松村 明

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/06 02:59
 
アバター
研究者氏名
松村 明
 
マツムラ アキラ
eメール
a-matsumurmd.tsukuba.ac.jp
所属
筑波大学
部署
筑波大学
職名
理事
学位
医学博士(筑波大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1980年
筑波大学 医学専門学群 
 

委員歴

 
2016年11月
 - 
2016年11月
第25回日本脳神経外科漢方医学会   主催
 
2016年6月
 - 
2016年6月
第44回日本小児神経外科学会  主催
 
2016年6月
 - 
2016年6月
DAAD東アジア会議  主催
 
2016年7月
 - 
2016年7月
ドイツ学術交流会東アジア会議 第4回ライフサイエンス・シンポジウム  主催
 
2016年11月
 - 
2016年11月
第6回Mt.Tsukuba Neurosurgery Conference  主催
 

受賞

 
2016年9月
茨城県県庁 平成28年度茨城県救急医療功労者知事表彰
 
2006年11月
日本脳血管内治療学会 日本脳血管内治療学会優秀ポスター賞(銅賞、共同受賞)
 
2003年6月
日本脊髄外科学会 第4回「脊髄外科」優秀論文賞
 
「Perfusion MRIを用いた変形性頚椎症に対する血流動態の評価」
1999年
第20回がん集学的治療研究財団一般助成研究 熱外中性子線を利用した悪性脳腫瘍の中性子捕捉療法(α粒子線治療)
 
1999年
桐仁会設立10周年記念 臨床医学研究助成金
 

論文

 
Kumada, Hiroaki; Takada, Kenta; Sakurai, Yoshinori; Suzuki, Minoru; Takata, Takushi; Sakurai, Hideyuki; Matsumura, Akira; Sakae, Takeji
Radiation protection dosimetry   Epub 1-5   2017年10月
To establish boron neutron capture therapy (BNCT), the University of Tsukuba is developing a treatment device and peripheral devices required in BNCT, such as a treatment planning system. We are developing a new multimodal Monte Carlo based treatm...
Hattori, Keiichiro;Sakata-Yanagimoto, Mamiko;Okoshi, Yasushi;Kato, Takayasu;Kurita, Naoki;Yokoyama, Yasuhisa;Obara, Naoshi;Takano, Shingo;Ishikawa, Eiichi;Yamamoto, Tetsuya;Matsumura, Akira;Hasegawa, Yuichi;Chiba, Shigeru
Journal of clinical and experimental hematopathology : JCEH   Advance Publication    2017年8月
We conducted a retrospective analysis of patients younger than 60 years (N = 10, median age 54.5) with newly diagnosed primary central nervous system lymphoma (PCNSL) at the University of Tsukuba Hospital from January 2008 to November 2016. All th...
脳卒中急性期に対するロボットスーツHAL による介入試験
丸島, 愛樹; 河本, 浩明; 上野, 友之; 松下, 明; 五月女, 康作; 門根, 秀樹; 渡邉, 大貴; 羽田, 康司; 遠藤, 歩; 清水, 如代; 晝田, 佳世; 廣瀬, 聖一郎; 石川, 公久; 中井, 啓; 鶴田, 和太郎; 滝川, 知司; 伊藤, 嘉朗; 鶴嶋, 英夫; 山本, 哲哉; 井上, 貴昭; 山崎, 正志; 松村, 明
脳卒中   早期公開    2017年
<p>脳卒中急性期において,ロボットスーツHAL が効果的な病態を把握するために,HAL 介入試験のプロトコルの実行可能性と安全性を評価するとともに,HAL による介入効果を検証した.【方法】脳卒中急性期患者36 例に対し,HAL の段階的治療プログラムの実行可能性と安全性,および身体機能,日常生活動作の評価を行った.【結果】HAL 介入前後において,歩行速度,12 段階片麻痺機能評価,NIHSS,Barthel index,motor FIM の有意な改善を認めた.それらは,HAL によ...
Kubota, Shigeki; Abe, Tetsuya; Kadone, Hideki; Fujii, Kengo; Shimizu, Yukiyo; Marushima, Aiki; Ueno, Tomoyuki; Kawamoto, Hiroaki; Hada, Yasushi; Matsumura, Akira; Sankai, Yoshiyuki; Yamazaki, Masashi
The journal of spinal cord medicine   Epub 1-9   2017年4月
[CONTEXT] The hybrid assistive limb (HAL) (the wearable robot) can assist kinesis during voluntary control of hip and knee joint motion by detecting the wearer's bioelectric signals on the surface of their skin. The purpose of this study was to re...
Miyazaki, Tsubasa; Ishikawa, Eiichi; Matsuda, Masahide; Akutsu, Hiroyoshi; Osuka, Satoru; Sakamoto, Noriaki; Takano, Shingo; Yamamoto, Tetsuya; Tsuboi, Koji; Matsumura, Akira
Journal of neuro-oncology   133(2) 277-285   2017年4月
Glioblastoma (GBM) is the most common type of malignant brain tumor and has a very poor prognosis. Most patients relapse within 12 months despite aggressive treatment and patient outcome after recurrent is extremely worse. This study was designed ...

書籍等出版物

 
脳腫瘍学-基礎研究と臨床研究の進歩―
Matsumura, Akira;山本哲哉;石川栄一
日本臨床社、日本臨牀   2016年   
脳卒中症候学 症例編
Matsumura, Akira;丸島愛樹;鶴田和太郎
西村書店   2016年   
脳卒中症候学 症例編
Matsumura, Akira;丸島愛樹;中居康展
西村書店   2016年   
小児の脳神経
Matsumura,Akira
日本小児神経外科学会   2016年   
脊髄外科SPINAL SURGERY
Matsumura,Akira
日本脊髄外科学会   2016年   

講演・口頭発表等

 
悪性腫瘍への粒子線療法とPDT.
Matsumura,Akira
日本脳神経外科学会第75回学術総会   2016年9月29日   
世界における中性子捕捉療法の動向と国際中性子捕捉療法学会の役割.
Matsumura,Akira
第13回日本中性子捕捉療法学会学術大会   2016年8月6日   
チーム医療を担える人を育てる.
Matsumura,Akira
第5回いばらき神経・運動・機能障害ケア研究会   2016年2月27日   
筑波大学「てんかん外来」院内と地域の連携.
Matsumura, Akira;増田洋亮;中井 啓;山本哲哉
第2回てんかん懇話会   2016年9月16日   
実際の症例で考えよう 病型診断、てんかん症候群の診断.
Matsumura, Akira;増田洋亮;中井 啓;山本哲哉
第6回Tsukuba Epilepsy seminar   2016年4月20日   

競争的資金等の研究課題

 
「腰痛予防対策指針策定に向けた重量物取り扱い,介護・看護作業における装着型ロボットの腰部負担軽減効果および作業省力化に関する研究」
平成28年度厚生労働省労災疾病臨床研究事業費補助金
研究期間: 2016年       代表者: 安部哲哉
「脳脊髄損傷による中枢性運動機能障害に対するロボットスーツHALを用いた機能回復治療法の有効性試験と地域連携機能回復治療プログラムの構築」
平成28年度厚生労働省労災疾病臨床研究事業費補助金
研究期間: 2016年       代表者: 山崎正志
「病院内加速器中性子捕捉療法確立のための基礎的・臨床的研究」
科学研究費助成事業基盤研究(B)一般
研究期間: 2016年       代表者: 松村 明
附属病院における「脳神経外科の基礎研究」に対する研究助成
研究期間: 2015年       代表者: 松村 明
筑波大学附属病院に対する助成のため
研究期間: 2015年       代表者: 石川栄一

特許

 
特願2011-203448 : 「生体内留置物可視化装置」
松村, 明;鶴嶋英夫;中居康展;榊原 謙;松下昌之助;兵藤一行;黒田隆之助;山田家和勝
JPA 2012184283 : ホウ素クラスター修飾PEG脂質誘導体およびこれを用いた分子集合体
Matsumura,Akira
特許第5621170号 : MRIを利用した圧迫センサおよび圧迫センシング方法、コンピュータシステム、コンピュータ可読媒体
松村,明;松下 明;大須賀覚;石川栄一