共同研究・競争的資金等の研究課題

2008年 - 2010年

現地調査とデータベース作成によるアバール語の格配列と他動性に関する総合的研究

文部科学省  科学研究費補助金(基盤研究(C))
  • 山田 久就

課題番号
20520366
担当区分
研究代表者
配分額
(総額)
4,420,000円
(直接経費)
3,400,000円
(間接経費)
1,020,000円
資金種別
競争的資金

本研究ではアバール語の次のことに関して明らかにした。(1)それぞれの動詞の項(動詞の意味解釈上の必須要素)がどのような格で現れるのか、また、それぞれの動詞はどのような意味的な特徴を持っているのか。(2)どの動詞が自動詞として用いられ、どの動詞が他動詞として用いられ、どの動詞が自動詞としても他動詞としても用いられるのか。(3)使役動詞が四つあるが、この四つの使役動詞に埋め込まれている動詞の項はどのような格で現れるのか、また、この四つの使役動詞はどのような意味的な特徴を持っているのか。

リンク情報
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/p/20520366.ja.html