松本 洋明

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/26 14:57
 
アバター
研究者氏名
松本 洋明
 
マツモト ヒロアキ
URL
http://www.eng.kagawa-u.ac.jp/~matsu_h/
所属
香川大学
部署
工学部
職名
准教授
学位
博士(工学)

研究分野

 
 

経歴

 
2001年
 - 
2003年
 三井金属鉱業株式会社
 
2003年
 - 
2013年
 東北大学 金属材料研究所
 
2013年
   
 
- 香川大学 工学部 材料創造工学科, 准教授
 

学歴

 
 
 - 
2001年
東北大学 工学研究科  
 
 
 - 
2006年
東北大学 工学研究科  
 
 
 - 
1999年
東北大学 工学部  
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
2018年3月
 日本軽金属学会, 日本軽金属学会 編集委員
 
2015年10月
 - 
2018年3月
 日本鉄鋼協会・日本金属学会, 日本鉄鋼協会・日本金属学会 中四国支部 支部代表
 
2015年10月
 - 
2018年3月
 日本軽金属学会, 日本軽金属学会 中四国支部 委員
 
2015年10月
 - 
2016年3月
 日本軽金属学会, 日本軽金属学会 中四国支部 委員
 
2015年10月
 - 
2016年3月
 日本鉄鋼協会・日本金属学会, 日本鉄鋼協会・日本金属学会 中四国支部 支部代表
 

受賞

 
2011年
原田研究奨励賞
 
2009年
平成21年度(第10回) 本間記念賞
 
2008年
第18回 日本金属学会奨励賞
 
2011年
第51回 原田研究奨励賞
 
2009年
第10回本間記念賞
 

Misc

 
H. Matsumoto, K. Yoshida, S.H. Lee, Y. Ono, A. Chiba
Mater. Letter   98 209-212   2013年
H. Matsumoto, L.Bin, S.H. Lee, Y. Li, Y. Ono, A. Chiba
Metall. Mater. Trans   44(7) 3245-3260   2013年
日本発のチタン合金の革新的加工技術「α’プロセッシング」
松本洋明、千葉晶彦、李尚学、小野芳樹
技術総合誌OHM 株式会社オーム社   (12) 8-9   2012年
松本洋明、千葉晶彦
塑性と加工 日本塑性加工学会   53(621) 900-905   2012年
N. Tang, Y.P. Li, S. Kurosu, Y. Koizumi, H. Matsumoto, A. Chiba
Corrosion Science   60 32-37   2012年

講演・口頭発表等

 
準安定α′組織を有すTi-6Al-4V合金の高温引張変形特性
日本金属学会春期講演大会 千葉工業大学   2018年   
航空機チタン合金の熱間加工プロセス(高温変形過程)における組織変化とFEM解析
日本金属学会 チタン製造プロセスと材料機能研究会 第4回講演会   2018年   
超微細不均質組織を呈すTi-6Al-4V合金の超塑性変形特性
日本軽金属学会 秋期講演大会 宇都宮大学   2017年   
種々の出発組織を有すTi-2111S合金の高温変形特性
日本金属学会秋期講演大会北海道大学   2017年   
Ti-17合金の熱間鍛造-冷却過程における組織・材質予測モデルの構築とFEM解析
日本金属学会秋期講演大会北海道大学   2017年   

Works

 
新しい組織制御技術(α’プロセッシング) による超微細粒組織を有する航空機用チタン合金の圧延加工技術の確立
2012年 - 2014年
低温・高速超塑性を実現する新しいタイプの航空機用チタン合金の国際展開
2013年
α’マルテンサイト相を利用した航空機用Ti合金材の粉末鍛造加工成形法の開発
2011年 - 2012年
産業用チタン合金の日本発の新加工プロセス(α'(アルファプライム)プロセッシング
2008年 - 2012年
Processing Map法及びシミュレーショ ン技術を駆使した産業用チタン合金の熱間加工特性の詳細な評価・解析
2010年 - 2011年

競争的資金等の研究課題

 
非鉄金属材料の研究開発
研究期間: 2003年   
航空機用チタン合金の研究開発
研究期間: 2007年   
構造用チタン合金の研究開発
研究期間: 2003年