大石 昌史

J-GLOBALへ         更新日: 16/02/26 02:45
 
アバター
研究者氏名
大石 昌史
 
オオイシ マサシ
eメール
oishiflet.keio.ac.jp
所属
慶應義塾大学
部署
文学部人文社会学科 哲学系
職名
教授
学位
博士(文学)(東京大学)
科研費研究者番号
60223723

研究分野

 
 

経歴

 
1990年4月
 - 
1994年3月
東京大学 文学部 助手(文部教官)
 
1994年4月
 - 
2005年3月
大学 文学部 助教授
 
2005年4月
   
 
大学 文学部 教授
 
2008年4月
   
 
大学院 文学研究科 委員
 

論文

 
余情の美学--和歌における心・詞・姿の連関
大石 昌史
『哲学』   (118) 173-203   2007年3月   [査読有り]
行為の論理と場の論理--日本的美意識を規定する論理構造の解明
大石 昌史
科研費報告書『グローバリゼーション状況下における芸術の論理と倫理』   185-201   2006年3月
阿部次郎と感情移入美学
大石 昌史
『哲学』   (113) 93-130   2005年3月   [査読有り]
Gedanken ueber die Wirklichkeit des Kunstwerks im Spiel.
大石昌史
The Great Book of Aesthetics: The 15th International Congress of Aesthetics (Japan 2001).      2003年7月
Gedanken ueber die Wirklichkeit des Kunstwerks im Spiel.
大石昌史
Selected Papers of the 15th International Congress of Aesthetics (Japan 2001).   281-286   2003年7月

書籍等出版物

 
W.ヘンクマン/K.ロッター編『美学のキーワード』
大石昌史 (担当:共訳)
勁草書房   2001年7月   

講演・口頭発表等

 
日本的美意識と場の論理--〈物のあはれをしる心〉の構造
大石 昌史
美学会第五十七回全国大会   2006年10月   美学会
存在了解としての体験と解釈
大石 昌史
美学会東部会平成十七年度第一回例会   2005年6月   美学会
Interlacement of being and meaning in aesthetic experience: Genesis of the self-signifying-image through associative and empathic understanding of the artwork.
大石 昌史
XVIth International Congress of Aesthetics in Brazil.   2004年7月   I.A.A. (International Association for Aesthetics)
芸術経験における身体と歴史との交錯 --〈意味=像〉としての象徴の生成
大石昌史
美学会第五十四回全国大会   2003年10月   美学会
遊戯における芸術作品の現実性について
大石昌史
美学会第五十二回全国大会   2001年10月   美学会