長谷川 奉延

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/21 03:22
 
アバター
研究者氏名
長谷川 奉延
 
ハセガワ トモノブ
eメール
thasega6.keio.jp
所属
慶應義塾大学
部署
医学部小児科学
職名
教授(有期・医学部)
学位
博士(医学)(慶應義塾大学)
科研費研究者番号
20189533

研究分野

 
 

経歴

 
1984年5月
   
 
慶應義塾大学医学部 研修医(小児科)
 
1986年5月
   
 
慶應義塾大学医学部 助手(専修医)(小児科学)
 
1986年8月
 - 
1995年8月
都立清瀬小児病院
 
1990年5月
 - 
1994年4月
慶應義塾大学医学部 助手(小児科学)
 
1992年1月
 - 
1992年7月
スタンフォード大学 小児内分泌科
 

学歴

 
 
 - 
1978年3月
東京学芸大学附属高等学校  
 
1978年4月
 - 
1984年3月
弘前大学 医学部 
 

委員歴

 
2004年4月
   
 
日本生殖分泌学会  評議員
 
2004年4月
   
 
日本内分泌学会  代議員, 専門医認定部会小児科小委員
 
2004年1月
   
 
日本人類遺伝学会  評議員
 
2003年4月
   
 
日本小児遺伝学会  評議員
 
2003年4月
   
 
日本先天代謝異常学会  評議員
 

受賞

 
2015年
平成26年度慶應義塾大学医学部 第10回Best Teacher Award
 
2014年
平成25年度慶應義塾大学医学部 第9回Best Teacher Award
 
2013年
平成24年度慶應義塾大学医学部 第8回Best Teaher Award
 
2012年
平成23年度慶應義塾大学医学部 第7回Best Teacher Award
 
2011年
日本小児内分泌学会第2回(2011年度)藤枝賞
 
国際的活動・教育および指導・基礎または臨床研究のいずれの項目においても顕著な業績を残したことによる

論文

 
Diagnosis and treatment of adrenal insufficiency including adrenal crisis: a Japan Endocrine Society clinical practice guideline.
Yanase T, Tajima T, Katabami T, Iwasaki Y, Tanahashi Y, Sugawara A, Hasegawa T, Mune T, Oki Y, Nakagawa Y, Miyamura N, Shimizu C, Otsuki M, Nomura M, Akehi Y, Tanabe M, Kasayama S.
Endorine J   30 765-784   2016年
Waist-to-height ratio centiles by age and sex for Japanese children based on the 1978-1981 cross-sectional national survey data.
Inokuchi M, Matsuo N, Takayama J, Hasegawa T
Int J Obes (London)   40 65-70   2016年
Whole exome sequencing identified a novel COL2A1 mutation that causes mild spondylo-epiphyseal dysplasia mimicking autosomal dominat bracholmia.
Takagi M, Shimizu M, Suzuki E, Shinohara H, Narumi S, Hasegawa T, Nishimura G, Hasegawa Y.
Am J Med Genet   170(3) 795-798   2016年3月
Frequencies of spontaneous breast development and spontaneous menarche in Turner syndrome in Japan.
Tanaka T, Igarashi Y, Ozono K, Ohyama K, Ogawa M, Osada H, Onigata K, Kanzaki S, Kohno H, Seino Y, Takahashi H, Tajima T, Tachibana K, Tanaka H, Nishi Y, Hasegawa T, Fujita K, Yorifuji T, Horikawa R, Yokoya S.
Clin Pediatr Endocrinol   24 3167-3173   2015年
Transient congenital hypothyroidism caused by compound heterozygous mutations affecting the NADPH-oxidase domain of DUOX2
Yoshizawa-Ogasawara A, Abe K, Ogikubo S, Narumi S, Hasegawa T, Satoh M
J Pediatr Endocrinol Metab   in press    2015年

書籍等出版物

 
ターナー症候群の0.35mg/kg/週による成長ホルモン治療後の成人身長―TRC共同研究― 
田中敏章、神崎晋、田島敏広、田中弘之、西美知、長谷川奉延、堀川玲子、横谷進、依藤亨
日本成長学会雑誌   2018年   
内分泌代謝専門医ガイドブック 改訂第4版 
長谷川 奉延
診断と治療社   2016年4月   
Cushing症候群
柴田浩憲、長谷川奉延
2015年   
小児慢性特定疾患―診断の手引き
菊池透、長谷川奉延
診断と治療社   2015年   
小児慢性特定疾患―診断の手引き
菊池透、長谷川奉延
診断と治療社   2015年   

講演・口頭発表等

 
性の分化―最近の話題からトレビアの泉まで―
長谷川奉延
第75回臨床小児研究会   
開始コドンを含む微細欠失を同定した小児期発症DAX1異常症の2例
天野直子、室谷浩二、佐藤武志、土岐真智子、平野泰大、上牧務、長谷川奉延
第26回日本ステロイドホルモン学会学術集会   2018年11月18日   
小児内分泌領域における分子標的薬時代のステロイド 
長谷川 奉延
第26回日本ステロイドホルモン学会学術集会   2018年11月17日   
親からもらった“遺伝子”の働きを変えよう 環境を継続させるか? 変化させるか?
長谷川奉延
慶應義塾湘南藤沢中等部3年生保健講演会   2018年11月15日   
健常男児における前思春期から成人身長までの身長SDスコアの変化に関与する臨床因子の検討 
曾根田瞬、田中敏章、伊藤善也、加藤則子、佐藤亨至、立花克彦、横谷進、長谷川奉延、村田光範、磯島豪、吉井啓介、井ノ口美香子、篠田謙一、高井省三
第29回日本成長学会学術集会   2018年11月3日   

競争的資金等の研究課題

 
StARノックアウトマウスによるリポイド副腎過形成と神経ステロイドホルモンの解析
科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2003年4月 - 2005年3月
StARノックアウトマウスによる先天性副腎リポイド過形成症の性腺における病態解明
科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2001年4月 - 2003年3月

その他

 
慶應義塾大学病院副病院長
医療安全対策室長