花村 克悟

J-GLOBALへ         更新日: 16/09/29 02:56
 
アバター
研究者氏名
花村 克悟
 
ハナムラ カツノリ
所属
東京工業大学
部署
工学院
職名
教授
学位
工学博士(東京工業大学)
科研費研究者番号
20172950

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1984年
 - 
1991年
:東京工業大学 工学部 助手
 
1991年
 - 
2003年
:岐阜大学 工学部 助教授
 
2003年
   
 
-:東京工業大学 炭素循環エネルギー研究センター 教授
 

学歴

 
 
 - 
1984年
東京工業大学 理工学研究科 機械工学
 
 
 - 
1981年
富山大学 工学部 機械工学
 

委員歴

 
2001年
 - 
2003年
日本伝熱学会  評議員 、理事
 

受賞

 
1992年
日本伝熱学会賞
 
2003年
日本機械学会熱工学部門 貢献表彰
 
2003年
自動車技術会 優秀講演発表賞
 
2002年
日本機械学会 熱工学部門 貢献表彰
 

Misc

 
Microscopic Visualization of Particulate Matter Trapping and Oxidation Behaviors in a Diesel Particulate Catalyst-Membrane Filter
Preechar Karin ,Katsutnori Hanamura
Transactions of Society of Automotive Engineers of Japan   41(4) 853-858   2010年
Tomoyuki Kumano, Katsunori Hanamura
Heat Transfer -Asian Research   39((4)) 209-221   2010年
Microscopic Visualization of PM Trapping and Regeneration in a Diesel Particulate Catalyst-Membrane Filter(DPMF)
Preechar Karin, Katsunori Hanamura
41(1) 103-108   2010年
Preechar Karin, Liyan Cui, Pedro Rubio, Teppei Tsuruta and Katsunori Hanamura,
SAE International Journal of Fuels and Lubricants   2-Issue 1 661-669   2009年
Shinichi Yano, Shiko Nakamura, Shinichi Hasegawa, Manabu Ihara, Katsunori Hanamura
Journal of Thermal Science and Technology   4(3) 431-436   2009年

書籍等出版物

 
機械系大学院への四力問題精選
培風館   2008年   
JSMEテキストシリーズ 演習 伝熱工学
日本機械学会   2007年   
JSMEテキストシリーズ
日本機械学会   2005年   

講演・口頭発表等

 
Toward to Clean Diesel Engine and Future Power Sources
2010年   
DIRECTIONAL CHARACTERISTICS OF THERMAL RADIATION EMITTED FROM MICROSTRUCTURED SURFACE
RAD-10   2010年   
メンブレンフィルターによるディーゼル・ナノ粒子の補集と酸化処理
日本機械学会 第15回動力・エネルギーシンポジウム   2010年   
導体矩形マイクロキャビティの指向性単色放射率に関する放射シミュレーション
第47回日本伝熱シンポジウム   2010年   
熱ふく射の近接場成分計測に関する研究
第47回日本伝熱シンポジウム   2010年   

競争的資金等の研究課題

 
近接場光による高密度ナノサイズ光起電力発電素子に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 2003年 - 2004年
ディーゼルパーティキュレイトフィルター(DPF)によるディーゼル微粒子の捕集と焼却に関する研究
委託研究
研究期間: 2003年 - 2004年
触媒によるバイオマスのガス化
研究期間: 2003年 - 2006年
ナノギャップ熱光起電力発電システムの開発