長谷川 隆文

J-GLOBALへ         更新日: 18/08/22 21:28
 
アバター
研究者氏名
長谷川 隆文
 
ハセガワ タカフミ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/1b73c1d7b1bbb7ca8fda934b544bd2ee.html
所属
東北大学
部署
大学院医学系研究科・医学部 医科学専攻 神経・感覚器病態学講座 神経内科学分野
職名
准教授
学位
博士(医学)(東北大学)

プロフィール

大阪府東大阪市出身。1995年3月東北大学医学部卒業、同神経内科入局(糸山 泰人教授)。神経分化における複合糖脂質の機能研究で2000年3月学位授与(宮城県立がんセンター研究所 生化学部門、宮城 妙子教授)。2006年4月から2年半、独アレクサンダー・フンボルト財団奨学研究員として、ドイツ連邦共和国・チュービンゲン大学・ハーティー脳疾患研究所(Prof. Dr. Philipp J Kahle)に留学。ドパミン酸化物に対するparkin遺伝子の細胞保護効果の研究を行う。2013年10月から東北大学パーキンソン病(PD)グループPIとして、200名を超えるPD患者を診療する傍ら、(1) シヌクレイノパチーにおける異常タンパク伝播(プリオン仮説)の分子病態解明とその阻止による進行抑制治療、(2) 細胞内輸送障害と神経変性の関連、(3) シヌクレイノパチーの早期診断・サロゲートマーカー確立(アミロイドPETイメージングほか)を主テーマとして研究活動を続けている。

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
東北大学大学院医学系研究科 神経内科学分野 准教授・副科長
 
2014年5月
 - 
2017年3月
東北大学大学院医学系研究科 神経内科学分野 講師
 
2014年4月
 - 
2016年3月
東北大学大学院医学系研究科 神経内科学分野 医局長
 
2008年10月
 - 
2014年4月
東北大学大学院医学系研究科 神経内科学分野 助教
 
2011年10月
 - 
2014年3月
東北大学大学院医学系研究科 神経内科学分野 外来医長
 
2010年1月
 - 
2011年9月
東北大学大学院医学系研究科 神経内科学分野 病棟医長
 
2006年4月
 - 
2008年9月
ドイツ連邦共和国 チュービンゲン大学 ハーティー脳疾患研究所 神経変性部門 アレクサンダー・フォン・フンボルト財団リサーチフェロー
 
2003年8月
 - 
2006年3月
東北大学大学院医学系研究科 神経内科学分野 助手
 
2001年10月
 - 
2003年7月
東北大学病院 神経内科 医員
 
2001年4月
 - 
2001年9月
古川市立病院(現:大崎市民病院) 神経内科 科長
 
2000年4月
 - 
2001年3月
東北大学病院 神経内科 医員
 
1997年4月
 - 
2000年3月
宮城県立がんセンター研究所 生化学部門 客員研究員
 
1996年10月
 - 
1997年3月
山形市立病院済生館 神経内科 研修医
 
1996年4月
 - 
1996年9月
広南病院 神経内科 研修医
 
1995年4月
 - 
1996年3月
東北大学病院 神経内科 研修医
 

学歴

 
1995年4月
 - 
2000年3月
東北大学 大学院医学系研究科 神経内科学分野
 
1989年4月
 - 
1995年3月
東北大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
日本神経学会  代議員
 
2017年4月
 - 
現在
日本神経治療学会  評議員
 
2017年4月
 - 
現在
日本パーキンソン病・運動障害疾患学会  選挙管理委員
 
2018年4月
 - 
現在
宮城県医師会  予備代議員
 
2016年4月
 - 
現在
日本フンボルト協会東北支部  幹事
 
2015年4月
 - 
現在
日本神経学会東北支部  事務局 幹事
 
 
 - 
現在
身体障害者福祉法第15条指定医(宮城県)
 
 
 - 
現在
難病指定医(宮城県)
 
 
 - 
現在
小児慢性特定疾病指定医(宮城県)
 
2018年5月
 - 
2019年5月
日本神経学会 代議員選挙管理委員
 
2018年4月
 - 
2019年5月
第60回日本神経学会学術大会 年次学術委員
 
2017年4月
 - 
2018年5月
第59回日本神経学会学術大会 年次学術委員
 
2016年11月
 - 
2017年9月
第60回日本神経化学会大会 プログラム委員
 
2014年4月
 - 
2015年5月
第56回日本神経学会学術大会 年次学術委員
 
2012年5月
 - 
2013年5月
日本神経学会 代議員選挙管理委員
 

受賞

 
2017年4月
ノバルティスファーマ 研究助成
 
2016年12月
東北大学医学部奨学賞 金賞・坂田賞
 
2012年12月
第17回武田科学振興財団 生命科学シンポジウム Excellent Poster Award
 
2012年11月
JSPS-NRF Asian Science Seminar Poster Investigator Award
 
2012年7月
Global Medical Discovery Key Scientific Article
 
2012年6月
東北大学神経内科同窓会 すばる論文賞
 
2012年1月
財団法人カテコールアミンと神経疾患 研究助成
 
2007年4月
上原記念生命科学財団 海外留学助成リサーチフェローシップ
 
2006年4月
アレクサンダー・フォン・フンボルト財団(ドイツ連邦共和国) リサーチフェローシップ
 
2005年1月
公益財団法人 細胞科学研究財団 育成助成
 
2004年10月
かなえ医薬振興財団 研究助成
 
2003年11月
公益信託 第5回永尾武難病研究基金
 

論文

 
PEG‐J tube breakage in a patient with Parkinson's disease receiving levodopa‐carbidopa intestinal gel therapy
Temma Soga, Naoto Sugeno, Toru Baba, Xiaoyi Jin, Tomoyuki Koike, Takafumi Hasegawa, Masashi Aoki
Neurology and Clinical Neuroscience      2018年   [査読有り]
Yoshida S, Hasegawa T, Suzuki M, Sugeno N, Kobayashi J, Ueyama M, Fukuda M, Ido-Fujibayashi A, Sekiguchi K, Ezura M, Kikuchi A, Baba T, Takeda A, Mochizuki H, Nagai Y, Aoki M
Human molecular genetics      2018年1月   [査読有り]
Hasegawa T, Yoshida S, Sugeno N, Kobayashi J, Aoki M
Frontiers in neuroscience   11 743   2018年   [査読有り]
Willén K, Edgar JR, Hasegawa T, Tanaka N, Futter CE, Gouras GK
Molecular neurodegeneration   12(1) 61   2017年8月   [査読有り]
Hasegawa T, Sugeno N, Kikuchi A, Baba T, Aoki M
The Tohoku journal of experimental medicine   242(1) 63-76   2017年5月   [査読有り][招待有り]
Baba T, Hosokai Y, Nishio Y, Kikuchi A, Hirayama K, Suzuki K, Hasegawa T, Aoki M, Takeda A, Mori E
Journal of the neurological sciences   372 288-293   2017年1月   [査読有り]
Nagayama H, Maeda T, Uchiyama T, Hashimoto M, Nomoto N, Kano O, Takahashi T, Terashi H, Hamada S, Hasegawa T, Hatano T, Takahashi T, Baba Y, Sengoku R, Watanabe H, Inoue M, Kadowaki T, Kaneko S, Shimura H, Kubo SI, Young Japanese Expert Group for Parkinson's Disease and Movement Disorders: YJ-EXPANDS.
Journal of the neurological sciences   372 403-407   2017年1月   [査読有り]
Kikuchi A, Okamura N, Hasegawa T, Harada R, Watanuki S, Funaki Y, Hiraoka K, Baba T, Sugeno N, Oshima R, Yoshida S, Kobayashi J, Ezura M, Kobayashi M, Tano O, Mugikura S, Iwata R, Ishiki A, Furukawa K, Arai H, Furumoto S, Tashiro M, Yanai K, Kudo Y, Takeda A, Aoki M
Neurology   87(22) 2309-2316   2016年11月   [査読有り]
Kubo S, Hamada S, Maeda T, Uchiyama T, Hashimoto M, Nomoto N, Kano O, Takahashi T, Terashi H, Takahashi T, Hatano T, Hasegawa T, Baba Y, Sengoku R, Watanabe H, Kadowaki T, Inoue M, Kaneko S, Shimura H, Nagayama H
Journal of the neurological sciences   365 162-166   2016年6月   [査読有り]
Oshima R, Hasegawa T, Tamai K, Sugeno N, Yoshida S, Kobayashi J, Kikuchi A, Baba T, Futatsugi A, Sato I, Satoh K, Takeda A, Aoki M, Tanaka N
Scientific reports   6 24997   2016年4月   [査読有り]

Misc

 
吉田隼, 長谷川隆文
日本臨床   76 86‐90   2018年5月
長谷川隆文
月刊メディカル・サイエンス・ダイジェスト   44(3) 111‐113   2018年3月
菊池昭夫, 江面道典, 岡村信行, 長谷川隆文, 石木愛子, 原田龍一, 菅野直人, 吉田隼, 小林潤平, 荒井啓行, 谷内一彦, 古本祥三, 田代学, 工藤幸司, 武田篤, 青木正志
日本神経学会学術大会プログラム・抄録集   59th 333   2018年
江面道典, 菊池昭夫, 岡村信行, 吉田隼, 小林潤平, 菅野直人, 長谷川隆文, 石木愛子, 原田龍一, 荒井啓行, 谷内一彦, 古本祥三, 田代学, 工藤幸司, 武田篤, 青木正志
日本神経学会学術大会プログラム・抄録集   59th 382   2018年
菊池昭夫, 江面道典, 岡村信行, 岡村信行, 長谷川隆文, 石木愛子, 原田龍一, 荒井啓行, 谷内一彦, 古本祥三, 田代学, 工藤幸司, 武田篤, 青木正志
Dementia Japan   31(4) 594   2017年10月
長谷川隆文
Dementia Japan   31(4) 529   2017年10月
江面道典, 菊池昭夫, 岡村信行, 長谷川隆文, 石木愛子, 原田龍一, 原田龍一, 荒井啓行, 谷内一彦, 古本祥三, 田代学, 工藤幸司, 武田篤, 青木正志
Dementia Japan   31(4) 594   2017年10月

書籍等出版物

 
宇川 義一
中外医学社   2017年   ISBN:9784498228900
長谷川隆文 (担当:共著, 範囲:II. 本年の動向 7)シヌクレイノパチーの新たな病態仮説・治療ターゲット-異常タンパク伝播)
中外医学社   2016年3月   ISBN:4498228545
パーキンソン病実践診療マニュアル
長谷川 隆文 (担当:分担執筆, 範囲:3. 鑑別診断上問題となる主な疾患)
中外医学社   2016年   
Annual Review 2005 神経
柳沢 信夫 岩田 誠 寺本 明 篠原 幸人 清水 輝夫 ed. 武田 篤,長谷川隆文,小林理子 (担当:共著, 範囲:αシヌクレインと神経病態 , 1-11)
中外医学社   2005年1月