岡田 光弘

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/03 21:08
 
アバター
研究者氏名
岡田 光弘
 
オカダ ミツヒロ
通称等の別名
Mitsu Okada
eメール
okadaabelard.flet.keio.ac.jp
URL
http://www.flet.keio.ac.jp/faculty/philosophy/index.html#faculty-19183
所属
慶應義塾大学
部署
文学部人文社会学科 哲学系
職名
教授
学位
文学博士(慶應義塾大学)
その他の所属
論理と感性のグローバル研究センター
科研費研究者番号
30224025

プロフィール

論理的思考の解明に向けて――論理推論の学際的統合研究

 論理学という学問は紀元前4世紀にアリストテレスにより定式化されて以来現在まで研究が蓄積されてきた、最も古い学問分野の一つです。しかし論理学や論理思考の研究分野には21世紀の現在も、まだ解明されていない問題が数多くあります。私は論理や論理推論の研究を通じて人間の思考の解明を目指しています。哲学を中心に、数理論理学的観点、計算機科学・情報科学的観点、認知科学的観点、神経科学的観点などを含む学際的観点から、論理学を多面的に研究してきました。
 研究には以下のものがあります。

1.哲学的論理
 20世紀を代表するウィトゲンシュタイン、フッサールなどの哲学者たちの論証と計算の理論、数学の哲学について現代的に再評価する観点を提示しました。また、言語ゲーム、哲学的文法の立場及び推論主義の立場による、真理、意味、知識、規範、知覚経験などの諸哲学問題の再検討を進めています。

2.非言語的論理思考も含む「論理推論」学際研究
 図形的論理推論、グラフィック推論の理論を取り入れた論理、推論研究を進めています。また、認知科学的手法(おもにアイトラッカー)と社会心理学的手法と論理的意味論手法を組み合わせて、多属性データ(例えば商品カタログ)のデザインや提示の仕方と意思決定の関係の研究を進めています。論理推論、合理的意思決定などの関係性について双生児法による研究を行動遺伝学グループ(安藤寿康研究室)と協力して進めてきました。論理学において標準的に考察され推論やその集合論的意味論に加えて、自然言語による日常推論、数学的エキスパート推論、動物の推論、意思決定プロセス、なども含めて「論理推論」研究を学際的に進めているところに本研究室の研究の特徴があります。

3.論理構造の理論研究
 線形論理と呼ばれる基底的な論理構造(古典論理と直感的論理の区別以前の論理)に対して、それをさらに分解してより基底的な論理などで論群から線形論理を構成する基礎理論研究を進めています。これ研究成果を1,2,4のテーマにも応用してきました。特に古典論理と直観主義論理の論争でなどで典型的に現れる「論理」対「直観」の問題を線形論理的基底レベルで捉えなおし、推論主義的に「論証」の視点から解決を図っています。

4.ネットワークコミュニケーションの安全性のための論理研究
 コンピュータセキュリティの論理的安全性や信頼性検証の研究を進めています。特に暗号プロトコルなどのネットワークコミュニケーションの安全性に関する論理的手法研究を進めています。ここで用いられた可能世界意味論をデフォルト推論に応用しています。この成果は、1、2、3にも応用されています。
 

5.新しいアルゴリズム環境におけるアルゴリズム倫理研究
 21世紀になって表れてきたアルゴリズム環境(例えばDeep Learningを含む機械学習アルゴリズム環境)の倫理的基本概念の厳格な論理的把握、およびそのことを通じた基本リズム環境の倫理性の保証のための証明手法を研究している。
 20世紀初頭以来の論理の「形式言語」化に対して1でフッサール的・ウィトゲンシュタイン的立場から批判的に検討しており、また、この成果をもとに、不必要な形式化を排除し、本質的形式化を見出す研究を2,3,4を通じて行っているが、これらの研究から見いだされる知見に基づいて、アルゴリズム環境の倫理性の基本概念の「形式化」を研究している。

 これらの研究は、私が所属する文学部哲学専攻及び、現在私が所長を務める「論理と感性のグローバル研究センター」(先導研傘下)の学際的研究環境の下で進めています。

研究分野

 
 
  • 哲学 / 哲学・倫理学 / 論理の哲学、数学の哲学、ウィトゲンシュタイン研究、情報論理、フッサール論理学、アルゴリズムの倫理、意思決定と推論の心理学

経歴

 
2017年3月
 - 
現在
パリ第1大学科学史哲学研究所(IHPST) パリ第1大学科学史哲学研究所(IHPST) 学外所員(Associate Member)
 
2014年4月
 - 
現在
慶應義塾大学先導研究所内 慶應義塾大学論理と感性のグローバル研究センター 所長
 
2012年4月
 - 
現在
慶應義塾大学先導研究所内 人間知性研究センター 所員(兼担)
 
2005年9月
 - 
2007年3月
東京大学 文学部  非常勤講師
 
2001年8月
 - 
2001年9月
パリ・エコールポリテクニック 情報学研究所 ,招聘教授
 
2001年1月
 - 
2001年3月
パリ大学文学部(ソルボンヌ校)哲学科及び科学部(第11校) ,招聘教授
 
2000年7月
 - 
2000年7月
フランス国立情報学部研究所(INRIA) ,招聘教授
 
2000年3月
 - 
2000年6月
パリ大学科学部(第11校)情報学研究所 ,招聘教授
 
1998年4月
 - 
2000年3月
大学通信教育部学習指導副主任
 
1998年4月
 - 
2000年3月
東京大学教養学部 ,非常勤講師
 
1998年4月
   
 
大学院文学研究科委員
 
1997年10月
 - 
1998年3月
大学通信教育部学習指導副主任
 
1996年4月
   
 
大学教授(文学部)
 
1990年9月
 - 
1996年3月
大学助教授(文学部)
 
1996年
   
 
東京大学相関基礎科学研究科、科学史科学哲学コース大学院 前期および後期博士課程 ,非常勤講師
 
1995年
   
 
明治学院大学 法律学研究科 大学院 博士課程 ,非常勤講師(秋学期3回集中)
 
1995年
   
 
神戸大学情報知能工学研究科大学院 前期および後期博士課程 ,非常勤講師(秋学期)
 
1991年
   
 
上智大学外国語学部大学院 言語学専攻 前期および後期博士課程 ,非常勤講師(春、秋学期)
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
日本科学哲学会  理事会理事 
 
2017年4月
 - 
現在
科学基礎論学会  理事会理事
 
2016年4月
 - 
現在
Formal Method Working Group, French-Japanese Initiative for FCybersecurity  Coordinator/WG-co-leader and the Japanese Representitive of INRIA-LOGIS Associate Team
 
2015年4月
 - 
現在
French-Japanese Initiative for Cybersecurity  Steering Commitee & Japanese Co-あdvisor
 
2014年4月
 - 
現在
Global Research Center for Logic and Sensibility, Keio University (慶應義塾大学論理と感性のグローバル研究センター)  Director and Chair of Steering Committee (所長兼運営委員会委員長)
 
2013年4月
 - 
現在
科学基礎論学会  評議会
 
2013年4月
 - 
現在
日本科学哲学会  大会実行委員会(ただし2016年度は除く), 2018年大会委員長内定
 
2012年4月
 - 
現在
日本科学哲学会  評議会
 
2010年4月
 - 
現在
日本科学哲学会  編集委員
 
2016年12月
 - 
2017年4月
The 3rd French-Japanese Annual Workshop on Cybersecurity  Organizer
 
2015年1月
 - 
2015年11月
Linear Logic International Meeting  Scientific Program Committee
 
2004年4月
 - 
2005年3月
独立行政法人 科学技術振興機構  主管の委嘱
 
2005年3月
 - 
2005年3月
A Proof Theory Workshop  オーガナイザー
 
2004年11月
 - 
2004年11月
Interdisciplinary meeing on Ontology  オーガナイザー
 
2004年3月
 - 
2004年3月
Tokyo Proof Theory Meeting  オーガナイザー
 
2003年12月
 - 
2003年12月
竹内シンポジウム  オーガナイザー
 
2003年12月
   
 
シンポジウム「意識研究」の学際的方法論を求めて  オーガナイザー
 
2003年12月
 - 
2003年12月
「数学と論理の哲学」ワークショップ  オーガナイザー
 
2002年1月
   
 
「ヒルベルト・ワークショップ」  オーガナイザー
 
2001年12月
   
 
日仏情報学ワークショップ(フランス外務省主催)  日本側代表
 
2001年11月
   
 
日本科学哲学会大会ワークショップ「フォーマルオントロジーの工学と哲学」  オーガナイザー
 
2001年8月
   
 
日本学術振興会  委員
 
2001年4月
   
 
「フッサールの論理国際会議」(Logique de Husserl 2001),パリ・フッサール文庫  共同議長
 
1997年4月
 - 
2000年3月
三田哲学会誌「哲学」  編集委員長
 
1996年
 - 
2000年
ヨーロッパ理論情報学会(EATCS), Theoretical Computer Science誌、  客員編集員(Guest editor)
 
1998年
 - 
1999年
「情報科学の論理」  国際会議プログラム委員会委員
 
1998年1月
   
 
論理プログラミングと自動推論(Logic Programming and Automated Rea  委員
 
1997年
 - 
1998年
自動演繹証明国際学会1998年度大会(ドイツLindau大会)(International Conf  プログラム委員
 
1996年
 - 
1998年
第3回線形論理国際会議(フランス・マルセイユ大学1998年4月開催)  共同プログラム委員長
 
1998年
   
 
日本におけるフランス年日仏シンポジウム「VR(仮想現実)の社会的・文化的インパクト」  組織委員会日本側代表
 
1998年
   
 
日本科学基礎論学会  評議委員
 
1993年
 - 
1997年
RTA(Rewriting Technique and Application)  国際組織委員会委員
 
1997年
   
 
「タイプ理論と証明理論」国際ワークショップInternationd Works shop on Th  プログラム委員兼組織委員
 
1997年
   
 
日本科学哲学会大会ワークショップ「21世紀の論理学-課題と展望」  オーガナイザー(1997年11月)
 
1995年
 - 
1996年
第2回線形論理国際会議(Linear Logic 96, 1996年4月)  共同プログラム委員長
 
1995年
 - 
1996年
Electronic Notes of Theoretical Computer Science(E  客員編集員(Guest editor)
 
1993年
 - 
1996年
IEEE-LICS(Logic in Computer Science)  組織委員
 
1996年
   
 
数学の哲学国際シンポジウム(Philosophy of Mathematics 96)  組織委員長
 
1995年
   
 
科学哲学会大会実行委員会  委員
 
1993年6月
   
 
RTA93(Rewriting Tecniques and Applications)  1993年国際会議大会委員長及びプログラム委員長
 
1993年6月
   
 
LICS93(IEEE-Logic in Computer Science)  1993年国際会議大会委員長
 
1993年6月
   
 
RTA93(Rewriting Thecnique and Application国際会議98年度大  大会委員長
 
1991年4月
 - 
1993年3月
ICOT(新世代コンピュータ技術開発機構(通産省外郭団体))「並行証明」部門委員会  委員
 
1991年12月
   
 
MWPL(Montreal Workshops) P.Scottと共同編集  ワークショップ国際委員長兼報告集委員長
 
1991年4月
   
 
MWPL(Montreal Workshops) P.Scottと共同編集  ワークショップ国際委員長兼報告集委員長
 
1990年6月
   
 
CTRS(International Woorkshop on Conditional and Ty  国際会議プログラム委員長、組織委員長
 

論文

 
Wittgenstein and Goodstein on Uniqueness of Primitive recursive arithmetic
Mathieu Marion and Mitsuhiro Okada
Wittgenstein in the 1930's; from Tractatus to Investigations (D.Stern, ed.), Springer      2018年11月   [招待有り]
On quasi-ordinal diagrams
岡田 光弘 高橋 優太
Proceedings of the 10th Workshop on Computation with Terms and Graphs (TermGraph 2018), in FLOCS on-site proceedings      2018年7月   [査読有り]
Okada, M., Morii, M., Ideno, T., Takemura, K. & Okada, M
Frontiers in Psychology   8(AUG), [1388].    2017年8月   [査読有り]
What is logic?
Mitsuhiro Okada
Proceedings of "Beyond Logic" cerisy Meeting May 21-May 26, 2017, Centre Culturel International de Cerisy      2017年7月   [招待有り]
Gergei Bana and Mitsuhiro Okada
LIPIcs, Leibniz International Proceeding Series   34(2016)(article 23) 1-17   2016年8月   [査読有り]
Mirja Hartimo and Mitsuhiro Okada
Synthese   193(3) 937-969   2016年3月   [査読有り]
初期フッサールの普遍算術と確定多様体について : 1901年冬草稿
岡田 光弘
現象学年報   31 1-15   2015年11月   [招待有り]
Chizuru Shikishima, Kai Hiraishi, Shinji Yamagata, Juko Ando and Mitsuhiro Okada
Frontiers in Psychology,   6:1712, 2015    2015年   [査読有り]
Towards explaining the cognitive efficacy of Euler diagrams in syllogistic reasoning:A relational perspective
Mineshima,K., Sato,Y., Takemura,R., & Okada,M.
Journal of Visual Language and Computing,Vol.25,Issue 3   156-169   2014年6月   [査読有り]
M. Marion and M. Okada
Grazer Philosophische Studien, vol.89   89 59-76   2014年   [査読有り]
Computational Soundress of cryptographic communication protocols,CCS 2013,ACM Proceedings,Des 2013
Gergery Bana, Koji Hasebe and Mitsuhiro Okada
Association for Computing Machinery      2013年12月   [査読有り]
Gergei Bana, Koji Hasebe, Mitsuhiro Okada
SIGSAC conference on Computer and communications security   (CCS2013) 1231-1246   2013年11月
Wittgenstein on Contradiction and Consistency:An Overview
Marion,M.& Okada,M.
Ludovic Soutif,tif,Luiz Carlos Pereira & Camila Jourdan(eds.)Wittgenstein:Matematica,Linguagem,Percepcao,O que nos faz pensar,n 33   50-79   2013年6月   [招待有り]
Ando,J.,Hujisawa,K.,et al.(Okada,M 15/26番目)
Twin research and human genetics,Feb 2013,Vol.16,Special Issue 01   202-216   2013年2月   [招待有り]
Mitsuhiro Okada
Rewrite Theory and its Applications (RTA 2013),Leibniz Internathinal Proceedings in Infomations(LIPIcs),Vol.21   4-19   2013年   [招待有り]
Shape Perception in Chemistry
Janna Hastings, Colin Batchelor and Mitsuhiro Okada
CEUR Proceedings      2013年   [査読有り]
On the Cognitive Efficacy of Euler Diagrams in Syllogistic Reasoning: A Relational Perspective
Yuri Sato, Koji Mineshima, Ryo Takemura, Mitsuhiro Okada
Proceedings of 3rd International Workshop on Euler Diagrams,CEUR Workshop Proceedings,Vol.854   17-31   2012年   [査読有り]
Koji Mineshima, Mitsuhiro Okada and Ryo Takemura
Studia Logica,Vol.100,Issue 4(Special issue,Logic and Natural Language)   100(4) 753-785   2012年   [査読有り]
Wittgenstein et le lien entre la signification d' un enonce mathematique et sa preuve
Mathieu Marion and Mitsuhiro Okada
Philosophiques,Vol.39,n゜(Wittgenstein Special Issue)   101-124   2012年   [招待有り]
Koji Mineshima, Mitsuhiro Okada and Ryo Takemura
Journal of Logic, Language and Information, Vol.21, Issue 3   365-391   2012年   [査読有り]
On The Cognitive Efficacy of Euler Diagrams in Syllogistic Reasoning: A Relational Perspective
Koji Mineshima, Yuri Sato, Ryo Takemura, and Mitsuhiro Okada.
In Proceedings of the 3rd international workshop on euler diagrams (euler diagrams 2012), CEUR Workshop Proceedings   854 17-31   2012年   [査読有り]
Effects of aging on hemispheric asymmetry in inferior frontal cortex activity during belief-bias syllogistic reasoning: a near-infrared spectroscopy study
Tsujii, T., Okada, M., & Watanabe,
Behavioural Brain Research, 210, 178-183.   210 178-183   2010年   [査読有り]
オントロジーの論理学的、哲学的源泉
岡田 光弘
日本人工知能学会誌 No.5      2010年   [招待有り]
Two Types of Diagrammatic Inference System:Relation-based System as Natural Deduction and Region-based System as Resolution,2010,Proceedings of 6th International Conference on the Theory and Application of Diagrams(DIAGRAMS 2010)
Koji Mineshima,Mitsuhiro Okada and Ryo Takemura
Springer      2010年   [査読有り]
セキュリティプロトコルの論理的検証法
長谷部浩二、バナ・ゲルゲイ、岡田光弘
荻谷昌巳・塚田恭章共編『数理的技法による情報セキュリティ』      2010年   [査読有り]
Conservativity for a hierarchy of Euler and Venn reasoning systems
Koji Mineshima, Mitshihiro Okada and Ryo Takemura
Proceedings of Visual Language and Logoc 2009.,CEUR Series Vol.510   37-61   2009年   [査読有り]
G.Bana, K.Hasebe, M.Okada
Volume 5458 of Springer Lecture Notes in Computer Science   33-56   2009年   [査読有り]
Chizuru Shikishima, Kai Hiraishi, Shinji Yamagata, Yutaro Sugimoto, Ryo Takemura, Koken Ozaki, Mitsuhiro Okada, Tatsushi Toda, Juko Ando
Intelligence   37(3) 256-267   2009年   [査読有り]
Some remarks on difference between Gentzen's finitist and Heyting's intuitionist approaches toward intuitionistic logic and arithmetic.
Mitsuhiro Okada
Annals of the Japan Association for Philosophy of Science, Vol.16   1-18   2008年   [査読有り]
Koji Mineshima, Mitsuhiro Okada, Yuri Sato and Ryo takemura
Theory and Experiment Design,2008,Proceedings of 5th International Conference on the Theory and Application of Diagrams(DIAGRAMS 2008),Lecture Notes In Artificial Intelligence,Vol.5223,Springer-Verlag,188-2      2008年   [査読有り]
フッサール、ゲーデルから線形論理へ.
岡田光弘
「現代思想」Vol.35, No.3   149-163   2007年2月   [招待有り]
HIirohiko Kushida and Mitsuhiro Okada
Journal of Logic, Language and Information, Vol.16, No.1   35-61   2007年   [査読有り]
Remarks on Semantic Completeness for Proof-Terms with Laird's Dual Affine/Intuitionistic λ-Calculus
Mitsuhiro Okada and Ryo Takemura
Volume 4600 of Lecture Notes in Computer Science, Springer   167-181   2007年   [査読有り]
Compuational Sematics for Basic Protocol Logic-A Stochastic Approach, Proceedings of ASIAN 07 the 12th Annual Asian Computing Science Conference
G.Bana, K.Hasebe and M.Okada
Vol.4846 of Lecture Notes in Compuer Science   86-94   2007年   [査読有り]
BAN論理からprotocol composition logicへ:セキュリティプロトコルの老理的検証法
長谷部浩二、岡田光弘.
応用数理、Vol.17,No.4   311-322   2007年   [査読有り]
岡田 光弘,長谷部 浩二
6th International Workshop on Rule-Based Programming (RULE'05), volume 147 of Electronic Notes in Theoretical Computer Science   to appear 73-92   2006年   [査読有り][招待有り]
Max I.Kanovich, Mitsuhiro Okada, and Kzushige Terui
Mathematical Structures in Computer Science, Vol.16, No.1   67-86   2006年   [査読有り]
Honesty Inferences for Proving Correctness of Security Protocols
岡田 光弘,長谷部 浩二
Workshop on New Approaches to Software Construction (WNASC 2004)   45-57   2004年9月   [査読有り]
Non-monotonic Properties for Proving Correctness in a Framework of Compositional Logic
岡田 光弘,長谷部 浩二
Workshop on Foundations of Computer Security (FCS'04)   97-113   2004年7月   [査読有り]
Inferences on Honesty in Compositional Logic for Security Analysis
岡田 光弘,長谷部 浩二
the International Symposium on Software Security 2003 (ISSS2003)   65-86   2004年6月   [査読有り]
Linear Logic and Intuitionistic Logic
Mitsuhiro Okada
La revue International de philosphie   (230) 449-481   2004年   [査読有り]
「矛盾は矛盾か」 日本科学哲学会ラッセルパラドクス100年特集
岡田 光弘
科学哲学   36(2) 79-102   2004年   [査読有り]
Linear Logic
J.-Y. Girard, M. Okada, A. Scedrov (guest editors)
Theoretical Computer Science   294(3)    2003年2月   [査読有り]
Mitsuhiro Okada
Theoretical Computer Science   294(3) 551-573   2003年2月   [査読有り]
M. Konovitch, A. Scedrov, Mitsuhiro Okada
Thoretical Computer Science   294 525-549   2003年   [査読有り]
実現可能計算量を特徴付ける線形論理の部分体系に対する意味論的分析を与えた。
N. Nagayama, Mitsuhiro Okada
Theoretical Computer Science   294(3) 551-573   2003年   [査読有り]
非可換線形論理のプルーフネットのグラフ論的特長付けを与えた。
A proof-theoretic study of the correspondence of classical logic and modal logic
M. Okada, H. Kushida
Journal of Symbolic Logic   68(4) 1403-1414   2003年   [査読有り]
クリプキ可能世界解釈の述語論理への埋め込み定理の証明
Preface
Jean-Yves Girard, Mitsuhiro Okada, and Andre Scedrov.
Theoretical Computer Science   294(3)    2003年
オントロジー応用のための方法論の考察と展望
岡田 光弘
人工知能学会誌   17(5) 604-613   2002年9月
現代のフォーマルオントロジーの動向とオントロジー工学
岡田 光弘
人工知能学会誌   17(4) 434-442   2002年7月

Misc

 
図形を用いた演繹的推論の認知プロセス
佐藤 有理, 峯島 宏次, 竹村 亮, and 岡田 光弘
日本認知科学会第28回大会論文集   269-274   2011年
Secrecy-Oriented First-Order Logical Analysis of Cryptographic Protocols
Gergei Bana, Koji Hasebe, and Mitsuhiro Okada
IACR Cryptology ePrint Archive      2010年
オイラー図・ヴェン図を用いた図形推論の証論的分析
竹村亮、峯村宏次、佐藤有理、岡田光弘
2010年度人工知能学会全国大会(第24回)JSAI2010論文集      2010年
FATALIS: Real Time Processes as Linear Logic Specifications
Koji Hasebe, V. Cremet, Jean-Pierre Jouannaud, Antonie Kremer, and Mitsuhiro Okada
International Workshop on Automated Verification of Infinite-State Systems      2003年
歪んだ真珠(バロック)---音楽における規則性vs反規則性、または ロゴスvsパトス---
岡田 光弘
藝文研究   (9)    2003年

書籍等出版物

 
Eye-Tracking Study of Decision-Making with Graphically Represented Multi-Attribute Tables.
Okubo,S.& Okada,M. (担当:共著, 範囲:17-23)
Report of the Reserch Center for Thinking and Behavioral Judgement(ed.M.Okada et al.),Keio University   2014年   
A Report of Reserch Center for Thinkingand and Behavioral Judgement
Mitsuhiro Okada (担当:共著)
Research Centre for Thinking and Behavioral Judgment, Keio University   2014年12月   
Effects of Representation Patterns in Multi-Attribute Decision-Making: An Eye-Tracking Study
Mitsuhiro Okada (担当:共著)
Research Centre for Thinking and Behavioral Judgment, Keio University   2014年12月   
Logic and Cognition in Reasoning with Euler Diagrams: A Relational Perspective
Mitsuhiro Okada
Keio University Press   2012年   
Interdisciplinary Ontology Vol.4
Barry Smith and Mitsuhiro Okada(editors and chapter authors) (担当:共著)
Keio University Center for Logic and Formal Ontology   2012年   

講演・口頭発表等

 
"Do we need a logical language for logic? [招待有り]
Mitsuhiro Okada
"Logic, Language and Ontology" Workshop   2018年11月7日   
Why "formal" is needed for algorithmic ethics?
Mitsuhiro Okada
French-Japanese Meeting for Algorithmic Fairness   2018年10月31日   
Panel for Future Work for Cybersecurity [招待有り]
Mitsuhiro Okada (Panelist and the Formal Method WG reporter)
French-Japanese Workshop on Cybersecurity   2018年10月29日   
On Quasi Ordinal Diagram Systems
岡田 光弘
20th International Workshop on Computation with Terms and Graphs (TermGraph 2018)   2018年7月9日   
岡田 光弘 Mitsuhiro Okada (Keio Univ.) Norm, Commitment and Normalization of Proof
岡田 光弘
French-Japanese Workshop on Philosophy of Logic and Mathematics   2018年1月20日   

Works

 
飯田「ウィトゲンシュタイン」書評
その他   2000年
左記図書の書評
公と私(石黒ひで氏との対談)
その他   1999年5月
左記テーマでの対談
「脳と心のモデル(安西他著)」書評
その他   1994年
左記図書の書評
大出「論理学入門」について
その他   1992年11月
左記図書についての書評

競争的資金等の研究課題

 
数学の哲学の新たな展開
JSPS: 科学研究費 基盤(B)
研究期間: 2017年4月 - 2022年3月    代表者: 菊池誠
証明の哲学の視点に立つ「論理と数学の哲学」の新展開
日本学術振興会: 科研費 基盤研究(B)
研究期間: 2017年4月 - 2022年3月    代表者: 岡田 光弘
論理的ー形式的手法による情報セキュリティ研究ー暗 号プロトコル検証と量的情報流解析
JSPS: 二国間協力事業 AYAMEプログラム
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 岡田 光弘
直観主義論理を中心とした学際的論理哲学研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 岡田 光弘
哲学・倫理学
予測・判断・意思決定の論理と計算
日本学術振興会: 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2011年7月 - 2016年3月    代表者: 岡田光弘
予測と意思決定の脳内計算機構の解明による人間理解と応用
論理哲学の学際研究ー直観主義論理の推論・証明理論を中心として
日本学術振興会: 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2011年4月 - 2015年3月    代表者: 岡田 光弘
前年度に引き続き、直観主義論理を中心とした現代論理学的研究を行った。直観主義論理と古典論理を含む論理の一元論的捉え方について、線形論理的手法と観点を拡張することを通じて検討し、成果を挙げた。このことを証明論、論理的意味論の両面から考察し、またその両者を融合する見方を与えた。

フッサール、ヒルベルト学派、ウィトゲンシュタインを中心とした論理哲学の研究を進め、直観主義論理と古典論理との関係について新しい哲学的知見を得た。特に等式算術証明体系に対してフッサールとウィトゲンシュタインが20世紀初...
双生児法による青年期・成人期の行動遺伝学的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2006年5月 - 2009年3月    代表者: 安藤 寿康
800組の青年・成人期の双生児を対象とした行動遺伝学的研究から、認知能力、パーソナリティなどの遺伝・環境構造の解明を行った。一般知能の遺伝的実在性、社会的適応に及ぼす内的環境適応の過程、パーソナリティの普遍的遺伝構造モデルの提案、自尊心感情の縦断的変化などが成果としてなされた。また双生児データのデータベース化、webによる双生児調査フレームワークの確立もなされた。
“Provably Secure Software Technology and Its Applications with the Special Focus on Smart Card and GRID Applications
JST: 戦略的日仏二国間協力事業
研究期間: 2006年2月 - 2009年3月    代表者: 岡田 光弘
論理学・認知科学・遺伝学を統合した論理推論研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月    代表者: 岡田 光弘
1)線形論理や種々の新しい論理学理論の立場から、伝統的な認知科学的理論推論モデルや理論哲学的論理推論モデルの批判的分析や改訂を行った。特に、メンタルモデル理論とメンタルロジック理論に関する認知心理学の古典的論争やシンタクスとセマンティクスに関する論理哲学、情報科学等における二元論を現代論理学的観点から見直した。2)これまでは比較的少数の被験者調査を行うのが常であったが、統計的手法による実証的なデータ解析による大規模調査の方法論の研究を行った。「Baroco論理推論課題集」と呼ばれる演繹推論...
モデルチェッキング法の限界を超えるダイナミック実時間システムのための論理的検証法
日本学術振興会: 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 岡田 光弘
我々の研究の枠組は論理的推論や演繹の方法論を用いて、ロジカル・リーズニングを実時間システムの構築等の形式仕様・形式検証に取り入れようとする点に(例えば伝統的モデルチェッキング法やオートマタ理論的分析と違った)最大の特徴がある。

我々の方法論がダイナミックな変化を許す進化的、発展的実時間システム特有の検証、解析に対して有効であることを示した。また、神戸大学田村研究室グループからの協力も得て、我々の理論の実装を論理型プログラム言語上で進めた。これまでの理論的研究と実装的研究の統合も行った。
...
充実期を迎えた線形論理の進化とその応用に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 岡田 光弘
次の3点を中心に研究を進めた。

1.証明論と意味論の統合的見方について研究を進めた。カット消去定理等の証明論の基本定理の成立条件がPhase semanticsによる意味論的分析により明らかになることを示した。又、Simple logic等の線形論理の基礎理論に対して、証明論と意味論の統合を進めた。さらに、直観主義論理Phase semanticsと古典論理Phase semanticsとの密接な関係を明らかにした。Phase semanticsの成果に基づいてカット消去定理の意味論的条...
実時間システムに対する論理的仕様・検証言語の国際共同実装計画
日本学術振興会: 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2001年 - 2003年    代表者: 岡田 光弘
我々の形式仕様・検証ツールの設計と実装を進めた。又この仕様検証ツールを用いて、種々の実時間有限状態システムのサンプルに対して仕様、検証のケーススタディを行った。例えば実時間システムの研究分野でベンチマークとして使われている代表的な実時間システムの具体例(例えば、交通網自動制御システムの形式仕様とその安全性検証等)に我々の方法論を適用し、我々の論理的な方法論の有効性を検討した。特に、エージェントの数や時間制約が発展的に変化する並行計算システムの仕様・検証例を用いて、我々の方法論の独自性や特徴...
形式仕様に基づく安全性検証の研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2000年 - 2003年    代表者: 二木 厚吉
一貫した論理体系に基づき,適応性と汎用性に優れ,かつ自動化の容易な安全性検証技術を実現することを目標に研究を進め,振舞仕様に基づく以下のような技術を開発した.

(1)未知ウイルス検知技術:振舞仕様の理論的枠組に基いてプログラムの挙動をモデル化することで,プログラムの安全性(=ウイルスで「あること」ならびに「ないこと」の判定)を論理的に解析し,自動的に検知する枠組を提案し,処理系を作成した.具体的には,Microsoft社のWindows OS上のプログラムを対象として,未知ウィルス検知ソ...
日米科学協力事業「ソフトウェア検証の論理的方法」更新のための企画研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2003年       代表者: 岡田 光弘
これまでの日米共同研究の成果を基にして平成15年度にこの日米共同研究プロジェクトを発展的に継続すべく研究計画の企画を日米間で行った。米国側は本年より同様な企画のため、若い世代に中核メンバーを移行しながら日米共同研究の更新の準備を開始しており、日本側も本企画研究の遂行過程で若手世代に移行していく計画を進めた。現在までは日本側は岡田(慶応大)が、又米国側はScedrov(ペンシルバニア大)、Mitchell(スタンフォード大)が幹事役として共同研究や共同主催国際会議の企画を行い、これら幹事役と...
モデルチェッキング法の限界を超えるダイナミック実時間システムのための論理的検証法
日本学術振興会: 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2003年       代表者: 岡田 光弘
線形論理に基づいた(有限状態)実時間並行システム仕様・検証の形式的体系に対する我々のこれまでの成果をもとにして、論理的手法による実時間システム検証の理論の研究を進めた。我々の論理的検証理論は、次のような特徴を持つものとなる。

1.体系的で論理的な形式仕様の方法論及び、実時間システムの安全性・リアクティヴ性、種々のスケジューリング問題等の自動検証の方法論である。

2.ダイナミックな変化を許す進化的、発展的実時間システム特有の検証、解析に対する有効性である。エージェントの数が増加したり時間...
発展的実時間システムの自動検証を可能にする新しい論理的検証理論
日本学術振興会: 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 岡田 光弘
本年度は、第1年次に開発した論理的理論を基にした仕様、検証の有効性を確かめ、仕様、検証の新しい論理的方法論を開発した。とくに、まず実時間システムの研究分野でベンチマークとして使われている代表的な実時間システムの具体例を発展的システムの例に変形し、これに我々の方法論を適用し、われわれの論理的な方法論とこれまでの他の方法論とを比較した。(例えば、今までの静的な交通網モデルを、新たに交通網が複雑化したり、電車の本数が変化したり、列車ダイヤの改定や時間制約の変化が起こったりする進化的モデルに作り変...
線形論理を用いた並行計算システム及び実時間システムの形式仕様・形式検証の理論
日本学術振興会: 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2000年 - 2002年    代表者: 岡田 光弘
種々の量的時間制約を含む並行計算システムに対する形式仕様・形式検証の方法論を線形論理学的手法を用いて与えた。時間制約付き並行計算プロセスを線形論理の証明で記述することにより、論理学的な証明分析手法を実時間並行計算システムの仕様・検証理論に適用した。特に稠密時間の枠組における線形論理的分析法の有効性を示した。又、後半では、種々の具体的な実時間有限状態システムのサンプルに対して我々の仕様・検証の方法論を適応し、方法論の検討・評価を行った。まず実時間システムの具体例(例えば、交通網自動制御システ...
モデルチェッキング法の限界を超えるダイナミック実時間システムのための論理的検証法
日本学術振興会: 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2002年       代表者: 岡田 光弘
論理的手法による実時間システム検証の理論を情報学的観点から完成させることを本研究課題の目的としている。又この理論の実装に関して現れる情報学的問題を研究してきた。次のような特徴を持つ論理的検証系の理論を構築してきた。

その第1は、実時間システム全体の設計に伴う、体系的で論理的な形式仕様の方法論および、実時間システムの安全性・リアクティヴ性、種々のスケジューリング問題等の自動検証の方法論の開発である。これまでに得られた我々の論理的検証系に対するPSPACE決定性定理を応用してこの方法論を開発...
特定領域研究及び国際共同研究「新しい論理学の展開」のための企画研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2002年       代表者: 岡田 光弘
特定領域研究及び国際共同研究「新しい論理学の展開」に向けた企画・調査を行った。本企画・調査研究班は、論理哲学者達だけでなく、これに認知言語学者、論理学史学者、情報科学者等も含めて形成されている。特に本年度は国際共同研究の基礎となるネットワーク作りを発展させた。

(1)企画にあたっては英米系論理哲学の分野だけでなく、認知科学・情報科学・AIなどとの学際的分野や、西洋・東洋論理哲学史や現象学的論理学をはじめ広い意味での論理の哲学的解明に関わる分野も視野に入れて進めた。又、我々哲学系論理学グル...
モデルチェッキング法の限界を超える新しい論理的手法によるダイナミックな実時間システムのための検証ツールの実現
日本学術振興会: 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2001年       代表者: 岡田 光弘
申請者がこれまでに確立した、線形論理に基づいた(有限状態)稠密実時間並行システムの仕様・検証の形式的体系に対する、(1)証明のPSPACE決定可能性と、(2)発展的実時間システムの検証に対する適応性と,(3)(表示的意味論に対する)完全性いう3つの結果を用いて、論理的手法による実時間システム検証の理論を完成させた。特に、我々の枠組みでは、ダイナミックな変化を許す進化的、発展的実時間システムの安全性、リアクティヴ性、種々のスケジュール問題の自動検証、解析が可能である。エージェントの数が増加し...
国際共同研究及び特定領域研究「新しい論理学の展開」のための企画 研究課題番号:13891001
日本学術振興会: 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2001年       代表者: 岡田 光弘
特定領域研究及び国際共同研究「新しい論理学の展開」に向けた企画・調査を行った。本企画・調査研究班は、論理哲学者達だけでなく、これに認知言語学者、論理学史学者、情報科学者含めて形成されている。各々の分担者が各自の専門分野を担当する形で、特定領域研究の企画を進めた。

1.企画にあたっては英米系論理哲学の分野だけでなく、認知科学・情報科学・AIなどとの学際的分野や、西洋・東洋論理哲学史や現象学的論理学をはじめ広い意味での論埋の哲学的解明に関わる分野も視野に入れて進めた。本チームメンバー(および...
実時間システムの形式仕様・検証のための新しい論理的方法論
日本学術振興会: 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 1999年 - 2000年    代表者: 岡田 光弘
第2年次は,申請者がこれまでに確立した,線形論理に基づいた(有限状態)実時間並行システム仕様・検証の形式的体系に対する,証明のPSPACE決定可能性と(表示的意味論に対する)完全性という二つの定理を用いて,論理的手法による実時間システムの開発ツールを実装した.われわれのツールは次の特徴を持つ.

1.その第1は,ひとつの実時間システム全体の設計に伴う,システマティックな論理的形式仕様および,われわれの(PSPACE)決定手続きを用いた安全性・信頼性の自動検証が可能である.これは,これまでに...
知識発見の論理に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 1998年 - 2000年    代表者: 佐藤 雅彦
本研究課題では,知識発見の論理の基礎付けおよび知識発見の計算モデルに関する研究を行なった.

知識発見の論理の基礎付けに関する研究では,哲学における論理および数理論理学の両面から,知識発見の論理の基礎付けを図ることを目的とし,科学哲学における「発見の文脈」,特に,論理的アルゴリズムに還元できない「発見」について,哲学的視点から考察した.さらに発見の論理の演繹的側面を記号論理学,形式論理学の立場から考察した.さらに,発見における知識および概念の獲得過程を論理の立場から分析し,信念更新の理論に...
国際共同研究及び特定領域研究「新しい論理学の展開」のための企画研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2000年       代表者: 岡田 光弘
特定領域研究「新しい論理学の展開」及びそれと並行して行う国際共同研究に向けて,その準備のための企画・調査を行った.現在進みつつある新しい論理学の展開を把握し,論理学の進むべき方向を明らかにしていくには,哲学系論理学者達が中心となり,これに西洋・東洋の論理学史の学者達および認知科学,言語学,人工知能論,情報科学基礎論,数学基礎論を含めて特定領域研究チームを形成する必要がある.このため,本企画・調査研究においても,論理哲学者だけでなく,これに認知言語学者,論理学史者,情報科学者に加わってもらっ...
構成的論理と代数的仕様言語を融合した発展的ソフトウェア開発言
JSPS: 科学研究費
研究期間: 1998年4月 - 1999年3月    代表者: 岡田 光弘
線形論理の意味論的手法による並行計算概念および実行可能計算量概念の論理的分析
研究期間: 1997年4月 - 1999年3月    代表者: 岡田 光弘
特定領域研究「新しい論理学の展開」のための企画研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 1999年       代表者: 岡田 光弘
特定領域研究「新しい論理学の展開」に向けて、その準備のための企画・調査を行った。現在進みつつある新しい論理学の展開を把握し、論理学の進むべき方向を明らかにしていくには、哲学系論理学者達が中心となり、これに西洋・東洋の論理学史の学者達および認知科学、言語学、人工知能論、情報科学基礎論、数学基礎論を含めて特定領域研究チームを形成する必要がある。このため、本企画・調査研究においても、論理哲学者達だけでなく、これに認知言語学者、論理学史学者、情報科学者に加わってもらった。

岡田は論理哲学(数学基...
タイプ理論および線形論理の情報科学への応用に関する国際共同研究の企画
研究期間: 1997年4月 - 1998年3月    代表者: 岡田 光弘
構成的論理言語と代数的仕様言語を融合した発展的ソフトウェア開発言語
JSPS: 科学研究費 重点領域
研究期間: 1987年4月 - 1998年3月    代表者: 岡田 光弘
「証明の哲学」の視点に立つ「論理と数学の哲学」の新展開
JSPS: 科学研究費 基盤(B)
代表者: 岡田 光弘

その他

 
<書評>ウィトゲンシュタイン:言語の限界 飯田隆著, 講談社, 1997年. 哲學, 104:77-83, 1999年12月.