松本 直子

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/28 18:27
 
アバター
研究者氏名
松本 直子
 
マツモト ナオコ
所属
岡山大学
部署
社会文化科学研究科
職名
教授
学位
博士(文学)(九州大学)
その他の所属
岡山大学文明動態学研究センター
ORCID ID
0000-0002-0071-173X

研究分野

 
 

受賞

 
2002年
雄山閣考古学賞特別賞
 

論文

 
Naoko Matsumoto, Junko Habu and Akira Matsui
Handbook of East and Southeast Asian Archaeology   437-450   2017年
遠賀川式土器の楕円フーリエ解析
田村光平・有松唯・山口雄治・松本直子
文化進化の考古学   35-62   2017年
人類史における戦争の位置づけ
松本直子
現代思想   2017年(6月) 162-174   2017年
Tomoni Nakagawa, Hisashi Nakao, Kohei Tamura, Yui Arimatsu, Naoko Matsumoto and Takehiko Matsugi
Letters on Evolutionary and Behavioral Science   8(1) 8-11   2017年
Cultural and genetic transmission in the Jomon–Yayoi transition examined in an agent-based demographic simulation
Naoko Matsumoto, Mariko Sasakura
Simulating Prehistoric and Ancient Worlds, edited by Juan A. Barcelo and Florencia Del Castillo,   311-334   2016年
装身具の象徴的意味とその変化に関する鳥瞰的予察
松本直子
玉文化研究   (2) 1-8   2016年
Hisashi Nakao, Kohei Tamura, Yui Arimatsu, Tomomi Nakagawa, Naoko Matsumoto, Takehiko Matsugi
Biology Letters      2016年
新人・旧人の認知能力をさぐる考古学
松本直子
ホモサピエンスと旧人3 ヒトと文化の交替劇、六一書房   140-150   2015年
縄文から弥生への文化変化
松本直子
ホモサピエンスと旧人3 ヒトと文化の交替劇、六一書房   110-123   2015年
認知考古学からみた新人・旧人の学習
ホモサピエンスと旧人2 考古学からみた学習   123-134   2014年
「芸術」はどのような状況で生まれるのか―考古学的検討―
松本直子
文部科学省科学研究費補助金(新学術領域研究)2010~2014「交替劇」(ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究)A−02班研究報告書 No.4   13-16   2014年
縄文から弥生へ-農耕民の移動と新しい文化の誕生-
松本直子
人類の移動誌、臨川書店   142-154   2013年
出崎船越南遺跡出土土器付着炭化物について
松本直子,松谷暁子,國木田大,吉田邦夫
古代吉備   25 57-69   2013年
縄文の思想から弥生の思想へ
松本直子
日本思想史講座1 古代   27-64   2012年
認知考古学理論と心の先史学―神獣と古代王権に対する予察―
松本直子、松木武彦
共生の文化研究   7 19-31   2012年
Figurines, circular settlements and Jomon worldviews
Naoko Matsumoto
Structured Worlds: The Archaeology of Hunter-Gatherer Thought and Action, edited by Aubrey Cannon, Equinox, Sheffield and Oakville.   168-182   2011年
A cognitive approach to variety in the facial and bodily features of prehistoric Japanese figurines. "jointly worked"
Naoko Matsumoto and Hideaki Kawabata
Anthropomorphic and Zoomorphic Miniature Figures in Eurasia, Africa and Meso-America. Archaeopress.      2010年
男女関係の変化とその背景
*松本直子
弥生時代の考古学   7 169-182   2008年
ジェンダー
*松本直子
縄文時代の考古学   10 133-144   2008年
宗教的観念の発達過程(比較文化論)
松本直子
縄文の考古学   11 210-220   2007年

Misc

 
認知進化と人工物
松本直子
季刊考古学   (122) 19-22   2013年
縄文人と弥生人
松本直子
人類大移動 アフリカからイースター島へ   196-206   2012年
縄文土器から『伝統』を考える
*松本直子
岩波科学   2008(1) 52-56   2008年
縄文土器文様の発達史
*松本直子
『総覧縄文土器』小学館   1148-1155   2008年
土偶の顔における表情および印象評価の測定―感性考古学的アプローチ―
川畑秀明、*松本直子
IEICE Technical Report   2007(143) 79-84   2007年
認知考古学
松本直子
季刊考古学   (100) 131-134   2007年
認知考古学:登場の経緯
*松本直子
『心と形の考古学―認知考古学の冒険―』小杉康編 同成社      2006年
色の考古学
*松本直子
歴博      2003年
Brief update on the Japanese Early and Middle Palaeolithic problem
*Naoko Matsumoto
Before Farming      2002年
イギリス セヴァン川河口の遺跡
マーティン・ベル、*松本直子
考古学研究      2002年
Life of hunting, fishing, and gathering.
History of Ogori City.   1 193-267
Archaeological of Han Period collected at the Tali castle ruins in Hohhot City, Inner Mongolia Autonomous Region.
A Comparative Archaeological Study of Xinjiang and Kyushu on the"Silk Road"   140-149
Jomon pottery from Ogori.
Hikata-Mukaiazegaura Site, Archaeological Site Excavation Report in Ogori, no. 119   215-231
Book review of"Ancient Mind : elements of cognitive archaeology
Quartery of Archaeological Studies   42(1) 115-117
Book review of"Ancient Mind : elements of cognitive archaeology
Cognitive Studies : Bulletin of the Japanese Cognitive Science Society.   3(4) 141-143
Continuity and change : Toward a new interpretation of the Late-Final Jomon period
Perspectives in cognitive archaeology
Introducing a cognitive perspective to archaeology
Cognitive arhcaeological examination of the possible constraints on profile drawing direction.
X-ray fluorescence analyses of the Final Jomon pottery from Nakado site
Petroglyphs in Altay region.
A Comparative Archaeological Study of Xinjiang and Kyushu on the"Silk Road".   58-69
Cognitive archaeology : Rethinking the relationship between people, things and society
Japanese Archaeology for Beginners   69-98
"gender", "cognitive archaeology", "habitus"
Method and Theory in Current Archaeology   106-112;199-209;220-226
What do you see? A short essay on gender archaeology
Quarterly of Archaeological Studies   47(1) 114-115
狩猟・漁撈と採集の生活
小郡市史   1 193-267
内蒙古自治区フフホト市塔利故城の漢代遺物(共著)
シルクロードによって結ばれた,中国新疆地区と我が国九州地区との比較考古学的研究   140-149
小郡出土の縄文土器(共著)
干潟向畦ケ浦遺跡 小郡市文化財調査報告書第119集   215-231
古代の心-認知考古学の諸要素-
考古学研究   42(1) 115-117
古代の心-認知考古学の諸要素-
認知科学   3(4) 141-143
連続性と変化-縄文時代後・晩期の新しい解釈に向けて-
認知考古学の射程
考古学への認知的視点の導入-認知考古学の射程-
描画方向の規定要因に関する認知考古学的検討
九州縄文時代晩期土器の胎土分析
フェミニズムとジェンダー考古学 -基本的枠組み・現状と課題-(共著)
HOMINIDS   (2) 3-24
アルタイ地区の岩面画
シルクロードによって結ばれた,中国新疆地区と我が国九州地区との比較考古学的研究   58-69
認知考古学は人・モノ・社会の新しい関係を考える
はじめて出会う日本考古学 有斐閣   69-98
「ジェンダー」,「認知考古学」,「ハビトゥス」
用語解説 現代考古学の方法と理論(]G0002[) 同成社   106-112;199-209;220-226
あなたにはどう見えますか?-ジュンダ-考古学雑感-
考古学研究   47(1) 114-115
土器の地域性に関する認知考古学的研究-縄文時代後晩期九州の地理勾配を通して-
鹿児島考古   29 20-29
認知考古学的視点からみた土器様式の空間的変異-縄文時代後・晩期黒色磨研土器様式を素材として-
考古学研究   42(4) 61-84
認知考古学の理論的基盤
HOMINIDS   1 3-19
関与中国北方地区岩画中絵画方向的偏向性問題(黄建秋訳)
内蒙古文物考古   1(16) 91-96,104
玉類の分析からみた縄文時代後晩期における文化動態の一側面-情報伝達にかかわる認知的・社会的要因-
人類史研究   10 40-53
縄文時代から弥生時代にかけての打製石鏃の形態変化-計測値を用いた判別分析による分析-(共著)
人類史研究   10 171-180
島根県水田ノ上遺跡と韓国慶尚南道新岩里遺跡の土偶(共著)
考古学雑誌   79(1) 99-107

書籍等出版物

 
Coexistence and Cultural Transmission in East Asia.
Left Coast Press   2011年   ISBN:9781598743357
縄文のムラと社会
岩波書店   2005年   
認知考古学とは何か
青木書店   2003年   
はじめて出会う日本考古学
有斐閣   1999年   
認知考古学の理論と実践的研究 -縄文から弥生への社会・文化変化のプロセス-
九州大学出版会   2000年   

講演・口頭発表等

 
先史時代の暴力と戦争―縄文社会からみえること―
平成28年度御所野縄文博物館調査成果発表会   2017年   
Changing relationship between the dead and the living in Japanese prehistory
First Kyoto Workshop on Evolutionary Thanatology: An Integrative Approach to the Study of Death and Dying   2017年   
日本の博物館におけるジェンダー表現の課題と展望―歴博展示に触れつつ―
歴博国際研究集会「歴史展示におけるジェンダーを問う」   2017年   
Violence in the prehistoric periods of Japan: The spatiotemporal pattern of skeletal evidence for violence in the Jomon and Yayoi period.
3rd Shanghai Archaeology Forum   2017年   
こころとモノの境界はどこにあるのか―認知考古学的視点―
学際シンポジウム「こころを掘り起こす」   2016年   
先史時代のジェンダーと博物館展示
「日本列島社会の歴史とジェンダー」第1回研究会   2016年   
Persistent problem of stereotypical gender representations in archaeological reconstruction: Focusing on the prehistoric images in Japan
8th World Archaeological Congress   2016年   
戦争は人間の本性か―縄文時代からみえてくること―
平成28年度地域づくり団体活動支援事業 さっぽろ縄文探検隊3周年記念講演会   2016年   
農耕文化拡散過程における人口動態と文化伝播
日本進化学会第17回大会   2015年   
Japan: the earliest evidence of complex technology for creating durable coloured goods
Art and the Brain: How Imagery Makes Us Human (International Conference)   2015年   
交替劇研究への認知考古学の貢献
科学研究費補助金新学術領域研究『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』第6回全体会議   2014年   
Cultural and genetic transmission in the Jomon-Yayoi transition examined in agent-based demographic simulation
Simulating the Past to Understand Human History, Social Simulation Conference 2014   2014年   
縄文から弥生への文化変化
科学研究費補助金新学術領域研究『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』公開シンポジウム「石器文化からさぐる新人・旧人交替劇の真相」   2013年   
認知考古学からみた学習
科学研究費補助金新学術領域研究『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』公開シンポジウム「ホモ・サピエンスと旧人2:考古学からみた学習」   2013年   
「芸術」はどのような状況で生まれるのか―考古学的検討―
科学研究費補助金新学術領域研究『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究』第8回研究大会   2013年   
西日本における縄文時代遺跡の時空間動態解析
日本考古学協会第77回総会   2011年   
鳥取県伯耆町井後草里遺跡出土土器の蛍光X線分析
日本文化財科学会第27回大会   2010年   
鳥取県西部,井後草里遺跡の植生変遷
日本第四紀学会2010年大会   2010年   
物質文化からみる人の移動と文化変化:九州を中心とした西日本における縄文・弥生移行期の様相
国立民族学博物館共同研究「人類の移動誌(代表者:印東道子)」研究会   2010年   
フィジーにおける土器製作と胎土分析
日本考古学協会2007年度総会   2007年   

Works

 
熊本県アンモン山遺跡・瓜生田遺跡発掘調査
芸術活動   
熊本県瓜生田遺跡発掘調査
芸術活動