藤田 陽子

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/12 02:58
 
アバター
研究者氏名
藤田 陽子
 
フジタ ヨウコ
所属
琉球大学
部署
国際沖縄研究所
職名
教授
学位
修士(環境科学)(筑波大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1999年4月
 - 
2001年12月
, 琉球大学 法文学部 総合社会システム学科 比較経済分析講座 講師
 
2002年1月
 - 
2011年3月
, 琉球大学 法文学部 総合社会システム学科 比較経済分析講座 准教授
 
2011年4月
   
 
- , 琉球大学 国際沖縄研究所 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1996年
筑波大学 環境科学研究科 
 
 
 - 
1999年
筑波大学 社会科学研究科 
 
 
 - 
1985年
上智大学 文学部 社会福祉学科
 

受賞

 
2000年
日本地域学会奨励賞
 

Misc

 
排出権取引制度の理論と実際―アメリカの酸性雨プログラムに見る政策効果と問題点
藤田陽子
筑波大学経済学論究   (16) 47-66   1996年
アメリカの酸性雨プログラムにおける排出権価格の決定要因
藤田陽子
第11回環境情報科学論文集   13-18   1997年
公共経済学の環境問題への応用 -外部効果と社会的費用-
藤田陽子
筑波大学経済学論究   (18) 27-39   1997年
環境政策における情報の役割
藤田陽子
生活経済学研究   14(49) 60   1999年

書籍等出版物

 
『図でみる沖縄の経済』 第3章「沖縄の環境問題」
2003年   
『美ら島の自然史 サンゴ礁島嶼系の生物多様性』第29章「島嶼経済システムと海域環境保全」
2006年   
『図説 沖縄の経済』第10章「沖縄の環境問題と諸施策」
2007年   
『サンゴ礁のちむやみ 生態系サービスは維持されるか』
2009年   
『太平洋の島々に学ぶ ミクロネシアの環境・資源・開発』第3章「太平洋島嶼国における自然環境保全とその利用に関する現状と課題 -パラオ共和国を事例として」
2011年   

競争的資金等の研究課題

 
沖縄の自然環境の経済的価値評価
環境研究
研究期間: 1999年   
排出権取引制度の経済学的評価
その他の研究制度
研究期間: 1993年