基本情報

所属
山口大学 大学院創成科学研究科 教授
(兼任) Faculty of Science, Mathematical Sciences Associate Professor
(兼任) Faculty of Science, Mathematical Sciences Associate Professor
学位
博士(理学)(筑波大学)
修士(理学)(東海大学)

研究者番号
50364732
J-GLOBAL ID
200901010285201296

外部リンク

研究キーワード

  1

論文

  32

講演・口頭発表等

  65

その他

  4
  • 2005年 - 2005年
    以下の論文の通り研究を実施中である: &0a;1. 伝播速度が時間に依存する波動方程式におけるエネルギーの漸近安定性について:&0a;[1.1] Hirosawa, F., On the asymptotic behavior of the energy for the wave equations with time depending coefficients. Math. Ann. 339 (2007), no. 4, 819-839.&0a;[1.2] Hirosawa, F. and Wirth, J., C^m-theory of damped wave equations with stabilisation. J. Math. Anal. Appl. 343 (2008), no. 2, 1022-1035&0a;[1.3] Hirosawa, F. and Wirth, J., Generalised energy conservation law for the wave equations with variable propagation speed, J. Math. Anal. Appl. 358 (2009), no. 1, 56-74.&0a;[1.4] Hirosawa, F., Energy estimates for wave equations with time dependent propagation speeds of the Gevrey class, J. Differential Equations. 248 (2010), no. 12, 2972-2993.&0a;2. 特異性を持つ変数係数双曲型方程式の初期値問題の適切性について:&0a;[2.1] Cicognani, M. and Hirosawa, F., On the Gevrey well-posedness for second order strictly hyperbolic Cauchy problems under the influence of the regularity of the coefficients. Math. Scand. 102 (2008), no. 2, 283-304.&0a;[2.2] Cicognani, M., Hirosawa, F. and Reissig, M., The Log-effect for p-evolution type models. J. Math. Soc. Japan. 60 (2008), no. 3, 819-863.&0a;[2.3] Cicognani, M., Hirosawa, F. and Reissig, M., Loss of regularity
  • 2005年 - 2005年
    以下の論文の通り研究を実施中である: 1. 伝播速度が時間に依存する波動方程式におけるエネルギーの漸近安定性について: [1.1] Hirosawa, F., On the asymptotic behavior of the energy for the wave equations with time depending coefficients. Math. Ann. 339 (2007), no. 4, 819-839. [1.2] Hirosawa, F. and Wirth, J., C^m-theory of damped wave equations with stabilisation. J. Math. Anal. Appl. 343 (2008), no. 2, 1022-1035 [1.3] Hirosawa, F. and Wirth, J., Generalised energy conservation law for the wave equations with variable propagation speed, J. Math. Anal. Appl. 358 (2009), no. 1, 56-74. [1.4] Hirosawa, F., Energy estimates for wave equations with time dependent propagation speeds of the Gevrey class, J. Differential Equations. 248 (2010), no. 12, 2972-2993. 2. 特異性を持つ変数係数双曲型方程式の初期値問題の適切性について: [2.1] Cicognani, M. and Hirosawa, F., On the Gevrey well-posedness for second order strictly hyperbolic Cauchy problems under the influence of the regularity of the coefficients. Math. Scand. 102 (2008), no. 2, 283-304. [2.2] Cicognani, M., Hirosawa, F. and Reissig, M., The Log-effect for p-evolution type models. J. Math. Soc. Japan. 60 (2008), no. 3, 819-863. [2.3] Cicognani, M., Hirosawa, F. and Reissig, M., Loss of regularity for p-evolution ty
  • 2000年4月 - 2000年4月
    1. 伝播速度が時空間に依存する波動方程式におけるエネルギーの漸近安定性条件の定式化<br>研究計画:従来の研究で培った係数の高回微分可能性を用いたWKB解の表現をより精密化し、係数のGevrey級の滑らかさが、解のエネルギーにどのような影響を及ぼすかどうかを解析する。実施状況:幾つかの異なるアプローチで解析中。&0a;2. 消散型波動方程式のエネルギー減衰評価および散乱問題における消散係数の摂動問題研究計画:変数係数波動方程式に帰着し、これまでの研究結果を応用することによって詳細な減衰評価を行う。&0a;実施状況:エネルギーの減衰問題については、すでに結果を学術雑誌に投稿・受理済み。散乱問題については、現在問題の定式化を行っている。&0a;3. 弱双曲型方程式の初期値問題におけるC-無限級およびGevrey級適切性のための係数条件の定式化。研究計画:&0a;1の研究で用いた手法を係数が退化するモデルに適用可能な形に改良し、更に係数に対する新たな性質を導入することによって解析を行う。&0a;実施状況:結果を学術雑誌に投稿中。
  • 2000年4月 - 2000年4月
    1. 伝播速度が時空間に依存する波動方程式におけるエネルギーの漸近安定性条件の定式化<br>研究計画:従来の研究で培った係数の高回微分可能性を用いたWKB解の表現をより精密化し、係数のGevrey級の滑らかさが、解のエネルギーにどのような影響を及ぼすかどうかを解析する。実施状況:幾つかの異なるアプローチで解析中。 2. 消散型波動方程式のエネルギー減衰評価および散乱問題における消散係数の摂動問題研究計画:変数係数波動方程式に帰着し、これまでの研究結果を応用することによって詳細な減衰評価を行う。 実施状況:エネルギーの減衰問題については、すでに結果を学術雑誌に投稿・受理済み。散乱問題については、現在問題の定式化を行っている。 3. 弱双曲型方程式の初期値問題におけるC-無限級およびGevrey級適切性のための係数条件の定式化。研究計画: 1の研究で用いた手法を係数が退化するモデルに適用可能な形に改良し、更に係数に対する新たな性質を導入することによって解析を行う。 実施状況:結果を学術雑誌に投稿中。