山﨑 朗

J-GLOBALへ         更新日: 19/12/05 04:22
 
アバター
研究者氏名
山﨑 朗
 
ヤマサキ アキラ
所属
中央大学
部署
経済学部
職名
教授
学位
経済学修士(九州大学), 経済学博士(九州大学)
科研費研究者番号
10191248

研究分野

 
 

経歴

 
1985年4月
 - 
1987年3月
北九州工業高等専門学校非常勤講師
 
1986年4月
 - 
1987年3月
八幡大学法経学部非常勤講師
 
1986年4月
 - 
1987年3月
九州大学経済学部助手
 
1987年4月
 - 
1989年9月
フェリス女学院大学文学部専任講師
 
1989年10月
 - 
1990年3月
滋賀大学経済学部専任講師
 

学歴

 
1983年4月
 - 
1986年3月
九州大学 経済学研究科 経済工学専攻
 

受賞

 
2016年10月
日本都市学会 日本都市学会特別賞(学術共同研究費):Ⅱ-1 世界都市NAGOYAのポジション(pp.89-102)(久保隆行との共著)所収の中部都市学会編『中部の都市を探る―その軌跡と明日へのまなざし』風媒社、2015年
 
2006年10月
(社)経営労働協会 第36回経営労働全国大会懸賞論文奨励賞
 
2005年3月
中小企業研究奨励賞・準賞 橘川武郎・連合総研編『地域からの経済再生』有斐閣、2005年
受賞者: 橘川武郎、松島茂、北島守、辻田素子、八幡成美、西口敏宏、山﨑朗
 
2004年11月
東洋経済新報社 東洋経済高橋亀吉賞(優秀作) アジア時代の産業システムと国土構造の構築に向けて
 
1999年10月
東洋経済新報社 東洋経済高橋亀吉賞(佳作) ネットワーク時代の日本経済
 

論文

 
人口減少時代の地域政策
『経済地理学年報』   55(4) 317-326   2009年12月   [査読有り]
石油収入の性格と産油国石油政策
『アジア経済』   30(5) 22-35   1989年5月   [査読有り]
工業立地論からみた都市の形成・発展
『経済地理学年報』   34(4) 41-58   1988年3月   [査読有り]
Novel selective synthesis of α-chloromethyl,α,α-dichloromethyl,and α,α,α-trichloromethyl ketones from aldehyde utilizing electroreduction as key reactions
Tatsuya Shono,Naoki Kise,Akira Yamazaki,Hiroshi Omizu
Tetrahedoron Letters   23(15) 1609-1612   1982年   [査読有り]
地域創生の新しいデザイン①~⑧
山﨑朗
日本経済新聞(やさしい経済学)      2017年6月   [査読有り]

Misc

 
地域政策としての「非空間的政策」
経済論集(熊本学園大学)   23(1-4) 159-181   2017年3月
Regional Development under Japan's Ageing and Declining Population
Akira Yamasaki
The Korean Journal of Reagional Policy   1(2) 102-119   2014年12月
産業集積と産業クラスター
『経済学論纂』   49(5・6) 55-69   2009年3月
推薦の言葉 経済学者・経営学者・エコノミスト111人が選んだ2017年『ベスト経済書』:第3位 瀧澤弘和『現代経済学 ゲーム理論・行動経済学・制度論』中央公論新社
週刊ダイヤモンド   236-236   2019年1月
テロワールから考える地域創生試論
96-99   2018年9月

書籍等出版物

 
地域産業のイノベーションシステム
山﨑朗編著 (担当:編者, 範囲:まえがき、1章、3章、あとがき)
学芸出版社   2019年2月   ISBN:978-4-7615-2696-2
地域創生のプレミアム戦略
山﨑朗・鍋山徹(日本経済研究所) (担当:編者)
中央経済社   2018年2月   
東京飛ばしの地方創生
山﨑朗・久保隆行 (担当:共著)
時事通信社   2016年8月   
地域政策
山崎朗・杉浦勝章・山本匡毅・豆本一茂・田村大樹・岡部遊志 (担当:共著)
中央経済社   2016年3月   
インバウンド地方創生
久保隆行 (担当:共著)
ディスカヴァー・トゥエンティワン   2015年12月   

講演・口頭発表等

 
プレミアムな地域創生について
山﨑朗
食農連携研究会(銚子研究)   2019年3月27日   食農連携研究会(中央大学経済研究所)
プレミアム沖縄創生戦略ー観光1,000万人時代の先を見据えてー [招待有り]
コーディネータター  鍋山徹(日本経済研究所専務理事) パネラー  東良和(沖縄ツーリスト株式会社代表取締役会長) 前田裕子(前田産業代表取締役社長) 照屋保(りゅうぎん総合研究所代表取締役社長)
琉球銀行・九経調創立70周年記念事業   2019年2月27日   琉球銀行、九州経済調査協会
日本経済建久所専務理事の鍋山氏をコーディネータとして
パネラー4人で沖縄のプレミアム戦略について討論を行った。
テーマ「地方創生と地域産業振興」
山﨑朗、井出義哉(宮崎県商工観光労働部長)、根岸裕孝(宮崎大学地域資源創成学部教授)、司会:丹生晃隆(宮崎大学地域資源創成学部准教授)
地域デザイン学会地域政策フォーラム   2019年2月8日   
クリエイティブ地域の創生に向けて-宮崎への示唆ー
地域デザイン学会地域政策フォーラム   2019年2月8日   
未来を読み解く3つの視点+α
県立茅ヶ崎北稜高校 模擬講義   2018年10月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
化学系企業における医療機器、医薬品事業部門の立地についての研究
文部科学省: 科学研究費補助金(日本学術振興会・文部科学省)
研究期間: 2016年9月 - 2019年3月    代表者: 山﨑朗
産業クラスターの国際比較研究
中央大学: 中央大学特定課題研究費
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月    代表者: 山崎朗
産業クラスター計画の分析および評価に関する研究
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究C)
研究期間: 2005年9月 - 2009年3月    代表者: 山崎朗
空間克服産業の展開過程と経済発展の関連についての研究
文部科学省: 科学研究費補助金(日本学術振興会・文部科学省)
研究期間: 2000年9月 - 2003年3月    代表者: 山崎朗
2002年日韓W杯共催後における日韓海峡経済圏の形成に関する研究
文部科学省: 科学研究費補助金(日本学術振興会・文部科学省)
研究期間: 2000年9月 - 2001年3月    代表者: 深川博史

社会貢献活動

 
国際戦略港湾競争力強化対策事業評価委員会委員
【助言・指導】  国土交通省港湾局  2019年12月1日 - 2020年3月31日

その他

 
2019年8月   地域デザイン学会 A会場 地域と経済 座長
東海大学代々木キャンパスで開催された地域デザイン学会
第8回全国大会 A会場 地域と経済の会場において座長を
務めた。
2019年8月   福岡市の未来戦略
2019年8月22日福岡市東京事務所において
福岡市の未来戦略について講演と懇談を
行った。
2019年6月   産業学会全国大会 総合司会
相模女子大学で開催された産業学会全国大会の共通論題「医療福祉機器の発展と地域創生」の総合司会を行った。