賈 鍾壽

J-GLOBALへ         更新日: 18/05/12 09:48
 
アバター
研究者氏名
賈 鍾壽
 
カ ジョンス
所属
就実大学
部署
人文科学部 総合歴史学科
職名
教授

プロフィール

賈 鍾壽 KA Jongsoo
韓国 忠清南道 泰安出生
アジアの巨石文化を研究対象にして、1988年から特にインドネシアの多くの島で現地調査を行っている。主な調査テーマはドルメン、石像、石造美術などの巨石遺構で、日本、韓国、東南アジアで現地調査を継続している。

研究キーワード

 
 

経歴

 
2014年5月
 - 
2015年5月
韓国文化財財団 研究委員
 
2011年4月
 - 
2013年3月
就実大学 国際交流センター センター長
 
2009年4月
 - 
2011年3月
岡山大学 非常勤講師
 
1993年4月
 - 
1995年3月
同志社大学文学部 非常勤講師
 

学歴

 
 
 - 
1993年
同志社大学 文学研究科 文化史学
 

委員歴

 
2010年
 - 
現在
季刊 韓国の考古学  編集委員
 
1999年
   
 
韓国日本文化学会  理事
 

受賞

 
2012年5月
韓国 文化体育部 優秀学術図書 『韓国石像のルーツを求めて』賈 鍾壽・木村重信編著
受賞者: 賈 鍾壽・木村重信
 
2008年12月
韓国釜山S.B.S 放送 感謝牌
 

論文

 
ニアス島の巨石文化
賈 鍾壽
季刊韓国の考古学   (38) 106-119   2018年1月   [査読有り]
東南アジアの高床家屋-史料から見た東南アジアの建築史
賈 鍾壽
季刊韓国の考古学   (37) 58-65   2017年9月   [査読有り]
クーメル寺院の始原を探る-ラオスのワット・プとホンナンシダ遺跡を中心に
賈 鍾壽
環太平洋文化   (32) 1-22   2017年3月   [査読有り]
インドネシア・スンバ島のイカットと儀礼
賈 鍾壽
2016国立アジア文化殿堂シンポジウム   80-94   2016年11月   [査読有り][招待有り]
東南アジア大陸部の先史文化
賈 鍾壽
季刊韓国の考古学   (32) 88-99   2016年6月   [査読有り]

Misc

 
インドネシア・スマトラ島パセマ高原の巨石遺跡
賈 鍾壽/林永珍、Bagyo Prasetyo、他
『湖南考古学報』   (第38号) 59-79   2011年6月   [依頼有り]
スラウェシ島中部のマッシブ彫刻
環太平洋文化   (3) 32   1991年
韓国の石人像考
研究年報   (12) 62   1996年
新安郡の巨石遺構
環太平洋文化   (13) 50   1997年
韓国弥勒寺の石獣をたずねて
博物館年報   (20) 6   1988年

書籍等出版物

 
東北アジアの墓制文化研究
賈 鍾壽 (担当:共著, 範囲:日本の巨石墓の築造と運搬具)
周留城出版社   2016年9月   
新石器時代・青銅器時代東北アジアの墓制文化研究
賈 鍾壽 (担当:共著, 範囲:日本の巨石運搬具修羅)
仁荷大学校古朝鮮研究所   2015年11月   
東インドネシアの巨石文化と建築
賈 鍾壽 (担当:共著, 範囲:①フローレス島の巨石文化、②サブ島の巨石文化)
ブッ・コリア   2015年6月   
『ボロブドゥール-燦爛たる仏教美術の世界』
賈 鍾壽
ブック コリア   2013年5月   
ジャワの寺院と遺跡
賈 鍾壽
周留城出版社   2012年10月   

講演・口頭発表等

 
歴史遺産の果たす役割 [招待有り]
賈 鍾壽
しごと能力研究学会10回全国大会   2018年11月26日   
インドネシア・スンバ島の儀礼とイカット [招待有り]
賈 鍾壽
2016国立アジア文化殿堂シンポジウム   2016年11月18日   
インドネシア・スンバ島の染織品イカット
賈 鍾壽
環太平洋学会   2016年11月13日   
日本の巨石運搬具修羅 [招待有り]
賈 鍾壽
新石器時代・青銅器時代の東北アジア墓制文化のための学術大会   2015年11月25日   
ミャンマー・パガン王朝の階段ピラミッド寺院の始原を探る
賈 鍾壽
環太平洋学会   2015年11月15日   

担当経験のある科目

 

Works

 
東南アジアの寺院と遺跡の現地調査
賈 鍾壽   芸術活動   2000年2月 - 2019年2月
インドネシアにおける文化人類学的調査
1989年 - 1992年
韓国仏教美術の現地調査
1988年 - 1990年
韓国の石神信仰の現地調査
1993年 - 1998年
バリ島の文化と遺跡の現地調査

競争的資金等の研究課題

 
アジアの巨石遺構研究