熊谷 嘉人

J-GLOBALへ         更新日: 18/01/10 03:06
 
アバター
研究者氏名
熊谷 嘉人
 
クマガイ ヨシト
URL
http://www.md.tsukuba.ac.jp/environmental_medicine/index.html
所属
筑波大学
部署
医学医療系
職名
教授
学位
薬学博士(福岡大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1989年4月
 - 
1992年3月
カリフォルニア大学 ロサンゼルス校医学部分子薬理学 博士研究員
 
1992年4月
 - 
1993年3月
環境庁 国立環境研究所地域環境部 研究員
 
1993年4月
 - 
1994年11月
旧環境庁 国立環境研究所地域環境部 主任研究員
 
1994年12月
 - 
1998年12月
筑波大学 社会医学系 講師
 
1999年1月
 - 
2003年11月
筑波大学 社会医学系 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1982年
福岡大学 薬学部 製薬化学
 
 
 - 
1988年
福岡大学 薬学研究科 衛生化学
 

委員歴

 
2016年10月
 - 
2019年10月
国際毒性学連盟  執行委員/理事
 
2016年7月
   
 
日本毒性学会  ASIATOX担当委員
 
2016年5月
   
 
日本NO学会  理事
 
2016年4月
   
 
日本薬学会  環境・衛生部会研究戦略委員会委員長
 
2015年4月
   
 
日本毒性学会  日化協LRI賞選考小委員会委員長
 

受賞

 
2016年6月
日本毒性学会田邊賞
 
2014年7月
日本毒性学会田邊賞
 
2013年9月
日本薬学会 日本薬学会環境・衛生部会学術賞
 
タンパク質の化学修飾を生じる環境中親電子物質のケミカルバイオロジー
2013年6月
日本毒性学会 日本毒性学会ファイザー賞
 
2013年6月
日本毒性学会 日本毒性学会田邊賞
 

論文

 
Hara, Takato; Yoshida, Eiko; Shinkai, Yasuhiro; Yamamoto, Chika; Fujiwara, Yasuyuki; Kumagai, Yoshito; Kaji, Toshiyuki
Journal of cellular biochemistry   118(5) 1087-1096   2017年5月
Proteoglycans are macromolecules that consist of a core protein and one or more glycosaminoglycan side chains. A small leucine-rich dermatan sulfate proteoglycan, biglycan, is one of the predominant types of proteoglycans synthesized by vascular e...
Abiko, Yumi;Sha, Liang;Shinkai, Yasuhiro;Unoki, Takamitsu;Luong, Nho Cong;Tsuchiya, Yukihiro;Watanabe, Yasuo;Hirose, Reiko;Akaike, Takaaki;Kumagai, Yoshito
Free radical biology & medicine   104 118-128   2017年3月   [査読有り]
The current consensus is that environmental electrophiles activate redox signal transduction pathways through covalent modification of sensor proteins with reactive thiol groups at low concentrations, while they cause cell damage at higher concent...
Kumagai, Yoshito; Abiko, Yumi
CHEMICAL RESEARCH IN TOXICOLOGY   30(1) 203-219   2017年1月   [査読有り]
Nishina, Takashi;Deguchi, Yutaka;Miura, Ryosuke;Yamazaki, Soh;Shinkai, Yasuhiro;Kojima, Yuko;Okumura, Ko;Kumagai, Yoshito;Nakano, Hiroyasu
JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   292(1) 205-216   2017年1月   [査読有り]
Shinkai, Yasuhiro;Masuda, Akira;Akiyama, Masahiro;Xian, Ming;Kumagai, Yoshito
Toxicological sciences : an official journal of the Society of Toxicology   156(2) 412-421   2017年1月   [査読有り]
Cadmium is an environmental electrophile that modifies reactive thiols in proteins, indicating that this heavy metal may modulate redox-signal transduction pathways. The current consensus is that reactive persulfides and polysulfides produced by c...

書籍等出版物

 
RSSによる環境中親電子物質の解毒代謝
熊谷嘉人
2015年4月   
地球規模におけるヒ素汚染の現状
安孫子, ユミ;熊谷, 嘉人
2010年7月   
実験医学増刊号
熊谷,嘉人
2009年9月   
National Institute on Drug Abuse Monograph
Cho,AK;Hiramatsu,M;Kumagai,Y;Patel,N
1992年1月   
細胞工学「活性酸素シグナル制御とレドックスホメオスタシス」
熊谷,嘉人
2012年2月   

講演・口頭発表等

 
1,4-Naphthoquinone-mediated activation of the HSP90/HSF1 signal transduction pathway and its negative regulation by reactive sulfur species in human A431 cells
Unoki, T.;Shinkai, Y.;Sha, L.;Hirose, R.;Kumagai, Y.
14th International Congress of Toxicology in conjunction with the 10th Mexican Congress of Toxicology   2016年10月2日   
Capture of methylmercury by persulfides to form bismethylmercury sulfide
Abiko, Y.;Yoshida, E.;Ishii, I.;Fukuto, J. M.;Akaike, T.;Kumagai, Y.
14th International Congress of Toxicology in conjunction with the 10th Mexican Congress of Toxicology   2016年10月2日   
Environmental electrophiles: Modulation of redox signaling and interaction with persulfides/polysulfides. [招待有り]
Kumagai,Yoshito
第90回日本細菌学会総会 国際シンポジウム   2017年2月21日   
メチル水銀のケミカルバイオロジー. [招待有り]
Kumagai,Yoshito
基盤(S)公開シンポジウム メチル水銀研究の現状と展望   2017年2月16日   
レドックスシグナル伝達の可逆性担保における活性イオウ分子の役割. [招待有り]
Kumagai,Yoshito
第4回新学術領域研究「酸素生物学」全体班会議・公開シンポジウム   2017年2月9日   

競争的資金等の研究課題

 
メチル水銀の捕獲・不活性化に関わる新奇リスク軽減因子の実態解明
環境省: 重金属等の健康影響に関する総合的研究
研究期間: 2016年 - 2016年    代表者: 熊谷 嘉人
レドックスシグナル伝達の可逆性担保における活性イオウ分子の役割
日本学術振興会: 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 熊谷 嘉人
メチル水銀の捕獲・不活性化に関わる新奇リスク軽減因子の実態解明
環境省: 重金属等の健康影響に関する総合的研究
研究期間: 2015年 - 2015年    代表者: 熊谷 嘉人
環境中親電子物質によるシグナル伝達変動とその制御に関する包括的研究
日本学術振興会: 基盤研究(S)
研究期間: 2013年 - 2017年    代表者: 熊谷 嘉人
親電子修飾の制御に働く新奇求核分子としての硫化水素
文部科学省: 新学術領域研究
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 熊谷嘉人