KOJIMA Satoko

J-GLOBAL         Last updated: Jun 8, 2019 at 03:27
 
Avatar
Name
KOJIMA Satoko
Affiliation
Iwate University

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
1994
 - 
2000
 Part-time researcher for university or other academic organization
 
1998
 - 
2005
 Lecturer
 

Published Papers

 
平安時代の複合動詞
20(9) 71-78   Jan 2001
複合動詞後項「行く」の変遷
76(4) 56-69   Jan 1999   [Refereed]
「行く」と「来」―源氏物語における用法―
325-344   Jan 1998
On Usage in "Chumon no Oi Ryouriten"
Kojima,Satoko
Artes Liberales   (78) 89-103   Jun 2006
「御」の一用例
128-146   Jan 1993
「らしい」について
563-578   Jan 1996
古今和歌集の「む」―《推量》の意味について―
11 1-13   Jan 1999
古典語のテ型の一用例―「てやる」について―
7 111-123   Jan 2002
研究ノート 岩手県で用いられる特徴的な言葉について
(86) 69-86   Jun 2010
宮沢賢治の童話の語法について―副助詞「くらい」の用法を中心に―
   Mar 2008
動詞の終止形による終止―中古仮名文学作品を資料として―
220-240   Jan 1995
接尾語「ぽい」の変化
8 31-38   Jan 2003
宮沢賢治の童話における「標準語」の語法
   Mar 2012
花巻方言の資料としての宮沢賢治作品
161-188   Mar 2013
昭和初期の方言調査資料について
   Mar 2013
宮沢賢治と浜田広介の語法に見る方言からの影響
(5) 27-41   May 2013   [Refereed]
近代の地方出身作家の助詞の用法について―宮澤賢治と濱田廣介
211-220   Oct 2012
宮沢賢治の童話における程度副詞―程度の大きさを表す表現について―
18 207-226   Feb 2015
方言を掘り起こす―「岩手県郷土教育資料」とその学習材化の可能性―
119-145   May 2015
東北地方若年層の用いる文末形式「~クナイ」について
(97) 29-42   Jan 2016

Books etc

 
日本語文法大辞典
Mar 2001   
三省堂詳説古語辞典
Jan 2000   
暮らしのことば 擬音・擬態語辞典
Nov 2003   
小学新国語辞典
Jan 2002   
岩手県における郷土教育資料の概要―方言に関する記述を中心に―
Mar 2014   

Conference Activities & Talks

 
日本語の歴史における宮澤賢治の時代
宮沢賢治の童話の言葉について~標準語受容という観点から~
近代の地方出身作家の助詞の用法について ―宮沢賢治と濱田広介―
昭和初期の方言調査資料について
昭和15年資料について