高尾 賢一

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/21 03:26
 
アバター
研究者氏名
高尾 賢一
 
タカオ ケンイチ
eメール
takaoapplc.keio.ac.jp
URL
http://www.applc.keio.ac.jp/~takao/lab/
所属
慶應義塾大学
部署
理工学部応用化学科
職名
教授
学位
博士(工学)(慶應義塾大学)
科研費研究者番号
70287481

研究分野

 
 

経歴

 
1995年4月
 - 
1996年3月
財団法人相模中央化学研究所,研究員
 
1996年4月
 - 
1998年3月
東京理科大学(薬学部),助手
 
1998年4月
 - 
2001年3月
慶應義塾大学(理工学部),助手
 
2001年4月
 - 
2008年3月
慶應義塾大学(理工学部),専任講師
 
2005年8月
 - 
2006年7月
米国スクリプス研究所フロリダ,客員研究員
 

委員歴

 
2002年3月
 - 
2006年2月
日本化学会  会員委員会委員
 
2005年3月
 - 
2006年2月
日本化学会  化学だいすきクラブ委員会委員
 
2007年2月
 - 
2009年2月
有機合成化学協会  編集委員会委員
 
2009年2月
 - 
2013年2月
有機合成化学協会  関東支部幹事
 
2012年2月
 - 
2018年2月
有機合成化学協会  事業委員会委員
 

受賞

 
2006年11月
社団法人 有機合成化学協会 アステラス製薬 研究企画賞 官能基化されたシクロブタン誘導体の新規不斉合成法の開発と天然物合成への応用
受賞者: 高尾 賢一
 

論文

 
Enantioselective Total Synthesis of (–)-Misramine
Keisuke Yoshida, Yuta Fujino, Yusei Takamatsu, Kohei Matsui, Akihiro Ogura, Yuri Fukami, Shinji Kitagaki, and Ken-ichi Takao
Org. Lett.   Vol.20 5044-5047   2018年8月   [査読有り]
Total Synthesis of Clavilactones
Ken-ichi Takao, Kento Mori, Kenya Kasuga, Ryuki Nanamiya, Ayumi Namba, Yuuki Fukushima, Ryuichi Nemoto, Takuma Mogi, Hiroyuki Yasui, Akihiro Ogura, Keisuke Yoshida, and Kin-ichi Tadano
J. Org. Chem.   Vol.83 7060-7075   2018年7月   [査読有り]
Wataru Matsuki, So Miyazaki, Keisuke Yoshida, Akihiro Ogura, Yukiko Sasazawa, Ken-ichi Takao, and Siro Simizu
Bioorg. Med. Chem. Lett.   Vol.27 4536-4539   2017年10月   [査読有り]
Ken-ichi Takao, Ryuichi Nemoto, Kento Mori, Ayumi Namba, Keisuke Yoshida, and Akihiro Ogura
Chem. Eur. J.   Vol.23 3828-3831   2017年3月   [査読有り]
Keisuke Yoshida, Yohei Kanoko, and Ken-ichi Takao
Asian J. Org. Chem.   Vol.5 1230-1236   2016年10月   [査読有り]

Misc

 
分子内野崎-檜山-高井-岸反応を用いた天然物の全合成
高尾賢一
THE CHEMICAL TIMES   (No.3) 12-16   2018年7月
高尾賢一・只野金一
化学と教育   Vol.65 620-623   2017年12月

書籍等出版物

 
有機合成実験法ハンドブック 第2版
高尾 賢一
丸善出版   2015年11月   
Studies in Natural Products Chemistry; Atta-ur-Rahman, Ed.
Ken-ichi Takao and Kin-ichi Tadano (担当:共著, 範囲:161-187)
Elsevier: Amsterdam   2013年4月   
ベーシックマスター有機化学
高尾 賢一
オーム社   2011年11月   
Studies in Natural Products Chemistry; Atta-ur-Rahman, Ed.
Yoshikazu Suzuki, Ken-ichi Takao, and Kin-ichi Tadano (担当:共著, 範囲:127-167)
Elsevier: Amsterdam   2003年12月   
Studies in Natural Products Chemistry; Atta-ur-Rahman, Ed.
Ken-ichi Takao, Jun Ishihara, Kin-ichi Tadano (担当:共著, 範囲:3-51)
Elsevier: Amsterdam   2000年12月   

講演・口頭発表等

 
Enantioselective Total Synthesis of (–)-Misramine [招待有り]
Ken-ichi Takao
The 14th Keio LCC–Yonsei CBMH Joint Symposium   2018年11月   
スキグラウトンAの全合成研究
大工原賢司・合志佑有子・小椋章弘・高尾賢一
第114回有機合成シンポジウム   2018年11月   
(+)-アクアトリドの全合成
甲斐大敬・山田 愛・福島悠貴・小椋章弘・吉田圭佑・高尾賢一
第60回天然有機化合物討論会   2018年9月   
天然物合成を指向した合成法の開発 [招待有り]
高尾 賢一
第62回日本薬学会関東支部大会   2018年9月   
Red Light-mediated Barton–McCombie Reaction
Akihiro Ogura, Naoki Ichii, and Ken-ichi Takao
EuCHeMS conference on Organic Free Radicals (ECOFR 2018)   2018年6月