渋谷 和子

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/14 03:12
 
アバター
研究者氏名
渋谷 和子
 
シブヤ カズコ
eメール
kazukosmd.tsukuba.ac.jp
所属
筑波大学
部署
医学医療系
職名
准教授
学位
博士(医学)(筑波大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1987年6月
 - 
1989年3月
筑波大学附属病院 医員(内科研修医)
 
1993年7月
 - 
1996年8月
米国DNAX分子細胞生物学研究所 リサーチサイエンティストII
 
1997年5月
 - 
1998年3月
岡山大学 医学部 講師(研究機関研究員)
 
1998年4月
 - 
2000年9月
筑波大学 基礎医学系 講師
 
2000年10月
 - 
2001年9月
筑波大学 臨床医学系 講師
 

学歴

 
1981年4月
 - 
1987年3月
筑波大学 医学専門学群 
 
1989年4月
 - 
1993年3月
筑波大学大学院 医学研究科 生物系(免疫学)
 

委員歴

 
2003年
   
 
日本免疫学会  評議員
 
2008年
 - 
2012年
日本免疫学会  広報委員
 
2009年
 - 
2015年
日本免疫学会  教育推進委員
 
2009年
   
 
日本免疫学会  研究構想推進委員
 
2008年
 - 
2015年
科学技術振興機構  CREST 領域アドバイザー
 

受賞

 
2000年
学術奨励賞
 

論文

 
Y, Nakamura;T, Matsuzaka;S, Tahara-Hanaoka;K, Shibuya;H, Shimano;C, Nakahashi-Oda;A, Shibuya
Cell Death and Diseases   9(12) 1181   2018年12月   [査読有り]
Mechanical damage on the skin not only affects barrier function but also induces various immune responses, which trigger or exacerbate skin inflammation. However, how mechanical damage-induced skin inflammation is regulated remains incompletely un...
Shibuya, Akira;K, Shibuya
Cell Host Microbe   24(6) 755-757   2018年12月   [査読有り]
Gut fungal dysbiosis exacerbates colitis and lung allergy. In recent studies published in Science (Leonardi et al., 2018) and Cell Host & Microbe (Li et al., 2018), gut-resident CXCR1 mononuclear phagocytes were found to mediate crosstalk between ...
Sato, Kazuki;Honda, Shin-Ichiro;Shibuya, Akira;Shibuya, Kazuko
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)      2018年4月   [査読有り]
E, Takenaka;A, Vo;Y, Yamashita-Kanemaru;A, Shibuya;K, Shibuya
Sci Rep   8(1) 15180   2018年10月   [査読有り]
Mouse peritoneal macrophages consist of two subsets: large peritoneal macrophages (LPMs) and small peritoneal macrophages (SPMs), defined as CD11bF4/80 and CD11bF4/80 cells, respectively. We reveal that SPMs, but not LPMs, have the ability to pres...
Takenaka, Eri;Vo, Anh V;Yamashita-Kanemaru, Yumi;Shibuya, Akira;Shibuya, Kazuko
Sci. Rep.   8 15180   2018年10月   [査読有り]
Mouse peritoneal macrophages consist of two subsets: large peritoneal macrophages (LPMs) and small peritoneal macrophages (SPMs), defined as CD11b(hi)F4/80(hi) and CD11b(+)F4/80(lo) cells, respectively. We reveal that SPMs, but not LPMs, have the ...

書籍等出版物

 
実験医学別冊 新版 フローサイトメトリー もっと幅広く使いこなせる!
金丸由美;渋谷,和子
羊土社   2016年9月   
実験医学別冊 最強のステップUPシリーズ 直伝!フローサイトメトリー 面白いほど使いこなせる!
金丸,由美;渋谷,和子
2014年   
日本血栓止血学会誌
上妻,行則;二宮治彦;渋谷和子;渋谷彰;小島寛
2010年4月   
Leukocyte Typing VII, Oxford University Press
Shibuya,A.;Shibuya,K.;Yotsumoto,K.;Nakauchi,H
2002年1月   
メディカルサイエンス 臨床化学検査学―病態生化学の視点から
渋谷,和子
株式会社 近代出版   2014年1月   

講演・口頭発表等

 
DNAM-1 regulates the Foxp3 stability of regulatory T cells under inflammatory conditions.
K, Sato;Y, Yamashita-Kanemaru;F, Abe;Y, Nakamura;R, Murata;M, Ito;A, Shibuya;K, Shibuya
第47回日本免疫学会総会・学術集会   2018年12月11日   
DNAM-1 regulates the Foxp3 stability of regulatory T cells under inflammatory conditions
K, Sato;Y, Yamashita-Kanemaru;F, Abe;Y, Nakamura;R, Murata;M, Ito;A, Shibuya;K, Shibuya
第47回日本免疫学会総会・学術集会   2018年12月11日   
Involvement of DNAM-1 (CD226) expressed on small peritoneal macrophages in CD4+ T cell priming.
AV, Vo;E, Takenaka;Y, Yamashita-Kanemaru;A, Shibuya;K, Shibuya
第47回日本免疫学会総会・学術集会   2018年12月10日   
Involvement of DNAM-1 (CD226) expressed on small peritoneal macrophages in CD4+ T cell priming
AV, Vo;E, Takenaka;Y, Yamashita-Kanemaru;A, Shibuya;K, Shibuya
第47回日本免疫学会総会・学術集会   2018年12月10日   
Development of molecular target therapy for human acute GVHD in humanized mice
R, Murata;G, Okumura;F, Abe;K, Sato;Y, Yamashita-Kanemaru;M, Ito;A, Shibuya;K, Shibuya
Tsukuba Global Science Week 2018   2018年9月20日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
がん免疫逃避関連分子を標的とした新規がん治療法の開発
日本学術振興会: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年 - 2016年    代表者: 渋谷 和子
炎症性腸疾患に対する分子標的療法の基盤開発
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 渋谷 和子
炎症性腸疾患に対する分子標的療法の基盤開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金・基盤研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 渋谷和子
がん免疫逃避関連分子を標的とした新規がん治療法の開発
日本学術振興会: 学術研究助成基金助成金・挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 渋谷和子
免疫記憶制御分子を標的とした腎移植後慢性拒絶反応の予防法の開発
日本学術振興会: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 渋谷和子

特許

 
PCT/JP2017/15767(先の国内特願2016-84170) : 制御性T細胞の活性化剤及びその使用
渋谷, 彰;渋谷 和子;阿部 史枝;広近 玲;奥村 元紀
特願2016-84170 : 抗ヒトDNAM-1モノクローナル抗体及びその使用
渋谷 彰;渋谷 和子;阿部 史枝;広近 玲;奥村 元紀
特許第5995117号 : 可溶型CD155タンパク質を用いた癌の検出方法
渋谷 彰;渋谷 和子;井口 研子
特許第5850508号 : 可溶型CD155タンパク質を用いた癌の検出方法
渋谷 彰;渋谷 和子;井口 研子
特許第6048949号 : 同種間での移植心臓、移植血管、または移植腎臓の生着を維持するために用いられる薬剤
渋谷,彰;渋谷,和子;阿部,史枝