石川 隆紀

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/18 17:52
 
アバター
研究者氏名
石川 隆紀
 
イシカワ タカキ
所属
大阪市立大学
部署
大学院医学研究科 基礎医科学専攻
職名
教授
学位
博士(医学)(岡山大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
大阪市立大学大学院医学研究科 都市医学講座法医学 教授
 
2013年7月
 - 
2015年3月
大阪市立大学大学院医学研究科 法医学 客員教授
 
2013年4月
 - 
2015年3月
鳥取大学医学部医学科社会医学講座 法医学 教授
 
2010年4月
 - 
2013年3月
大阪市立大学大学院医学研究科 法医学 准教授
 
2007年1月
 - 
2010年3月
大阪市立大学大学院医学研究科 法医学 講師
 
2009年1月
 - 
2009年10月
University Hospital Freiburg Institute of Legal Medicine 大阪市立大学在学研究員
 
2004年1月
 - 
2006年12月
大阪市立大学大学院医学研究科 法医学 助手
 

学歴

 
1999年4月
 - 
2003年3月
岡山大学大学院  医学研究科 法医学
 
1993年4月
 - 
1999年3月
川崎医科大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2018年8月
 - 
現在
Wires Forensic Science  編集委員
 
2018年8月
 - 
現在
Forensic Sciences:Methods and Techeiques  編集委員
 
2018年8月
 - 
現在
Forensic Studies  編集委員
 
2018年5月
 - 
現在
Annals of Clinical and Medical Case Reports  編集委員
 
2018年5月
 - 
現在
Journal of Clinical and Medical Images (Women’s Health)  編集委員
 
2018年1月
 - 
現在
Journal of Clinical Research and Medicine  編集委員
 
2017年12月
 - 
現在
International Journal of Experimental and Clinical Research  編集委員
 
2017年10月
 - 
現在
Journal of Alcohol and Drug Abuse  編集委員
 
2017年9月
 - 
現在
International Journal of Forensic Sciences  編集委員
 
2017年9月
 - 
現在
Annals of Clinical Toxicology  編集委員
 
2017年9月
 - 
現在
Forensic peer review publisher  編集委員
 
2017年9月
 - 
現在
Journal of Diabetes and Metablic Research  編集委員
 
2017年9月
 - 
現在
Jacobs Journal of Emergency Medicine  編集委員
 
2017年7月
 - 
現在
Journal of Forensic and Crime Investigation  編集委員
 
2017年6月
 - 
現在
Austin Journal of Forensic Science and Criminilogy  編集委員
 
2017年6月
 - 
現在
Journal of Anatomy Forecast  編集委員
 
2017年5月
 - 
現在
Forensic science and Criminology  編集委員
 
2017年5月
 - 
現在
SL Pharmacology and Toxicology  編集委員
 
2017年5月
 - 
現在
Heighpubs Asthma, Asthma, Allergy and Respiratory Disease  編集委員
 
2017年5月
 - 
現在
Journal of Forensic Science and Genetics  編集委員
 
2017年5月
 - 
現在
IL Journal of Forensic Science and Medicine  編集委員
 
2017年5月
 - 
現在
Journal of Pathology and Disease Biology  編集委員
 
2017年4月
 - 
現在
日本法医学会  庶務委員
 
2017年4月
 - 
現在
SRL Orthopedics Research and Therapy  編集委員
 
2017年3月
 - 
現在
Forensic Science and Criminology  編集委員長
 
2017年2月
 - 
現在
日本中毒学会西日本地方会  幹事
 
2017年1月
 - 
現在
日本ヒト細胞学会 理事
 
2017年1月
 - 
現在
AAFS American Academy of Forensic Science  編集委員
 
2017年1月
 - 
現在
Annals of pharmacology & Phamaceutics  編集委員
 
2017年1月
 - 
現在
Austin Journal of clinical pathology  編集委員
 
2017年1月
 - 
現在
Jenpub Open Access ebook of Diabetes  編集委員
 
2017年1月
 - 
現在
Journal of Advanced Forensic Sciences  編集委員
 
2017年1月
 - 
現在
Journal of Forensic Science  編集委員
 
2017年1月
 - 
現在
Global Drugs and therapeutics  編集委員
 
2016年9月
 - 
現在
Rechtsmedizin Herausgeber  Editors
 
2016年9月
 - 
現在
Austin Biochemistry Editorial Board  編集委員
 
2016年9月
 - 
現在
Heart and Stroke Editorial Board  編集委員
 
2016年4月
 - 
現在
Annals of Clinical Case Reports  編集委員
 
2016年3月
 - 
現在
The Scientific Page of Emergency Medicine  編集委員
 
2016年3月
 - 
現在
Austin Journal of Clinical pathology   編集委員
 
2016年3月
 - 
現在
Emergency medicine  編集委員
 
2016年3月
 - 
現在
Histopathology  編集委員
 
2016年3月
 - 
現在
JSM Anatomy and Physiology  編集委員
 
2015年12月
 - 
現在
Austin Journal of Forensic Science and Criminology  編集委員
 
2015年12月
 - 
現在
International Journal of Forensic Pathology  編集委員
 
2015年12月
 - 
現在
Journal of Medicolegal and Bioethics  編集委員
 
2015年12月
 - 
現在
Journal of Forensic Medicine  編集委員
 
2015年12月
 - 
現在
Journal of Forensic Science  編集委員
 
2015年11月
 - 
現在
日本中毒学会中四国地方会  幹事
 
2015年10月
 - 
現在
SRL Cardiology  編集委員
 

受賞

 
2015年6月
第99次 日本法医学会 学術奨励賞
 
2010年9月
89. Jahrestagung der Deutschen Gesellschaft fur Rechtsmedizin First prize poster presentation
 
2009年11月
日本犯罪学会 学術奨励賞
 
2009年5月
第93次 日本法医学会 学術奨励賞
 
2007年5月
日本法医学会 優秀論文賞
 
2002年10月
Fifth International Symposium on ADVANCED IN LEGAL MEDICINE First prize poster presentation
 
2002年10月
Fifth International Symposium on ADVANCED IN LEGAL MEDICINE First prize poster presentation(DNA)
 
2007年7月
9th Indo-Pacific Congress on Legal Medicine & Forensic Science of the Indo- Pacific Association of Law Thirds prize poster presentation
 

論文

 
Potente S, Kettner M, Ishikawa T
International journal of legal medicine      2018年9月   [査読有り]
Matsusue A, Ikeda T, Tani N, Waters B, Hara K, Kashiwagi M, Takayama M, Ikematsu N, Kubo SI, Ishikawa T
Forensic science international   289 33-39   2018年8月   [査読有り]
Michiue T, Hishmat AM, Oritani S, Miyamoto K, Amin MF, Ishikawa T, Maeda H
Forensic science international   285 206.e1-206.e6   2018年4月   [査読有り]
Matsusue A, Ishikawa T, Ikeda T, Tani N, Arima H, Waters B, Hara K, Kashiwagi M, Takayama M, Ikematsu N, Kubo SI
Legal medicine (Tokyo, Japan)   33 6-9   2018年4月   [査読有り]
Yuasa I, Akane A, Yamamoto T, Matsusue A, Endoh M, Nakagawa M, Umetsu K, Ishikawa T, Iino M
Legal medicine (Tokyo, Japan)   33 17-22   2018年4月   [査読有り]

Misc

 
法医剖検例における血液・脳脊髄液中プロラクチン測定の意義
谷 直人, 池田 知哉, 森岡 郁哉, 道上 知美, 織谷 茂樹, 石川 隆紀
法医病理   24(1) 5-5   2018年6月
膵臓における被膜下・間質内出血の意義 低酸素虚血の観点から
森岡 郁哉, 谷 直人, 池田 知哉, 道上 知美, 織谷 茂樹, 池田 沙有子, 石川 隆紀
法医病理   24(1) 9-9   2018年6月
トルコ鞍近傍部に腫瘍を認めた2剖検例
森岡 郁哉, 陳 建華, 谷 直人, 道上 知美, 織谷 茂樹, 石川 隆紀
日本法医学雑誌   71(2) 146-146   2017年12月
精神症状を主徴とした劇症1型糖尿病の1例
道上 知美, 陳 建華, 谷 直人, 織谷 茂樹, 石川 隆紀
日本法医学雑誌   71(2) 147-147   2017年12月
高齢者介護に係る同居死亡例の社会医学的解析
谷 直人, 道上 知美, 陳 建華, 織谷 茂樹, Potente Stefan, 石川 隆紀
日本法医学雑誌   71(2) 150-150   2017年12月

書籍等出版物

 
死後画像検査【死因究明における死後画像検査の意義と問題点】
池田知哉,石川隆紀
日本医事新報   2018年   
法医学の歴史【検死制度の歴史を明らかにすることは,死因究明制度の意義を明確にする】
石川 隆紀 (担当:共著, 範囲:4893: p51)
日本医事新報   2018年   
History of Forensic Medicine and autopsy in Japan.
T Kondo, T Ishikawa, and K Ishihara. (担当:共著, 範囲:pp211-218)
Lehmanns Media GmbH.   2017年   
New Approach for Death Investigation in Medicolegal Autopsy Cases.
T.Ishikawa, T. Michiue, S. Oritani, N.Tani (担当:共著, 範囲:p.2-29)
Forensic Science   2017年   
Future perspectives and further issues for innovation in postmortem investigation.
T.Ishikawa
Medico-legal Consultation and Postmortem Investigation Support Center   2016年   

講演・口頭発表等

 
Retrospective 10-year forensic autopsy investigation of psychotropic drug-related fatalities in southern Osaka and surrounding areas.
N Tani, T Ikeda, S Oritani, T Michiue, F Morioka, T Ishikawa
24th Congress of the International Academy of Legal Medicine (IALM)・第102次日本法医学会学術全国集会   2018年6月   
Expression of differences in ketone body levels depending on blood collection sites.
T Ikeda, N Tani, S Oritani, T Michiue, F Morioka, T Ishikawa
24th Congress of the International Academy of Legal Medicine (IALM)・第102次日本法医学会学術全国集会,   2018年6月   
Evaluation of postmortem serum and cerebrospinal fluid prolactin levels in drug abusers.
N Tani, T Ikeda, S Oritani, T Michiue, F Morioka, T Ishikawa
24th Congress of the International Academy of Legal Medicine (IALM)・第102次日本法医学会学術全国集会   2018年6月   
DRD2/ANKK1 gene polymorphisms in forensic autopsies of fatal methamphetamine and psychotropic drug intoxication cases.
A Matsusue, T Ishikawa, T Ikeda, T Michiue, B Waters, M Kashiwagi, M Takayama, K Hara, N Ikematsu, S Kubo
24th Congress of the International Academy of Legal Medicine (IALM)・第102次日本法医学会学術全国集会   2018年6月   
Postmortem biochemistry and immunohistochemistry of cortisol with special regard to fatal hypothermia.
24th Congress of the International Academy of Legal Medicine (IALM)・第102次日本法医学会学術全国集会   2018年6月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
法医剖検例における膵臓被膜下・間質内出血の意義と膵臓関連ホルモンとの関連性
科学研究費補助金: 
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 石川 隆紀
心筋内アクアポリンの分子病理学的分析による心筋細胞傷害・心機能傷害の評価
科学研究費補助金: 
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 石川 隆紀
ChinesePlex:中国人特異的SNPによる日本人と中国人の識別法の開発
科学研究費補助金: 
研究期間: 2014年 - 2017年    代表者: 石川 隆紀
Visualizationを目的としたクリニカル・クラークシップにおける解剖見学体制の整備
研究科長裁量経費: 
研究期間: 2016年 - 2016年    代表者: 石川 隆紀
低酸素・虚血状態における甲状腺関連ホルモンの動態と窒息死診断における意義.
科学研究費補助金
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 石川 隆紀

社会貢献活動

 
大阪府警察本部感謝状
【その他】  2009年3月
岡山県警西警察署感謝状
【その他】  2003年3月