小泉 範子

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/08 16:56
 
アバター
研究者氏名
小泉 範子
 
コイズミ ノリコ
eメール
nkoizumimail.doshisha.ac.jp
URL
http://tissue-engineering-doshisha.jp/
所属
同志社大学
部署
生命医科学部医工学科
職名
博士後期課程教授
学位
博士(医学)(京都府立医科大学)
その他の所属
京都府立医科大学

研究分野

 
 

経歴

 
2016年
 - 
現在
同志社大学 大学評議員
 
2015年
 - 
現在
京都大学医学部 臨床教授
 
2014年
 - 
現在
同志社大学先端医工学研究センター センター長(兼任)
 
2010年
 - 
現在
同志社大学生命医科学部医工学科 教授
 
2010年
 - 
現在
京都府立医科大学医学部 客員教授
 
2010年
 - 
現在
滋賀医科大学医学部 客員教授
 
2009年
 - 
2015年
京都大学医学部 臨床准教授
 
2008年
 - 
2010年
同志社大学生命医科学部医工学科 准教授
 
2007年
 - 
2010年
京都府立医科大学医学部 客員講師
 
2003年
 - 
2008年
同志社大学 再生医療研究センター 助教授
 
2000年
 - 
2003年
ドイツケルン大学眼科 フンボルト財団博士研究員
 
1996年
 - 
2000年
京都府立医科大学大学院 医学研究科博士後期課程
 
1994年
 - 
1996年
京都府立医科大学附属病院 研修医
 

学歴

 
1996年4月
 - 
2000年3月
京都府立医科大学 医学研究科博士後期課程 外科系専攻
 
1988年4月
 - 
1994年3月
京都府立医科大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2016年
 - 
現在
ARVO  Annual Meeting Program Committee
 
 
   
 
日本角膜学会  評議員
 
 
   
 
日本眼感染症学会  評議員
 
 
   
 
日本再生医療学会  代議員
 

受賞

 
2018年2月
ブタ脱細胞化角膜シートのサンドイッチ移植法による角膜補強の有用性の検討. 優秀ポスター賞(眞鍋賞), 角膜カンファランス2018第42回日本角膜学会総会・第34回日本角膜移植学会,広島, 2018.2.15.
受賞者: 福井佑弥, 奥村直毅, 松本大輝, 寺本真隆, 今井博文, 黒沢哲太, 島田知輝, Tseng Fan-Wei, Hsieh Dar-Jen, 小泉範子
 
2017年5月
Nectin-afadin and N-cadherin-catenin system is involved in the formation of adherens junctions in the corneal endothelium. ARVO International Travel Grant, The Association for Research in Vision and Ophthalmology 2017, Baltimore, USA, 2017.5.8
受賞者: Kagami T, Okumura N, Nakahara M, Koizumi N
 
2017年
American Academy of Ophthalmology (AAO) Achievement Award
 
2012年
第33回 日本炎症・再生医学会優秀演題賞
 
2012年
ARVO Foundation/Pfizer Ophthalmics Carl Camras Translational Research Awards
 
2011年
2010年度日本眼感染症学会学術奨励賞(三井賞)
 
2010年
ドイツイノベーションアワード ゴッドフリード・ワグネル賞(1等賞)2010
 
2009年
平成21年度予防衛生協会研究奨励賞
 
2009年
平成20年度日本眼科学会学術奨励賞
 
2007年
財団法人長寿科学健康財団奨励賞
 

論文

 
Injection of Cultured Cells with a ROCK Inhibitor for Bullous Keratopathy. N Engl J Med. 2018 Mar 15;378(11):995-1003. doi: 10.1056/NEJMoa1712770.
Kinoshita S, Koizumi N, Ueno M, Okumura N, Imai K, Tanaka H, Yamamoto Y, Nakamura T, Inatomi T, Bush J, Toda M, Hagiya M, Yokota I, Teramukai S, Sotozono C, Hamuro J.
   2018年3月   [査読有り]
Feasibility of Cell-based Therapy Combined with Descemetorhexis for Treating Fuchs Endothelial Corneal Dystrophy in Rabbit Model. 2018 Jan 4. Academic Editor PLOS ONE
Okumura N, Matsumoto D, Fukui Y, Teramoto M, Imai H, Kurosawa T, Shimada T, Kruse F, Schlötzer-Schrehardt U, Kinoshita S, Koizumi N
   2018年1月   [査読有り]
Involvement of Nectin-Afadin in the Adherens Junctions of the Corneal Endothelium. Cornea. 2018 Jan 30. doi: 10.1097/ICO.0000000000001526.
Okumura N, Kagami T, Fujii K, Nakahara M, Koizumi N
   2018年1月   [査読有り]
Wide-field contact specular microscopy analysis of corneal endothelium post trabeculectomy. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol. 2018 Jan 4. doi: 10.1007/s00417-017-3889-1.
Okumura N, Matsumoto D, Okazaki Y, Koizumi N, Sotozono C, Kinoshita S, Mori K
   2018年1月   [査読有り]
The existence of dead ells in donor corneal endothelium preserved with storage media. Br J Ophthalmol. 2017 Dec;101(12):1725-1730. doi: 10.1136/bjophthalmol-2017-310913.
Kitazawa K, Inatomi T, Tanioka H, Kawasaki S, Nakagawa H, Hieda O, Fukuoka H, Okumura N, Koizumi N, Iliakis B, Sotozono C, Kinoshita S
   2017年12月   [査読有り]
Development of Cell Analysis Software for Cultivated Corneal Endothelial Cells. Cornea. 2017 Nov;36(11):1387-1394. doi: 10.1097/ICO.0000000000001317.
Okumura N, Ishida N, Kakutani K, Hongo A, Hiwa S, Hiroyasu T, Koizumi N
   2017年11月   [査読有り]
Application of Rho Kinase Inhibitors for the Treatment of Corneal Endothelial Diseases. J Ophthalmol. 2017;2017:2646904. doi: 10.1155/2017/2646904. Epub 2017 Jul 2.
Okumura N, Kinoshita S, Koizumi N
   2017年7月   [査読有り]
The Effect of a p38 Mitogen-Activated Protein Kinase Inhibitor on Cellular Senescence of Cultivated Human Corneal Endothelial Cells. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2017 Jul 1;58(9):3325-3334. doi: 10.1167/iovs.16-21170.
Hongo A, Okumura N, Nakahara M, Kay EP, Koizumi N
   2017年7月   [査読有り]
Sustained Activation of the Unfolded Protein Response Induces Cell Death in Fuchs' Endothelial Corneal Dystrophy. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2017 Jul 1;58(9):3697-3707. doi: 10.1167/iovs.16-21023.
Okumura N, Kitahara M, Okuda H, Hashimoto K, Ueda E, Nakahara M, Kinoshita S, Young RD, Quantock AJ, Tourtas T, Schlötzer-Schrehardt U, Kruse F, Koizumi N.
   2017年7月   [査読有り]
Laminin-511 and -521-based matrices for efficient ex vivo-expansion of human limbal epithelial progenitor cells. Sci Rep. 2017 Jul 11;7(1):5152. doi: 10.1038/s41598-017-04916-x.
Polisetti N, Sorokin L, Okumura N, Koizumi N, Kinoshita S, Kruse FE, Schlötzer-Schrehardt U.
   2017年7月   [査読有り]
Development of Poly Lactic/Glycolic Acid (PLGA) Microspheres for Controlled Release of Rho-Associated Kinase Inhibitor. J Ophthalmol. 2017;2017:1598218. doi: 10.1155/2017/1598218. Epub 2017 Jul 27.
Koda S, Okumura N, Kitano J, Koizumi N, Tabata Y.
   2017年7月   [査読有り]
Activation of TGF-β signaling induces cell death via the unfolded protein response in Fuchs endothelial corneal dystrophy. Sci Rep. 2017 Jul 28;7(1):6801. doi: 10.1038/s41598-017-06924-3.
Okumura N, Hashimoto K, Kitahara M, Okuda H, Ueda E, Watanabe K, Nakahara M, Sato T, Kinoshita S, Tourtas T, Schlötzer-Schrehardt U, Kruse F, Koizumi N.
   2017年7月   [査読有り]
A surgical cryoprobe for targeted transcorneal freezing and endothelial cell removal. J Ophthalmol. 2017;2017:5614089. doi: 10.1155/2017/5614089. Epub 2017 May 16.
Akhbanbetova A, Nakano S, Littlechild SL, Young RD, Zvirgzdina M, Fullwood NJ, Weston I, Weston P, Kinoshita S, Okumura N, Koizumi N, Quantock AJ
   2017年5月   [査読有り]
Safety of anterior chamber paracentesis using a 30-gauge needle integrated with a specially designed disposable pipette. Br J Ophthalmol. 2017 May;101(5):548-550. doi: 10.1136/bjophthalmol-2016-309650.
Kitazawa K, Sotozono C, Koizumi N, Nagata K, Inatomi T, Sasaki H, Kinoshita S.
   2017年5月   [査読有り]
Panoramic view of human corneal endothelial cell layer observed by a prototype slit-scanning wide-field contact specular microscope. Br J Ophthalmol. 2017 May;101(5):655-659.
Tanaka H, Okumura N, Koizumi N, Sotozono C, Sumii Y, Kinoshita S
   2017年5月   [査読有り]
Corneal endothelial cells have an absolute requirement for cysteine for survival. Cornea. 2017 May 23. doi: 10.1097/ICO.0000000000001242.
Okumura N, Inoue R, Kakutani K, Nakahara M, Kinoshita S, Hamuro J, Koizumi N
   2017年5月   [査読有り]
The role of rho kinase inhibitors in corneal endothelial dysfunction. Curr Pharm Des. 23(4):660-666, 2017.
Okumura N, Kinoshita S, Koizumi N
   2017年4月   [査読有り]
Myogenic Differentiation from MYOGENIN-Mutated Human iPS Cells by CRISPR/Cas9. Stem Cells Int. 2017;2017:9210494. doi: 10.1155/2017/9210494. Epub 2017 Apr 4.
Higashioka K, Koizumi N, Sakurai H, Sotozono C, Sato T.
   2017年4月   [査読有り]
The effect of topical application of 0.15% ganciclovir gel on cytomegaloviruscorneal endotheliitis. Br J Ophthalmol. 101(2): 114-119. 2017.
Koizumi N, Miyazaki D, Inoue T, Ohtani F, Kandori-Inoue M, Inatomi T, SotozonoC, Nakagawa H, Horikiri T, Ueta M, Nakamura T, Inoue Y, Ohashi Y, Kinoshita S
   2017年   [査読有り]
Immune cells on the corneal endothelium of an allogeneic corneal transplantation rabbit model. Invest Ophthalmol Vis Sci. 58(1): 242-251, 2017.
Koudouna E, Okumura N, Okazaki Y, Nakano S, Inoue R, Fullwood NJ, Hori J, Kinoshita S, Koizumi N
   2017年   [査読有り]

Misc

 
角膜内皮のadherens junctionにおけるnectin-afadin系の関与. 日本眼科学会雑誌 学会トピックス121(6):507. 2017.6.10
各務貴斗, 奥村直毅, 中原マキ子, 小泉範子
   2017年6月
サイトメガロウイルス角膜内皮炎に対する0.15%ガンシクロビルゲル点眼の有効性. 日本眼科学会雑誌 外国誌要覧121(5):439. 2017.5.10
小泉範子, 宮崎大, 井上智之, 大谷史江, 井上美智子, 稲富勉, 外園千恵, 中川紘子, 堀切智子, 上田真由美, 中村隆宏, 井上幸次, 大橋裕一, 木下茂
   2017年5月
眼科領域のヘルペスウイルス感染症. Modern Physician36(12):1275-1278, 新興医学出版社, 2016.12.1
小泉 範子
   2016年12月
サイトメガロウイルス角膜内皮炎の診断基準と治療指針. あたらしい眼科33(11):1581-1585, メディカル葵出版, 2016.11.30.
小泉 範子
   2016年11月
サイトメガロウイルス(CMV)角膜内皮炎・虹彩炎の診断と治療. 日本医事新報No4827:63-64, 日本医事新報社, 2016.10.29.
小泉 範子
   2016年10月
エイジングからみたFuchs角膜内皮ジストロフィ. 眼科58(6): 619-625, 2016.6
小泉 範子
   2016年6月
培養角膜内皮細胞を用いた水疱性角膜症の治療. 日本の眼科 87(9): 34-35, 日本眼科医会, 2016.
小泉 範子
   2016年
サイトメガロウイルス角膜内皮炎の最近の知見. 眼感染症の傾向と対策 完全マニュアル. 臨床眼科70(11)増刊号:28-31, 医学書院, 2016.
小泉 範子
   2016年
特集2 眼疾患におけるROCK阻害薬の可能性 6.ROCK阻害薬と角膜内皮治療. 医薬ジャーナル 52(6):131-139, 2016.
小泉 範子
   2016年
角膜浮腫をみたら.
小泉範子
あたらしい眼科   31(3) 347-352   2014年
角膜内皮炎.
小泉範子
Monthly Book OCULISTA   7 59-63   2013年
ウイルス性角膜内皮炎.
小泉範子
眼科(臨時増刊号「眼科 診療指針のパラダイムシフト」)   55(11) 1219-1223   2013年
羊膜移植の適応と効果.
小泉 範子
日本眼科学会雑誌   116(4) 374-378   2012年
体性幹細胞を用いた角膜内皮再生医療の開発.
小泉 範子
医学のあゆみ   241(10) 765-770   2012年
Rhoキナーゼ(ROCK)阻害剤を用いた新しい角膜内皮疾患治療の開発.
小泉範子
日本の眼科   83(10) 1324-1328   2012年
角膜内皮炎.
小泉範子
眼科   54(13) 1877-1882   2012年
臨床応用を目指した角膜内皮再生医療の開発
小泉 範子
同志社大学理工学研究報告   52(4) 31-36   2012年
眼感染アレルギーセミナー―感染症と生体防御― 30. サイトメガロウイルス角膜内皮炎.
小泉 範子
あたらしい眼科   28(10) 1439-1440   2011年
サイトメガロウイルス角膜内皮炎
小泉 範子
日本の眼科 臨時増刊   29-30   2010年
臨床応用を目指した角膜内皮再生医療の開発
小泉 範子
同志社大学 生命医科学会報   (2) 2-7   2010年

書籍等出版物

 
Cultivated Corneal Endothelial Cell Transplantation. CORNEA. 4th Edition. (eds. Mannis MJ, Holland EJ) Volume 2. Chapter135, 1501-1504. Elsevier, 2017.
Kinoshita S, Koizumi N
2017年   
サイトメガロウイルス角膜内皮炎に対する治療. 〈眼科臨床エキスパート〉角結膜疾患の治療戦略―薬物治療と手術の最前線(島﨑潤編). 257-258, 医学書院, 東京, 2016.
小泉 範子
2016年   
Q & A 眼科診療のピットフォール(下村嘉一 監, 松本長太 編)(執筆箇所:角膜 症例17 コインリージョンを伴う角膜浮腫と虹彩炎を認める例)
金芳堂   2013年   
眼科疾患最新の治療2013-2015(執筆箇所:角膜内皮炎)
南江堂   2013年   
眼科薬物療法(眼科臨時増刊号)(執筆箇所:角膜内皮炎(ヘルペスウイルス・サイトメガロウイルス))
金原出版   2012年   
角膜内皮炎. 専門医のための眼科診療クオリファイ 12 角膜内皮障害to the Rescue(大橋裕一編)
中山書店   2012年   
前房水の正しい採取法を教えてください. 専門医のための眼科診療クオリファイ 12 角膜内皮障害to the Rescue(大橋裕一編)
中山書店   2012年   
眼表面の上皮系腫瘍病変を把握するためには, スリットランプによる直接観察法よりもフルオレセイン染色が有用である. 眼科検査のグノーティ・セアウトン この検査では, ここが見えない(山下英俊, 谷原秀信編)
シナジー   2010年   
角膜内皮炎. 目の感染症(下村嘉一編)
金芳堂   2010年   
Encyclopedia of the Eye. The Surgical Treatment for Corneal Epithelial Stem Cell Deficiency, Corneal Epithelial Defect, and Peripheral Corneal Ulcer.
Elsevier Ltd.   2010年   
サイトメガロウイルス角膜内皮炎. 眼科プラクティス28 感染症の謎を解く
文光堂   2009年   
第6章 再生医療への応用をめざした微小液量滴下・抽出技術の開発. 高度マンマシンインターフェイスと情報技術の応用展開‐けいはんな知的クラスターにおけるネオカデンプロジェクト‐.
シーエムシー出版   2009年   
3章 角膜のしくみとはたらきがわかれば疾患がわかる!. みるみるわかる目の疾患
メディカ出版   2009年   
サイトメガロウイルス角膜内皮炎の診断. 眼科診療のコツと落とし穴3検査・診断
中山書店   2008年   
角膜実質炎. 眼科プラクティス23眼科薬物治療A to Z
2008年   
蚕食性角膜潰瘍・Terrien周辺部角膜変性. 眼科プラクティス23眼科薬物治療A to Z
文光堂   2008年   
Master Course Case 79 サイトメガロウイルス(CMV)角膜内皮炎. スリット所見で見る角膜疾患80
メジカルビュー社   2008年   
Master Course Case 76 実質型角膜ヘルペス. スリット所見で見る角膜疾患80
メジカルビュー社   2008年   
Master Course Case 74 リウマチ性角膜潰瘍による傍中心部穿孔. スリット所見で見る角膜疾患80
メジカルビュー社   2008年   
Master Course Case 73 偽翼状片手術を契機としたMooren潰瘍の再発. スリット所見で見る角膜疾患80
メジカルビュー社   2008年   

講演・口頭発表等

 
再生医療と創薬で角膜内皮治療の未来を切り拓く. 第136回北大阪眼科セミナー眼科臨床検討会, 大阪, 2018.3.22.
小泉 範子
2018年3月22日   
ROCK阻害剤を用いた新しい角膜内皮治療法の開発. 眼科学術講演会~ROCK in NAGOYA 2018~, 名古屋, 2018.3.15.
小泉 範子
2018年3月15日   
角膜内皮治療の最前線. 緑内障フォーラム2018 in KUMAMOTO, 熊本, 2018.3.13.
小泉 範子
2018年3月13日   
涙管チューブ挿入術前後における涙液クリアランスの変化. 第29回日本眼瞼義眼床手術学会, 福岡, 2018.2.24.
松尾早希子, 渡辺彰英, 横井則彦, 山中行人, 中山知倫, 古澤裕貴, 後藤田遼介, 小泉範子, 外園千恵
2018年2月24日   
先天性下垂に対する前頭筋吊り上げ術の自発性瞬目・涙液貯留量への影響. 第29回日本眼瞼義眼床手術学会, 福岡, 2018.2.24.
古澤 裕貴, 渡辺 彰英, 横井 則彦, 山中 行人, 中山 知倫, 小泉 範子, 外園 千恵
2018年2月24日   
脱細胞化ブタ角膜実質シートの翼状片手術への有用性の検討. 角膜カンファランス2018第42回日本角膜学会総会・第34回日本角膜移植学会,広島, 2018.2.17.(一般口演)
寺本真隆, 奥村直毅, 松本大輝, 福井佑弥, 島田知輝, 今井博文, 黒沢哲太, Tseng Fan-Wei, Hsieh Dar-Jen, 小泉範子
2018年2月17日   
デスメ膜剥離を併用した培養角膜内皮細胞注入療法の有用性の検討. 角膜カンファランス2018第42回日本角膜学会総会・第34回日本角膜移植学会,広島, 2018.2.16.(一般口演)
松本大輝, 奥村直毅, 福井佑弥, 寺本真隆, 今井博文, 黒沢哲太, 島田知輝, 木下茂, 小泉範子
2018年2月16日   
接触型角膜内皮スペキュラを用いた自動パノラマ画像作成ソフトウェアの開発. 角膜カンファランス2018第42回日本角膜学会総会・第34回日本角膜移植学会, 広島, 2018.2.15.(ポスター)
小林渓太郎, 奥村直毅, 日和悟, Tourtas Theofilos, Augustin Victor, Kruse Friedrich E, 小泉範子, 廣安知之
2018年2月15日   
培養ヒト角膜内皮細胞の凍結保存の検討. 角膜カンファランス2018第42回日本角膜学会総会・第34回日本角膜移植学会,広島, 2018.2.15.(ポスター)
各務貴斗, 奥村直毅, 渡辺恭子, 殿村茂仁, 中原マキ子, 小泉範子
2018年2月15日   
Fuchs角膜内皮ジストロフィの病態におけるTCF4の役割. 角膜カンファランス2018第42回日本角膜学会総会・第34回日本角膜移植学会,広島, 2018.2.15.(ポスター)
佐藤正和, 奥村直毅, 中原マキ子, 小泉範子
2018年2月15日   

Works

 
角膜内皮移植法の開発
2003年

競争的資金等の研究課題

 
角膜内皮疾患に対する再生医療の開発
難治性眼表面疾患に対する角膜再生医療の研究

特許

 
「角膜内皮細胞マーカー」
PCT/JP2014/070412
「角膜内皮細胞を含有する移植用組成物」
特願2014-018898
「角膜内皮細胞の細胞治療併用剤」
PCT/JP2013/085359
「細胞増殖促進または細胞障害抑制による角膜内皮治療薬」
特願2013-235768
「角膜内皮の小胞体細胞死関連疾患治療薬」
特願2013-227048

新聞・ニュースなど

 
2018年3月   水疱性角膜症の培養角膜移植、京都府立医大などが有効性確認. 日刊工業新聞, 2018.3.16.
2018年3月   角膜再生、有効性を確認 臨床研究で京都府立医大. 東京新聞, 2018.3.15.
2018年3月   角膜内皮細胞を移植、視力改善 水疱性角膜症に効果. 朝日新聞, 2018.3.15.
2018年3月   角膜を体外で培養・移植、有効性確認. 京都新聞, 2018.3.15.
2017年7月   角膜白濁する病気 治療薬の候補発見. 朝日新聞, 2017.7.29.