川口 武彦

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/10 14:25
 
アバター
研究者氏名
川口 武彦
 
カワグチ タケヒコ
所属
水戸市教育委員会事務局
部署
教育部歴史文化財課世界遺産推進室
職名
室長
学位
文学修士(筑波大学大学院)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2018年7月
 - 
2018年8月
茨城大学 人文社会科学部 非常勤講師
 
2013年4月
 - 
2017年3月
文化庁 文化財部記念物課 行政実務研修生
 
1998年6月
 - 
1999年3月
(1)平成10年度筑波大学人文学類教務補佐員(1998年6月1日〜1999年3月31日まで)
 
1999年6月
 - 
2000年3月
(2)平成11年度筑波大学人文学類教務補佐員(1999年6月1日〜2000年3月31日まで)
 
2000年6月
 - 
2001年3月
(3)平成12年度筑波大学人文学類教務補佐員(2000年6月1日〜2001年3月31日まで)
 

学歴

 
1996年4月
 - 
2002年3月
筑波大学大学院博士課程 歴史・人類学研究科 文化人類学専攻先史学・考古学コース
 
 
 - 
1996年
東海大学 文学部 史学科 考古学専攻
 

委員歴

 
2009年8月
 - 
2011年3月
(1)松戸市史上巻改訂事業原始・古代部会員(2009年8月7日〜2011年3月31日まで)
 
2010年5月
 - 
2012年3月
(2)茨城県歴史の道調査委員会調査員(2010年5月28日〜2012年3月31日まで)
 
2011年1月
   
 
(3)埼玉県発掘調査評価・指導委員(2011年1月17日〜)
 

受賞

 
2018年10月
LUMIX CLUB Picmate 第43回マンスリーフォトチャレンジ「水のある風景」佐藤仁重のLUMIX賞 「運河の水面に映るビル群とモノレールの光」
 
https://lumixclub.panasonic.net/smart/challenge/m_000043/result/
2018年10月
LUMIX CLUB Picmate 尾道イーハトーヴ猫祭り2018フォトコンテストLUMIX特別賞 「天寧寺塔婆と箱庭的都市の夜景」
 
https://lumixclub.panasonic.net/smart/contest/ihatov.in_18/result/
2018年3月
LUMIX CLUB Picmate 第37回マンスリーフォトチャレンジ「電気のある風景」銅賞 「蒼色に輝く重要文化財のアーチ橋」
 
https://lumixclub.panasonic.net/smart/challenge/m_000037/result/
2018年3月
いばキラTV いばキラTV主催の「キラめく茨城!夜景フォトコンテスト」 「風車と花畑のイルミネーション」
 
いばキラTV主催の「キラめく茨城!夜景フォトコンテスト」に投稿した作品「風車と花畑のイルミネーション」が動画に採用されました。
https://twitter.com/ibakiratv/status/975660018761527297?s=21
2018年1月
LUMIX AWARD2017「写真熱」 風景部門 LUMIX最優秀賞 「オランダと見紛う風車のある風景」
 
https://lumixclub.panasonic.net/smart/contest/award_17/result/

論文

 
「常陸国那賀郡家と周辺寺院─その造営と修造に係る三つの問題─」
川口 武彦
『古代東国の地方官衙と寺院』山川出版社   122-132   2017年8月   [査読有り]
「台渡里官衙遺跡群(常陸国那賀郡衙)の法倉」
川口 武彦
『古代日本における法倉の研究 課題番号:21520771 平成21年度〜平成23年度科学研究費補助金基盤研究(C)研究成果報告書』   99-110   2012年3月
「常陸国の多賀城系瓦からみた陸奥国との交流─那賀郡衙正倉院・正倉別院出土瓦を中心として─」
川口 武彦
『古代社会と地域間交流Ⅱ─寺院・官衙・瓦からみた関東と東北─』六一書房   129-144   2011年9月   [招待有り]
筑波山南西地域の先土器時代遺跡における硬質頁岩製石器群の展開─その搬入形態の検討を中心に─
川口 武彦
東国の地域考古学   43-61   2011年3月   [査読有り]
「大串遺跡の正倉の屋根景観を考える─大串遺跡群出土瓦の数量的検討から─」
川口武彦
『婆良岐考古』   (32) 99-122   2010年
「茨城県水戸市北屋敷遺跡出土瓦の再検討」
川口武彦
『史聚』   (42) 64-77   2009年
「ひたちなか市原の寺瓦窯跡群・奥山瓦窯跡出土の文字瓦─記銘内容の再検討を中心として─」
川口武彦
『常総台地 ─鴨志田篤二氏考古学業45周年記念号─』   (16) 107-120   2009年
「常陸国那賀郡衙周辺寺院補修期の様相─台渡里廃寺跡観音堂山地区出土の常陸国分寺系軒瓦の諸問題─」
川口武彦
『国士舘考古』   (5) 53-70   2009年
「水戸市旧水戸市域の古墳群」
川口武彦
『シンポジウム 常陸の古墳群』   57-95   2009年
「茨城県水戸市田谷廃寺跡出土瓦の再検討─多賀城様式瓦と文字瓦を葺いた瓦倉が眠る官衙遺跡─」
川口武彦
『日々の考古学2』   263-278   2009年

Misc

 
「附章2 牛久市内出土の先土器・縄文時代草創期資料(3)」
川口 武彦
『平成28年度牛久市内遺跡発掘調査報告書』   21-22   2018年3月
Ancient
川口 武彦
Japanese Journal of Archaeology   4(1) 101-103   2016年9月   [依頼有り]
8 古代研究の動向
川口 武彦
日本考古学年報   67 47-52   2016年5月   [依頼有り]
「附章 牛久市内出土の先土器・縄文時代草創期資料(2)」
川口 武彦
『平成26年度牛久市内遺跡発掘調査報告書』牛久市教育委員会   23-25   2016年3月
「那珂湊反射炉跡採集の窯資料─水戸藩領内における近世窯業の一側面─」
川口 武彦
『ひたちなか埋文だより』ひたちなか市埋蔵文化財調査センター   (44) 15-18   2016年3月
「石器石材からみる後期旧石器時代・縄文時代草創期の交易・交流─常総地域を中心として─」
石川太郎・川口武彦・窪田恵一
『茨城県考古学協会シンポジウム 考古学からみる茨城の交易・交流』茨城県考古学協会「考古学からみる茨城の交易・交流」実行委員会   138-161   2016年1月
「附章 牛久市内出土の先土器・縄文時代草創期資料(1)」
川口 武彦
『平成25年度牛久市内遺跡発掘調査報告書』牛久市教育委員会   18-20   2015年3月
「関場遺跡」
川口 武彦
『松戸市史上巻(改訂版) 原始・古代・中世編』   972-983   2015年2月   [依頼有り]
「東出山遺跡」
川口 武彦
『松戸市史上巻(改訂版) 原始・古代・中世編』   952-956   2015年2月   [依頼有り]
「関台遺跡」
川口 武彦
『松戸市史上巻(改訂版) 原始・古代・中世編』   928-930   2015年2月   [依頼有り]
「三 石器のうつりかわり」
川口 武彦
『松戸市史上巻(改訂版) 原始・古代・中世編』   116-133   2015年2月   [依頼有り]
「二 遺跡の分布となりたち」
川口 武彦
『松戸市史上巻(改訂版) 原始・古代・中世編』   94-115   2015年2月   [依頼有り]
「常陸大宮市梶巾遺跡の旧石器時代石器群(下)」
石川太郎・川口武彦・窪田恵一・小杉山大輔
『茨城県史研究』   (99) 1-30   2015年3月   [依頼有り]
「〈各地における調査と研究〉 1.茨城県」
川口 武彦
(20) 17-22   2014年8月   [依頼有り]
「常陸大宮市山方遺跡出土石刃核の新資料」
鴨志田 篤二・川口 武彦
石器文化研究   (20) 3-16   2014年8月   [依頼有り]
「常陸大宮市梶巾遺跡の旧石器時代石器群(上)」
石川太郎・川口武彦・窪田恵一・小杉山大輔
『茨城県史研究』   (98) 30-51   2014年3月   [依頼有り]
「茨城県の礫群の初源と様相」
川口 武彦
『石器文化研究』   (18) 104-107   2012年9月   [依頼有り]
「茨城県行方市井上廃寺跡出土瓦について─主要伽藍の屋根景観復元に向けた基礎的検討─」
新垣 清貴・川口 武彦
『利根川』   (34) 74-85   2012年5月
「台渡里官衙遺跡群における近年の調査成果」
川口 武彦
『台渡里官衙遺跡群国史跡追加指定記念第7回茨城大学人文学部地域史シンポジウム 古代常陸の原像─那賀郡の成立と台渡里官衙遺跡群─ 記録集』   3-14   2012年3月
「台渡里官衙遺跡群における近年の調査成果」
川口 武彦
『台渡里官衙遺跡群国史跡追加指定記念第7回茨城大学人文学部地域史シンポジウム 古代常陸の原像─那賀郡の成立と台渡里官衙遺跡群─ 発表要旨集』   1-7   2011年12月
「軍民坂遺跡(第3地点)出土の墨書土器について」
川口 武彦
『茨城県考古学協会誌』   (23) 81-91   2011年5月
「〈コメント〉国武報告へのコメント 」
川口武彦
『石器文化研究』   16(86) 88   2011年
「埋蔵文化財保存活用整備事業費による埋蔵文化財洗浄設備の整備事例」
川口武彦
『文化財の壷』   (1) 28-31   2010年
「茨城県」
川口武彦
『日本列島の旧石器時代遺跡―日本旧石器(先土器・岩宿)時代遺跡のデータベース―』   8   2010年
「第3部 都道府県別旧石器時代遺跡・縄文時代草創期遺跡の一覧表と文献(茨城県)」
川口武彦・鈴木素行・長谷川聡・駒澤悦郎・伊藤千洋・小林健太郎・新垣清貴
『日本列島の旧石器時代遺跡―日本旧石器(先土器・岩宿)時代遺跡のデータベースー』   140-150   2010年
「台渡里廃寺跡」
川口武彦
『茨城県考古学協会30周年記念誌 茨城の遺跡散歩』   62-63   2010年
「山方遺跡」
川口武彦
『茨城県考古学協会30周年記念誌 茨城の遺跡散歩』   1   2010年
「北関東地方東部(茨城県)」
川口武彦
『岩宿フォーラム2010 北関東地方の石器文化の特色 予稿集』   73-77   2010年
「常陸国の多賀城系瓦からみた陸奥国との交流─那賀郡衙正倉院・正倉別院出土瓦を中心として─」
川口武彦
『シンポジウム 古代社会と地域間交流─寺院・官衙・瓦からみた関東と東北─』   71-83   2010年
「茨城県台渡里廃寺跡長者山地区」
川口武彦・新垣清貴
『日本古代の郡衙遺跡』   137-140   2009年
「地方官衙遺跡調査における微地形測量と地下探査の有効性─水戸市台渡里廃寺跡長者山地区の事例から─」
川口武彦・金田明大・三井 猛・西村 康・西口和彦・木本挙周・佐々木淑美・樋口 碧
『第75回日本考古学協会総会研究発表要旨』   98-99   2009年
「台渡里廃寺跡出土軒瓦の新資料─3127 型式と矢羽根文式軒平瓦の再検討─」
木本挙周・川口武彦
『婆良岐考古』   (31) 126-140   2009年
「2.各地における調査と研究 茨城県」
川口武彦
『石器文化研究』   (15) 17-20   2009年
「先土器(旧石器)時代 関東」
川口武彦
『考古学ジャーナル』   (572) 11-15   2008年
「瓦倉の瓦に記銘された名前は誰か─水戸市台渡里廃寺跡長者山地区出土人名文字瓦の分析から─」
川口武彦
『筑波大学先史学・考古学研究』   (19) 29-46   2008年
「水戸市百合が丘町出土の神子柴型尖頭器」
川口武彦
『婆良岐考古』   (30) 1-10   2008年
「茨城県水戸市台渡里廃寺跡長者山地区・大串遺跡第7地点」
川口武彦
『古代交通研究会第14回大会資料集 アヅマの国の道路と景観』   23-40   2008年
「2.各地における調査と研究 茨城県」
川口武彦
『石器文化研究』   (14) 19-22   2008年
「<コメント>茨城県における高原山産黒曜石の利用状況」
川口武彦
『石器文化研究』   (14) 120-125   2008年
「水戸市台渡里廃寺跡─律令国家の権威を象徴する寺院と瓦葺きの正倉─」
川口武彦
『埋蔵文化財センター第21回企画展 2006発掘と発見 茨城県内遺跡の発掘速報展』   11-13   2007年
「台渡里廃寺跡の文字瓦─辰馬考古資料館所蔵資料調査中間報告(2)─」
川口武彦
『明治大学古代学研究所紀要』   (3) 1-24   2007年
「台渡里廃寺跡長者山地区─那賀郡衙正倉院の範囲確認調査─」
川口武彦・新垣清貴
『第29回研究発表会資料』   45-48   2007年
「木葉下窯跡群出土の陶製相輪」
川口武彦
『菟玖波―川井正一・齋藤弘道・佐藤正好先生還暦記念論集―』   195-204   2007年
「先土器(旧石器)時代 関東」
川口武彦
『考古学ジャーナル』   (555) 12-18   2007年
「発掘された常陸国最古の初期寺院─国指定史跡台渡里廃寺跡─」
川口武彦
『常総の歴史』   (35) 1-21   2007年
「台渡里廃寺跡観音堂山地区出土の相輪箆書瓦―図像から読み解く郡衙周辺寺院の造塔過程―」
川口武彦
『茨城県考古学協会誌』   (19) 90-108   2007年
「茨城県水戸市 七面製陶所跡 七面焼の窯跡発見。上質な磁器生産に成功していた徳川斉昭。」
川口武彦・関口慶久
『発掘された日本列島展2007 新発見考古速報展』   60   2007年
「常陸大宮市豆入平遺跡出土の木葉形尖頭器」
川崎純徳・川口武彦
『婆良岐考古』   (29) 109-115   2007年
「常陸大宮市梶巾遺跡の槍先形尖頭器石器群」
阿久津 久・梶巾遺跡研究グループ(川崎純徳・長谷川 聡・石川太郎・川口武彦・窪田恵一・越川欣和・小杉山大輔)
『第12回石器文化研究交流会─発表要旨─』   59-72   2007年
「黒曜石を携えた稲敷台地最古の遊動民─西ノ原遺跡・中久喜遺跡─」
川口武彦
『図説 稲敷北相馬の歴史』   26-27   2006年
「追跡猟から内水面漁労へ─取手市柏原遺跡─」
川口武彦
『図説 稲敷北相馬の歴史』   28-29   2006年
「範囲確認調査の成果」
川口武彦
『国指定記念シンポジウム 台渡里廃寺跡を考える 資料集』   11-32   2006年
「郡衙周辺寺院における礎石建物の調査手法と課題─国指定史跡「台渡里廃寺跡」の調査を中心に─」
川口武彦
『帝京大学山梨文化財研究所古代考古学フォーラム 掘立柱・礎石建物建築の考古学─官衙・集落・寺院におけるその分析と研究法─ 発表要旨』   84-107   2006年
「台渡里廃寺跡の文字瓦─辰馬考古資料館所蔵資料調査中間報告(1)─」
川口武彦
『明治大学古代学研究所紀要』   (1) 53-66   2006年
「リレーエッセイ マイ・フェイバレット・サイト(第30回) 国指定史跡台渡里廃寺跡」
川口武彦
『アルカ通信』   (37) 3-4   2006年
「(41)水戸市常磐町所在『七面製陶所跡』の調査と課題」
川口武彦・関口慶久・新垣清貴
『日本考古学協会第72回総会 研究発表要旨』   178-181   2006年
「取手市市之代古墳群出土の先土器時代資料」
川口武彦
『石器に学ぶ』   (9) 131-156   2006年
「台渡里廃寺跡観音堂山地区出土の新治廃寺式軒丸瓦─郡域を越える同笵瓦の移動とその背景─」
川口武彦
『婆良岐考古』   (28) 71-92   2006年
「水戸城下における近世生産遺跡の調査─七面製陶所跡の調査を中心に─」
川口武彦・関口慶久
『江戸遺跡研究会会報』   (106) 16-37   2006年
「常陸国風土記と那賀郡衙─台渡里廃寺跡長者山地区・台渡里遺跡の調査成果を中心に─」
川口武彦
『古代常陸国シンポジウム―常陸国風土記・国府・郡家— 発表要旨』   61-68   2006年
「殿山遺跡における遺物集中部の構成」
川口武彦
『埼玉考古別冊8 県指定文化財上尾市殿山遺跡シンポジウム−石器が語る2万年−』   39-60   2005年
「水戸市下入野町出土の神子柴型尖頭器」
川口武彦
『婆良岐考古』   (27) 11-16   2005年
「(43)茨城県指定史跡『台渡里廃寺跡』の調査と課題」
川崎純徳・岡本東三・黒澤彰哉・後藤道雄・小松崎博一・川口武彦・新垣清貴
『日本考古学協会第71回総会 研究発表要旨』   183-186   2005年
「茨城県指定史跡 台渡里廃寺跡」
川口武彦・新垣清貴
『第27回研究発表会資料』   33-40   2005年
「常総地域」
川口武彦
『石器文化研究11 シンポジウム「ナイフ形石器文化終末期」再考─ナイフ形石器文化終末期石器群の変動─ 資料集成』   (11) 131-142   2005年
「瓦のふるさとを求めて─木葉下窯跡群を歩く─」
川口武彦
『ぶんかざいほごねんぽう2004 フィールドノート』   (17) 14-15   2005年
「下水遺跡第6地点 旧石器時代の遺物」
川口武彦
『平成15年度松戸市内遺跡発掘調査報告書』   10-19   2004年
「東京大学駒場構内遺跡 国際学術交流棟地点」
原 祐一・川口武彦・伊比博和・松崎浩之・春原陽子
『第10回石器文化研究交流会─発表要旨─』   1-6   2004年
「茨城県水戸市山田窯跡群出土の大形瓦製品」
川口武彦
『筑波大学先史学・考古学研究』   (15) 78-92   2004年
「(35)茨城県指定史跡台渡里廃寺跡観音堂山地区の調査と課題」
川崎純徳・岡本東三・黒澤彰哉・後藤道雄・小松崎博一・川口武彦
『日本考古学協会第70回総会 研究発表要旨』   154-157   2004年
「水戸市丹下一ノ牧出土のナイフ形石器─」
川口武彦
『石器に学ぶ』   (7) 79-86   2004年
「涸沼川河床遺跡の考古資料」
川口武彦・齋藤瑞穂
『婆良岐考古』   (26) 35-52   2004年
「茨城県指定史跡 台渡里廃寺跡観音堂山地区」
川口武彦・小松崎博一
『第26回研究発表会資料』   23-28   2004年
「シンポジウム『茨城県における旧石器時代研究の到達点─その現状と課題─』記録(2) 石器群の様相─ナイフ形石器新段階」
川口武彦
『茨城県考古学協会誌』   (16) 214-219   2004年
「木葉下窯跡群における窯業生産の展開(2)─細田・打越・四又入窯跡群を中心として─」
川口武彦・渥美賢吾
『茨城県考古学協会誌』16号   (16) 129-148   2004年
「常陸国那賀郡における郡衙と周辺寺院─茨城県指定史跡「台渡里廃寺跡」範囲確認調査成果を中心に─」
川口武彦
『古代官衙・集落研究会 地方官衙と寺院─郡衙周辺寺院を中心に─ 研究報告資料』   45-63   2004年
「台渡里廃寺跡観音堂山地区採集の古瓦─凸面に櫛描波状文を有する平瓦─」
川口武彦
『月刊 考古学ジャーナル 1月増大号』   (497) 44-47   2003年
「木葉下窯跡群における窯業生産の展開(1)─堂の内茅場・細入両窯跡を中心に─」
川口武彦・渥美賢吾
『茨城県考古学協会誌』   (15) 115-136   2003年
「アムール下流ゴールィ・ムィス4遺跡における上部旧石器石器群の調査」
加藤博文・I.Ya.Shevkomud・山田昌久・川口武彦・長沼正樹
『北海道旧石器文化研究』   (8) 1-7   2003年
「台渡里廃寺跡観音堂山地区出土の古瓦と土器─小園江 好氏所蔵資料の紹介─」
川口武彦
『婆良岐考古』   (25) 161-189   2003年
「十万原遺跡」
川口武彦
『第8回石器文化研究交流会─発表要旨─』   69-74   2002年
「つくば市上横場採集の有舌尖頭器」
川口武彦
『石器に学ぶ』   (5) 125-134   2002年
「水戸市栗崎町出土の有樋尖頭器─大串貝塚LECセンター所蔵資料の紹介─」
川口武彦
『婆良岐考古』   (24) 73-83   2002年
「台渡里廃寺跡」
川口武彦・蓼沼香未由
『第24回研究発表会資料』   45-51   2002年
「那珂町森戸遺跡出土石器群の再検討」
川口武彦・長沼正樹・伊藤千洋
『茨城県考古学協会誌』   (14) 1-26   2002年
「十万原遺跡ガランドウ地区採集の先土器時代資料」
川口武彦
『茨城県考古学協会誌』   (14) 119-129   2002年
「石器群の様相─ナイフ形石器新段階─」
川口武彦
『ひたちなか市埋蔵文化財調査センター開館10周年記念シンポジウム 茨城県における旧石器時代研究の到達点─その現状と課題─ 発表要旨・資料集』   40-49   2002年
「Ⅳ.登録遺物 3.剥片石器」
川口武彦
『デャドヴォ遺跡(ブルガリア)第13次発堀調査報告(1999)』   3 73-81   2001年
「Ⅴ.特論-2 テル・デャドヴォ遺跡出土の剥片石器をめぐる諸問題-ブルガリア青銅器時代における剥片石器利用の一側面-」
川口武彦
『デャドヴォ遺跡(ブルガリア)第13次発堀調査報告(1999)』   3 90-107   2001年
「岩間町内発見の先土器時代・縄文時代草創期資料」
川口武彦
『婆良岐考古』   (23) 101-109   2001年
「霞ヶ浦町和田台遺跡採集の石器と弥生土器」
川口武彦・齋藤瑞穂
『婆良岐考古』   (23) 123-134   2001年
「花室川流域の『砂川期』遺跡」
川口武彦
『石器文化研究』   (10) 131-141   2001年
「関場遺跡出土の先土器時代石器接合資料」
川口武彦
『松戸市立博物館紀要』   (7) 50-59   2000年
「霞ヶ浦町内出土先土器時代石器群の検討」
川口武彦
『婆良岐考古』   (22) 75-95   2000年
「常総地域の「砂川期」遺跡-地域相把握のための基礎的検討-」
川口武彦
『石器文化研究』   (9) 101-118   2000年
「資料編 旧石器時代細石刃文化期 北関東」
西井幸雄・芹澤清八・萩谷千明・川口武彦
『日本考古学協会二〇〇〇年度鹿児島大会資料集第二集 旧石器から縄文へ─遺構と空間利用─』   115-120   2000年
「霞ケ浦町牛渡上高谷字八幡所在の塚群」
川口武彦
『柴山』   (59) 1-6   1999年
「岩井市北前遺跡出土石器集中地点の再評価」
川口武彦
『石器に学ぶ』   (2) 13-28   1999年
「極東地域新石器時代の石斧小考-ギルマン遺跡採集資料の紹介を中心として-」
川口武彦
『高梨学術奨励基金研究助成成果報告書 北東アジアにおける新石器文化の変遷と多様性の研究』   54-61   1998年
「縄文時代中期における石器製作技術の再検討 -植物採集・加工石器を中心として-」
川口武彦
『筑波大学先史学・考古学研究』   (8) 61-77   1997年

書籍等出版物

 
『文化財のための三次元計測』(金田明大・三井猛・木本挙周・佐々木淑美と共著)
岩田書院   2010年   ISBN:978-4-87294-628-4

講演・口頭発表等

 
日本遺産(Japan Heritage)について [招待有り]
川口 武彦
霞ヶ浦学講座   2018年12月9日   
古代常陸国の寺院・官衙研究の最前線 [招待有り]
川口 武彦
平成30年度真岡市歴史教室   2018年10月6日   
文化財の魅力を伝える写真の撮り方と発信手法について [招待有り]
川口 武彦
倉敷市日本遺産認定記念シンポジウム「一輪の綿花から始まる倉敷物語〜和と洋が織り成す繊維のまち〜」   2018年2月3日   倉敷市日本遺産推進協議会
地域誘客における写真の重要性について
川口 武彦
文化庁文化財部記念物課技官会会議   2017年3月27日   
常陸国那賀郡家と寺院 [招待有り]
川口 武彦
史学会例会・シンポジウム「古代東国の地方官衙と寺院」   2015年9月5日   
「先土器(旧石器)時代における牛久」
川口 武彦
平成25年度牛久歴史リレー講座第1回(於牛久市中央生涯学習センター大講座室)   2013年5月11日   
「低コスト三次元レーザースキャナーの利用と実践」
日本文化財科学会第27回大会ポスターセッション(於関西大学千里山キャンパス100周年記念会館)   2010年   
「建物の歴史を電磁波でみる―水戸市台渡里遺跡長者山地区Ⅶ地点の探査―」
日本文化財科学会第27回大会ポスターセッション(於関西大学千里山キャンパス100周年記念会館)   2010年   
「常陸国の多賀城系瓦からみた陸奥国との交流─那賀郡衙正倉院・正倉別院出土瓦を中心として─」 [招待有り]
有限責任中間法人日本考古学協会第76回特別シンポジウム『古代東国出土瓦からみた古代国家の形成─寺院・官衙出土瓦の伝播・交流─』(於国士舘大学梅ヶ丘校舎34号館B棟201教室)   2010年   
「地方官衙遺跡調査における微地形測量と地下探査の有効性─水戸市台渡里廃寺跡長者山地区の事例から─」
有限責任中間法人日本考古学協会第75回総会研究発表会(於早稲田大学早稲田キャンパス15号館102教室)   2009年   
「水戸市域北・中部における古墳の群構成」 [招待有り]
明治大学古代学研究所シンポジウム「常陸の古墳群」(於明治大学駿河台校舎リバティ・タワー3階 1031教室)   2008年   
「茨城県水戸市台渡里廃寺跡長者山地区・大串遺跡第7地点」 [招待有り]
古代交通研究会第14回大会「アヅマの国の道路と景観」(於早稲田大学戸山キャンパス)   2008年   
「常陸国那賀郡衙正倉院の瓦倉─茨城県水戸市台渡里廃寺跡長者山地区の確認調査成果─」
日本考古学協会第74回総会研究発表(於東海大学)   2008年   
「茨城県水戸市大串遺跡第7地点の調査成果─『常陸国風土記』大櫛の丘に営まれたもうひとつの正倉院─」
日本考古学協会第74回総会研究発表(於東海大学)   2008年   
「接合資料から読む掻・削器のライフヒストリー─下総編年Ⅱb期の事例を中心として─」
石器文化研究会第224回例会(於明治大学博物館教室)   2008年   
「瓦倉の瓦に文字を記銘したのは誰か─茨城県水戸市台渡里廃寺跡長者山地区出土文字瓦の分析から─」
第4回須恵器窯構造検討会総括討論会「地域論総括と生産体制,用語凡例等について」(於財団法人愛知県教育・スポーツ振興財団愛知県埋蔵文化財センター)   2007年   
「常陸国那賀郡における造瓦体制の様相-台渡里廃寺跡を中心として-」
帝塚山歴史考古学研究会第101回例会(於帝塚山大学考古学研究所)   2007年   
「台渡里廃寺跡長者山地区―那賀郡衙正倉院の範囲確認調査―」
第29回茨城県考古学協会研究発表会(於茨城県立歴史館講堂)   2007年   
「常陸国風土記と那賀郡衙─台渡里廃寺跡長者山地区・台渡里遺跡の調査成果を中心に─」 [招待有り]
「古代常陸国シンポジウム―常陸国風土記・国府・郡家—」(於ひたちなか市勤労者総合福祉センター「ワークプラザ勝田」多目的ホール)   2006年   
「水戸城下における近世生産遺跡の調査─七面製陶所跡の調査を中心に─」
江戸遺跡研究会第106回特別例会(於江戸東京博物館学習室)   2006年   
「水戸市常磐町所在『七面製陶所跡』の調査と課題」
日本考古学協会第72回総会研究発表会(於東京学芸大学講義棟C403教室)   2006年   
「吉田台地における首長墓の動向について─水戸市内古墳データベース作成中間報告(1)─」
多久那研究会例会(於ひたちなか市埋蔵文化財センター研修室)   2006年   
「範囲確認調査の成果」
国指定記念シンポジウム 台渡里廃寺跡を考える(於茨城県立歴史館講堂)   2006年   
「郡衙周辺寺院における礎石建物の調査手法と課題─国指定史跡「台渡里廃寺跡」の調査を中心に─」 [招待有り]
帝京大学山梨文化財研究所古代考古学フォーラム 掘立柱・礎石建物建築の考古学─官衙・集落・寺院におけるその分析と研究法─(於帝京大学山梨文化財研究所大ホール)   2006年   
「台渡里廃寺跡の文字瓦─辰馬考古資料館所蔵資料調査中間報告─」
「文字瓦研究の新展開」(於明治大学駿河台校舎研究棟2階第9会議室)   2005年   
「茨城県指定史跡 台渡里廃寺跡」
茨城県考古学協会第27回研究発表会(於茨城県立歴史館講堂)   2005年   
「茨城県指定史跡『台渡里廃寺跡』の調査と課題」
日本考古学協会第71回総会(於国士舘大学世田谷校舎6号館5階503教室)   2005年   
「殿山遺跡における遺物集中部の構成」
県指定文化財上尾市殿山遺跡シンポジウム−石器が語る2万年−(於上尾市文化センター小ホール)   2005年   
「常陸国那賀郡における郡衙と周辺寺院─茨城県指定史跡「台渡里廃寺跡」範囲確認調査成果を中心に─」 [招待有り]
第9回古代官衙・集落研究会「地方官衙と寺院─郡衙周辺寺院を中心として─」(於独立行政法人文化財研究所奈良文化財研究所 平城宮跡資料館講堂)   2004年   
「茨城県指定史跡台渡里廃寺跡の調査成果─」
第5回大学合同シンポジウム「古墳から寺院へ─関東の7世紀を考える─」(於早稲大学文学部34号館453教室,同36号館AV−2教室)   2004年   
「常総地域にナイフ形石器終末期石器群は存在するのか?─「砂川期」〜細石器直前期石器群の位置づけをめぐって─」
第196回石器文化研究会例会(於國學院大學本館306号室)   2004年   
「東京大学駒場構内遺跡 国際学術交流棟地点」
第10回石器文化研究交流会(於府中市郷土の森博物館)   2004年   
「茨城県指定史跡 台渡里廃寺跡観音堂山地区」
茨城県考古学協会第26回研究発表会(於茨城県立歴史館講堂)   2004年   
「茨城県指定史跡 台渡里廃寺跡観音堂山地区の調査と課題」
日本考古学協会第70回研究発表会(於千葉大学)   2004年   
「涸沼川河床遺跡の考古資料」
第8回『縄紋学舎』ワークショップ(於取手市埋蔵文化財センター講座室)   2004年   
「茨城県指定史跡 台渡里廃寺跡観音堂山地区」
茨城県考古学協会第25回研究会発表会(於茨城県立歴史館講堂)   2003年   
「石器群の様相─ナイフ形石器新段階─」
ひたちなか市埋蔵文化財調査センター開館10周年記念シンポジウム(於ひたちなか市文化会館小ホール)   2002年   
「台渡里廃寺跡」
茨城県考古学協会第24回研究発表会(於茨城県立歴史館講堂)   2002年   
「ナイフ形石器文化後半期の様相」
第9回茨城県旧石器シンポジウム実行委員会(於ひたちなか市埋蔵文化財調査センター)   2001年   
「常総地域北・中部における石材調査」
第177回石器文化研究会例会(於法政大学ボアソナードタワー15階史学1教室)   2001年   
「関場遺跡」
第7回石器文化研究交流会(於沼津市立図書館視聴覚ホール)   2001年   
「常総地域の『砂川期』遺跡─地域相把握のための基礎的検討─」
シンポジウム砂川─その石器群と地域性─(於神奈川県民ホール)   2000年   
「常総地域における砂川期石器群─地域相把握のための基礎的検討─」
第145回石器文化研究会例会(於神奈川県民ホール)   1999年   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
『七面製陶所跡 遺構・遺物編 第1〜3次発掘調査報告書』水戸市教育委員会(共著)
関口慶久・渥美賢吾・川口武彦・米川暢敬   その他   2017年9月
関口慶久・渥美賢吾・川口武彦・小松崎博一   その他   2014年10月
『平成20年度水戸市内遺跡発掘調査報告書』
川口武彦・色川順子・関口慶久・渥美賢吾・金子千秋・平井孝憲・藤根 久・竹原弘展   その他   2012年4月
『台渡里4 ─宅地造成工事に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書─(台渡里第64次)』水戸市教育委員会(共著)
2011年
『台渡里3 ─平成19〜21年度長者山地区範囲確認調査概報─』水戸市教育委員会(共著)
2011年
「第3部 都道府県別旧石器時代遺跡・縄文時代草創期遺跡の一覧表と文献」『日本列島の旧石器時代遺跡―日本旧石器(先土器・岩宿)時代遺跡のデータベースー』日本旧石器学会,140-150頁(共著)
2010年
『平成19年度水戸市内遺跡発掘調査報告書』水戸市教育委員会(共著)
2010年
『吉田古墳Ⅲ―史跡整備計画に伴う吉田古墳群第1号墳の第4・5次発掘調査報告書―』水戸市教育委員会(共著)
2009年
『台渡里1 ─平成18年度長者山地区範囲確認調査概報─』水戸市教育委員会(共著)
2009年
『平成18年度水戸市内遺跡発掘調査報告書』水戸市教育委員会(共著)
2009年
『松戸市史考古資料集3 関場遺跡第2地点出土旧石器資料報告・寒風台遺跡出土石器再整理報告』松戸市立博物館(共著)
2009年
『元石川大谷原遺跡─宅地造成工事に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書─』水戸市教育委員会・水戸市大谷原遺跡発掘調査会(共著)
2008年
『薄内遺跡(第1地点)―移動体通信基地局建設工事に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書―』水戸市教育委員会(共著)
2008年
『渡里町遺跡(第6地点)―市道常磐30号線道路改良工事に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書―』水戸市教育委員会(共著)
2008年
『渡里町遺跡(第5地点)―市道常磐31号線道路改良工事に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書―』水戸市教育委員会(共著)
2008年
『台渡里遺跡(第39次調査)―公共下水道工事に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書―』水戸市教育委員会(共著)
2008年
『大串遺跡(第7地点)―介護老人保健施設建設工事に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書―』水戸市教育委員会(共著)
2008年
『アラヤ遺跡(第2地点)―市道常磐10号線道路改良工事に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書―』水戸市教育委員会(共著)
2007年
『吉田古墳Ⅱ―史跡整備計画に伴う吉田古墳群第1号墳の第3次発掘調査報告書―』水戸市教育委員会(共著)
2007年
『圷遺跡(第4地点) プランタンコリーヌⅡ建設工事に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書』水戸市教育委員会(共著)
2007年
『圷遺跡(第3地点) ヴィヴァンコート赤塚建設工事に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書』水戸市教育委員会,株式会社グリーン・ハウジング,株式会社地域文化財コンサルタント
2007年
『水戸城跡─三の丸土塁および堀の復旧に伴う工事・調査報告書─』茨城県・水戸市教育委員会(共著)
2006年
『台渡里遺跡 ―集合住宅建設に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書─』水戸市教育委員会
2006年
『台渡里廃寺跡 ─市道常磐17号線道路改良工事に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書(2)─』水戸市教育委員会(共著)
2006年
『吉田古墳Ⅰ 史跡整備計画に伴う吉田古墳群第1号墳の第1次・第2次発掘調査報告書』水戸市教育委員会(共著)
2006年
『千葉県松戸市 関場遺跡第1地点(先土器・縄文時代編)』松戸市教育委員会(共著)
2006年
『埋蔵文化財センター第17回企画展 人間の発見 常総台地の旧石器文化』取手市埋蔵文化財センター(共著)
2005年
『台渡里廃寺跡 ─市道常磐17号線道路改良工事に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書(1)─』水戸市教育委員会(共著)
2005年
『台渡里廃寺跡 ―範囲確認調査報告書―』水戸市教育委員会(共著)
2005年
「Ⅳ.図の構成と見方」『殿山遺跡 先土器時代石器群の保管・活用のための整理報告書』上尾市教育委員会,196−264頁(共著)
2004年
『台渡里廃寺跡─集合住宅建設に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書─』水戸市教育委員会(共著)
2004年
『千葉県松戸市 東出山遺跡─秋山土地区画整理事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書─』松戸市遺跡調査会(共著)
2003年
『水戸市元石川町所在 小仲根遺跡発掘調査報告書─』水戸市教育委員会(共著)
2002年
『水戸市南仲坪遺跡 精神障害者通所授産施設建設に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書』水戸市教育委員会,社会福祉法人ひだまり会,株式会社化研(共著)
2002年
『馬屋敷 ─馬屋敷遺跡の調査研究─』松戸市遺跡調査会(共著)
2002年
『関台遺跡─関台土地区画整理事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書─』松戸市遺跡調査会(共著)
2002年
『為都南遺跡─霞ヶ浦出島カントリークラブ造成事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書─』(株)クリーン・エイト・カントリークラブ,出島村教育委員会(共著)
2001年
「第2部調査報告 大作台遺跡発堀調査報告」『玉里村立史料館報』Vol.6玉里村立史料館58-100頁
2001年
『茨城県岩間町東平遺跡発堀調査報告書-推定安候駅家跡-』岩間町教育委員会・東平遺跡発堀調査会(共著)
2001年
「第3部 時代別遺跡概観 Ⅰ.先土器時代 、Ⅱ.縄文時代」『茨城県新治郡霞ヶ浦町遺跡分布調査報告書-遺跡地図編-』霞ヶ浦町教育委員会・筑波大学考古学研究室17-38頁
2001年
『岩井市史 考古編』岩井市史編纂委員会
1999年
「旧石器時代・繩文時代の遺物」『茨城県取手市台宿二本松遺跡-発掘調査報告者-』,15頁-22頁
1998年
「青森県下北郡脇野沢村瀬野遺跡発掘調査概報」『筑波大学先史学・考古学研究』第7号 筑波大学歴史・人類学系,79−106頁(共著)
1997年
『茨城県取手市取手市内遺跡発掘調査報告書1』取手市教育委員会(共著)
1995年

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費奨励研究
研究期間: 2006年4月 - 2007年3月    代表者: 川口 武彦
「常総地域北部の先土器時代石器石材原産地をめぐる石材利用に関する基礎的研究」
日本科学協会: 笹川科学研究助成
研究期間: 2001年4月 - 2002年3月    代表者: 川口 武彦