MISC

2011年12月

【自閉症スペクトラム障害の早期療育への前方向視的研究】早期療育の成果に関する前方向視的研究

乳幼児医学・心理学研究
  • 杉山 登志郎
  • ,
  • 原 仁
  • ,
  • 山根 希代子
  • ,
  • 藤坂 龍司
  • ,
  • 野邑 健二
  • ,
  • 今本 繁
  • ,
  • 富永 亜由美
  • ,
  • 並木 典子
  • ,
  • 明翫 光宜
  • ,
  • 野村 香代
  • ,
  • 天野 美鈴
  • ,
  • 有光 興記
  • ,
  • 田島 志保
  • ,
  • 加藤 康子
  • ,
  • 藤田 佑里子

20
2
開始ページ
115
終了ページ
125
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
日本乳幼児医学・心理学会

早期幼児の療育の前方視的に検討した。療育を受けた児童計50名について、療育に参加した直後と、約1年間療育を受けた後の2時点で、新版K式発達検査(新K式)、乳幼児発達スケール(KIDS)、子どもの行動チェックリスト親用(CBCL)、広汎性発達性障害日本自閉症協会評価尺度(PARS)、GHQ精神健康調査票の尺度測定を行い、得点の変化を検討した。全体的な結果としては、2-3歳台という幼児期早期において、早期療育の成果がそれほど顕著に認められないと考えられた。言語能力やCBCLに示される問題行動については、早期療育の効果が示され、PARSによる自閉症症状も改善を示した。幼児期早期においては、親への介入によって、養育者を支えることが大きな目的であることが示唆された。

リンク情報
J-GLOBAL
https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201202255447055959
Jamas Url
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&doc_id=20120216050008&url=http%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F40019200427&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif
ID情報
  • ISSN : 0918-7065
  • 医中誌Web ID : 2012186053
  • J-Global ID : 201202255447055959

エクスポート
BibTeX RIS