宮本 勝

J-GLOBALへ         更新日: 15/03/27 02:54
 
アバター
研究者氏名
宮本 勝
 
ミヤモト マサル
URL
http://ir.c.chuo-u.ac.jp/researcher/profile/00016841.html
所属
中央大学
部署
総合政策学部
職名
教授
学位
文学博士(東京都立大学), 文学修士(東京都立大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1993年4月
   
 
~ 中央大学総合政策学部教授
 
1986年4月
 - 
1993年3月
 国立民族学博物館第二研究部助教授
 
1985年10月
 - 
1986年3月
 国立民族学博物館第一研究部助教授
 
1981年4月
 - 
1985年9月
 国立民族学博物館第二研究部助手
 
1976年4月
 - 
1981年3月
 国立民族学博物館第五研究部助手
 

学歴

 
 
 - 
1976年
東京都立大学 社会科学研究科 社会人類学
 
 
 - 
1975年
東京都立大学 社会科学研究科 社会人類学
 

受賞

 
1987年
第15回金田一京助博士記念賞
 
1978年
第9回澁澤賞
 

Misc

 
Indigenous Law and Native Court in Sabah: A Case Study of the Penampang Kadazan
Masaru Miyamoto
Sabah Museum Monograph: Legal Culture in South-East Asia and East Africa   11 21-67   2008年12月
ジャワの集団リンチと紛争回避: ジョクジャカルタの公設市場から
宮本 勝
<もめごと>を処理する   112-137   2003年8月
Legal Culture in Sabah : A Case Study of the Rungus in Pitas and the Lotud in Tuaran.
Masaru Miyamoto
Cultural Adaptation in Borneo.(Sabah Museum Monograph Vol.7)   31-58   2002年12月
The Hanunoo-Mangyan: Society, Religion and Law among a Mountain People of Mindoro Island, Philippines
Masaru Miyamoto
Senri Ethnological Studies   (22)    1988年3月
Natural Phenomena Rituals
Miyamoto, Masaru
Pinagmulan: Enumeration from the Philippine Cultural Heritage   p.202   2013年12月

書籍等出版物

 
The Hanunoo-Mangyan: Society, Religion and Law among a Mountain People of Mindoro Island, Philippines
国立民族学博物館   1988年3月   
ハヌノオ・マンヤン族-フィリピン山地民の社会・宗教・法-(南島文化叢書8)
第一書房   1986年4月   
Pinagmulan: Enumerations from the Philipine Inventory of Heritage
National Commission for Culture and the Arts (NCCA) and Intangible Cultural Heritge in the Asia-Pacific (ICHCAP) under the auspices if UNESCO   2013年12月   
Legal Culture in South-East Asia and East Africa
サバ博物館   2008年12月   
Conflict Management and Legal Pluralism: Studies in Local Societies of South-East Asia and East Africa
Chuo Univwersity   2008年3月   

講演・口頭発表等

 
Indigenous Law and the Native Court in Sabah: An Anthropological Study of the Penampang Kadazan
Symposium on Sabah Narive Customary Rights at Univeriti Malaysia Sabah, Kota Kinabalu on 2-3 September 2013   2013年   
Indigenous Law and Native Court in Sabah, Malaysia
The 9th Biennial International Conference of the Borneo Research Council, Kota Kinabalu   2008年   
Legal Culture in Sabah
Rotary Club, Kota Kinabalu   2006年   
ジャワの法文化における紛争回避と集団リンチ: ヨクヤカルタ市の公設市場の調査から
日本民族学会35回研究大会分科会2『東南アジア島嶼部諸民族の近代化に対する<心身>の反応と文化の創出』   2001年   
Legal Culture in Sabah: A Case Study of the Lotud in Tuaran
ボルネオ学会第4回国際会議   1996年   

Works

 
東マレーシア・サバ州における原住民裁判所と法文化の研究
2013年4月
マレーシア・サバ州における原住民裁判所と多元的法秩序生成に関する研究
2005年4月
東南アジア・東アフリカの地域社会における紛争処理と多元的法秩序生成に関する研究
2004年4月
東南アジア島嶼部諸民族の近代化に対する<心身>の反応と文化の創出
1998年4月
ボルネオにおける社会経済変動と文化的適応
1992年4月

競争的資金等の研究課題

 
東マレーシアにおけるフィリピン系ムスリムの民族学的研究
研究期間: 2014年 - 2015年
本研究は、東マレーシアのサバ州に居住するフィリピン系ムスリム(かつてフィリピンから移住し、原住民[Natives]の一部としてサバ社会を形成してきたムスリム)の生活様式、とりわけ法文化(固有法による紛争処理と多元的法体制)を解明することを目的とする。
海外在住フィリピン人の生活圏形成に関する調査研究
研究期間: 2011年 - 2012年
日本で不法就労者として働いた経験のあるフィリピン人に焦点を当て、人類学におけるライフヒストリー研究の手法を用いて彼らの生活の実体を明らかにするための調査研究。
東南アジア島嶼部における法文化の人類学的研究
その他の研究制度
研究期間: 1993年 - 2013年
本研究は、東南アジア島嶼部の地域社会で紛争がどのように処理され、多元的な法文化が創出されているかを考察し、実際に人びとの間で「生きている法」の基礎をなすと思える世界観を明らかにしようとしている。
マレーシア・サバ州における慣習法と原住民裁判所
その他の研究制度
研究期間: 2004年 - 2010年
マレーシアのサバ州における慣習法と原住民裁判所に焦点を当て、その地域における多元的法体制の生成について論じた。本研究は科研費の援助を受けた研究プロジェクト『東南アジア・東アフリカの地域社会における紛争処理と多元的法秩序生成に関する研究』と並行して実施した。