サケによる生態系サービスとその持続的利用
帰山雅秀・秦玉雪
SEEDer   (10) 33-40   2014年3月   [招待有り]
帰山 雅秀
Fisheries Science   80 251-260   2014年3月   [査読有り][招待有り]
気候変動とサケ資源
帰山 雅秀
北日本漁業   42 1-11   2014年   [査読有り]
帰山 雅秀 ほか
Reviews in Fisheries Science   21(3-4) 469-479   2013年11月   [査読有り]
Climate forcing and the Kuroshio/Oyashio ecosystem
帰山 雅秀 ほか
doi:10.1093/icesjms/fst084 -KM006337   2013年7月   [査読有り]
隼野寛史・帰山雅秀 ほか
日本水産学会誌   79(3) 372-382   2013年6月   [査読有り]
隼野寛史・帰山 雅秀 ほか
日本水産学会誌   79(2) 166-174   2013年3月   [査読有り]
秦玉雪・帰山雅秀 ほか
日本水産学会誌   79(5) 872-874   2013年   [査読有り]
海魚~サケなどへの影響
帰山 雅秀
モーリー   2012(12) 18-21   2012年12月   [招待有り]
山田綾・帰山雅秀 ほか
日本水産学会誌   78(5) 973-975   2012年12月   [査読有り]
PICES advisory report on the decline of Fraser River sockeye salmon Oncorhynchus nerka (Steller, 1743) in relation to marine ecology
帰山 雅秀 ほか
PICES Scientifi Reports   (41) 1-150   2012年11月   [査読有り]
ミトコンドリアDNA分析に基づく本州日本海シロザケOncorhynchus keta集団に及ぼす移植放流の遺伝的影響
帰山 雅秀
水産育種   42 33-40   2012年8月   [査読有り]
Recent production of chum salmon Oncorhynchus keta under conditions of warming climate
帰山 雅秀 ほか
NPAFC Technical Report   8 113-116   2012年4月   [査読有り]
気候変動下における日本系サケの持続可能な保全管理のあり方とその研究課題
帰山 雅秀 ほか
海洋と生物   40(5) 459-465   2018年10月   [招待有り]

Misc

 
動物たちの地球
朝日新聞社      1993年
野生動物保護の事典
朝倉書店      2010年
ヌップク川における水生動物の生態学的研究
さけ・ますふ研報   (30) 75-85   1976年
十勝川におけるサケ稚魚の成長と食性に関する調査1. 稚魚の成長と食性に及ぼす融雪増水の影響
さけ・ますふ研報   (32) 27-41   1978年
十勝川におけるサケ稚魚の成長と食性に関する調査2. 十勝川水系における1977年春期の水生動物相
さけ・ますふ研報   (33) 31-45   1979年

書籍等出版物

 
魚類の百科事典
帰山 雅秀 (担当:共著, 範囲:物質輸送,放流-栽培漁業)
丸善出版   2018年10月   
サケ学への誘い
帰山 雅秀
北海道大学出版会   2018年9月   
北海道大学の挑戦II
帰山 雅秀 (担当:共編者, 範囲:海外留学を考える)
彩流社   2018年5月   
The ocean ecology of Pacific salmon and trout
帰山 雅秀 (担当:共著, 範囲:Ocean ecology of chum salmon)
American Fisheries Society   2018年4月   
グローバルリーダーを育てる北海道大学の挑戦
帰山 雅秀 (担当:共編者)
彩流社   2017年5月   
プロシーディング市民公開講座「さーもん・かふぇ2016」
帰山 雅秀 (担当:編者, 範囲:三陸サケの生残メカニズム)
2017年2月   
プロシーディング市民公開講座「さーもん・かふぇ2017」
帰山 雅秀
2017年   
Marine ecosystem after Great East Japan Earthquake in 2011
帰山 雅秀 (担当:共著, 範囲:Early ocean life history of juvenile chum salmon Oncorhynchus keta populations in the Iwate coastal ecosystem after the Great Tohoku Earthquake and Tsunami)
Tokai University Press   2016年   
プロシーディング市民公開講座「さーもん・かふぇ2015」
帰山 雅秀 (担当:共編者, 範囲:気候変動とサケ:北太平洋で何が起きているのか?)
2016年   
Recent eutrophication and environmental changes in the catchment inferred from geochemical properties of Lake Onuma sedements in Japan
帰山 雅秀 (担当:共著, 範囲:Earth surface processes and environmental changes in East Asia)
Springer   2015年5月   ISBN:9784431555391
三陸のサケ
帰山 雅秀 (担当:共著, 範囲:85-99)
北海道大学出版会   2015年3月   
プロシーディング市民公開講座「さーもん・かふぇ2014」
帰山 雅秀 (担当:編者, 範囲:サケのはたす役割:川は海と陸の生態系をつなぐコリドー)
2015年   
Biological interactions between wild and hatchery-produced Pacific salmon. In: Salmon
帰山雅秀・秦玉雪 (担当:共著, 範囲:223-238)
Nova Science Publishers, Inc   2014年   
プロシーディング市民公開講座「さーもん・かふぇ2013」
帰山 雅秀 (担当:編者, 範囲:サケ幼魚はどこへ?沿岸生活史と親魚鱗の分析結果から)
2014年   
サケ学大全
帰山 雅秀 (担当:共編者, 範囲:全て)
北海道大学出版会   2013年5月   
オホーツクの生態系とその保全
帰山 雅秀 (担当:共著, 範囲:109-116)
北海道大学出版会   2013年2月   
もうひとつの北海道環境白書
帰山 雅秀 (担当:共著, 範囲:44-53)
富士コンテム   2012年11月   
海洋保全生態学
帰山 雅秀 (担当:共著, 範囲:26-28)
講談社   2012年6月   
最新水産ハンドブック
帰山 雅秀 (担当:共著, 範囲:177-179)
講談社   2012年3月   
The decline of Fraser River sockeye salmon Oncorhynchus nerka (Steller, 1743) in relation to marine ecology
帰山 雅秀 (担当:共著)
PICES   2011年   
Designing our future: local perspectives on bioproductivity, ecosystems and humanity
United Nations University Press   2011年   
野生動物保護の事典
帰山 雅秀 (担当:共著, 範囲:245-250)
朝倉書店   2010年6月   
Climate and sustainable fisheries
帰山 雅秀
2010年   
サケ学入門
北海道大学出版会   2009年   
北海道からみる地球温暖化
岩波書店   2008年   
安定同位体スコープで覗く海洋生物の生態-アサリからクジラまで
恒星社厚生閣   2008年   
水産資源の増殖と保全
成山堂書店   2008年   
レジーム・シフト-気候変動と生物資源管理
成山堂書店   2007年   
水産ハンドブック
生物研究社   2004年   
サケ・マスの生態と進化
文一総合出版   2004年   
外来魚ハンドブック
地人書館   2002年   
最新のサケ学
成山堂   2002年   
魚のエピソード
東海大学出版会   2001年   
地域生物資源活用大事典
農文協出版   1998年   
川と海を回遊する淡水魚-生活史と進化
東海大学出版会   1994年   
日本のサケマス
たくぎん総合研究所   1988年   
Fisheries for global welfare and environment
帰山 雅秀 (担当:共著, 範囲:371-380)
TERAPUB   

講演・口頭発表等

 
サケの将来:気候変動下における持続可能な保全と利用のあり方 [招待有り]
帰山 雅秀
日本学術会議公開シンポジウム「2050年の水産資源を日本の食卓から考える」   2018年11月10日   
水圏生態系の利用と保全に関する持続可能な管理とは-特に魚類の持続可能な資源管理
帰山 雅秀
平成30年度十和田湖環境保全会議   2018年11月8日   
Influence of climate warming for migration, growth and survival of Japanese chum salmon in the North Pacific Ocean and the Okhotsk Sea
帰山 雅秀
PICES-2018 Annual Meeting   2018年11月2日   
海洋環境変動と水産資源への影響について-特にサケと地球温暖化との関係 [招待有り]
帰山 雅秀
国立研究開発法人海洋研究開発機構むつ研究所特別セミナー「海洋環境変動と水産資源への影響」   2018年10月2日   
気候変動がサケの生活史とバイオマス動態に及ぼす影響-今後の持続可能なサケ資源管理に向けて. [招待有り]
帰山 雅秀
第5回北極域オープンセミナー   2018年7月20日   
気候変動がサケの生活史とバイオマス変動に及ぼす影響-今後の持続可能なサケ資源管理に向けて [招待有り]
帰山 雅秀
第5回北極域オープンセミナー   2018年7月20日   
気候変動下におけるアジア側サケ属魚類の生産動態
帰山 雅秀
気候変動とサケ類とヒトのカップリングに関するワークショップ   2018年6月27日   
長期的な気候変動,特に温暖化が三陸サケに及ぼす影響 [招待有り]
帰山 雅秀
平成30年度東北マリンサイエンス拠点形成事業全体会   2018年6月2日   
三陸サケの個体群動態:震災前,震災後,そしてこれから [招待有り]
帰山 雅秀
平成30年度東北マリンサイエンス拠点形成事業全体会   2018年6月2日   
地球温暖化が日本系サケの回遊ルートに及ぼす影響
帰山 雅秀
気候変動下におけるサケ属魚類の生産に関するNPAFCワークショップ   2018年5月26日