河上 裕

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/21 03:22
 
アバター
研究者氏名
河上 裕
 
カワカミ ユタカ
eメール
yutakawaz5.keio.jp
所属
慶應義塾大学
部署
医学部先端医科学研究所(細胞)
職名
教授
学位
博士(医学)(慶應義塾大学)
科研費研究者番号
50161287

経歴

 
1980年9月
 - 
1982年5月
慶應義塾大学病院  内科研修医
 
1982年6月
 - 
1984年5月
国立大蔵病院  内科出向
 
1984年6月
 - 
1985年9月
慶應義塾大学医学部  血液リウマチ感染内科(血液)(本間光夫教授) 助手
 
1985年10月
 - 
1987年8月
University of South Florida, USA Department of Medical Microbiology and Immunology,College of Medicine (Dr.Herman Friedman, Dr. Julie Djeu) Research Associate
 
1987年9月
 - 
1990年8月
National Cancer Institute, National Institutes of Health, USA Surgery Branch, (Dr. Michael Lotze, Dr. Steven Rosenberg) Visiting Fellow
 

学歴

 
 
 - 
1980年8月
慶應義塾大学 医学部 
 

委員歴

 
 
   
 
日本医科大学組み換え遺伝子安全委員会外部委員  委員
 
 
   
 
日本再生医療学会  評議員
 
 
   
 
日本臨床腫瘍学会  評議員
 
 
   
 
日本癌学会  評議員
 
2016年1月
   
 
日本癌学会  理事
 

受賞

 
2011年
Academy of Cancer Immunology
 
2007年3月
財団法人 上原記念生命科学財団 平成18年度 上原記念生命科学財団 研究助成金 癌細胞免疫回避の分子機構の解明と克服法の開発
受賞者: 河上 裕
 
2006年6月
第75回北里記念 北里賞 腫瘍抗原同定によるヒト腫瘍免疫応答の解明と免疫療法の開発
受賞者: 河上 裕
 
2005年
Thomson ISI highly cited researcher
 
2005年11月
佐川特別研究助成賞 栗和田賞
受賞者: 河上 裕
 

論文

 
Arbekacin
Kobayashi Y, Uchida H, Kawakami Y
Inter J Antimicrob Agent   5(3) 227-230   1995年5月
Human tumor antigens recognized by T cells
Kawakami Y, Rosenberg SA
Immunologic. Res   16(4) 313-339   1997年11月   [査読有り]
T細胞により認識されるヒトメラノーマ抗原の単離同定と免疫遺伝子治療への応用
河上裕
日本リンパ網内系会誌   37(3) 137-144   1997年11月
Immunobiology of melanoma antigens MART-1 and gp100 and their use in immunotherapy
Kawakami Y, Rosenberg SA
Int Rev Immunol   14(2-3) 173-192   1997年4月
Melanosomal proteins as melanoma-specific immune targets
Sakai C, Kawakami Y, Law LW, Furumura M, Hearing VJ Jr
Melanoma Res   7(2) 83-95   1997年4月   [査読有り]
癌の免疫遺伝子療法
河上裕
診断と治療   85(4) 632-636   1997年4月
遺伝子治療の臨床展開,米国の現状
河上裕
治療学   31(4) 489-493   1997年4月
Differential expression of MART-1 in primary and metastatic melanoma lesions
Kageshita T, Kawakami Y, Hirai S, Ono T
J Immunother   20(6) 460-465   1997年11月   [査読有り]
The intronic region of an incompletely-spliced gp100 gene transcript encodes an epitope recognized by melanoma reactive tumor infiltrating lymphocytes
Robbins PF, El-Gamil M, Li YF, Fitzgerald EB, Kawakami Y, Rosenberg SA
J Immunol   159(1) 303-308   1997年7月   [査読有り]
癌抗原遺伝子の単離同定と免疫遺伝子治療への応用
河上裕
現代医療   29 77-83   1997年8月
T細胞が認識するヒト腫瘍抗原:同定と治療への応用
河上裕
臨床免疫   30(1) 79-87   1998年1月
Identification of a shared HLA-A*0201 restricted T cell epitope from the melanoma antigen tyrosinase related protein 2 (TRP2)
Parkhurst M, Fitzgerald E, Southwood S, Sette A, Rosenberg Sa, Kawakami Y
Cancer Research   58(21) 4895-4901   1998年11月   [査読有り]
Immunotherapy using T cell defined tumor antigens for melanoma
Kawakami Y
Microbiology and Immunology   42(12) 803-813   1998年12月
Identification of new melanoma epitopes on melanosomal proteins recognized by tumor infiltrating T lymphocytes restricted by HLA-A1, -A2, and -A3 alleles
Kawakami Y, Robbins Pf, Wang X, Tupesis Jp, Parkhurst Mr, Kang X, Kazuyasu K, Appella E, Rosenberg Sa
Journal of Immunology   161(12) 6985-6992   1998年12月   [査読有り]
T細胞認識癌抗原を用いた新しい癌の免疫療法
河上裕
日本内科学会雑誌   87(12) 156-164   1998年12月
がん患者にT細胞とB細胞の免疫応答を起こす腫瘍抗原分子の同定
河上裕
最新医学   53(12) 2891-2897   1998年12月
癌に対する免疫遺伝子治療
河上裕
Pharm Med   16(2) 63-68   1998年2月
Immunologic and therapeutic evaluation of a synthetic peptide vaccine for the treatment of patients with metastatic melanoma
Rosenberg S, Yang J, Schwartzentruber D, Hwu P, Marincola F, Topalian S, Restifo N, Dudley M, Schwarz S, Spiess P, Wunderlich J, Parkhurst M, Kawakami Y, Seipp C, Einhorn J, White D
Nature Med   4(3) 321-321   1998年3月   [査読有り]
The use of melanosomal proteins in the immunotherapy of melanoma
Kawakami Y, Robbins Pf, Wang Rf, Parkhurst M, Kang X, Rosenberg SA
Journal of Immunotherapy   21(4) 234-246   1998年7月   [査読有り]
T細胞認識ヒトメラノーマ抗原ペプチドを用いた癌の免疫療法
河上裕
Biotherapy   12(5) 542-548   1998年5月
T細胞認識腫瘍抗原の単離同定法
池田英之,河上裕
細胞工学   17(8) 1251-1253   1998年8月
T細胞によるがん細胞認識の分子機構
河上裕
細胞工学   17(8) 1194-1199   1998年8月
T細胞認識ヒトメラノーマ抗原の単離:T細胞エピトープ形成機序と免疫遺伝子治療への臨床応用
河上裕
細胞工学   17(8) 1229-1238   1998年8月
T細胞認識メラノーマ抗原を用いた新しい免疫療法の開発
河上裕
Biotherapy   12(9) 1187-1194   1998年9月
新しい癌の免疫療法の開発
河上裕
Molecular Medicine   35(9) 1066-1068   1998年9月
T細胞認識ヒトメラノーマ抗原を用いた免疫療法
河上裕
Molecular Medicine   35(9) 1092-1099   1998年9月
新しい癌抗原特異的免疫療法の開発に向けて
河上裕
Molecular Medicine   35(9) 1100-1119   1998年9月
メラノーマ腫瘍抗原と細胞治療
河上裕
血液腫瘍科   38(1) 1-8   1999年1月
遺伝子治療の現況
住本秀敏,河上裕
肺癌の臨床   493-501   1999年11月
樹状細胞を用いた細胞療法-悪性黒色腫-
木庭幸子,河上裕
最新医学   54 2674-2681   1999年11月
転移性脳腫瘍に対するin situ 癌ワクチン療法
戸田正博,飯塚幸彦,河瀬斌,河上裕,植村慶一
神経免疫研究   12 181-185   1999年12月
脳内抗原提示細胞の単離とその解析
戸田正博,鳥羽陽子,鈴木春巳,小安重夫,河瀬斌,河上裕,植村慶一
神経免疫研究   12 29-33   1999年12月
造血器腫瘍における腫瘍抗原と免疫療法
松下麻衣子,池田英之,河上裕
現代医療   31(5) 1155-1160   1999年5月
皮膚悪性黒色腫に対する免疫療法
河上裕
Pharma Medica   17 49-56   1999年5月
T細胞認識抗原を用いた癌の免疫療法開発におけるいくつかのポイント
河上裕
Biotherapy   13 429-433   1999年5月
新しい癌ワクチン開発の進歩
河上裕
Cancer Frontier   1 27-38   1999年6月
メラノーマ抗原ペプチドを用いた免疫療法
河上裕
医学のあゆみ   190 143-147   1999年7月
悪性黒色腫抗原の単離と治療への応用
木庭幸子,河上裕
血液・腫瘍科   39 13-20   1999年7月
癌に対する免疫制御法の進歩
河上裕
細胞工学   18 1379-1388   1999年9月
造血器腫瘍におけるPRAME
池田英之,松下麻衣子,河上裕
血液・腫瘍科   39(1) 46-50   1999年
T cells that are autoreactive to β2-glycoprtein I in patients with antiphospholipid syndrome and healthy individuals
Hattori Noriko, Kuwana Masataka, Kaburaki Junichi, Mimori Tsuneyo, Ikeda Yasuo, Kawakami Yutaka
Arthritis & Rheumatism   43(1) 65-75   2000年1月
メラノーマの免疫療法
河上裕
現代医療   32 104-111   2000年1月
Recognition of shared melanoma antigens in association with major HLA-A alleles by tumor infiltrating T lymphocytes from 123 patients with melanoma.
Kawakami Yutaka, Dang Nita, Wang Xiang, Tupesis Janis P, Robbins Paul F, Wang Rong-Fu, Wunderlich John R, Yannelli John R, Rosenberg Steven A
Journal of Immunotherapy   23(1) 17-27   2000年1月
ヒト癌抗原の同定と樹状細胞を用いた免疫療法
河上裕
BIO Clinica   15 35-39   2000年1月
腫瘍免疫とSEREX
赤田昌紀,河上裕
癌治療と宿主   12(4) 375-383   2000年10月
HLA class II alleles in Japanese patients with immune thrombocytopenic purpura. Associations with anti-platelet glycoprotein autoantibodies and responses to splenectomy
Kuwana Masataka, Kaburaki Junichi, Pandey JP, Murata Mitsuru, Kawakami Yutaka, Inoko Hidetoshi, Ikeda Yasuo
Tissue Antigens   56(4) 337-343   2000年10月   [査読有り]
癌抗原遺伝子導入樹状細胞を用いた癌免疫療法
住本秀敏,河上裕
Biotherapy   14(12) 1197-1204   2000年12月
SEREX抗原によるグリオーマの血清診断
戸田正博,飯塚幸彦,河瀬斌,河上裕
神経免疫研究   13 44-46   2000年12月
特発性血小板減少性紫斑病における病因的自己反応性T細胞の同定
桑名正隆,河上裕,池田康夫
日本臨床免疫学会会誌   23(6) 555-557   2000年12月
メラノーマ抗原特異的免疫療法
河上裕
SkinCancer   15 208-216   2000年12月
がん反応性T細胞の免疫モニタリング
河上裕
分子細胞治療   1 23-32   2000年2月
癌ワクチンの可能性
河上裕
治療   82 1196-1199   2000年3月
がんに対する免疫療法の可能性〜overview〜
河上裕
分子細胞治療   1(3) 3-9   2000年4月
ヒトメラノーマ抗原を標的とした免疫療法
猪爪隆史,木庭幸子,河上裕
血液・免疫・腫瘍   5(2) 159-165   2000年4月
免疫遺伝子治療の現状
河上裕
BioTherapy   14(4) 345-350   2000年4月
Longitudinal analysis of autoantibody response to topoisomerase I in systemic sclerosis
Kuwana Masataka, Kaburaki Junichi, Mimori Tsuneyo, Kawakami Yutaka, Tojo Takeshi
Arthritis and Rheumatism   43(5) 1074-1084   2000年5月
New cancer therapy by immunomanipulation: Development of immunotherapy for human melanoma as a model system
Kawakami Yutaka
Cornea   19(3 Sppl) S2-S6   2000年5月
癌と免疫
伊東恭悟,河上裕,珠玖洋
現代医療   32(5) 1046-1066   2000年5月
白血病細胞抗原と免疫療法
河上裕,松下麻衣子
臨床医   26(5) 676-677   2000年5月
癌抗原遺伝子導入樹状細胞を用いた癌免疫療法
住本秀敏,河上裕
Surgery Frontier   7(2) 166-169   2000年6月
ペプチド抗原によるCTL誘導
松下麻衣子,河上裕
Cancer Frontier   2(1) 13-20   2000年7月
メラノーマと色素細胞に対するT細胞応答
河上裕
組織培養工学   26(10) 18-22   2000年9月
T cell immune responses against melanoma and melanocytes in cancer and autoimmunity
Kawakami Yutaka, Suzuki Yuriko, Shofuda Tomoko, Kiniwa Yukiko, Inozume Takashi, Dan Katsuaki, Sakurai Toshiharu, Fujita Tomonobu
Pigment Cell Research   13(Suppl 8) 163-169   2000年
Clinical significance of MART-1 and HLA-A2 expression and CD8+ T cell infiltration in melanocytic lesions in HLA-A2 phenotype patients
Kageshita Toshiro, Kawakami Yutaka, Ono Tomomichi
Journal of Dermatologicla Science   25(1) 36-44   2001年1月
Graft-versus-leukemia(GVL)効果の免疫制御
山崎理絵,河上裕
血液フロンティア   11(11) 1399-1408   2001年10月
Tumor antigens isolated from a patient with vitiligo and T-cell-infiltrated melanoma
Kiniwa Yukiko, Fujita Tomonobu, Akada Masanori, Ito Keiichi, Shofuda Tomoko, Suzuki Yuriko, Yamamoto Akifumi, Saida Toshiaki, Kawakami Yutaka
Cancer Research   61(21) 7900-7907   2001年11月
Induction of antigen-specific human CD4+ T cell anergy by peripheral blood DC2 precursors
Kuwana Masataka, Kaburaki Junichi, Wright Timothy M, Kawakami Yutaka, Ikeda Yasuo
European Journal of Immunology   31(9) 2547-2557   2001年9月
免疫血液疾患研究の進歩と現状: 特発性血小板減少性紫斑病
桑名正隆,河上裕,池田康夫
臨床病理   49(10) 992-995   2001年10月
Autoantibodies to the amino-terminal fragment of b-fodrin expressed in glandular epithelial cells in patients with Sjögren's syndrome
Kuwana Masataka, Okano Tetsuro, Ogawa Yoko, Kaburaki Junichi, Kawakami Yutaka
Journal of Immunology   167(9) 5449-5456   2001年11月
メラノーマとメラノサイトに対する免疫応答の分子機構
河上裕
日本皮膚科学会雑誌   111(12) 1701-1703   2001年11月
グリオーマ抗原分子を用いた新しい診断法の開発
戸田正博,飯塚幸彦,植田良,吉田一成,河瀬斌,河上裕
Neuro-Oncorogy   11(2) 93-94   2001年12月
Isolation of a new melanoma antigen, MART-2, containing a mutated epitope recognized by autologous tumor infiltrating T lymphocytes
Kawakami Y, X Wang, Shofuda T, Sumimoto H, JP Tupesis, E Fitzgerald, SA Rosenberg
Journal of Immunology   166(4) 2871-2877   2001年2月
Quantitative monitoring of PRAME gene for the detection of minimal residual disease in leukaemia
Matsushita Maiko, Ikeda Hideyuki, Kizaki Masahiro, Okamoto Shinichiro, Ogasawara Masahiro, Ikeda Yasuo, Kawakami Yutaka
British Journal of Haematology   112(4) 916-926   2001年3月
Lack of evidence for an increased microchimerism in circulation of patients with Sjogrens syndrome
Toda Ikuko, Kuwana Masataka, Tsubota Kazuo, Kawakami Yutaka
Annals of Rheumatic Diseases   60(3) 248-253   2001年3月
がんに対する分子標的としてのペプチド抗原
河上裕
最新医学   56(3) 432-439   2001年3月
Expression of the neural RNA-binding protein Musashi1 in human gliomas
Toda Masahiro, Iizuka Yukihiko, Yu Wang-Jie, Imai Takao, Ikeda Eiji, Yoshida Kazunari, Kawase Takeshi, Kawakami Yutaka, Okano Hideyuki, Uyemura Keiichi
Glia   34(1) 1-7   2001年4月
メラノーマと樹状細胞
猪爪隆史,河上裕
炎症と免疫5 Inflammation&Immunology   9(3) 62-69   2001年4月
新しい癌の免疫療法開発
河上裕
実験医学   19(6) 756-762   2001年4月
新しい癌ワクチンの開発
河上裕
臨床と研究   78(4) 695-700   2001年4月
T細胞認識腫瘍抗原とその臨床応用
河上裕
medicina   38(6) 1036-1038   2001年6月
Immunodominant epitopes on glycoprotein IIb-IIIa recognized by autoreactive T cells in patients with immune thrombocytopenic purpura
Kuwana Masataka., Kaburaki Junichi, Kitasato Hidero, Kato Miyako, Kawai Shinichi, Kawakami Yutaka, Ikeda Yasuo
Blood   98(1) 130-139   2001年7月
Heterogeneous immunogenetic background in Japanese adults with myasthenia gravis
Suzuki Shigeaki, Kuwana Masataka, Yasuoka Hidekata, Tanaka Kortaro, Fukuuchi Yasuo, Kawakami Yutaka
Journal of the Neurological Science   189(1-2) 59-64   2001年8月
Heterogeneous immunogenetic background in Japanese adults with myasthenia gravis
Suzuki Sigeaki, Kuwana Masataka, Yasuoka Hidekata, Tanaka Koutaro, Fukuuchi Yasuo, Kawakami Yutaka
Journal of the Neurological Sciences   189(1-2) 59-64   2001年8月   [査読有り]
Increase of oligodendrocyte progenitor cells after spinal cord injury
Ishii Ken, Toda Masahiro, Nakai Yoko, Asou Hiroaki, Watanabe Masahiko, Nakamura Masaya, Yato Yoshiyuki, Fujimura Yoshikazu, Kawakami Yutaka, Toyama Yoshiaki, Uyemura Keiichi
Journal of Neuroscience Research   65(6) 500-507   2001年9月
メラノーマのワクチン療法
河上裕
がん治療最前線   1(4) 10-13   2001年9月
T細胞認識癌抗原を標的とした癌に対する免疫療法
河上裕
肝臓病学の進歩 第27回肝臓研究会別冊   27 31-36   2001年9月
Autoreactive CD4+ T-cell clones to β2- glycoprotein I in patients with antiphospholipid syndrome: preferential recognition of the major phospholipid-binding site
Arai Takahide, Yoshida Kazue, Kaburaki Junichi, Inoko Hidetoshi, Ikeda Yasuo, Kawakami Yutaka, Kuwana Masataka
Blood   98(6) 1889-1896   2001年9月
メラノーマに対する免疫遺伝子治療
河上裕
分子がん治療   2(2) 131-137   2001年
Dry eye assiciated with chronic graft-versus-host disease
Ogawa Yoko, Masataka Kuwana, Yamazaki Kazuto, Mashima Yukihiko, Okamoto Shinichiro, Tsubota Kazuo, Oguchi Yoshihisa, Yutaka Kawakami
Advances in experimental medicine and biology   506(Pt B) 1041-1045   2002年10月
Identification of an immunodominant epitope on RNA polymerase III recognized by systemic sclerosis sera: application to enzyme-linked immunosorbent assay
Kuwana Masataka, Kimura Kyoko, Kawakami Yutaka
Arthritis rheumatism   46(10) 2742-2747   2002年10月
Rapid and efficient generation of lentivirally gene-modified dendritic cells from DC progenitors with bone marrow stromal cells
Sumimoto Hidetoshi, Tsuji Takashi, Miyoshi Hiroyuki, Hagihara Masao, Takada-Yamazaki Rie, Okamoto Shinichiro, Ikeda Yasuo, Takahashi Tsuneo, Kawakami Yutaka
Journal of immunological methods   271(1-2) 153-165   2002年12月
In Situ Cancer Vaccination with a Replication-Conditional HSV for the Treatment of Liver Metastasis of Colon Cancer
Endo Takashi, Toda Masahiro, Watanabe Msahiko, Iizuka Yukihiko, Kubota Tetsuo, Kitajima Masaki, Kawakami Yutaka
Cancer gene therapy   9 142-148   2002年2月
同種抗原を標的とした造血器腫瘍に対する免疫療法の開発
松下麻衣子,山崎理絵,藤田知信,河上裕
臨床血液   43(2) 94-96   2002年2月
ミニ移植「Con」
山崎理絵,河上裕
血液・免疫・腫瘍   7(2) 94-98   2002年4月
Immuno-viral therapy of brain tumors by combination of viral therapy with cancer vaccination using a replication-conditional HSV
Toda Masahiro, Iizuka Yukihiko, Kawase Takeshi, Uemura Keiichi, Kawakami Yutaka
Cancer Gene Therapy   9(4) 356-364   2002年4月
Spleen is a primary site for activation of platelet-reactive T and B cells in patients with immune thrombocytopenic purpura
Kuwana Masataka, Okazaki Yuka, Kaburaki Junichi, Kawakami Yutaka, Ikeda Yasuo
Journal of immunology   168(7) 3675-3682   2002年4月
Restricted T-cell receptor β-chain usage by T cells autoreactive to β2-glycoprotein I in patients with antiphospholipid syndrome
Yoshida Kazue, Arai Takahide, Kaburaki Junichi, Ikeda Yasuo, Kawakami Yutaka, Kuwana Masataka
Blood   99(7) 2499-2504   2002年4月
がん免疫療法の標的抗原
石川敏昭,河上裕
血液・腫瘍科   44(5) 397-405   2002年5月
細胞傷害性T細胞による養子免疫療法
桜井敏晴,河上裕
メディカル・サイエンス・ダイジェスト   28(7) 8-11   2002年6月
A simple and reliable behavioral analysis of locomotor function after spinal cord injury in mice
Mikami Yuji, Toda Masahiro, Watanabe Masahiko, Nakamura Masaya, Toyama Yoshiaki, Kawakami Yutaka
Journal of neurosurg   97(1Suppl) 142-147   2002年7月

書籍等出版物

 
河上裕
羊土社   1998年11月   
皮膚悪性黒色腫診療の実際:基礎から臨床まで
河上裕
メジカルセンス   1998年   
遺伝子治療開発ハンドブック
河上裕
日本遺伝子治療学会編:エヌ・ティー・エス   1999年5月   
免疫学ニューロフロンティア-阿蘇シンポジウム1998-
河上裕
南山堂   1999年7月   
免疫研究の新たな展開
河上裕
羊土社   1999年8月   

講演・口頭発表等

 
Identification of human melanoma antigens recognized by T cells and the development of immunotherapy [招待有り]
Kawakami Yutaka
第27回日本免疫学会総会   1997年10月   
T細胞で認識されるヒトメラノーマ抗原の単離同定と それを用いた第一相臨床試験 [招待有り]
河上裕
平成9年度文部省科学研究費重点領域1合同班会議 「細胞性免疫の誘導に基づく免疫療法」   1997年10月   
メラノーマの免疫遺伝子治療 [招待有り]
河上裕
第61回日本皮膚科学会東部支部学術大会   1997年10月   
Identification of human melanoma antigens recognized by tumor infiltrating T lymphocytes and their use for immunotherapy [招待有り]
Kawakami Yutaka
Meeting Transplantation/Immunoregulation : Gene Therapy and Tumor Antigen (4th; 1997)   1997年11月   
Isolation of melanoma antigens recognized by T-lymphocytes and their use in immuno-gene therapy of cancer [招待有り]
Kawakami Yutaka
International Symposium of the Hiroshima Cancer Seminar : Gene Therapy : Application to Disease (7th; 1997)   1997年11月   
T細胞認識メラノーマ抗原MART-1とgp100を用いた免疫遺伝子治療の現状 [招待有り]
河上裕
平成9年度第2回厚生省がん研究助成金班会議 「進行期悪性黒色腫の新しい治療の開発に関する研究   1997年11月   
悪性黒色腫の免疫遺伝子治療 [招待有り]
河上裕
第18回日本炎症学会   1997年11月   
T細胞で認識されるヒトメラノーマ抗原を用いた癌の免疫療法 [招待有り]
河上裕
第1回Young Oncologist Conference   1997年11月   
Identification and clinical application of human melanoma antigens recognized by T lymphocytes [招待有り]
Kawakami Yutaka,
第20回日本造血細胞移植学会総会   1997年12月   
メラノーマに対するペプチド療法 [招待有り]
河上裕
第10回日本BRM学会学術集会総会   1997年12月   
癌のペプチド療法 [招待有り]
河上裕
第10回日本BRM学会   1997年12月   
がんの免疫療法の最近の動向:NIHでのT細胞認識メラノーマ抗原を用いた免疫遺伝子治療の現状 [招待有り]
河上裕
第14回創薬薬理フォーラム   1997年12月   
T細胞に認識されるヒト腫瘍抗原を用いた免疫遺伝子治療 [招待有り]
河上裕
第16回慶應ニューロサイエンス研究会   1997年12月   
Induction of tumor reactive CTL using COS or B cells trasfected with genes encoding the melanoma antigens MART 1 or gp100
Parkhurst MR, Kang X, Rosenberg SA, Kawakami Y
Annual Meeting of American Association for Cancer Research Meeting (88th; 1997)   1997年4月   
T細胞に認識されるメラノーマ抗原を用いた免疫遺伝子治療 [招待有り]
河上裕
第13回 NeuroOncology 研究会   1997年4月   
Identification of human melanoma antigens recognized by tumor infiltrating T lymphocytes and their use for immunotherapy [招待有り]
Kawakami Yutaka, Rosenberg SA
Annual Meeting of Pan American Society for Pigmented Cell Research (7th; 1997)   1997年6月   
T細胞により認識されるメラノーマ抗原の単離同定と免疫遺伝子治療への応用 [招待有り]
河上裕
第37回日本リンパ網内系学会総会   1997年6月   
T細胞に認識されるメラノーマ抗原の単離同定と免疫遺伝子治療への臨床応用 [招待有り]
河上裕
第1回基盤的癌免疫研究会   1997年7月   
T細胞に認識されるヒトメラノーマ抗原の単離同定と免疫遺伝子療法への臨床応用 [招待有り]
河上裕
第18回バイオセラピーカンファレンス   1997年9月   
癌抗原遺伝子の同定と癌ワクチン開発:米国NCI外科における免疫療法10年の歩み [招待有り]
河上裕
第6回がん集学医療研究会ワークショップ   1998年1月   
免疫遺伝子治療の最前線--T細胞認識癌抗原のクローニングと癌ワクチンへの臨床応用 [招待有り]
河上裕
第2回群馬大リバーカンファレンス   1998年1月   
PRAME antigen in hematological malignancy
Ikeda Hideyuki, Matsushita Maiko, Kawakami Yutaka
Cancer Vaccine Week (3rd; 1998)   1998年10月   
白血病に発現するPRAME蛋白を標的とした免疫療法の可能性, シンポジウム「造血器腫瘍の分子標的化療法」 [招待有り]
池田英之,松下麻衣子,河上裕
第40回日本臨床血液学会   1998年10月   
HLA-A*2402同種肺癌細胞株を認識する健常人由来細胞傷害性T細胞(CTL)の樹立
住本秀敏,谷憲三朗,西條薫,大野忠夫,家城隆次,木村彰方,池田英之,浅野茂隆,河上裕
第57回日本癌学会総会   1998年10月   
Autoreactive T cell responses to β2-glycoprotein I (β2GPI) in patients with anti-phospholipid syndrome
Kuwana M, Hattori N, Kaburaki J, Ikeda Y, Kawakami Y
International Symposium on Antiphopholipid Antibodies (8th; 1998; Sapporo)   1998年10月   
T細胞認識抗原を用いたメラノーマのペプチド療法と遺伝子治療,Tumor Panel Discussion 「メラノーマ」 [招待有り]
河上裕
第36回日本癌治療学会   1998年10月   
T細胞認識ヒトメラノーマ抗原を用いた癌の免疫療法 [招待有り]
河上裕
第2回遺伝子治療研究会   1998年10月   
Autoreactive T cell responses to platelet membrane glycoprotein GPIIb-IIIa in patients with autoimuune thrombocytopenic purpura
Kuwana M, Kaburaki J, Kawakami Y, Ikeda Y
Annual Scientific Meeting of American College of Rheumatology (62nd; 1998; San Diego)   1998年11月   
T細胞認識癌抗原を用いた癌の免疫療法開発におけるいくつかのポイント, シンポジウム「特異的免疫療法の臨床応用」 [招待有り]
河上裕
第11回日本BRM学会   1998年11月   
腫瘍免疫学の最近の動向 [招待有り]
河上裕
第33回信州皮膚腫瘍懇話会   1998年11月   
新しい癌抗原特異的免疫療法の開発,シンポジウム「創薬の基礎と臨床」 [招待有り]
河上裕
第78回慶應医学会総会・第4回慶應ライフフォーラム   1998年11月   
T細胞認識ヒト腫瘍抗原の同定と免疫・遺伝子療法への臨床応用 [招待有り]
河上裕
第1回北海道血液・腫瘍セミナー   1998年11月   
New cancer therapy by immunomanipulation [招待有り]
Kawakami Y
4th Kyoto Cornea Club, 1998   1998年12月   
Profile of melanoma epitopes recognized by cytotoxic T cells [招待有り]
Kawakami Y
第13回日本色素細胞学会, 1998   1998年12月   
Normal and mutated peptides recognized by T cells may function as tumor regression antigens in human melanoma [招待有り]
Kawakami Y
Symposium 'Molecular mechanisms of self vs non-self discrimination by immune system- basis for recognition and destruction of tumor cells', 1998   1998年12月   
HLA-A2拘束性T細胞が認識するメラノーマ抗原gp100の新しいエピトープの同定:合成ペプチド上のシステイン修飾によるT細胞認識増強, ワークショップ 「腫瘍抗原分子の生物学」
河上裕
第28回日本免疫学会   1998年12月   
T細胞認識がん抗原を用いた新しい免疫療法の開発,シンポジウム「がん治療の新戦略」 [招待有り]
河上裕
第3回静岡健康長寿学術フォーラム   1998年12月   
癌:メラノーマ関連抗原ワクチン [招待有り]
河上裕
第16回免疫薬物療法研究会   1998年12月   
Identification of human melanoma antigens recognized by tumor infiltrating T lymphocytes and thier use for immunotherapy [招待有り]
Kawakami Yutaka
Internatinal Symposium on Recent Advances of Human Tumor Immunology and Immunotherapy   1998年2月   
T細胞認識ヒトメラノーマ抗原を用いた免疫療法 [招待有り]
河上裕
がん重点公開合同シンポジウムIV「がん免疫学の新しい展開」   1998年2月   
T細胞で認識されるヒトメラノーマ抗原の単離同定と免疫遺伝子治療への臨床応用 [招待有り]
河上裕
第2回日本産婦人科腫瘍マーカー遺伝子診断学会   1998年2月   
T細胞認識ヒト癌抗原の同定と免疫遺伝子治療の開発:米国National Cancer Instituteにおけるメラノーマに対する免疫遺伝子治療を中心に [招待有り]
河上裕
第24回日本泌尿器科学会東京地方会   1998年2月   
T細胞認識抗原を用いた癌の免疫遺伝子治療:米国NCIでのメラノーマの免疫療法を中心に [招待有り]
河上裕
山口大学癌免疫セミナー   1998年2月   
メラノーマに対する免疫遺伝子療法 [招待有り]
河上裕
第7回東北大癌フォーラム   1998年2月   
T細胞認識メラノーマ抗原を用いた新しい癌の免疫療法 [招待有り]
河上裕
秋吉毅教授退官記念講演会   1998年3月   
メラノーマに対する免疫遺伝子療法 [招待有り]
河上裕
第20回癌局所療法癌病態治療研究会合同大会   1998年3月   
Identification of human melanoma antigens recognized by T cells and their use for immunotherapy [招待有り]
Kawakami Y
International Expert Forum on Immunotherapy and Gene Therapy (6th; 1998)   1998年5月   
遺伝子治療の現状と癌の免疫遺伝子治療の実際,「遺伝子研究に基づく新しい医療の展開」 [招待有り]
河上裕
第55回慶應卒後臨床研修セミナー   1998年7月   
分子生物学的手法による先端的治療の展望:ペプチド療法,シンポジウム,「メラノーマ治療の新展開」 [招待有り]
河上裕
第14回日本皮膚悪性腫瘍学会   1998年7月   
gp100,MART-1ペプチドの臨床試験,パネルディスカッション 「本邦における癌ワクチン療法の臨床導入に向けて」 [招待有り]
河上裕
第2回基盤的癌免疫研究会   1998年7月   
T細胞認識ヒトメラノーマ抗原の単離と免疫療法への応用 [招待有り]
河上裕
第13回癌とBRM 研究会,特別講演   1998年7月   
T細胞認識ヒトメラノーマ抗原の単離と免疫療法への臨床応用,「免疫学のフロンティアー」 [招待有り]
河上裕
第22回阿蘇シンポジウム   1998年7月   
T細胞認識癌抗原を用いた免疫遺伝子治療の現状 [招待有り]
河上裕
第16回天城シンポジウム   1998年8月   
HLA-A1とHLA-A3に提示されるメラノーマ抗原tyrosinaseとgp100のT細胞エピトープの同定
河上裕
第57回日本癌学会   1998年9月   
Immunotherapy of melanoma using T cell defined antigens [招待有り]
Kawakami Y
Symposium 'Cell Therapy' Keio University International Symposia for Life Science and Medicine, 1999   1999年1月   
新しい癌抗原特異的免疫療法の開発 [招待有り]
河上裕
第18回慶應関連薬剤部長会講演会   1999年1月   
ファンコニ貧血患者より樹立した急性骨髄性白血病細胞株の解析
池田英之,松下麻衣子,木下明俊,河上裕
第58回日本癌学会総会   1999年10月   
PRAME遺伝子を用いた造血器腫瘍における微少残存病変の検出
松下麻衣子,池田英之,河上裕,岡本真一郎,池田康夫
第58回日本癌学会総会   1999年10月   
SAGE法を用いたヒトメラノーマ抗原の同定
鈴木ゆり子,橋本真一,藤田知信,鈴木拓児,正札智子,桜井敏晴,松島網治,河上裕
第58回日本癌学会総会   1999年10月   
In situ canver vaccination using a mutant HSV-1 for the treatment of metastatic brain tumor
Toda Masahiro, Iizuka Yukihiko, Yazaki Takahito, Kawase Takeshi, Uyemura Keiichi, Kawakami Yutaka
International Conference on Brain Tumor Research and Therapy (13th ; 1999 ; Japan)   1999年10月   
転移性脳腫瘍に対する癌ワクチン療法の試み
戸田正博,飯塚幸彦,矢崎貴仁,植村慶一,河瀬斌,河上裕
第58回日本脳神経外科学会総会   1999年10月   
患者血清を用いたSEREX法による脳腫瘍抗原遺伝子の単離と遺伝子治療,診断への応用
戸田正博,飯塚幸彦,吉田一成,河瀬斌,河上裕
第58回日本脳神経外科学会総会   1999年10月   
移植片対宿主病(GVHD)における涙腺の病理組織学的検討
小川葉子,山崎一人,中村裕,石田晋,真島行彦,小口芳久,戸田郁子,坪田一男,岡本真一郎,桑名正隆,河上裕
第53回日本臨床眼科学会   1999年10月   
損傷脊髄におけるオリゴデンドロサイト前駆細胞の解析
石井賢,戸田正博,阿相皓晃,中井陽子,渡辺雅彦,藤村祥一,河上裕,戸山芳昭,植村慶一
第14回日本整形外科学会基礎学術集会   1999年10月   
特発性血小板減少性紫斑病における免疫遺伝学的解析
桑名正隆,鏑木淳一,河上裕,猪子英俊,池田康夫
第27回日本臨床免疫学会総会   1999年10月   
T cell responses to melanoma and melanocytes. [招待有り]
Kawakami Yutaka
International Pigment Cell Conference. (17th ; 1999)   1999年10月   
突然変異に由来する自己T細胞認識ヒトメラノーマ抗原の単離・同定
正札智子,河上裕
第58回日本癌学会総会   1999年10月   
免疫遺伝子治療 [招待有り]
河上裕
第37回日本癌治療学会総会   1999年10月   
T細胞認識癌抗原を用いた免疫療法の現状と展望 [招待有り]
河上裕
第37回日本癌治療学会総会   1999年10月   
Identification of autoreactive T cells to β2-glycoprotein I that mediate antiphospholipid antibody production in patients with antiphopholipid syndrome (APS)
Hattori Noriko, Kaburaki Junichi, Mimori Tsuneyo, Ikeda Yasuo, Kawakami Yutaka, Kuwana Masataka
Annual Scientific Meeting of American College of Rheumatology (1999)   1999年11月   
Autoantibody reactive with NH2-terminal portion of β-fodrin is associated with Sjogren's syndrome
Kuwana Masataka, Okano Tetsuro, Kaburaki Junichi, Mimori Tsuneyo, Kawakami Yutaka
Annual Scientific Meeting of American College of Rheumatology (1999)   1999年11月   
Isolation of human tumor antigens for development of immunotherapy [招待有り]
Kawakami Yutaka
The 27th Meeteing of the International Society for Oncodevelopmental Biology and Medicine. (1999)   1999年11月   
T細胞応答を利用した癌の免疫・遺伝子治療の開発 [招待有り]
河上裕
第4回東海血液フォーラム   1999年11月   
腫瘍抗原と免疫 [招待有り]
河上裕
Cell therapy   1999年11月   
PRAME, a novel tumor marker for the detection of minimal residual disease in leukemia and lymphoma
Matsushita Maiko, Ikeda Hideyuki, Kizaki Masahiro, Okamoto Shinichiro, Ikeda Yasuo, Kawakami Yutaka
Annual Meeting of the American Society of Hematology (41st ; 1999 ; New Orleans)   1999年12月   
'Characterization of a newly established acute myelogenous leukemia cell line from a Fanconi anemia patient' [招待有り]
Ikeda,Hideyuki.,Matsushita, M., Kinoshita, A., Kawai, Y., Watanabe, K., Kawakami, Y.
11th Annual International Fanconi Anemia Scientific Symposium, (1999 ; New Orleans, )   1999年12月   
SEREX法によるヒト腫瘍抗原の単離
木庭幸子,藤田知信,赤田昌紀,伊藤敬一,鈴木ゆり子,正札智子,斎田俊明,河上裕
第29回日本免疫学会総会   1999年12月   
SEREX法により単離したヒト膵癌抗原の解析
赤田昌紀,藤田知信,木庭幸子,伊藤敬一,鈴木ゆり子,河上裕,砂村真琴,松野正紀
第29回日本免疫学会総会   1999年12月   
造血幹細胞移植後のドライアイ
小川葉子,岡本真一郎,森毅彦,渡部玲子,山崎一人,桑名正隆,河上裕,坪田一男,池田康夫
第22回造血細胞移植学会総会   1999年12月   
発達過程におけるマウス脳内抗原提示細胞の解析
戸田正博,鈴木春巳,小安重夫,河上裕
第29回日本免疫学会総会・学術集会   1999年12月   
Replication-conditional HSV vectorを用いた癌ワクチン療法
戸田正博,飯塚幸彦,河上裕
第4回癌特異的免疫療法研究会   1999年12月   
Isolation of human tumor antigens recognized by T cells and their modification for the use in the immunotherapy [招待有り]
Kawakami Y
'Progress in Immunotherapy and Gene Therapy of Cancer', US-Japan Cooperative Cancer Research Program,第21回日本分子生物学会, 1999   1999年2月   
T細胞認識腫瘍抗原を標的とした免疫療法の開発 [招待有り]
河上裕
第1回栃木Hematology Seminar   1999年2月   
T細胞認識ヒト癌抗原の単離と新しい免疫療法の開発: メラノーマでの経験を中心に [招待有り]
河上裕
第2回京都免疫ワークショップ   1999年2月   
がんワクチンの可能性 [招待有り]
河上裕
第25回日本医学会総会   1999年4月   
マウス大腸癌肝転移モデルに対する変異型ヘルペスウイルスを用いた免疫遺伝子治療
遠藤高志,戸田正博,渡邊昌彦,青木成史,久保田哲郎,河上裕,植村慶一,北島政樹
第20回癌免疫外科研究会   1999年5月   
T細胞認識ヒト癌抗原の同定と免疫療法への臨床応用 [招待有り]
河上裕
第32回福井癌研究会   1999年5月   
脳内抗原提示細胞の単離とその解析
戸田正博,鳥羽陽子,鈴木春巳,河瀬斌,小安重夫,河上裕,植村慶一
第12回脳と免疫研究会   1999年6月   
転移性脳腫瘍に対するin situ癌ワクチン療法
戸田正博,飯塚幸彦,河瀬斌,河上裕,植村慶一
第12回脳と免疫研究会   1999年6月   
抗リン脂質症候群(APS)におけるβ2グリコプロテインI(β2-GPI)反応性T細胞の解析
服部典子,桑名正隆,鏑木淳一,三森経世,池田康夫,河上裕
第43回日本リウマチ学会総会   1999年6月   
膠原病患者血清中のβ-fodrinに対する自己抗体の解析
桑名正隆,亀田秀人,三森経世,河上裕
第43回日本リウマチ学会総会   1999年6月   
T細胞認識ヒト癌抗原の同定と免疫療法への臨床応用 [招待有り]
河上裕
第7回DMB研究会   1999年6月   
T細胞応答を利用した新しい癌の免疫療法の開発 [招待有り]
河上裕
第1回血液治療研究会   1999年6月   
ITP発症の免疫機構 [招待有り]
河上裕,桑名正隆
第7回小児ITP研究会   1999年6月   
熱ショック蛋白抗原提示機能を応用した消化器癌に対する新しい免疫遺伝子治療法の開発にむけた基礎的検討
北川雄光,上田政和,安藤暢敏,北島政樹,団克昭,戸田正博,河上裕
第7回DMB研究会   1999年6月   
T細胞認識ヒト癌抗原の同定と免疫・遺伝子治療への応用 [招待有り]
河上裕
第19回遺伝医学研究会   1999年7月   
T細胞認識癌抗原を用いた新しい癌の免疫療法 [招待有り]
河上裕
第26回尿路悪性腫瘍研究会   1999年7月   
T細胞認識ヒトメラノーマ抗原の同定と免疫療法への臨床応用 [招待有り]
河上裕
第8回スカイクラブ研究会   1999年8月   
変異型HSV-1を用いたマウス大腸癌肝転移モデルに対する腫瘍ワクチン療法の開発
遠藤高志,戸田正博,渡邊昌彦,久保田哲朗,北島政樹,河上裕
第58回日本癌学会総会   1999年9月   
ヒトメラノーマ拒絶におけるCD8+T細胞応答の意義 [招待有り]
河上裕
第58回日本癌学会   1999年9月   

Works

 
医学部国際交流委員会委員
その他   2003年10月 - 2005年9月
国際交流委員会委員
その他   2001年10月 - 2003年9月
国際交流委員会委員
その他   1999年10月 - 2001年9月

特許

 
2010-529742 : がんの診断方法と治療方法
工藤千恵、河上裕
2009-530080 : 腫瘍細胞による免疫制御の解除剤とそれを用いた抗腫瘍剤
工藤千恵、河上裕
2014-264359 : 癌治療剤
河上裕、谷口智憲、早川妙香、今泉厚
特開2015-71543 : ペプチド、樹状細胞、細胞傷害性T細胞、白血病ワクチン、及び白血病受動免疫療法剤
松下麻衣子、河上裕、服部豊
特開2013-256454 : がん免疫療法
塚本信夫、松下麻衣子、服部豊、河上裕