中山 幹夫

J-GLOBALへ         更新日: 12/11/22 02:49
 
アバター
研究者氏名
中山 幹夫
 
ナカヤマ ミキオ
所属
慶應義塾大学
部署
経済学部 経済学部 経済学科
職名
教授
学位
理学博士(東京工業大学)(東京工業大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1999年
 - 
2001年
:大学学生総合センター副部長(三田支部)
 
1997年
   
 
-:大学院経済学研究科委員
 
1997年
   
 
-:大学教授(経済学部)
 
1989年
 - 
1997年
:法政大学経済学部 ,教授
 
1975年
 - 
1989年
:富山大学経済学部 ,講師、助教授、教授
 

学歴

 
 
 - 
1972年
東京工業大学 理工学研究科 社会工学専攻
 
 
 - 
1970年
東京工業大学 工学部 社会工学科
 

委員歴

 
1996年9月
 - 
1998年9月
日本経済学会  理事
 

Misc

 
The Strategic Cores α,β,γ and δ
原田崇史,中山 幹夫
International Game Theory Review   13(1) 1-15   2011年
フォン・ノイマンのミニマックス定理をめぐる覚書
中山 幹夫
三田学会雑誌   104(2)    2011年
Equilibria and Cores of Coalitional Strategic Games
中山 幹夫
福岡大学経済学部研究会 福岡大学経済学部      2010年
協力ゲーム理論と経済学
中山 幹夫
日本大学大学院特別講義 日本大学大学院      2010年
大石尊之, 中山 幹夫
Japanese Economic Review   60(4)    2009年

書籍等出版物

 
協力ゲーム理論
勁草書房   2008年   ISBN:978-4-326-50304-9
社会的ゲームの理論入門
剄草書房   2005年   
ゲーム理論で解く
有斐閣   2000年   
ミクロ経済学 ゲーム理論
東洋経済新報社   1997年   
はじめてのゲーム理論
有斐閣   1997年   

講演・口頭発表等

 
Mutual Cooperation and Unilateral Altruism in A One-Shot Prisoner's Dilemma - A Computability Approach -
一橋ゲーム理論ワークショップ   2005年   
Credible Deviations and Retaliations in a Class of Strategic Games
第1回環太平洋ゲーム理論研究集会   2004年   
Coalition-Proofness, Retaliations and Punishment Dominance in a Class of Strategic Games
The Second World Congress on Game Theory   2004年   
Self-Supporting Strong Equilibria and Cores in a Public Goods Economy
日本経済学会2001年度大会   2001年   
Kinship Recognition and Self-Sacrifice in the One Shot Prisoner's Dilemma
The First World Congress on Game Theory   2000年   

所属学協会