KIRA Ryutaro

J-GLOBAL         Last updated: Mar 13, 2019 at 02:23
 
Avatar
Name
KIRA Ryutaro
Affiliation
Kyushu University
Section
Hospital, 小児科
Job title
講師
Degree
Ph.D(Kyushu University)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Nov 2014
 - 
Today
Chief, Department of Pediatric Neurology, Fukuoka Children’s Hospital
 

Published Papers

 
Morioka T, Suzuki SO, Murakami N, Mukae N, Shimogawa T, Haruyama H, Kira R, Iihara K
Child's nervous system : ChNS : official journal of the International Society for Pediatric Neurosurgery   35(1) 119-128   Jan 2019   [Refereed]
Okumura A, Mori H, Fee Chong P, Kira R, Torisu H, Yasumoto S, Shimizu H, Fujimoto T, Tanaka-Taya K, Acute Flaccid Myelitis Collaborative Study Investigators.
Brain & development      Dec 2018   [Refereed]
Tsuji M, Chong PF, Yamashita F, Maeda K, Kira R
Journal of neuroradiology. Journal de neuroradiologie      Nov 2018   [Refereed]
Lee S, Morioka T, Chong PF, Suzuki SO, Imagi T, Murakami N, Baba H, Kira R
Neurological sciences : official journal of the Italian Neurological Society and of the Italian Society of Clinical Neurophysiology      Nov 2018   [Refereed]
Okuzono S, Fukai R, Noda M, Miyake N, Lee S, Kaku N, Sanefuji M, Akamine S, Kanno S, Ishizaki Y, Torisu H, Kira R, Matsumoto N, Sakai Y, Ohga S
Brain & development      Nov 2018   [Refereed]
Chong PF, Sakai Y, Torisu H, Tanaka T, Furuno K, Mizuno Y, Ohga S, Hara T, Kira R
Journal of the neurological sciences   392 51-55   Sep 2018   [Refereed]
Chong PF, Saitsu H, Sakai Y, Imagi T, Nakamura R, Matsukura M, Matsumoto N, Kira R
Seizure   60 91-93   Aug 2018   [Refereed]
Chong PF, Nakamura K, Kira R
Journal of inherited metabolic disease   41(4) 745-746   Jul 2018   [Refereed]
Yamamoto T, Lu Y, Nakamura R, Shimojima K, Kira R
Congenital anomalies   58(4) 143-144   Jul 2018   [Refereed]
Kira R
Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo   70(2) 99-112   Feb 2018   [Refereed]
Chong PF, Kira R, Mori H, Okumura A, Torisu H, Yasumoto S, Shimizu H, Fujimoto T, Hanaoka N, Kusunoki S, Takahashi T, Oishi K, Tanaka-Taya K, Acute Flaccid Myelitis Collaborative Study Investigators .
Clinical infectious diseases : an official publication of the Infectious Diseases Society of America   66(5) 653-664   Feb 2018   [Refereed]
Lu Y, Chong PF, Kira R, Seto T, Ondo Y, Shimojima K, Yamamoto T
Journal of pediatric genetics   6(4) 234-237   Dec 2017   [Refereed]
Murakami N, Morioka T, Kawamura N, Suzuki SO, Kira R
Child's nervous system : ChNS : official journal of the International Society for Pediatric Neurosurgery   33(1) 179-182   Jan 2017   [Refereed]
Serita Y, Morioka T, Murakami N, Kawamura N, Takahata Y, Kira R
Surgical neurology international   8 266   2017   [Refereed]
Yamaguchi Y, Torisu H, Kira R, Ishizaki Y, Sakai Y, Sanefuji M, Ichiyama T, Oka A, Kishi T, Kimura S, Kubota M, Takanashi J, Takahashi Y, Tamai H, Natsume J, Hamano S, Hirabayashi S, Maegaki Y, Mizuguchi M, Minagawa K, Yoshikawa H, Kira J, Kusunoki S, Hara T
Neurology   87 2006-2015   Nov 2016   [Refereed]
Lee S, Sanefuji M, Torio M, Kaku N, Ichimiya Y, Mizuguchi S, Baba H, Sakai Y, Ishizaki Y, Torisu H, Kira R, Hara T, Ohga S
Journal of the neurological sciences   370 39-43   Nov 2016   [Refereed]
Shimogawa T, Morioka T, Onozawa H, Suzuki SO, Kira R
J Neurol Surg Rep   77(2) e94-97   Jun 2016   [Refereed]
Chong PF, Nakamura R, Saitsu H, Matsumoto N, Kira R
Annals of neurology   79(3) 502-503   Mar 2016   [Refereed]
Yamamoto T, Shimojima K, Ondo Y, Imai K, Chong PF, Kira R, Amemiya M, Saito A, Okamoto N
Human genome variation   3 16025   2016   [Refereed]
Isobe N, Sakai Y, Kira R, Sanefuji M, Ishizaki Y, Sakata A, Sasazuki M, Torio M, Akamine S, Torisu H, Hara T
Clinical EEG and neuroscience   47(4) 317-323   Mar 2015   [Refereed]
Chong PF, Matsukura M, Kira R
Pediatric neurology   52(6) 649-650   Feb 2015   [Refereed]
Chong PF, Haraguchi K, Torio M, Kirino M, Ogata R, Matsukura M, Sakai Y, Ishizaki Y, Yamamoto T, Kira R
Brain & development   37(1) 171-174   Jan 2015   [Refereed]
Chong PF, Ogata R, Kobayashi H, Koizumi A, Kira R
Brain & development   37(8) 822-824   Dec 2014   [Refereed]
Sasaki M, Ishii A, Saito Y, Morisada N, Iijima K, Takada S, Araki A, Tanabe Y, Arai H, Yamashita S, Ohashi T, Oda Y, Ichiseki H, Hirabayashi S, Yasuhara A, Kawawaki H, Kimura S, Shimono M, Narumiya S, Suzuki M, Yoshida T, Oyazato Y, Tsuneishi S, Ozasa S, Yokochi K, Dejima S, Akiyama T, Kishi N, Kira R, Ikeda T, Oguni H, Zhang B, Tsuji S, Hirose S
Neurology   82(6) 482-490   Feb 2014   [Refereed]
Sanefuji M, Torisu H, Kira R, Yamashita H, Ejima K, Shigeto H, Takada Y, Yoshida K, Hara T
Brain & development   35(6) 575-578   Jun 2013   [Refereed]
Iwayama M, Kira R, Hara T
Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society   54(4) 582   Aug 2012   [Refereed]
Iwayama M, Kira R, Kinukawa N, Sakai Y, Torisu H, Sanefuji M, Ishizaki Y, Nose Y, Matsumoto T, Hara T
Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society   53(5) 709-714   Oct 2011   [Refereed]
Lee S, Sanefuji M, Watanabe K, Uematsu A, Torisu H, Baba H, Kira R, Takada Y, Ishizaki Y, Toyoshima M, Aragaki F, Hata D, Hara T
Journal of the neurological sciences   306(1-2) 91-93   Jul 2011   [Refereed]
Sanefuji M, Takada Y, Kimura N, Torisu H, Kira R, Ishizaki Y, Hara T
NeuroImage   54(3) 2394-2400   Feb 2011   [Refereed]
Noriuchi M, Kikuchi Y, Yoshiura T, Kira R, Shigeto H, Hara T, Tobimatsu S, Kamio Y
Brain research   1362 141-149   Nov 2010   [Refereed]
Sanefuji M, Kira R, Matsumoto K, Gondo K, Torisu H, Kawakami H, Iwaki T, Hara T
Journal of child neurology   25(11) 1429-1434   Nov 2010   [Refereed]
Torisu H, Kira R, Ishizaki Y, Sanefuji M, Yamaguchi Y, Yasumoto S, Murakami Y, Shimono M, Nagamitsu S, Masuzaki M, Amamoto M, Kondo R, Uozumi T, Aibe M, Gondo K, Hanai T, Hirose S, Matsuishi T, Shirahata A, Mitsudome A, Hara T
Brain & development   32(6) 454-462   Jun 2010   [Refereed]
Ishizaki Y, Yukaya N, Kusuhara K, Kira R, Torisu H, Ihara K, Sakai Y, Sanefuji M, Pipo-Deveza JR, Silao CL, Sanchez BC, Lukban MB, Salonga AM, Hara T
Human genetics   127(4) 411-419   Apr 2010   [Refereed]
Kira R, Ishizaki Y, Torisu H, Sanefuji M, Takemoto M, Sakamoto K, Matsumoto S, Yamaguchi Y, Yukaya N, Sakai Y, Gondo K, Hara T
Brain & development   32(1) 57-63   Jan 2010   [Refereed]
Goto K, Sanefuji M, Kusuhara K, Nishimura Y, Shimizu H, Kira R, Torisu H, Hara T
Emerging infectious diseases   15(10) 1689-1691   Oct 2009   [Refereed]
Ishimura M, Saito M, Ohga S, Hoshina T, Baba H, Urata M, Kira R, Takada H, Kusuhara K, Kang D, Hara T
European journal of pediatrics   168(6) 673-677   Jun 2009   [Refereed]
Ishizaki Y, Kira R, Fukuda M, Torisu H, Sakai Y, Sanefuji M, Yukaya N, Hara T
Epilepsia   50(4) 761-767   Apr 2009   [Refereed]
Fukuda M, Suzuki Y, Ishizaki Y, Kira R, Kikuchi C, Watanabe S, Hino H, Morimoto T, Hara T, Ishii E
Seizure : the journal of the British Epilepsy Association   18(3) 211-214   Apr 2009   [Refereed]
Ishizaki Y, Takemoto M, Kira R, Kusuhara K, Torisu H, Sakai Y, Sanefuji M, Yukaya N, Hara T
Journal of neurovirology   14(6) 486-491   Nov 2008   [Refereed]
Ohga S, Sanefuji M, Ishimura M, Nomura A, Torisu H, Kira R, Takada H, Mizuno Y, Kazuyama Y, Hara T
The Pediatric infectious disease journal   27(11) 1027-1030   Nov 2008   [Refereed]
Sanefuji M, Ohga S, Kira R, Nomura A, Torisu H, Takada H, Kusuhara K, Hara T
Journal of child neurology   23(9) 1072-1077   Sep 2008   [Refereed]
Hoshina T, Yamaguchi Y, Ohga S, Kira R, Ishimura M, Takada H, Tanaka T, Hara T
Journal of the neurological sciences   267(1-2) 182-186   Apr 2008   [Refereed]
Sanefuji M, Nakashima T, Kira R, Iwayama M, Torisu H, Sakai Y, Hara T
Neuroscience research   59(2) 191-198   Oct 2007   [Refereed]
Ichiyama T, Siba P, Suarkia D, Takasu T, Miki K, Kira R, Kusuhara K, Hara T, Toyama J, Furukawa S
Journal of the neurological sciences   252(1) 45-48   Jan 2007   [Refereed]
Persistent diffusion abnormalities in the brain stem of three children with mitochondrial diseases.
Sakai Y, Kira R, Torisu H, Ihara K, Yoshiura T, Hara T
AJNR. American journal of neuroradiology   27 1924-1926   Oct 2006   [Refereed]
Pipo-Deveza JR, Kusuhara K, Silao CL, Lukban MB, Salonga AM, Sanchez BC, Kira R, Takemoto M, Torisu H, Hara T
Neuropediatrics   37 222-228   Aug 2006   [Refereed]
Ishizu T, Minohara M, Ichiyama T, Kira R, Tanaka M, Osoegawa M, Hara T, Furukawa S, Kira J
Journal of neuroimmunology   175 52-58   Jun 2006   [Refereed]
Torisu H, Kira R, Kanazawa N, Takemoto M, Sanefuji M, Sakai Y, Tsujino S, Hara T
Brain & development   28(5) 332-335   Jun 2006   [Refereed]
Sakai Y, Kira R, Torisu H, Yasumoto S, Saito M, Kusuhara K, Hara T
Epilepsy research   68(3) 269-271   Mar 2006   [Refereed]
Muneuchi J, Kusuhara K, Kanaya Y, Ohno T, Furuno K, Kira R, Mihara F, Hara T
Brain & development   28 30-33   Jan 2006   [Refereed]
Sanefuji M, Ohga S, Kira R, Yoshiura T, Torisu H, Hara T
Journal of child neurology   21(1) 75-77   Jan 2006   [Refereed]
Kira R, Torisu H, Takemoto M, Nomura A, Sakai Y, Sanefuji M, Sakamoto K, Matsumoto S, Gondo K, Hara T
Neuroscience letters   384 239-244   Aug 2005   [Refereed]
Takemoto M, Kira R, Kusuhara K, Torisu H, Sakai Y, Hara T
Journal of neurovirology   11 299-305   Jul 2005   [Refereed]
Functional MxA promoter polymorphism associated with subacute sclerosing panencephalitis.
Torisu H, Kusuhara K, Kira R, Bassuny WM, Sakai Y, Sanefuji M, Takemoto M, Hara T
Neurology   62 457-460   Feb 2004   [Refereed]
Fukuma G, Oguni H, Shirasaka Y, Watanabe K, Miyajima T, Yasumoto S, Ohfu M, Inoue T, Watanachai A, Kira R, Matsuo M, Muranaka H, Sofue F, Zhang B, Kaneko S, Mitsudome A, Hirose S
Epilepsia   45 140-148   Feb 2004   [Refereed]
Khajoee V, Ihara K, Kira R, Takemoto M, Torisu H, Sakai Y, Guanjun J, Hee PM, Tokunaga K, Hara T
Human genetics   112 244-248   Mar 2003   [Refereed]
Reversible posterior leukoencephalopathy syndrome in children with cancers.
Suminoe A, Matsuzaki A, Kira R, Fukunaga N, Nishio T, Hoshina T, Hara T
Journal of pediatric hematology/oncology   25(3) 236-239   Mar 2003   [Refereed]
Tokunaga Y, Kira R, Takahata Y, Gondo K, Mizuno Y, Aoki T, Hara T
Pediatric neurology   27 102-105   Aug 2002   [Refereed]
Contribution of the interleukin 4 gene to susceptibility to subacute sclerosing panencephalitis.
Inoue T, Kira R, Nakao F, Ihara K, Bassuny WM, Kusuhara K, Nihei K, Takeshita K, Hara T
Archives of neurology   59 822-827   May 2002   [Refereed]
A magnetoencephalographic study on development of the somatosensory cortex in infants.
Gondo K, Tobimatsu S, Kira R, Tokunaga Y, Yamamoto T, Hara T
Neuroreport   12 3227-3231   Oct 2001   [Refereed]
Nishio S, Morioka T, Suzuki S, Kira R, Mihara F, Fukui M
Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia   8 31-34   Jan 2001   [Refereed]
Tokunaga Y, Kira R, Takemoto M, Gondo K, Ishioka H, Mihara F, Hara T
Brain & development   22 451-453   Oct 2000   [Refereed]
Moyamoya disease and transforming growth factor-beta1.
Ueno M, Kira R, Matsushima T, Inoue T, Fukui M, Gondo K, Ihara K, Hara T
Journal of neurosurgery   92 907-908   May 2000   [Refereed]
Muneuchi J, Tokunaga Y, Kira R, Gondo K, Hara T
Pediatric neurology   22 302-304   Apr 2000   [Refereed]
Ihara K, Hijii T, Kuromaru R, Ariyoshi M, Kira R, Fukushige J, Hara T
Neuroradiology   41 195-198   Mar 1999   [Refereed]
Suga N, Nagatoshi Y, Gondou K, Kira R, Ikuno Y, Okamura J
Bone marrow transplantation   23 515-517   Mar 1999   [Refereed]
Kira R, Ihara K, Watanabe K, Kanemitsu S, Ahmed SU, Gondo K, Takeshita K, Hara T
Journal of human genetics   44 109-111   1999   [Refereed]
Kira R, Ihara K, Takada H, Gondo K, Hara T
Human genetics   102 605-610   Jun 1998   [Refereed]
Huge adenomatous goiter reaching the aortic arch with elevated thyroglobulin.
Kohno H, Kira R, Okabe Y, Sueishi K
Journal of pediatric endocrinology & metabolism : JPEM   10 641-644   Nov 1997   [Refereed]
Liposteroid against refractory pulmonary haemorrhage in idiopathic pulmonary haemosiderosis.
Ohga S, Nomura A, Suga N, Hikino S, Kira R, Matsuzaki A, Masuda K, Ueda K
European journal of pediatrics   153 687-690   Sep 1994   [Refereed]

Misc

 
Noda Marie, Sonoda Yuri, Takemoto Megumi, Kira Ryutaro
NO TO HATTATSU   49(3) 207-210   2017
<p>  A 6-year-old girl experienced nausea and vomiting for 3 weeks and double vision for 1 week prior to her first visit to our hospital. She had bilateral ophthalmoplegia from sixth cranial nerve palsy and papilledema. Her brain MRI showed normal...
[Acute transverse myelitis].
Kira R
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   73 Suppl 7 333-337   Sep 2015
[Japanese expert opinion on the management of status epilepticus in childhood].
Kira R, Sugie H
No to hattatsu. Brain and development   47(3) 235-237   May 2015
MATSUKURA KAN, OGATA REINA, HARAGUCHI KOHEI, CHON PINFI, SAKUMA AKIRA, HAYASHI MASAHARU, KIRA RYUTARO
脳と発達   47(2) 136   Mar 2015
HARAGUCHI KOHEI, CHON PINFI, MATSUKURA KAN, OGATA REINA, KIRA RYUTARO
脳と発達   47(2) 136   Mar 2015
CHON PINFI, CHON PINFI, HARAGUCHI KOHEI, MATSUKURA MIKI, OGATA REINA, KIRA RYUTARO
てんかん研究   32(3) 613   Jan 2015
OGATA REINA, KIRA RYUTARO
小児科診療   77(11) 1457-1460   Nov 2014
MATSUKURA MIKI, CHON PINFI, HARAGUCHI KOHEI, OGATA REINA, KIRA RYUTARO
てんかん研究   32(2) 457   Sep 2014
CHON PINFI, HARAGUCHI KOHEI, MATSUKURA MIKI, OGATA REINA, KIRA RYUTARO
てんかん研究   32(2) 429   Sep 2014
HARAGUCHI KOHEI, OGATA REINA, MATSUKURA MIKI, CHON PINFI, KIRA RYUTARO
てんかん研究   32(2) 413   Sep 2014
MATSUKURA KAN, CHON PINFI, SUBIYANTO KEIJI, HARAGUCHI KOHEI, OGATA REINA, KIRA RYUTARO
脳と発達   46(5) 377   Sep 2014
CHON PINFI, OGATA REINA, SUBIYANTO KEIJI, KIRA RYUTARO
脳と発達   46(4) 330   Jul 2014
川村暢子, 武藤絵美, 山崎誘三, チョン ピンフィー, 吉良龍太郎, 小田切邦雄
小児科臨床   66(6) 1009-1014   Jun 2013
吉良龍太郎
小児内科   44 712-713   Nov 2012
SOEBIJANTO Keiji, CHONG Pinfee, 緒方怜奈, 吉良龍太郎
てんかん研究   30(2) 415   Sep 2012
緒方怜奈, CHONG Pinfee, SOEBIJANTO Keiji, 吉良龍太郎
てんかん研究   30(2) 438   Sep 2012
手塚純一郎, 小林真直, 古野憲司, 増本夏子, 二宮崇仁, 黒川麻里, 堤康, 笹月桃子, 吉良龍太郎, 中山秀樹
日本小児アレルギー学会誌   26(3) 530   Aug 2012
小林真直, 手塚純一郎, 黒川麻里, 二宮崇仁, 堤康, 古野憲司, 笹月桃子, 吉良龍太郎, 中山秀樹
日本小児科学会雑誌   116(7) 1137   Jul 2012
黒川麻里, 手塚純一郎, 中村涼子, 澤野徹, 堤康, 古野憲司, 笹月桃子, 吉良龍太郎, 中山秀樹, 大久保一宏, 綿貫圭介, 土居岳彦, 高田英俊, 馬場晴久
日本小児科学会雑誌   116(5) 921   May 2012
小林真直, 黒川麻里, 二宮崇仁, 堤康, 手塚純一郎, 古野憲司, 笹月桃子, 吉良龍太郎, 中山秀樹
日本小児救急医学会雑誌   11(1) 128   Mar 2012
吉良 龍太郎
The Journal of pediatric practice   73(12) 2135-2138   Dec 2010
YAMAGUCHI Y, KIRA R, HARA T
脳と発達   42(3) 227-229   May 2010
新型インフルエンザ罹患時に急激な低酸素血症を呈した小児の気道過敏性についての検討
手塚 純一郎, 楢崎 亮, 黒木 理恵, 古野 憲司, 宗 秀典, 笹月 桃子, 八坂 知美, 前田 志保, 相部 美由紀, 吉良 龍太郎, 中山 秀樹, 水野 勇司
アレルギー   59(3-4) 419-419   Apr 2010
【小児の治療指針】 神経・筋 急性散在性脳脊髄炎・多発性硬化症
吉良 龍太郎
小児科診療   73(増刊) 733-736   Apr 2010
楢崎亮, 手塚純一郎, 黒木理恵, 宗秀典, 古野憲司, 前田志保, 笹月桃子, 八坂知美, 吉良龍太郎, 相部美由紀, 中山秀樹, 水野勇司, 岡林寛
日本小児科学会雑誌   114(3) 616   Mar 2010
MUSHIMOTO Yuichi, KOBAYASHI Hironori, HASEGAWA Yuki, LI Hong, FUKUDA Seiji, KONDOH Youichi, WAKIGUCHI Hiroshi, FUJIEDA Mikiya, TAKASUGI Hisashi, YAMAGUCHI Yui, KIRA Ryutaro, HARA Toshiro, YAMAGUCHI Seiji
The Journal of the Japan Pediatric Society   113(12) 1800-1804   Dec 2009
最近4年間に診断した中鎖アシルCoA脱水素酵素欠損症の日本人5症例における臨床像および発症形態について検討した。診断時年齢は1歳4ヵ月〜8歳10ヵ月であった。2症例は同胞スクリーニングで診断されたが、うち1例は既に原因不明の脳症で発症していた。4症例は発症後に診断され、うち1例が死亡、3例が中等度から重度の障害を残していた。発症形態は繰り返すけいれんが1例、急性脳症様症状が2例、意識障害などの低血糖症状が1例であった。発症した4例は全例とも半日以上の絶食が発症の契機となっていた。また、長期...
原寿郎, 鳥巣浩幸, 山口結, 吉良龍太郎, 實藤雅文, 石崎義人, 吉良潤一, 楠進
免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成21年度 総括・分担研究報告書   72-74   2010
實藤雅文, 吉良龍太郎, 鳥巣浩幸, 原寿郎, 池添浩二
脳と発達   41(6) 472-472   Nov 2009
吉良 龍太郎
The Journal of pediatric practice   73(0) 733-736   2010
杉谷雄一郎, 實藤雅文, 吉良龍太郎, 鳥巣浩幸, 井原健二, 石崎義人, 山口結, 原寿郎
脳と発達   41(6) 473-473   Nov 2009
吉良龍太郎, 磯部菜摘, 山口結, 馬場晴久, 鳥巣浩幸, 原寿郎, 山口英里, 長谷川有紀, 山口清次
特殊ミルク情報   (45) 22-24   Nov 2009
急性胃腸炎への罹患後、低血糖、意識障害、けいれん、代謝性アシドーシスが出現した1歳2ヵ月男児症例について検討した。急性脳症として治療を行ったが、大脳は萎縮し、けいれん発作が頻回に出現し、重度の知的障害、運動障害を残した。顕著な低血糖にも関わらず、血中・尿中のケトン体は高くなかった。脂肪酸代謝障害を疑い、中鎖アシルCoA脱水素酵素(MCAD)酵素活性測定、MCAD遺伝子解析を行った。MCAD酵素活性測定はC16/8比が高く、MCAD遺伝子解析ではExon6内の4塩基欠失をホモ接合で認めた。新...
籾井健太, 古野憲司, 宗秀典, 手塚純一郎, 楢崎亮, 黒木理恵, 前田志保, 笹月桃子, 吉良龍太郎, 中山秀樹, 水野勇司, 中家一寿
日本小児救急医学会雑誌   8(3) 359-359   Oct 2009
古野憲司, 楢崎亮, 黒木理恵, 宗秀典, 手塚純一郎, 前田志保, 笹月桃子, 吉良龍太郎, 中山秀樹, 水野勇司
日本小児救急医学会雑誌   8(3) 359-359   Oct 2009
礒部菜摘, 礒部菜摘, 吉良龍太郎, 石崎義人, 實藤雅文, 鳥巣浩幸, 原寿郎
てんかん研究   27(2) 334-334   Sep 2009
柿元真知, 水野由美, 青木知信, 吉良龍太郎, 實藤雅文, 馬場晴久, 原寿郎
Neuroinfection   14(2) 169   Oct 2009
我が国における小児急性散在性脳脊髄炎、多発性硬化症の現状について
吉良 龍太郎, 山口 結, 原 寿郎
脳と発達   41(Suppl.) S156-S156   May 2009
石村 匡崇, 齋藤 光正, 大賀 正一, 保科 隆之, 馬場 晴久, 吉良 龍太郎, 浦田 美秩代, 高田 英俊, 楠原 浩一, 康 東天, 原 寿郎
日本産婦人科・新生児血液学会誌 = The Japanese journal of obstetrical, gynecological & neonatal hematology   17(1) "S-25"-"S-26"   Jun 2007
PD1遺伝子は亜急性硬化性全脳炎発症に関連する 日本-フィリピン共同研究
石崎 義人, 木村 直子, 吉良 龍太郎, 鳥巣 浩幸, 實藤 雅夫, 原 寿郎
脳と発達   41(Suppl.) S212-S212   May 2009
食行動の異常を主訴に受診した症例の検討
實藤 雅文, 吉良 龍太郎, 鳥巣 浩幸, 山口 結, 石崎 義人, 李 守永, 原 寿郎
脳と発達   41(Suppl.) S306-S306   May 2009
話題の医療 脳波デジタルファイリングシステム ビデオ脳波モニタリングシステムの構築 てんかん診療において
酒田 あゆみ, 森岡 隆人, 重藤 寛史, 吉良 龍太郎, 大塩 麻夕, 藤本 明子, 栢森 裕三, 康 東天
医療と検査機器・試薬   32(2) 175-181   Apr 2009
痙性対麻痺で発症したアルギナーゼ欠損症の10歳男児例
杉谷 雄一郎, 實藤 雅文, 井原 健二, 吉良 龍太郎, 鳥巣 浩幸, 石崎 義人, 山口 結, 原 寿郎, 芳野 信
日本小児科学会雑誌   113(4) 779-779   Apr 2009
可逆性脳梁膨大部病変(MERS)を伴う意識障害を呈した急性感染症6例
柿元 真知, 水野 由美, 中村 昭宏, 青木 知信, 吉良 龍太郎, 實藤 雅文, 馬場 晴久, 原 寿郎
日本小児科学会雑誌   113(4) 781-782   Apr 2009
デジタル脳波計 脳波検査技師と診療従事者で支えるてんかんのビデオ脳波モニタリング検査
酒田 あゆみ, 森岡 隆人, 重藤 寛史, 吉良 龍太郎, 大塩 麻夕, 藤本 明子, 橋口 公章, 栢森 裕三, 康 東天
臨床脳波   51(3) 185-192   Mar 2009
脳波および同時記録ビデオのデジタル化に伴い、発作の起始や伝播、臨床発作との関連、頭蓋内と頭皮上脳波の相違などについて詳細に短時間に確認することが可能になった。当施設ではこれら脳波技師側からの情報と医師側からの臨床情報をお互いが授受する連携体制を構築し、モニター開始後一両日中に多くの情報を共有することができるようになった。今後もモニター時間短縮など患者さんの負担減少に貢献できるような運用をめざしている。(著者抄録)
小児急性散在性脳脊髄炎、多発性硬化症の全国疫学調査(第1報) 疾患定義と一次調査
吉良 龍太郎, 山口 結, 鳥巣 浩幸, 實藤 雅文, 石崎 義人, 原 寿郎, 吉良 潤一, 楠 進
神経免疫学   17(1) 55-55   Mar 2009
急性の経過で、Stiff person症候群様の有痛性筋痙攣と強迫行為を呈した小児の一例
實藤 雅文, 後藤 多奉, 吉良 龍太郎, 鳥巣 浩幸, 山口 結, 原 寿郎
神経免疫学   17(1) 151-151   Mar 2009
オプソクローヌス・ミオクローヌス症候群を契機に診断された神経芽細胞腫の1例
綿貫 圭介, 羽田野 美穂, 實藤 雅文, 古賀 友紀, 住江 愛子, 吉良 龍太郎, 松崎 彰信, 原 寿郎, 佐竹 宏之, 花井 敏男
日本小児科学会雑誌   113(3) 632-632   Mar 2009
片手および両手タイピングによる上肢機能の練習効果
小川 優美, 高嶋 幸男, 實藤 雅文, 中島 大輔, 岩山 真理子, 吉良 龍太郎, 原 寿郎
柳川リハビリテーション学院・福岡国際医療福祉学院紀要   5 10-17   Mar 2009
片手および両手の練習による上肢機能効果をみるために、健常人対象に、片手・両手のタイピングを一定時間行い、各々の作業・誤作業量から運動学習結果を分析すると共に、マルチチャンネル近赤外分光法(mNIRS)による脳機能的イメージ測定を行い、脳局所機能の変動を検討した。作業量は片手に比べ練習後に両手で増加する傾向にあった。また、両手練習後のみに作業量が多いほど誤りが少ないという逆相関関係があった。mNIRSにおけるoxyHb量変化では、左前頭葉局所血流はどちらの手を動かしても等しく賦活されたが、右...
痙性対麻痺で発症したアルギナーゼ欠損症の10歳男児例
杉谷 雄一郎, 實藤 雅文, 井原 健二, 吉良 龍太郎, 鳥巣 浩幸, 石崎 義人, 山口 結, 芳野 信, 山口 清次, 原 寿郎
日本小児科学会雑誌   113(2) 286-286   Feb 2009
四肢疼痛を主訴として小児期に診断されたファブリー病の3例
石井 麻里絵, 實藤 雅文, 吉良 龍太郎, 鳥巣 浩幸, 原 寿郎, 鷲東 菜摘
日本小児科学会雑誌   112(12) 1862-1862   Dec 2008
食行動の異常を主訴に、「子どものこころと発達外来」を受診した症例の検討 多軸診断の有用性
實藤 雅文, 出口 美奈子, 堀井 麻千子, 今永 桐子, 松永 真由美, 遠矢 浩一, 岩元 澄子, 山下 洋, 吉良 龍太郎, 吉田 敬子
日本児童青年精神医学会総会抄録集   49回 235-235   Nov 2008
食行動の異常を主訴に「子どものこころと発達外来」を受診した症例の検討 幼児例の病態と機序について
出口 美奈子, 實藤 雅文, 堀井 麻千子, 今永 桐子, 松永 真由美, 遠矢 浩一, 岩元 澄子, 山下 洋, 吉良 龍太郎, 吉田 敬子
日本児童青年精神医学会総会抄録集   49回 236-236   Nov 2008
治療方針決定に持続ビデオ脳波モニタリングが有用であった小児けいれん重積患者の1例
藤本 明子, 酒田 あゆみ, 吉良 龍太郎, 大塩 麻夕, 鷲東 菜摘, 栢森 裕三, 康 東天
臨床神経生理学   36(5) 566-566   Oct 2008
有痛性の筋収縮発作と反復動作を呈した7歳女児例
實藤 雅文, 後藤 多奉, 吉良 龍太郎, 鳥巣 浩幸, 由茅 直子, 原 寿郎, 山口 結
脳と発達   40(5) 419-419   Sep 2008
ADEMおよび急性非ヘルペス性脳炎特殊型 小児急性散在性脳脊髄炎(ADEM)小児例の臨床像と疫学
吉良 龍太郎
NEUROINFECTION   13(1) 64-67   Sep 2008
日本における小児急性散在性脳脊髄炎(ADEM)とその類縁疾患の疫学的特徴と臨床像を明らかにするために、福岡県を対象地域として後方視的に疫学調査を行い、罹患率の推定と臨床像の統計的解析を行った。福岡県内の小児科を標榜する全病院(108病院)の小児科医長または小児科担当者に対して調査票によるアンケート調査を行った。ADEM 26例、多発性硬化症8例、横断性脊髄炎4例、視神経炎2例が集計され、ADEM推定罹患率は年間10万人当たり0.64±0.26人であった。前駆症状として73%に発熱、初発症状...
ウイルス関連脳症の早期診断に関する多施設共同研究(第1報)
楠原 浩一, 吉良 龍太郎, 山口 結, 實藤 雅文, 鳥巣 浩幸, 水野 由美, 權藤 健二郎, 島川 修一, 松重 武志, 市山 高志, 徳永 洋一, 平林 伸一, 青木 知信, 花井 敏男, 原 寿郎
NEUROINFECTION   13(2) 31-31   Sep 2008
コクサッキーウイルスA16の手足口病に伴って菱脳炎を呈した一例
實藤 雅文, 楠原 浩一, 後藤 多奉, 吉良 龍太郎, 西村 順裕, 清水 博之, 鳥巣 浩幸, 原 寿郎
NEUROINFECTION   13(2) 44-44   Sep 2008
後藤 多奉, 井藤 奈央子, 堤 康, 吉良 龍太郎, 原 寿郎, 小野 明子, 藤崎 毅一郎, 升谷 耕介, 鶴屋 和彦, 川嵜 弘詔
日本小児腎不全学会雑誌   28 125-126   Aug 2008
19歳女性。患者は既往として4歳8ヵ月で生体腎移植を行い、19歳3ヵ月で慢性移植腎症の診断を受けた。そして、19歳7ヵ月で咳嗽および発熱にて著者らの施設へ受診となり、急性肺炎の診断で入院となった。はじめ酸素化不良で挿管人工呼吸管理とし、症状は改善したものの、再発熱後に強直性痙攣が出現、検査値より尿毒症関連痙攣が疑われ、血液透析(HD)を導入するも発作頻度に変化なく、脳波からてんかん発作と考えられた。VPA投与を行なったところ発作様症状は徐々に改善したものの、一方で経過中に下痢等の腹部症状が...
コクサッキーウイルスA16感染による手足口病に伴って急性菱脳炎を発症した1例
後藤 多奉, 實藤 雅文, 楠原 浩一, 吉良 龍太郎, 鳥巣 浩幸, 原 寿郎
日本小児科学会雑誌   112(8) 1279-1279   Aug 2008
Haemophilus influenzae type bによる髄膜炎からショック・DICとなり頭部CTで多発梗塞・出血を認め両下腿の紫斑および足趾壊疽の進行を認めた1例
石村 匡崇, 吉良 龍太郎, 齋藤 光正, 大賀 正一, 馬場 晴久, 原 寿郎
脳と発達   40(4) 345-345   Jul 2008
熱性けいれんの遺伝的因子の検討 SYN2について
石崎 義人, 吉良 龍太郎, 鳥巣 浩幸, 實藤 雅文, 由茅 直子, 原 寿郎
脳と発達   40(Suppl.) S187-S187   May 2008
SMEI症例におけるNedd4/Nedd4-2遺伝子異常の検索
倉橋 宏和, 加藤 徹, 吉良 龍太郎, 安元 佐和, 井上 貴仁, 廣瀬 伸一
脳と発達   40(Suppl.) S288-S288   May 2008
コクサッキーウイルスA16の手足口病に伴って菱脳炎を呈した1例
實藤 雅文, 吉良 龍太郎, 鳥巣 浩幸, 石崎 義人, 由茅 直子, 鷲東 菜摘, 原 寿郎
脳と発達   40(Suppl.) S363-S363   May 2008
中鎖アシル-CoA脱水素酵素欠損症におけるMRI拡散強調画像
山口 結, 吉良 龍太郎, 鷲東 菜摘, 鳥巣 浩幸, 實藤 雅文, 長谷川 有紀, 山口 清次, 原 寿郎
脳と発達   40(Suppl.) S399-S399   May 2008
急性脳症で発症した中鎖アシルCoA脱水素酵素欠損症の1例
鷲東 菜摘, 吉良 龍太郎, 山口 結, 鳥巣 浩幸, 原 寿郎, 山口 英里, 長谷川 有紀, 山口 清次
日本小児科学会雑誌   112(4) 789-789   Apr 2008
タクロリムスが奏効したSjoegren症候群関連髄膜脳脊髄炎の1例 髄液サイトカインの変化
山口 結, 保科 隆之, 大賀 正一, 石村 匡崇, 吉良 龍太郎, 高田 英俊, 原 寿郎
日本小児科学会雑誌   112(3) 544-544   Mar 2008
サイトカインが幼弱脳の痙攣準備性に及ぼす影響 ラット温熱誘発痙攣モデルを用いて
福田 光成, 吉良 龍太郎, 石崎 義人, 鈴木 由香, 渡部 承平, 森本 武彦, 石井 榮一, 原 寿郎
日本小児科学会雑誌   112(2) 273-273   Feb 2008
【小児中枢神経系疾患の画像診断2008】 疾患別アトラス編 感染症、脳症 ヘルペス脳炎
吉良 龍太郎
小児内科   39(増刊) 303-306   Nov 2007
熱性けいれんの遺伝的因子の検討 インターロイキン10は熱性けいれん感受性を減弱する
石崎 義人, 吉良 龍太郎, 鳥巣 浩幸, 實藤 雅文, 岩山 真理子, 由茅 直子, 原 寿郎, 福田 光成
日本小児科学会雑誌   111(11) 1455-1455   Nov 2007
大学病院における児童精神科専門外来設置後の受診動向の調査(1) 診断学的観点からの検討
山下 洋, 出口 美奈子, 木原 順子, 宮崎 仁, 堀井 麻千子, 武井 庸郎, 高岸 智也, 吉良 龍太郎, 遠矢 浩一, 吉田 敬子
日本児童青年精神医学会総会抄録集   48回 253-253   Oct 2007
大学病院における児童精神科専門外来設置後の受診動向の調査(2) Pathway to Careの分析と関連領域の連携のあり方
出口 美奈子, 山下 洋, 木原 順子, 宮崎 仁, 武井 庸郎, 堀井 麻千子, 高岸 智也, 吉良 龍太郎, 遠矢 浩一, 吉田 敬子
日本児童青年精神医学会総会抄録集   48回 254-254   Oct 2007
石崎 義人, 吉良 龍太郎, 福田 光成, 鳥巣 浩幸, 實藤 雅文, 岩山 真理子, 由茅 直子, 原 寿郎
Journal of the Japan Epilepsy Society   25(3)    Sep 2007
石崎 義人, 吉良 龍太郎, 鳥巣 浩幸, 實藤 雅文, 岩山 真理子, 由芽 直子, 原 寿郎
Journal of the Japan Epilepsy Society   25(3)    Sep 2007
Sjoegren症候群の経過中に無菌性髄膜炎、急激な感覚障害と膀胱直腸障害を来した1例
山口 結, 吉良 龍太郎, 鳥巣 浩幸, 石村 匡崇, 大賀 正一, 原 寿郎
脳と発達   39(5) 405-405   Sep 2007
移植後に短期記憶障害を発症した急性リンパ性白血病の1例
羽田野 美穂, 永山 淳, 永利 義久, 稲垣 二郎, 磯村 直子, 岡村 純, 吉良 龍太郎, 原 寿郎
脳と発達   39(5) 407-407   Sep 2007
細菌性髄膜炎に伴う電撃性紫斑病にProtein C(PC)製剤が著効し診断に至ったヘテロ接合体PC欠乏症
石村 匡崇, 齋藤 光正, 大賀 正一, 保科 隆之, 馬場 晴久, 吉良 龍太郎, 浦田 美秩代, 高田 英俊, 楠原 浩一, 康 東天, 原 寿郎
臨床血液   48(9) 1160-1160   Sep 2007
サイトカイン遺伝子多型と熱性けいれん感受性 患者対照研究と動物モデルの検討
石崎 義人, 吉良 龍太郎, 福田 光成, 鳥巣 浩幸, 實藤 雅文, 岩山 真理子, 由茅 直子, 原 寿郎
てんかん研究   25(3) 293-293   Sep 2007
熱性けいれんにおける酸塩基平衡関連遺伝子の遺伝子多型解析
石崎 義人, 吉良 龍太郎, 鳥巣 浩幸, 實藤 雅文, 岩山 真理子, 由茅 直子, 原 寿郎
てんかん研究   25(3) 330-330   Sep 2007
SSPE PD1と亜急性硬化性全脳炎の関連
石崎 義人, 由茅 直子, 吉良 龍太郎, 楠原 浩一, 鳥巣 浩幸, 原 寿郎, Pipo-Deveza Judy R., Silao Catherine Lynn T., Lukban Marissa B., Salonga Aida M.
NEUROINFECTION   12(2) 132-132   Sep 2007
細菌性髄膜炎 Hib髄膜炎に伴う多発脳血栓および電撃性紫斑病から診断されたヘテロ接合体プロテインC欠乏症
石村 匡崇, 齋藤 光正, 大賀 正一, 吉良 龍太郎, 保科 隆之, 馬場 晴久, 浦田 美秩代, 高田 英俊, 楠原 浩一, 康 東天, 原 寿郎
NEUROINFECTION   12(2) 175-175   Sep 2007
インフルエンザ インフルエンザにおける神経症状と白血球活性化マーカーCD69陽性細胞の検討
水野 由美, 田中 珠美, 池田 和幸, 吉良 龍太郎, 楠原 浩一, 青木 知信, 原 寿郎
NEUROINFECTION   12(2) 233-233   Sep 2007
【プリオン病と遅発性ウイルス感染症 最新の基礎・臨床研究】 亜急性硬化性全脳炎(SSPE) 宿主側の遺伝要因
楠原 浩一, 鳥巣 浩幸, 吉良 龍太郎, 原 寿郎
日本臨床   65(8) 1467-1474   Aug 2007
インターロイキン10は熱性けいれん抵抗性に関連している:患者対照研究と動物モデルの検討
石崎 義人, 吉良 龍太郎, 福田 光成, 鳥巣 浩幸, 實藤 雅文, 岩山 真理子, 由茅 直子, 原 寿郎
てんかん研究   25(2) 136-137   Aug 2007
楠原 浩一, 鳥巣 浩幸, 吉良 龍太郎
Japanese journal of clinical medicine   65(8) 1467-1474   Aug 2007
熱性けいれんの遺伝的因子の検討 IL-10は熱性けいれん感受性を減弱する
石崎 義人, 吉良 龍太郎, 福田 光成, 鳥巣 浩幸, 實藤 雅文, 岩山 真理子, 由茅 直子, 原 寿郎
脳と発達   39(Suppl.) S137-S137   Jun 2007
UNC93B1遺伝子は複雑型熱性けいれん感受性に関係する
吉良 龍太郎, 石崎 義人, 鳥巣 浩幸, 實藤 雅文, 岩山 真理子, 由茅 直子, 原 寿郎
脳と発達   39(Suppl.) S139-S139   Jun 2007
海馬損傷により発達性記憶障害を呈した小児における、漢字の学習効果
實藤 雅文, 吉良 龍太郎, 岩山 真理子, 鳥巣 浩幸, 石崎 義人, 由茅 直子, 原 寿郎
脳と発達   39(Suppl.) S216-S216   Jun 2007
近赤外分光法による、無意味図形の想起の成功の研究 光路長の影響を受けにくい解析法
實藤 雅文, 吉良 龍太郎, 岩山 真理子, 酒井 康成, 鳥巣 浩幸, 原 寿郎
日本小児科学会雑誌   111(4) 635-635   Apr 2007
亜急性硬化性全脳炎におけるdsRNA認識関連分子の遺伝子多型解析
石崎 義人, 武本 環美, 楠原 浩一, 吉良 龍太郎, 鳥巣 浩幸, 原 寿郎
日本小児科学会雑誌   111(2) 174-174   Feb 2007
熱性けいれん感受性の遺伝的因子の検討 TNF-α,IL-6,IL-8,IL-1B,IL-10遺伝子多型解析
石崎 義人, 吉良 龍太郎, 鳥巣 浩幸, 實藤 雅文, 由茅 直子, 原 寿郎
日本小児科学会雑誌   111(2) 358-358   Feb 2007
NIRSによる、無意味図形の想起の成功の研究 光路長の影響を受けにくい解析法
實藤 雅文, 吉良 龍太郎, 鳥巣 浩幸, 酒井 康成, 原 寿郎
日本小児科学会雑誌   111(2) 393-393   Feb 2007
Dystrophinopathyにおける血清サイトカインおよびケモカインの動態
池添 浩二, 菊池 仁志, 田中 正人, 立石 貴久, 吉良 龍太郎, 古谷 博和, 藤井 直樹, 吉良 潤一
臨床神経学   46(12) 1170-1170   Dec 2006
九州大学病院におけるてんかんモニタリングシステムの現状と展望
酒田 あゆみ, 大塩 麻夕, 泉 裕美, 前田 トモ子, 今村 正一, 栢森 裕三, 森岡 隆人, 重藤 寛史, 吉良 龍太郎, 康 東天
臨床神経生理学   34(5) 492-492   Oct 2006
軽症下痢に伴うけいれんを認めた良性家族性乳児けいれんの姉弟例
吉良 龍太郎, 酒井 康成, 鳥巣 浩幸, 齋藤 光正, 楠原 浩一, 原 寿郎, 安元 佐和
日本小児科学会雑誌   110(9) 1311-1312   Sep 2006
亜急性硬化性全脳炎におけるdsRNA認識関連分子の遺伝子多型解析
石崎 義人, 武本 環美, 楠原 浩一, 吉良 龍太郎, 原 寿郎
NEUROINFECTION   11(1) 71-71   Sep 2006
ステロイドパルス療法を行った単純ヘルペス脳炎の乳児例
吉良 龍太郎, 本村 良知, 保科 隆之, 鳥巣 浩幸, 齋藤 光正, 楠原 浩一, 福永 乃美, 大嶋 昭雄, 原 寿郎
NEUROINFECTION   11(1) 78-78   Sep 2006
酒田 あゆみ, 森岡 隆人, 吉良 龍太郎, 重藤 寛史
Journal of the Japan Epilepsy Society   24(3)    Aug 2006
九州大学病院におけるてんかんモニタリングシステムの構築
酒田 あゆみ, 森岡 隆人, 吉良 龍太郎, 重藤 寛史
てんかん研究   24(3) 194-194   Aug 2006

Works

 
Molecular epidemiology of C9 deficiency
2001
Genetic susceptibility to subacute sclerosing panencephalitis
2001

Research Grants & Projects

 
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2009 - 2011    Investigator(s): Ryutaro KIRA
Acute disseminate encephalomyelitis(ADEM) and pediatricmultiple sclerosis(MS) are very rare diseases. The pathogenesis and pathophysiology remain to be fully clarified. To find their diagnostic markers, we delineated the clinical features of the e...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2008 - 2010    Investigator(s): Hiroyuki TORISU
To improve the prognosis of childhood acute encephalopathy associated with infection, accurate assessments followed by intensive treatments are needed at the early stage of the disease. We noticed that all patients with remarkable elevation of uri...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2006 - 2007    Investigator(s): Ryutaro KIRA
A genetic predisposition to febrile seizures (FS) has long been recognized. The inheritance appears to be polygenic in small families or sporadic cases of FS encountered in daily clinical practice. To determine whether candidate genes are responsi...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2005 - 2007    Investigator(s): Hiroyuki TORISU
1. Case accumulationWe asked 78 departments of neurology in university hospitals and 90 facilities where the councilors of the Japanese society of child neurology worked, to participate in the acute disseminated encephalomyelitis (ADEM) research. ...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
Project Year: 2004 - 2006    Investigator(s): Koichi KUSUHARA
Subacute sclerosing panencephalitis (SSPE) is a progressive and fatal neurological illness without established treatment. SSPE is prevalent in some Asian countries where coverage rate of measles vaccine is low. As the precise mechanism how measles...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2004 - 2005    Investigator(s): Ryutaro KIRA
1. Laterality of gene expression in both cerebral or cerebellar hemispheresWe used a high density oligonucleotide microarray, and found several genes showing left-right hemispheric laterality of expression.2. The relationship between retrieval suc...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2002 - 2003    Investigator(s): Ryutaro KIRA
Background :The antivirally active MxA protein is Induced by interferon (IFN) α/β and inhibits the replication of single-stranded RNA viruses including measles virus (MV). We investigated whether the MxA gene contributed to the development of suba...
Genetic basis of epilepsy and febrile convulsion
Genetic basis of Japanese C9 deficiency
Genetic susceptibility to subacute sclerosing panencephalitis